編集  

キャスター(Fate/EXTRA CCC)単語

キャスター

キャスター(Fate/EXTRA CCC)とは、原作担当のTYPE-MOONと、イメージエポックが開発、マーベラスエンターテイメントから発売されたPSPの対戦ダンジョンRPG、『Fate/EXTRA』の続編、『Fate/EXTRA CCC』に登場するサーヴァントの一騎である。

なおキャスターサーヴァントは複数存在するが、ここでは今作で新たに登場した青髪キャスターについて言及する。

以降はキャスターと記述を統一する。サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

CV:子安武人

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

――男の話をしよう。

の裏側、旧校舎で出会ったサーヴァントクラスキャスター
マスター立川流の導師である殺生院キアラの裏側に閉じ込められた聖杯戦争参加者の一人だが、自での脱出を諦めており、自身のサーヴァント名で呼んでいる。

齢十歳ほどの、青髪美少年
しかし中身は老成した男のそれであり、質も随分と大人びたものとなっている。一人称は「」。
本来ならばその人物の全盛期の姿で召喚されるのがサーヴァントなのだが、彼の場合はなぜか有名になる前の少年の姿で召喚された。本人く「子どもの頃がもっとも感受性に溢れていたから」あるいは「マスター趣味」。
前者には心当たりがあるらしく、後者の説は恐ろしいので確かめたくはないとのこと。

著名な作家であり、魔術師クラスながら普遍的な魔術は一切修得していない。
代わりに、自身の著書から生した魔術を使用できる。ただし戦闘皆無なため、基本的に補助役に徹するしかない。マスターキアラも自身に戦闘はないと言っており、彼女とキャスター二人には戦闘面での期待はできない。
ちなみに作家としての彼は中々の遅筆らしく、基本的にやる気がない。あとバッドエンド群のきらいがあるらしい。

性格は内向的、強気、受動的。
根暗で厭世的な詩人で、他人に好かれる気がなく、自分にも価値を見いだせなくなっている。このような思想ゆえに、「人生を楽しむ」という考えが欠落している。その上、聖杯に何もめていない。生前、望むものは何一つ手に入らなかった事が原因らしい。このため作中では、中立の立場でプレイヤーと関わることになる。

彼の特筆すべき点は「口の悪さ」。
他者の批評が得意だがその弁にはが多分に含まれており、初対面の人間にも容赦なくその毒舌を発揮する。
口を開けば「馬鹿」、「呆」、「醜い」とを吐き、自身のマスターも「婦」、「色魔」と罵倒している。
ただし拒絶する意味でを吐いているわけではなく、その批評は的確に対を捕えている。

名は(ネタバレにつきここから反転ハンスクリスチャンアンデルセン
世界にその名を鳴りかせる三大作家の一人であり、その中で一の「創作作家」である。(その他の三大作家グリムイソップはどちらかといえば「編集者」「収集」の立場にある)
マッチ売りの少女』『人魚姫』『裸の王様』など数々の名作を作り上げたが、それらの作品があまりにも有名になり過ぎたために本人の精体が童話作品のイメージに引きずられてしまっている。それが『辜の怪物』というスキルで現れている。

(ここまで反転

ちなみに童貞。あとニコ動も見ているらしい。

作中での活躍

概要の通りキャスターに戦闘はなく、もっぱら旧校舎一階の図書館付近にマスターとともにいる。
特定の時期に話しかけると、マスターサーヴァント達についての批評を聞かせてくれる。かなりの毒舌ながら的確な評価を下してくれる上、批評対によっては有益な情報情報マトリクスなど)を得られることもあるので、積極的に話しかけておくといい。

その後、物語途中でフェードアウトしていくが、とあるルートでは最後まで登場する。
詳しい情報についての明記は避けるが、一つだけ言っておこう。

もし全ての原因が取り除かれた時、そして足を急がなければいけない状況になった時、
その足を元いた場所へ向けるならば、終わりの二人が描く物語を識ることができるかもしれない。

ステータス

保有スキル

人間観察:A このキャスターの固有スキル。人間を観察し、理解する技術。
ただ観察するだけでなく、名前も知らない人々の生活や好み、人生までを想定し、
これを忘れない記憶が重要とされる。
高速詠唱:E 魔術詠唱をめる技術。
彼の場合、魔術ではなく原稿の進みに多少の恩恵があるようだ。
辜の怪物:D 本人の意思や姿とは関係なく、評によって相をねじ曲げられたものの深度をす。
"読者の呪い"により、童話作家としてのイメージで性格と体を塗りつぶされている。
足には人魚の鱗が生え、体にはマッチの火傷や凍傷、喉は喋るごとに痛が走る。
アイテム作成:C 魔術により様々な具を作り上げる
魔術は修得していないものの、宝具を応用した文により多少の作成はできる。
地作成:D 自分に有利な地「書斎」を作る。
マスターにすら隠れてサボっ…執筆している。
キアラはれを切らし小さな匣を作ってそこで執筆を急がせた。

極端なまでに偏ったパラメータを持つキャスター。魔以外はすべてEランクであり、その魔EXと規格外クラスである。ここで言う規格外は、彼自身の魔が飛び抜けているわけではなくその特異性によるものと思われる。
(彼の扱う魔術が一般的なものではなく、また魔も彼の宝具が影していると推測される。)

スキルもいくつか所有しているが、そのどれもが戦闘向きではない。本人の言う通り、体労働は苦手。
スキルランク自体もそれほど高くなく、「辜の怪物」に至ってはその内容からほぼデメリットスキルと化している。

なお下記した宝具についての情報は、反転処理はしているが彼の名などが記載されているので、閲覧の際にはネタバレを留置すること。

 

 

宝具

方のための物語メルヒェン・マイネスレーベンス)
ランク:C
種別:対人宝具
レンジ:0
最大補足:一人
キャスターが生前書いた自伝、『が生涯の物語』の生原稿。
"私が書いたものはその大半が私自身の投影である"と述べたアンデルセンをして、
"私のあらゆる作品における至高の注釈"と述べた、彼の集大成にしてその生き様の記録。
言ってしまえば、アンデルデンという作家の分身の核となる書稿である。
この書の1ページ1ページが、アンデルセンという作家する人々から供給される魔によって"読者の見たがっているアンデルセン"の姿を取り、その分身となって行動できる。

しかし、この宝具価はそこではない。作家物語を作り出すように、この本を白紙に戻し一から執筆する事で、"ひとりの人間"を"ひとりの"に育てることが可となる。
その効果……成長の度合いは原稿が進めば進むほど高まる。数ページ程度ではほんの少しの偶然しか起こせないが、全ページを脱稿したあかつきには、その対となった人物が思い描く通りの"最高の姿"にまで成長させる。
そのため上手く使えれば全とも言える宝具だが、その効果を得るためにはキャスターが自らその人物の物語を書く必要がある。
そして当のキャスターが"人は究極的に死以外では幸せになれない"といった心に根深く宿る暗人生哲学と、"物事はそう上手く行きはしない"という諦観、そして、彼の持つ作家としてのプライドが都合の良い展開を許容できず、そう簡単には"理想の姿"には到達しない。
当然ながら"物語"の出来もキャスターやる気によって変わってくる。キャスター興味のない人間の話などでは筆が乗らないこともあり、よほど情欲を刺する対でなければ"その人間にとって究極の姿"へと至ることはできない。

Fate/Grand Order

2(UC)キャスターとして参戦している。
抜群の人間観察もシナリオ内で発揮され、特にマイルームセリフでは、第一部の最終決戦の敵を的確に言い当てているから侮れない。

キャラは低レアリティだからと侮るなかれ、っ先にその段階の最強レベルまで育成せよと南されるレアリティ詐欺サーヴァントである。
スキル群はシンプル。 「人間観察」によるクリティカルアップ、「高速詠唱」による自身のNP増加、「辜の怪物」による一定ターン内のスター自動獲得(&防御ダウン)の3種類。
分かりやすいクリティカル方面のサポーターに見えるが、彼自身はArts3枚でスター生産にほとんど寄与しない。

つまり彼の価は宝具方のための物語」にある。
その効果は確定で【毎ターン終了時にHP回復】の所以リジェネ効果に加え、ランダムで【攻撃アップ】【防御アップ】【スター発生率アップ(要:クエストによるアンロック)】を味方全体に付与するもの。
ランダム効果はあまりアテに出来ないが、付与されればそれだけの効果をしっかり発揮してくれる。
最大の利点は味方全体回復。1ターンあたりの効果量は少ないが、3ターン持続なので総回復量は多い。しかもオーバーチャージで回復量が増えるため、味方の宝具の直後に発動するようにすると手軽に回復量が増やせる。
彼の宝具により体制を立て直すことに成功した経験のあるマスターは数多くいると思われる。特にマシュ・キリエライトと組ませて回復+防御バフ+Artsチェインによる鉄壁ぶりは終盤でも通用するコンボと名高い。

欠点は前述の通り、スター生産に寄与しないため、スター生産役と混成して運用したいが、彼のQuickカードが1枚しかないためチェインを妨しがちで、2である上にキャスター補正とBusterも1枚なので火力にも貢献しにくい。
とにかく彼本人のスペックはそれほど高くない。他人を働かせることで価を発揮するサーヴァントであることは肝に銘じよう。ただし、彼を放置していると今度は宝具のバフ切れ後の復帰が遅れるのでそこそこ攻撃に絡ませないといけないので突き詰めると深いサーヴァントである。

余談だが、宝具カード選択セリフが「――もう切か? 仕方ない」なので、2~3ターン連続で切を迎えるため編集者に睨まれてブラック連載を抱えることとなるというのが頻繁にネタにされている。
同様の高性サポートという理由で諸葛孔明マーリンと併せて過労死キャスター3人組と名高い。
一応、マイルームでは主人公たちの給仕により生前がむほどの最高の執筆環境を堪しているとのこと。

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%28fate%2Fextra%20ccc%29
ページ番号: 5069868 リビジョン番号: 2632513
読み:キャスター
初版作成日: 13/04/11 19:33 ◆ 最終更新日: 18/10/11 22:19
編集内容についての説明/コメント: 内容を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キャスター(Fate/EXTRA CCC)について語るスレ

175 : ななしのよっしん :2017/05/07(日) 08:42:05 ID: ZbMY8dHMtm
アンデルセン「どこぞの名物講師と人でなしなキャスターのお陰で長期休暇を満喫中だ。いやーよかったよかった」
176 : ななしのよっしん :2017/05/07(日) 09:17:06 ID: qKoY5rPSFT
かつてのマスタービーストだったアンデルセンさんちーっす
177 : ななしのよっしん :2017/05/10(水) 21:54:52 ID: gEK8SR1K48
そのマスターがほぼビーストのまま同じ職場に来たアンデルセンさんちーっす
178 : ななしのよっしん :2017/05/10(水) 22:06:18 ID: PWb0AykZT8
>>175-177
草不可避
179 : ななしのよっしん :2017/05/11(木) 17:43:43 ID: BexsgvF34B
何が一番笑えるって、割と相性いい事だよ・・・w
180 : ななしのよっしん :2017/05/11(木) 18:17:30 ID: PHTM9CdK4z
ピンポイントキアラの弱いとこカバーできる性とかしかはえない
181 : ななしのよっしん :2017/05/13(土) 09:46:23 ID: VT0C2KHi3F
ビーストアンデルセンキアラフレキアラの順で挑んでるスクショにはしか生えなかったwww
182 : ななしのよっしん :2017/05/16(火) 20:10:41 ID: yxnz3N4+N9
FGOマテリアル読み返したらⅠの時点で既に悪い予感を的中させている
183 : ななしのよっしん :2017/11/28(火) 03:56:48 ID: GSTn5H2apP
Twitterで自分の個人的な愚痴アンデルセン通して言わせるな、CCCの感動が汚れる
184 : ななしのよっしん :2018/09/06(木) 14:49:17 ID: UoIxiCaZt0
子安さんのボイスで「ケツ」「童貞だ」「婦め」は強で面かった
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス