キャビア単語

キャビア
曖昧さ回避 この項では食材について記述しています。
ゲーム会社については「AQインタラクティブ」を参照。

キャビア (caviar) とは、チョウザメの漬けにした食材である。

概要

美味であること、そして高価であることで世界的に有名であり、フォアグラトリュフと合わせて「世界三大珍味」とされることもある。

caviarとはフランス語英語でのりである。そのをたどるとイタリアトルコを介してペルシャ語に突き当たるようだ。

過去には、な産地はカス沿々、例えばロシアイランなどであった。他に沿々、例えばルーマニアウクライナでも生産されていた。特にカスからとれたロシア産は高級食材とされていた。チョウザメにもいろいろと種類があり、そのため「どのチョウザメのか」によってキャビアも種類が分かれるが、カスで捕れる種類のチョウザメ4種(ベルーガ、オシェトラ、セヴルーガ、スターレット)のを使ったキャビアが代表的・伝統的なものと見なされることが多かった。

しかしカスでは乱獲が年々エスカレートし、加えて環境汚染の影も合わさって、チョウザメが減。ベルーガなどは絶滅危機している。そのためワシントン条約によって、持続可な漁獲が可と示した産地以外からのキャビアは際取引が禁止になった。しかし、希少性からくる非常な高価を背景として不正に輸出されたキャビアが市場で見つかることがあり、問題視されている。

上記の理由から、2016年現在では同じチョウザメ科ではあるが上記の知名度が高い4種とは異なる種類の――たとえばカス以外のや河などに生息する種や、それらを交雑して作られた養殖用の種――のを使用したキャビアが多くなってきている。また、チョウザメの養殖とそこからのキャビア生産も様々なで盛んにおこなわれており、日本にも養殖生産場が存在している。

同じチョウザメではあるが科が違う、ヘラチョウザメ科のヘラチョウザメ(パドルフィッシュ)のを使ったものもあり、粒の大きさや色はセヴルーガに近い。チョウザメですらない全く異なる種類のランプフィッシュなど)のを原料としてく着色するなどして作成されたものもあり、安価ではあるがチョウザメのではないのに「キャビア」と呼称することに異論が唱えられることもある。パドルフィッシュのキャビアもチョウザメではあるがチョウザメ科ではないので単純に「キャビア」と呼ぶことに難色を示す人もいるが、全く異なる種類ののものよりは受け入れられているようだ。またそもそもを原料としていない、いわゆるコピー商品としての人造キャビアも存在する。

キャビアをすくいとるための専用のスプーンが使用されることがある。スプーン金属製だとその匂いがキャビアに移って繊細な味が損なわれると言われているため、この専用スプーンガラス牙など金属以外の材質、あるいは金属ではあるが匂いを残さないとされるで作られることがある。体温で少し温めるとキャビア本来の香りが放たれるとのことで、キャビア自体の味をテイスティングする際には専用スプーンですくったキャビアを一旦手の甲(親と人差しの間)に直接乗せてから味わうという趣向もある。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%93%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キャビア

4 ななしのよっしん
2013/02/09(土) 18:44:28 ID: qPr44ltxrf
キャビアサメ
と思ってる人は多いがチョウザメはタイとかアジと同じ硬サメとは分類的にだいぶ遠い

あとニセモノが多いから注意
全く違うを使ってる場合があるがそれはそれで美味いのでキニスンナ


さらにハンバーガーの具にすると世界を制する事ができるかもしれない
5 ななしのよっしん
2013/02/09(土) 22:35:09 ID: 6dBKUxdMcq
>>4
>さらにハンバーガーの具にすると世界を制する事ができるかもしれない
バーガーバーガー内の話だけどね(関連動画参照のこと)
6 ななしのよっしん
2013/10/17(木) 18:18:50 ID: G8fQTTCQmT
ちなみに日本でも生産されている

最近は宮崎が新たに販売
7 ななしのよっしん
2014/04/02(水) 08:27:04 ID: qZ15tx6U/n
正直いくらの方が日本人向けだと思った
8 ななしのよっしん
2015/07/23(木) 20:16:04 ID: tCXnnvQj9f
実食経験あり。ひたすら辛い
これならイクラ明太子のほうがうまいと思う。
9 ななしのよっしん
2015/12/17(木) 15:30:43 ID: lavVg2CdI5
ロシア語では「チョールナヤ・イクラー」、つまりいイクラという。
ちなみには「クラースナヤ・イクラー」。いイクラ
数の子タラコは何ていうのか知らない。

>>8
辛いのはの味であってキャビアの味ではない。
生もしくは低キャビアはもっと旨い……らしい。私は食ったことないから、聞いた話だが。

トンブリは何度か食ったけどな(笑)
10 ななしのよっしん
2017/01/22(日) 21:22:14 ID: pCjkb7jZ/Q
世界三大「味」であって、美味とは一言も言ってないもんな。うん。わかってるよ。

でもの味だけだった・・・
11 ななしのよっしん
2018/12/09(日) 17:41:43 ID: Zxo9sjoklQ
>>7-10
輸入物のキャビアは長距離輸送時の保存性を高めるためにどうしても濃い塩分が必要になる
結果として辛くなってしまう
キャビアそのものの味を堪したい時は本場ロシアイランに行くか、外は遠すぎるなら日本チョウザメを飼育してキャビアを作っているところで食べたほうがいい
北海道岩手静岡愛知岐阜岡山高知宮崎養殖場がある
12 ななしのよっしん
2018/12/20(木) 21:41:09 ID: OGiuzJnLPM
日本にはすでにイクラ数の子ししゃも、たらこ明太子、とびこ、からすみと多種多様なが並んでいるし
キャビアも新鮮で気が少なめのものなら案外受け入れられそうな気がするんだよねー価格が下がれば
13 ななしのよっしん
2019/06/11(火) 21:39:32 ID: G8fQTTCQmT
日本(と言うか内輸送)で作ったものは塩分低いよ