キャメロット(競走馬)単語

キャメロット

キャメロット(競走馬)とは、イギリス生まれアイルランド調教の元競走馬・種である。
ニジンスキー以来の本場イギリス三冠に挑戦した、欧州2012年最も熱い注を浴びる一頭。
名はアーサー王伝説舞台である古のブリテン王ログレス首都Camelotから。 

大百科に記事のある海外カタカナで記載します。)

概要

モンジューTarfah、Kingmamboという血統。系を遡ると、4代One Over Parrは英オークス馬Polygamyの全、さらに遡って16代54戦全勝・19世紀、ハンガリー史上最強キンチェムという血統。

クールモアグループに購入され、現在アイルランド最高の調教師、若いころはのび太顔で頼りなかったエイダンオブライエン調教師に預託され
2歳の7月デビュー戦を迎えた。ここをさっくり快勝するとクラシックを見据えながら調教しつつまで待機し、クラシックへの登竜門であるレーシングポストトロフィーへ。
ここをやはりあっさり突破し休養入り。ブックメーカークラシック前売り一番人気となった。

年が明けて、初戦はクラシック第一戦英2000ギニーに直行。血統的に若干重たいため、営が回避もちらつかせた中での出走であったが
後方から追い込み、きっちり首だけ差しきって勝利。休み明けということやモンジュー距離に懸念があった中ではまず一安心といった勝ちっぷりであった。
そして二戦は大方の予想通り英ダービー。他営がキャメロットに恐れをなしたか回避が相次ぎ、英ダービーとしては1907年以来105年ぶりとなる9頭立てという少頭数になった。
ここでも彼は泰然と前売りからずっと圧倒的一番人気に推された実を全開にし駆け抜け、第233代英ダービー、そして2009年Sea the Stars以来の英二冠いた。
タイムも少頭数だったにもかかわらず2:33:90と結構タイムであり、このの器の深さを伺わせるものであった。
この勝利モンジューは8世代で英ダービー4勝でくもサドラーズウェルズらを越える、種としての最多勝タイとなり
戦のジョゼフ・オブライエン騎手(エイダンオブライエン師の実子)は19歳でのダービー制覇となり、昨年のバルザローナ騎手に続いての10代騎手によるダービー制覇となった。
10代でのダービー制覇はちょっと遡ってもラムタラシャーガーに乗ったスウィンバーン調教師やニジンスキー戦騎手サー・レスター・ピゴットくらいしかやっていない快挙である。
英二冠となった彼が続いて向かったのはアイルランドダービー。ここでも恐れをなした他営が次々回避。出走登録が7頭、前売り二番人気の同厩舎所属Imperial Monarchと同三番人気が直前に取り消しとなり
なんと5頭立てで行われたが、モンジュー産駒らしからぬキレが武器の彼はモンジュー産駒の独壇場とも言える重馬場スクラッチした2頭は馬場を理由にしていた)が苦手だったようで
Sea the StarsであるBorn to Seaに迫られる場面もあったが、最後はきっちり1身半突き放し勝利
レース後、営は順調ならセントレジャー出走と表明。いよいよ1970年ニジンスキー以来となる三冠馬への挑戦が現実味を帯びてきた。

クールモア調教拠点であるバリードイルには、先代の専属調教ヴィンセントオブライエン師が育てた三冠馬ニジンスキーを讃え建立された像がある。
ヴィンセント師から引き継いでクールモアの専属調教師となったエイダン師(同姓だけど血縁関係はなし)の夢はこの像の向かいに自分の育てた三冠馬の像を建立することだったという。
その夢をえるのは彼になるのだろうか。結果から言うと……ニジンスキーやっぱりすごいですね、というお話になってしまったのだが。

そして9月15日競馬ファンの夢をのせて彼は三冠最後の関門、英セントレジャーSに圧倒的な一番人気で出走。いつものようなレースぶりで最後には末脚を爆発させたが、先に抜け出したエンケに4分の3身届かず2着に敗れ、イギリスクラシック三冠になることはできなかった。このレース、いつもならエースのためにたくさんのペースメーカーを用意するオブライエン調教師がなぜか一頭のペースメーカーも出さなかったことも議論の種となったが、どうも根本的に長距離適性がなかったという結論に収まった。

三冠を達成していれば話題にもならなかっただろう凱旋門賞への出走(三冠を達成したニジンスキーは、その後凱旋門賞で破れ、これがその後のイギリス競馬におけるセントレジャー軽視につながった)については、セントレジャーの敗戦を経て、失地回復か休養(→引退)かで揺れることになった。戦のジョセフ180cmえる長身に伴う騎手としては重めの体重で、3歳が古に対して軽い斤量となる凱旋門賞ではいたタオルをさらに絞るような減量をしないと騎乗が難しい。このためジョセフは同厩舎の古エースであるSt.Nicholas Abbeyに乗ることが決まり、これでキャメロット凱旋門賞回避濃厚と言われた。ところがクールモア営は、この年凱旋門賞に騎乗のなかった名手のランフランコ・デットーリ上に据え凱旋門賞へ向かった。
しかし、あいにく今年のロンシャンはは彼が望むレコード馬場ではなく、モンジュー愛した重たい馬場であった。そのせいか爆発的な末脚は見られず、オルフェーヴルがものすごい勢いでかっ飛んでいき失速する姿を後ろから眺めるのみで終わってしまった。

この2つの敗戦で、キャメロット競走馬としての評価は著しく下がってしまった。このままでは引退しても種としての高い価値は得られない。苦しい立場の中で営はキャメロットの4歳時の現役続行を決定する。しかし、追い打ちをかけるように、凱旋門賞後のキャメロットに疝痛=腹痛が発症、全身麻酔をかけた上での開手術が施された(動物であるの腸はとても長いので、腹痛も大変なのである)。こうして、続行することになった現役生活も、前途多難を思わせることとなってしまった。

明けて4歳、営はこの年のキャメロットを10F前後の中距離路線で使うことを決定。復帰戦にはアイルランドの10ハロンG3ムーアブリッジステークスが選ばれ、ここは危なげなく勝利した。しかし、2戦G1タタソールゴールドカップでは、これまでG1勝ちのない「遅れてきたフランケル世代」5歳のAl Kazemを捉えきれず4頭立ての2着に破れてしまう。続いて出走したロイヤルアスコット開催のG1プリンスオブウェールズステークスでも、G1を連勝したAl Kazeemの4着に敗れた。もっともオブライエンく「手術の後は怖くて調教でも追えてなかったけど、やっと体調も上がってきたからこれからは調教で追えるよ!やったね、たえちゃん」ということではあるのだが。

フォア賞で復帰し凱旋門賞で昨年の汚名をらすプランであったが、馬場状態が悪化したためフォア賞、そして凱旋門賞を回避。代わりにBCターフに標を切り替えたがその矢先に故障を発生。前年に急死したモンジューの後継として種が決まり、落ちた評判を挽回することなくターフを去ることになった。

ニジンスキー以来、そして史上5頭となる不敗の三冠馬として栄を極めようとしながらもセントレジャーでの敗北を機に転落していくその様は、皮にも彼の名の由来となったアーサー王によって繁栄を極め、王の死によって滅亡した古の首都Camelotを想起させるものだった。しかし、キャメロットにはまだ未来が残されている。亡きの後継として名誉を挽回することを望みたい。

なお彼の戦であったジョセフは14年にダービーを制するなど更なる活躍が期待されていたが長身故の減量苦が原因で22歳の若さでステッキを置くことなった。生まれ持った長身と病。人共に自身でどうにもならない要因によって現役を全うすることが出来なかったのは何の因果だろうか。

関連動画

関連商品

キャメロット(競走馬)に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

キャメロット(競走馬)に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%28%E7%AB%B6%E8%B5%B0%E9%A6%AC%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キャメロット(競走馬)

21 ななしのよっしん
2013/06/03(月) 16:17:24 ID: P2HOlLTxP/
三冠阻んだエンケが筋肉増強剤に陽性反応でちゃったらしいな
(管理調教アルザルーニ氏はエンケ含め18頭が陽性反応)
セントレジャー時点では陰性だったらしいが何ともモヤモヤ…

キャメロットの方は今年は現時点で2戦1勝
標は凱旋門でいくのか、
どっちかのチャンピオンステークスでいくのか果たして…
22 ななしのよっしん
2013/06/09(日) 11:06:40 ID: cOIHti5xka
タタソールGCでの敗はちょっとショックだったな
2400だとセントニコラアビー2000ならシリュスデゼーグルスノーフェアリー勝てる気がしない
23 ななしのよっしん
2013/06/20(木) 00:07:04 ID: cOIHti5xka
プリンスオブウェールズでもアルカジームに敗か…
もう引退して欲しい。これ以上、英二冠が醜態をしてはいけない
24 ななしのよっしん
2014/08/27(水) 19:28:26 ID: Xeh03UG2DY
終わってみれば英国エアシャカールか・・・
セントレジャーまでは化け物と信じてたのになぁ
25 ななしのよっしん
2014/10/12(日) 11:52:51 ID: a9m2+1NH0H
エアシャカールとか最弱2冠とか言われてるけどものすごいだと思うんだけどなあ
26 ななしのよっしん
2014/10/31(金) 17:29:53 ID: dni6SSeMNQ
キャメロットの勝った英ダービーの2着が今年に入ってからアメリカでGⅠ3連勝
レベル世代との評価が徐々に見直されつつあるな
27 ななしのよっしん
2019/01/18(金) 15:38:54 ID: pIiAWyP5xj
産駒のラトローブがダービーを親子制覇したけどシルバーコレクターだしヴァーズで惨敗するしで心配だ
28 ななしのよっしん
2019/02/07(木) 08:53:57 ID: pIiAWyP5xj
そういや親子どころか系三代制覇になるのかダービー
29 ななしのよっしん
2019/05/10(金) 16:26:51 ID: pIiAWyP5xj
今年のダービーは産駒のサードラゴネットがトゥーダンホットに迫る二番人気に押されてる 追加登録して参加できればラトローブのダービーに続いて英ダービーも親子制覇なるか
30 ななしのよっしん
2019/06/30(日) 23:48:23 ID: jJ3qSHae6u
>>24
G3なら勝ってるし
G1でも大負けはないから
ネオユニヴァースとかドゥラメンテと同じぐらいでは

急上昇ワード