キラ・ヤマト単語

キラヤマト
6.1千文字の記事
  • 17
  • 0pt
掲示板へ

キラ・ヤマト

キラ・ヤマトとは、機動戦士ガンダムSEED及び機動戦士ガンダムSEED DESTINYの登場人物である。

アニメでの声優保志総一朗

概要

機動戦士ガンダムSEED主人公であり、その続編である機動戦士ガンダムSEED DESTINYでも登場した。当初、DESTINYではサブキャラクターだったが、話が進むに連れて本来の主人公シン・アスカを差し置いて出番が増え、第3クールあたりから本格的に物語主人公に置き換わった。なお、福田監督は「最初からキラアスランシンの3人が主人公のつもりだった」と発言している。

人工子宮を用いることで誕生した数少ないスーパーコーディネイターで、身体や知が極限までに高められている。SEEDと呼ばれる因子を持っており、これが覚醒することで高い戦闘を引き出すことが可。実戦に不慣れであったストライク搭乗時こそ苦戦する描写はあったものの、フリーダム搭乗以降は機体性の高さも相俟って、一騎当千の強さを見せつけた。

元々は一般人だったが、戦争に巻き込まれて地球連合パイロットとして戦うことになる。離脱後は第三勢となる組織(オーブや三隻同盟)に所属し、コーディネイターとナチュラル戦争阻止しようとする。

初めのうちは、戦争はしたくないが戦わないと仲間を守れないというや、周囲からの重圧によって精的に不安定になることが多かった。しかし、連合離脱後は達観した性格へと大きく変わり、感情的になることが少なくなった。また、この頃から戦闘では敵兵を可な限り殺さずに、MS戦闘不能にする戦い方をするようになる。

視聴者の反応

2作品両方において大きな人気を博したキャラクターではあるが、その一方で次のようなことを巡っては議論が絶えず、評価は二分されている。

  • 彼の劇中の行動、特にDESTINYにおける武介入は本当に正しかったのかどうか。
  • 具体的な行動原理・的は一体何であったのか。
  • キラ不殺義(と呼ばれているもの)について、
    • それは全であったのか。
    • 戦艦などへの攻撃で、少なからず犠牲者が出る可性は考慮したのか。
    • 丸腰にされた側の兵士が、まだ戦える状態にある側の兵士一方的に殺されるかもしれないことは考慮したのか。
    • 残された兵士は必ず救助されるという確があった上で行動したのか。
    • 特攻して死亡する味方、普通戦闘を行っている味方についてはどう考えているのか。
    • 彼がそれを言及している場面はないこと。
  • 主人公の交代

これらはに脚本の描写不足などに起因していると摘されることがほとんどである。劇中で明示されていたことを重視する人と、物語を独自に解釈した人同士で衝突が起きやすい。

アスラン・ザララクス・クラインの他、シリーズそのものにも言えることだが、アンチ愉快犯が非常に多い。名前が挙がるだけで嫌悪されたり、悪い方向に拡大解釈されて貶められることも少なくない。これを不快に思うファンが多い分、議論を越えた論争に発展することもしばしば。また、信者キャラも多く、異常なまでにキャラクターの持ち上げを行ったり、真っ当な批判であってもそれを全否定してアンチと切り捨てることも起こっている。そのため、彼が登場する動画は総じて荒れている。

以上のことから、ガンダムシリーズの登場人物の中で特に好き嫌いがしく、良くも悪くも話題が尽きないキャラクターと言える。

主な台詞

  • やめてよね。本気で喧嘩したら、サイに敵うはずないだろ?」
  • 「気持ちだけで、一体何が守れるって言うんだ!?
  • …、は…、殺したくなんかないのにぃぃぃ!!」
  • 「想いだけでも…、だけでも…。」
  • 「キラ・ヤマト、フリーダム、行きます!」
  • だけがの全てじゃない!」
  • 「それでも、守りたい世界があるんだぁぁぁ!!」
  • 「討ちたくない、討たせないで。」
  • 「そんな…、なぜ君が…、なぜ君がまた!?
  • 「命は、何にだって一つだ!だからその命は君だ!彼じゃない!」
  • 「覚悟はある。は戦う。」
  • 「いくら吹き飛ばされても、らはまたを植えるよ、きっと。」

諸ゲームにおける扱い

知名度の高い作品の主人公というだけあって、ゲームへの出演回数は多い。

スーパーロボット大戦シリーズガンダム無双シリーズなどでは、キラ達の行動原理・的がきちんと描写されていて、原作の粗削りな部分が修正されている。(特にSEED DESTINY時代で登場する場合)軍人として、コーディネイターとして混迷の世界を迷走するシンアンチテーゼという立ち位置になりやすい。

キラ自身にも少なからず変が加えられ、フリーダム搭乗以降の達観した性格から、熱血人間らしく、プレイヤーから共感されやすい性格へと変わることもある。また天然キャラとして描写されることもある。

スーパーロボット大戦シリーズ

スーパーロボット大戦シリーズではSEED時代なら較的めに参戦するが、DESTINY時では自軍がミネルバ側か、アークエンジェル側かで参戦時期が異なる。

初参戦となった第3次スーパーロボット大戦αでは原作と似たような展開になることが多い。ガンダム系の主人公と関わるほかにガンダムWカトル・ラバーバ・ウィナーエヴァンゲリオン碇シンジ友人関係になる。

スーパーロボット大戦Jでは部隊に感化されたのか上記のように熱血気味になり、特に「クルーゼエエエッ!!」の台詞ファンの間でとなっている。

スーパーロボット大戦Zでは、主人公として救われたシンとは反対に、劇中で様々なキャラクターゲーム中盤でミネルバ組と行動を共にしたキャラクター)から非難される描写が立つことで賛否両論を呼んだ。これについてもネット上では議論になりやすい。(ただし全員批判されたわけではなく、短かったとはいえアークエンジェル行動を共にしたキャラクターからはストライクフリーダムに搭乗し復活した時に喜んだキャラクターもいるし、キラキラコンビを結成しよう、とゴッドシグマ吉良謙作から誘われたりとフォローもある。またエウレカセブンマシューからあまりの天然発言っぷりにフリーダム王子の異名をつけられた。)

また、キラ自身もシンと同様に成長している描写は見られる。憎まれても痛みを抱えて戦う覚悟を決め、クルーゼ同様に己の憎悪で世界を滅ぼそうとするフロスト兄弟正面から否定した。

続編の第2次スーパーロボット大戦Zでは前作の戦いと味方部隊との交流を経て人間的に大きく成長し、前作のキャラクターのみならず、今作から登場した作品のキャラクター達ともよく絡む。(というよりも前作Zでは「味方部隊に参戦するのが遅い」、「参戦前の介入行為のためキラが部隊との関わるのに消極的で本当に部隊と分かり合えたのが最終決戦前」で部隊とあまり絡まなかった影もある)熱血な場面もあるが天然な面も。

第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇ではシンと共に2人だけの参戦になってしまう。お互いの相方はいないもののストーリー面や戦闘面でも安定した出番や。顔グラフィックが新調され表情が豊かになったが戦闘時のグラフィックの顔の輪等に何か違和感があるともっぱらの評判。またストライクフリーダムの「ドラグーンフルバースト」の名称が「一斉射撃」と微妙な名称になっている。

スーパーロボット大戦Lではそんなに熱血にはされていないものの、シナリオそのものの大きな変が行われており、シンが属するザフトキラが属するアークエンジェルが敵対する事がほぼく、シンと協してステラを救出するなど、シンからは逆に尊敬されるような行動立つ。やむなく対立の立場になることになったエンジェルダウン作戦の際は、シンは「ステラを一緒に助けたあの人とは戦えるのか?」と迷いを見せるほどであり、しかもフリーダムが横を入れてきた他組織の攻撃からインパルスうなど、底的に一貫性のある正義を見せている。また戦争への武介入は、の組織「GreAT」の追跡に忙しいらしくいい意味でそっちのけなので、その方面の非難を受ける事もくなっている。(Lはキラに限らず、アスランも脱走ではなく正式な形でアークエンジェルに移っているなど、いろいろとDESTINY勢が救われている作品である。)

付きでは初参戦の第3次スーパーロボット大戦αからスーパーロボット大戦UXまで台詞の新録がされていた。
しかしスーパーロボット大戦OE第3次スーパーロボット大戦Z時獄篇では台詞の新録がされなかった。

vs.シリーズ

彼の搭乗機の特徴はそれぞれ、ストライクなら「状況に応じて形態を変えることで万な活躍ができるMS」、フリーダムストライクフリーダムなら「装甲は脆いが射撃と機動性が極めて高い最強クラスMS」となることが多い。これらは特に機動戦士ガンダム vs.シリーズで顕著である。

シリーズでは、フリーダム無印ガンガンバランスブレイカーだったこと(ちなみにストライクフリーダムの2機が参戦したがフリーダムはなぜかDESTINY名義での参戦だった)、ストライクフリーダムNEXTラスボスとして登場し、攻略が恐ろしく高難度だったことで有名。NEXTプレイヤー仕様ストライクフリーダムは、耐久火力の低さのせいで、勝利するのが難しい玄人向け機体であると言われている。

EXVSでは、大会常連勢に「立ち回りで事故さえ起きなければ最強」と評価されるほどの強機体に生まれ変わった(というよりは連ザ時代の性に戻ったとも言える)。また、ストライクには設定上でのみ存在するI.W.S.P.形態が追加されている。パーフェクトストライクはまだですか?

EXVSFBではストライクは有用な覚醒技などで若干強化された(それでもI.W.S.Pの性が下がった)が、ストライクフリーダムシステム的にも武装的にも大幅に弱体化され、闘えないことはないが同コスト較して機動も高いわけではなく、特有の強みもほとんど他の機体に奪われ、NEXTほどではないが火力も伸びない微妙な機体になってしまった。その他、前作の庭用からフリーダムが復活参戦している。こちらは火力・機動・格闘性が高い万機であり、分かりやすい強みを持つことから解禁当初は高めの評価をされていたものの、次第に自衛、援護など対戦環境められるが今一歩足りないことが明るみになり、最終的にはストフリと同様に微妙な評価をされている。

EXVSMBではストライクフリーダムストライク(当初はサブ射撃バルカンメビウスゼロ呼び出しに変更され大幅に弱体化され酷評されたがアップデートバルカンが復活しメビウスゼロは格闘チャージに変更された。しかし一方でI.W.S.Pがさらに弱体化し前作までとは違い切り札とはいえない性になってしまった)、フリーダムともに調整、強化され、環境トップとは言わないまでも上位機体相手にも十分戦える性に返り咲いた。そして念願?のパーフェクトストライクが参戦。(残念?ながらこちらはムウさん搭乗)

その後、ストライクフリーダムは全大会前のアップデートで強化され、文句なしの環境トップに君臨した。大会での使用率は同コスト1位を記録している(ただし優勝したのは2位バンシィ・ノルンとドッレドノートガンダムのペア)。その後下方修正され、環境トップナイチンゲールガンダムレギルスに譲ったものの、較的小幅な修正だったため上位グループには留まった。

EXVSMB ONでは、ストライクフリーダムに再び下方修正が入っている。NEXTからの復活武装の「SEED発動」(使いきり覚醒のようなもの)やフルバーストの火力向上という強化点もあるが、流石に上位からは落ちている。同じくフリーダムSEED発動が可になったが、NEXTでも実装されていなかったストライクには追加されていない。

EXVSシリーズフリーダムストライクフリーダム耐久がそれぞれ2000コスト2500コスト並の耐久なので原作のようにいかにして機動を活かして相手に攻撃できるかがポイントになる。ストライクは3つのストライカーパックを使いこなし、かつ時限式のI.W.S.P.でダメージを取らなければ同コスト並の活躍ができないという気難しい機体だが、シリーズが進むに連れこういった汁の強さは緩和されてきている。

ガンダム無双シリーズ

ガンダム無双シリーズではSEED DESTINYからとして2から登場。高いを持つが初期状態ではニュータイプではない(ファンネルが使用できない)のが欠点。ストライクフリーダムは集団、ボス戦両方に対応できる万機体。3ではSEED DESTINYでは加入時期が一番く、ストーリー面でも出番が多い。

では無印SEEDが初参戦し、無印キラが使用可になりストライクフリーダムも新たに参戦した。

余談・その他

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *上記のオーブ准将の地位も保持している。
  2. *カオスだもんね PLUS」 "5分で学ぶガンダムSEED"より

【スポンサーリンク】

  • 17
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キラ・ヤマト

8086 ななしのよっしん
2021/10/02(土) 17:54:57 ID: zH6hREju4l
キラって無印でも種デスでも敵を撃って安心する表情はしても嬉しそうにしてる事ってないよね。
泣くか苦い表情ばかりで。

ブリッツを撃墜した後のそんな、人を殺してきて、良くやっただなんてって台詞好き。
8087 ななしのよっしん
2021/10/02(土) 18:54:49 ID: XZYMqywJVI
無印種死で大きく違うのは
他人に気を遣って泣かなくなったってとこ
無印のメンデルイベント後の「もう泣かないって決めたから」ってのをけっきょく継続してるし
ストフリお披露回でもけっきょく戦闘後は苦しそうな顔してる
ただ、その直後にラクスのいる方向見ていちおう微笑みかけるシーンあるから
その辺はキラが数年間で構築できた人間関係ってことなんかもしれない
8088 ななしのよっしん
2021/10/08(金) 22:06:16 ID: Pj+7hc61Wk
ラクスはアスランクルーゼから生き残った事実とマルキ導師が自身と同じく認めた人というのも含めて直感的にフリーダムがあれば守りたい思いを遂げられるくらい強い人ってのは分かっててもスパコってのは知らなかった感ある

>>8087
数年関係で構築した人間関係ってのもあるだろうが泣かないだけじゃなくて人に笑いかけるってのも他人に心配させない相手を安心させるって部分も全くないように思えなくもない
前を向く間には落ち着いた表情というより状況もあって真剣な厳しい表情に戻ってるし
8089 ななしのよっしん
2021/10/10(日) 13:32:00 ID: B9UTkfBu9+
そういやクルーゼヒビキ博士と共にブルーコスモスの最大の標的と言ってたけど
ブルーコスモス連中もストライクにコーディネイターが乗ってたことが気に入らないだけで
キラスーパーコディネイターとは知らなさそうだったが
名前もそのままで叔母夫婦の元だからブルーコスモス欺けそうなほど
身元偽装してるわけでもないし
8090 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 18:53:54 ID: 2pe0/mFLz/
Gジェネクロスレイズにおける種運命最終話において、キラvsシン戦闘前のセリフに、「君は……いつかの達と同じだ! 何も出来ず、闇を使っていた達と!」というものがあったけど、原作種運命におけるシン
8091 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 18:57:51 ID: 2pe0/mFLz/
(続き)
無印種のアフリカ編においてバルトフェルドが「バーサーカー」と称する程に心が危うい状態だったキラと、血のバレンタイン母親レノアさんを失った悲しみと憎しみから軍人となったアスランそのものなんだよね。
8092 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 20:43:11 ID: G08idi7Q9I
アスランは連合が間違ってると思ったから志願したんであって、憎しみで戦ってたのはニコル討ちでキラと戦った時くらいだと思う
パトリックとは最初から齬があったんだよな ナチュラル観にもそれが表れてる
8093 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 23:03:39 ID: Pj+7hc61Wk
>>8089
その辺は色々ウズミ様が頑ったんじゃない?まあ設定も何もなかったと思うけど
カガリを引き取るにあたって流石に何もなしってのはない気がする
ぱっと想像し易いのはヒビキ夫妻へのブルコスの襲撃時に一緒に亡くなったみたいな
8094 ななしのよっしん
2021/10/12(火) 21:58:19 ID: zH6hREju4l
もしも種序盤でアスランイージスに組み付かれてザフトに連行されてたらキラってどうなったんだろうな。
アークエンジェルは沈むだろうけど。
8095 ななしのよっしん
2021/10/13(水) 12:56:53 ID: 2pe0/mFLz/
>>8094
キラ本人と幼馴染アスランに拠る言次第では、止むを得ぬ事情で戦争に巻き込まれてしまった民間人のコーディネイターとして扱われる事になりそうですね。