キラ星シエル単語

キラホシシエル

キラ星シエルとはアニメキラキラ☆プリキュアアラモード』の登場人物である。 CV水瀬いのり

概要

椎茸の妖精

7月30日まれの13歳の少女で、いちかたち中学生組とは同学年となる。金髪ロングヘア先は広がるように跳ねており、ヒイラギの葉のような飾りの付いたカチューシャをつけている。瞳の色はで、十字のようなハイライトが入っている。決めポーズなのか時折ピースした手をの近くにやることがある。はいそこ、かしこまっ!とか言わない。名字故にどっかの集団の決めポーズだとかも言わない。

元々はパリで活躍している若き天才パティシエパリにある店には彼女スイーツめて行列ができるほどの人気ぶりである。スイーツへのこだわりは人一倍で、「スイーツでみんなを幸せにしたい」という信念を持ち、その評価に甘んじることく研究や試行錯誤に余念がいなど努も惜しまない。また、自身の店はアシェットデセール、つまり皿盛り形式を取っており、その作る工程もパフォーマンスとして見せることででも味あわせる、エンターテイメント的なスタイルを取っている。パリに住んでいたこともあってか、会話には「ボンジュール!」「トレビアン」「サリュー」「パルフェ」といったフランス語が混じる。

そんな彼女が期間限定ショップを開くために来日し、物語舞台であるいちご坂を訪れたことで話が動き始めることとなる。速その出来映えに感土下座してまで子入りしようとしたいちかに試験としてスイーツを作らせるも、辛辣な評価を下したが的確にその欠点を突きつつ、評価するところは評価している。もっともいちかへの期待の裏返しだったようだが。その天才と称される彼女にも憧れの存在、伝説パティシエがいるようで。現にプリキュア達、特にキュアホイップを見たらテンションが振り切れてしまっている。さらにはキラキラルの存在を知っているよう。それもそのはず、彼女は実は……

その正体キラ〜!

第19話で少しずつその姿は出ていたが、第21話でシエルの正体が明かされた。彼女の姿はキラリンという、ペコリンや長老と同様にスイーツ作りをする妖精だった。もっとも番組開始当初からその姿はOPで出ていたわけだが。長く引っったねえ。

パリに渡り、スイーツ作りの修行を続けていくうちに人間の姿へと変身出来るようになり、さらに精進を続け、今やシエルとして天才パティシエとなったキラリンプリキュアへのあこがれは人一倍で、いちかたちがプリキュアとわかったら今度はこっちが子入り志願の逆土下座をすることに。そんな彼女にも双子ピカリオがいるようなのだが姿が見えず……そんな時に現れたジュリオを見てキラリンは気づく。彼こそピカリオであると。

キラリンピカリオは一緒に修行に励んでいた。単独映画パリッと!想い出のミルフィーユ!』にも登場するジャンピエールジルベルスタインの元に子入りして修行を積むことになるが、キラリンが他人を顧みず一心不乱に研鑽を積み、ついには人間変身できるなどうまく行く反面、ピカリオはなかなか芽が出ずコンプレックスを抱くようになる。さらにキラリンが悪気はないとは言え、ピカリオの作ったスイーツへの何気ない言葉……これらのことが自然ピカリオを追い詰めてしまう。そんなピカリオコンプレックスにつけ込む形で黒幕であるノワールが彼を闇に染めてしまう。そう、こうして現れたのがジュリオだったのである。

キラリンピカリオの苦しみや悩みを分かってやれていなかった、むしろ自分が追い詰めていたことに気づかされる。一方ノワールに操られプリキュアに対して攻撃を繰り出すジュリオ。しかしホイップジュリオの底にあるピカリオの、スイーツを、そしてキラリンを思う気持ちを受け止めることで彼を助け出すことができた。だが、逆にピカリオの事を思いやれなかったキラリンの心が後悔に苛まれる事になってしまう。何よりいちかの作ったスイーツは自分よりもな出来なのにキラキラルがあふれている、それこそが自分とプリキュアであるいちかとの最大の差、他人のことを受け入れる、自分のためではく他人の為にスイーツを作ることだった。

こうした事、特に悪堕ちに追いやったことにショックを受け、自己嫌悪に陥り自分を責めるシエル引きこもり自らの店も休業してしまう。スイーツ作りもままならない。その時ノワールの魔の手が迫り闇に飲まれ、夢であるパティシエプリキュアも諦めそうになる。しかしピカリオの想いが詰まったワッフルを食べたことで、「大切な人を想ってスイーツを作る」というの想いを理解したシエルはその想いを受け取り覚醒キラキラルで作られたペガサスパフェができあがったとき、そのを得てプリキュアとして羽ばたくことになった―。

そんなこんなでいちか達と共にプリキュアとして戦うことになったシエルいちご中学校に編入&自分の店を手がけながら(しかもビブリー心後には彼女を雇い始める)キラパティにも時折加わって手伝うなど、新たな生活が始まるのだが、璧な彼女にも弱点が。パリで過ごしてたからなのか、国語の授業でも回答を出す、ことわざもどこかスイーツが混じった変わった形になるなど、日本語が不得手なのと、人間形態を維持するのに結構なカロリーがいるのかおくとキラリンの姿に戻ってしまう事である。燃費悪いっすね、今回の腹ペコ。つかやっぱりの系譜か?

一方で他人を思いやることを知ったこと、仲間と共に活動することで新たな刺を受け、自分の技術や発想をより飛躍できること、そしてそれがあるからこそパティシエとしてより高みに挑める心構え、といった心も含めた様々な成長も見せている。ビブリーへの気遣いや連れ戻しに来たかつての店のオーナーソレーヌとのやりとりでそれが見受けられるようになる。特に映画ではかつての師ジャンピエールとのやりとりの中でシエルの成長を感じ取れるはずなので一度ご覧あれ。

キュアパルフェ

‐夢と希望を!レッ・ラまぜぜ!

キュアパルフェ!できあがり!」

キラ星シエル変身するプリキュアオールスターズ方式で50オールスターズ映画キュアエコーを含むと51)のプリキュアになる。妖精出身のプリキュアミルキィローズキュアビートキュアフェリーチェキュアモフルンに続いて5人で、「妖精にも人間にもなれる第6の戦士」というポジション的にはローズに近いが、オールスターズ組みで緩和されたとはいえ当時の制約で正確にはプリキュアでは彼女と異なり、明確にプリキュアとされている。
ちなみに「パルフェParfait)」は「パフェ」の原義であるフランス語(「璧」「全な」という意味を持つ言葉で、これが転じて「全なデザート」を意味するものとしてできたのがスイーツの「パルフェパフェ)」である)。

ペガサスパフェ」のアニマルスイーツを用いてスイーツパクトで変身し、パフェグラスを模したターコイズ系と言えるみがかった基調で右側にのグラデーション状に配色されたフリルがつけられたドレスコスチュームい、背中にはペガサス尻尾がつき、ブーツの下部はの蹄を模しており、ピンク色の大きなポニーテールに変化、ペガサスが生えパフェが載ったカチューシャをつけている。
イメージカラーとしては「パフェで見受けられる全部乗せ」及び「璧」というイメージから、シリーズでは類を見ない色的な全部乗せである「色」とされているが、コスチュームの基本色やスイーツパクトから出る色を始め、普段の私や自身の店のパティシエ基調で、キラパティパティシエブーツ(袖口はを模しており、帽子ラインヒイラギの実のような、胸元のリボンキラリン同様の濃いピンク)、演じる水瀬いのりが実際に着用するパティシエでもスカーフやエプロンが用いられているなど、随所にが使われていることからプリキュアと見なすこともできる。つながるぱずるんでも定されているし。

レインボーリボン」という追加戦士恒例の専用アイテムを持ち、このリボンを描くことで様々な技を使うことができる。また、動物由来の固有能としてはペガサスだけに背中で飛ぶことができる。

ちなみに毎度のことではあるが、シエルキュアパルフェの存在自体はおもちゃスイーツパクトやキラパティショップの解析でバレバレになっていた。しかし、6月に入って東京おもちゃショー開催に合わせる形で前年のフェリーチェ同様にパルフェ及び担当声優情報を登場1ヶ半前に先行開している(同時に関連商品を始め、キャラクターソングや後期ED、水瀬プリアラとしてのアニサマ追加出演も発表)。
で、この時点では公式発表ではパルフェの正体は隠している(シエルの存在は幼児誌で明らかにしていた)のだが、バンダイ公式サイトキュアパルフェプリコデドール商品情報ページには明確に「キラ星シエル」の文字、そしてパルフェだけでなくシエルの商品画像が(おもちゃショーでも隠さず展示)。さらに第19話放送前日の事前情報ではあっさりとシエル声優水瀬であることも明かし、同話ではシエルキラリンとおぼしき妖精の姿に変える場面も。あのー、隠す気全くないですよね、公式側の皆様。
とどめに6月30日には公式発表でシエルパルフェ変身すること(幼児誌では媒体の都合もあって正体がキラリンであることも)をさっさとバラし、翌7月1日に発表された映画HPではキラリンの姿のままパルフェ変身している姿まで。9日の第22話ではとっとと新商品のCMを流した上に終わりクレバックではその姿と共に「名前覚えた?」とメッセージも出し、公式サイトでもパルフェキャラページ開、この日から演が始まったミュージカルショーでもシエルパルフェいずれの姿でも登場と、開が加速。あまりにも潔すぎる上に手際が良すぎる。
一方で、おもちゃの音バレがあった時点でダメ絶対音感クイズが開催されるわけだが、なんとこの時点で配役が水瀬いのりであることを的中させた人物は皆無だった(ほとんどが田所あずさ説を挙げていた)。限られた条件とは言えおもちゃの音という事前情報で担当声優を当てることができなかったということは、まさしく声優の技量による物だと言えるのではかろうか(事実木Pや暮田SDオーディションや実際のアフレコ水瀬のその演技に感嘆しており、妖精としての演技が凄くはまっていた上にプリキュアとしての演技も上手い事が決め手となってシエル役に選んだと言、実際にシエルを演じても随所に見られるその上手さを評価している)。

ついでに、上述したパルフェ姿のキラリンの話。映画では冒頭の戦闘中であるアクシデントが発生し、このような姿になってしまう。その名もまんまのキュアキラリン。このアクシデントシエルとしてスイーツ作りができないというスランプにも繋がっているわけだが、プリキュアとしてもキラリンのままだからまともに戦えない、レインボーリボンも持てないという以前に持ち上げられない、パルフェ・エトワールもまともに撃てない、飛ぶこともできないなど散々。このスランプトラブルからどう抜け出すかが物語の鍵ともなっている。ただ、ご丁寧にこれ専用の変身バンクや「弱さ璧!キュアキラリン」というテーマBGMが作られていたりもする。

決め技

パルフェ・エトワール
パルフェの通常技。「キラキラキラリンパルフェ・エトワール!」と唱えてレインボーリボンから色のリングを生み出し、敵に向けて放ち拘束する。
キラクルレインボー
パルフェの浄化技。「行くよ!アン・ドゥ・トレビアン」と唱えてリボンからのパフェを作り上げ、その中に敵を包み込み、「キラクルレインボー」と唱えてパフェ圧縮して七色の煙を出し、「ボナペティ」で炸裂させて浄化する。

関連動画

中の人中の人なのでこんな動画も。

関連静画

関連立体

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%A9%E6%98%9F%E3%82%B7%E3%82%A8%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キラ星シエル

43 ななしのよっしん
2017/10/22(日) 10:47:12 ID: RCs9oEN6BP
いちかと会う前は結構性格に問題あるね
今回も相手の気持ちを考えてない行動やってるし
師匠は好きにしろって言ったけど本心は違ってそうだし
映画でどうやって気持ち伝えるのか見ものだ
44 ななしのよっしん
2017/10/30(月) 20:04:14 ID: hvz3vJcDPb
キラリン形態が可くてぜひに来てほしいのだが、寝るときや風呂入るときに急に人間態になったらって思うと身える……。
45 ななしのよっしん
2017/11/01(水) 08:21:09 ID: RCs9oEN6BP
子取ったりしないのも師匠の影だったのね
映画でちゃんと仲間を持つ事の
大切さを学んでる描写がされてたのが良かったよ
46 ななしのよっしん
2017/11/19(日) 20:37:58 ID: j8tb9q9AQ+
>>44
腹ペコ状態なら人間態にはならないから・・・
47 ななしのよっしん
2018/01/07(日) 10:35:23 ID: G0/nRbPfXE
ペコリンが結局プリキュアになるならこいついらなかったな
ペコリンがあまりに不人気でテコ入れしたか、声優ごり押ししたかったか
48 ななしのよっしん
2018/01/14(日) 09:34:35 ID: RCs9oEN6BP
今回のペコリンの話の所為で海外まで言って修行したり
の事で挫折したりしてようやくなれた話が茶番みたいだわ・・・
特に努してなくて敵にまで見守ってるだけとか言われても
想いの強さでなれますみたいだもん
49 ななしのよっしん
2018/03/14(水) 20:32:53 ID: 3lyEuIIJJZ
きらぼし銀行の口座持ってそう。
50 ななしのよっしん
2018/06/23(土) 21:48:26 ID: y/mfQrH2D2
http://www.puzzcore.com/pzl/171228PNCVexit
パルフェパズル
51 ななしのよっしん
2018/07/31(火) 21:03:29 ID: Y2UV6jYRem
キュアペコリンは出るのが遅すぎて何のグッズも出ていないし
単なるゲスト扱いでオールスター入りも認められてないしそこまでくこともないだろ
初期五人だって別にパティシエ修行してたわけじゃない
52 ななしのよっしん
2018/10/16(火) 22:15:17 ID: BiSpXVSeoY
ハイパー無慈悲の直後に変身したやべーやつ

急上昇ワード