キリエル人単語

キリエルビト

「キリエル人」とは、円谷プロダクション製作特撮ドラマウルトラマンティガ」に登場した精生命体である。

「君を待っていたのだよウルトラマンティガ、君はこのの守護になるつもりかね?おこがましいとは思わないか?君がその巨大な姿を現すずっと前から、このの愚かな生き物たちはキリエル人の導きを待っていたのだよ。君は招かれざる者なのだ。見せてやろうキリエル人のを、キリエル人の怒りの姿を」                   

第3話より)

概要

古代より地球に潜入していた精生命体。

遠隔的に人間の精を乗っ取ったり、3年前に既に死亡していた人間(イタハシ・ミツオ)の姿を借りる事も出来たり、さらには両手から衝撃波を放って攻撃する事が出来る。

第3話で防衛組織「GUTS隊長イルマが度重なる怪獣、そして巨人ウルトラマンティガの出現に関する報道番組にゲスト出演した際、ティガは人類を導く存在といったコメントをした事により、キリエル人の怒りを買ってしまい、「この世界はもうじき、なる炎によって焼き尽くされるだろう。」と予言、その後「なる炎」という爆発事件を起こした。その後もイルマに全人類を代表してティガではなくキリエル人に敬意を示して頂きたいと迫ったが、断られたため町ごと燃やそうとした。

25話では、イタハシとキリエル巫女を通じて天使として人々の前に姿を現し、さらにTV乗っ取りティガを「悪魔」だと人々を洗脳し、メトロポリスに「天国の門」(実は時の断底に通じる地獄の門)と称する巨大な門を出現させ、他のキリエル人たちを呼び寄せようと暗躍した。 

ウルトラマンティガの敵の中でも多くの視聴者の印に残るもののひとつで、シンジョウ隊員役の影丸茂も、後にウルトラシリーズで最も印に残っている怪獣として名を挙げている

炎魔戦士 キリエロイド

 第3話悪魔の預言」に登場。

炎魔戦士 キリエロイド
登場作品 ウルトラマンティガ
サブタイトル 第3話悪魔の予言」
体長/全長 52メートル
体重 42000トン

キリエル預言者ティガに対抗するために自身の体内にある巨大化細胞変身した姿(体長はティガに合わせたらしい)。キリエル預言者く、「キリエル人の怒りの姿」であり、キリエル人の戦闘モードでもある。「キリ、キリ」と鳴くのが特徴。顔面はまるで泣きの表情を浮かべているように見える。

手からは火炎放射「獄炎弾」を噴き出し、その威は一撃で山を焼き尽くしてしまうほど極めて高く、頭の回転が非常にいうえ、身軽で格闘にも優れておりマルチタイプを圧倒するが、ティガスカイタイプチェンジすると一時的に不利になる。しかし持ち前である頭の回転のさで獄炎弾と自身のパワーで再び有利になる。しかしティガフリーザーで氷付けにされ、マルチタイプのゼペリオン線で倒された。

第20話

 

君はこのの守護になるつもりかねおこがましいとは思わないか?

 

ちなみにこれはゴブニュ(ギガ)に敗れて気を失ったダイゴが見た幻だった。

炎魔戦士 キリエロイドⅡ

 25話「悪魔審判」に登場。 

炎魔戦士 キリエロイド
登場作品 ウルトラマンティガ
サブタイトル 25話「悪魔審判
体長/全長 55メートル
体重 45000トン

 初代よりパワーアップしており、姿もさらにおぞましいものとなっていた。キリエル預言者巫女合体変身した姿である。顔面も泣いてるような顔から不敵な笑い顔のように変わった。

初代と違い獄炎弾は使用しないが、その代わりティガの行うタイプチェンジと同様のも身に付けている。
変身直後は格闘戦タイプだったが、怪力タイプでは全身が硬質化し、パワータイプの攻撃も効かないほど(それどころかパワータイプを圧倒する)になり、両腕が状に起してティガやビルを切り裂いた。
中戦タイプでは背中から巨大なが生え、その機動スカイタイプをも上回った。

ティガを全てのタイプを圧倒し、終始優勢に戦いを進め、一度はティガ中戦タイプ叩き落して窮地に追い込んだ後、に発生させた「地獄の門」のをこじ開けて自身の仲間を呼び、ティガ諸共世界を闇に閉ざそうとした。

しかしイル隊長電波ジャックでの呼びかけでに返った(あるいは洗脳されなかった)人々や、彼女息子ミウラトモキのハッキングでビルから放たれたによってティガがかろうじて復活。怪力タイプに戻って再度挑むがティガの猛反撃を受け、戦況が一気に逆転。一撃も与えられないまま地獄の門に叩きつけられ、最後はゼペリオン線で門もろとも消え去った。

最終話での行動

ガタノゾーアカラータイマーを打ち抜かれ、石像と化して中に没したダイゴの精世界(?)の中に、巫女預言者の姿のキリエル人が再び現れた。

25話で倒されたのと同じ姿をしているが別人。もはやガタノゾーアのもたらす滅びを防ぐ術はく、ティガも人類も終わりである、と捨て台詞をはいて消えていった。設定によれば、地球から逃げ出したらしい。

キリエロイドトゥー!

ウルトラゾーン』第14話の「怪獣漫才」に登場。

ジャミーさんジャミラと「ジェネレーションギャップス」というコンビを組んでいる。担当はボケ。芸ノリでズレた発言をするというもの。

ジャミラからは「怪獣に見えない」と言われており、コンビ名通りジャミラとのジェネレーションギャップを前面に押し出したネタを披露した。

短編小説「キリエル人」

小中千昭著、『テレビマガジン特別編ウルトラマンティガ』に掲載(小中の短編集『深淵を歩くもの』に収録)。

1986年東京にあるトンネルでの番宣CM撮影中、プレゼンター役の女優が、もいないはずのトンネルで人影を撃する。
撮影は何事もく続行されたが、そのポスプロ中、CMを担当したディレクターは撮影素材身長メートル程の薄い人の影が複数映り込んでいるのを見つけてしまう。結局、それは特殊効果で塗り潰す事で放送された。

しかしある、次の仕事に取り掛かっていたディレクターの自宅を不審な男が訪ねる。男は「破滅に向かう愚かな人類を導くキリエル々の姿」をテレビを通して人々に顕示した事への感謝を伝えに来たのだという。陶しがったディレクターはその男を振り払おうとするも、男は一の内に消え果せ、後には悪魔の様な姿の影しか残されていなかった。

それから数年後、脚本家に転向したディレクターは、昔のホラー映画にかつて現れたその男が出演しているのに気付く。しかし、当の俳優はそのよりも前の1985年に既に自殺していたのだった。

1996年より、脚本家子供の頃から魅せられてきた昭和ヒーローを復活させるテレビ番組に深く関わる事になる。
そしてその番組の最終回後の打ち上げにて、脚本家はそのヒーロー番組のレギュラーであり、東京の地下で共に仕事をした女優と久しぶりに再会するのだった。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

 関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%AB%E4%BA%BA

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キリエル人

36 ななしのよっしん
2015/09/12(土) 07:55:03 ID: Y6FgOoq7bE
ウルトラ世界葵徳川三代
37 ななしのよっしん
2015/10/03(土) 16:53:08 ID: JeA0T6/cW4
ferのカオスキリエロイド映像化をするなら。

を手に入れるためにカオスヘッダーを悪用→途中まで優勢だったがカオスヘッダーがまた綺麗になり始めて拒絶反応を起こして苦しむ→コズミューム線でカオスヘッダーを撃たずに本体を爆破という流れだと思うね。

世界観的にやりやすいワロガでやれとは言わないでね。
38 ななしのよっしん
2015/10/29(木) 15:27:36 ID: shV9VxDvvB
こいつについてどうにもイマイチわからない点があるんだが
先代ティガやユザレ達古代人の時代にも存在したんだろうか
その頃いなかったとすれば滑稽なもんだ
39 ななしのよっしん
2015/12/16(水) 00:32:12 ID: ElyZ7EMpTJ
最終回の後のキリエロイドについては、「大怪獣バトルウルトラモンスターNEO」及び、そのコミカライズの「大怪獣バトルウルトラアドベンチャーNEO」でられている。

どういうわけかM78世界に流れついていた彼はテンペラー星人マグマ星人ババルウ星人とともにカネゴンバトルナイザーを奪おうとするも、アクシデントにより異世界に飛ばされてしまう。
その世界ティガとGUTSが存在しており、元の世界に帰ってきたのかと思われたが、ガタノゾーアを倒した後もティガの戦いが続いている平行世界だった。
そこで主人公を試し、バトルナイザーを奪おうとするも乱入してきたグローザムに倒される。
しかし実は生き延びており、その後南極ガタノゾーアが復活すると、ガタノゾーアを従えるためにまたしてもバトルナイザーを渡すように要。拒否されると負け惜しみを言って消え去った。学習のないやつである(ちなみにガタノゾーアはやっぱり再びグリッターティガに倒された)。

ちなみに、ゲームではEXステージに別個体としてれっきとしたレイオニクスのキリエロ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
40 ななしのよっしん
2016/03/20(日) 15:46:30 ID: xnUqjtBbTa
>>38
いたからガタノゾーア等の知識があったんだろう
41 ななしのよっしん
2016/07/10(日) 11:37:35 ID: B6Z4roYZdk
詭弁煽りスケープゴートレッテル貼り…まるで俺らだな
42 ななしのよっしん
2016/12/07(水) 11:43:56 ID: Sx1odLVFlD
もしもだが、ティガ世界グランスフィアがいたら利の一致で手を組む展開とかあったのかな?
43 ななしのよっしん
2017/12/06(水) 22:30:02 ID: 4nou1Yr6if
そのうち
キリエロイド登場してほしいな
44 ななしのよっしん
2017/12/16(土) 22:59:34 ID: 4zMMbdxPPq
28
小中千昭小説だとガタノゾーア眠ってる状態でも触腕で人類観察してたし
時系列的にティガ復活する前の話だから多分キリエル人が何らかの予防策取ろうにもガタノゾーアがそれすら対策してきそうなんだよなぁ
45 ななしのよっしん
2018/10/13(土) 23:53:38 ID: nT9tF8yDw5
人間の姿のやつ、一方的に攻撃できるのずるいな
結局何の対処もされないままだったし、基地にも容易に潜入できるし
本体隠れててあのまま暗躍してたら無敵だったんじゃ…