キリン(MH)単語

キリン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

キリン

キリンとは、「モンスターハンター」に登場するモンスターである。

概要

古龍種
キリン
素材
名称 キリン
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

の一種で、ユニコーンのようなを基調とした体色と額の一本が特徴。
およそ「」とは似ても似つかぬ外見だが立な古である。ただのウマキリン動物)の類ではない事を示す特徴として、このキリンの足は「蹄(ひづめ)」ではなく鋭いが生えており、体表は細かな鱗で覆われている。

に分類される理由としては、当初は「分類不能モンスターとりあえず古龍種に」と言う通例があったためキリンも古に分類されていたのだが、研究が進むに従ってキリンからも「古の血」と呼ばれる古に共通する特殊な血液成分が検出される事が判明。正式に古龍種として認定された。

ただ正式に古龍種と分類されたとは言っても他の古龍種とは異なる点も多く、まず体の大きさがかなり違う。他の古20m以上になる巨体を誇るのに対し、キリンはせいぜいが全長5m程度。ドスランポス等の中種より少し大きい程度の体長しかない。

また、MHMH2やその生作品での古に共通する特徴として「そのクエスト中は小モンスターが姿を見せなくなる」「他のモンスターとの二頭クエスト・連続狩猟クエストにならない」「討伐以外に撃退でもクリアになるクエストがある」と言ったものがあるが、キリンはそのいずれにも当てはまらず、キリン討伐のクエストは小モンスターや他の大モンスターも出現する事があり、また撃退でのクエストクリアい。ただし、「が一切効かず捕獲できない」と言う点は他の古と同じである。

怯み値のも他の大モンスターのように部位ごとに蓄積されるのと違い、ドスファンゴなどの中モンスターのように一つで共有されている。キリンと同じ方向を向いたまま怯ませると、ドスランポスのように吹っ飛ばすことができる。(関連動画参照)

動きがモンスターケルビ」に似ているため、「ドスケルビ」なんて呼ばれることも。
ケルビの左右にジグザグに飛び跳ねながら進む動きは「ケルビステップ」等と呼ばれるが、キリンもこのケルビステップを多用する事もドスケルビ呼ばわりの一因。
またではあるが、羽が退化したどころか全く存在せず飛行ができないため、エリアチェンジ等の移動も全て陸路で行う。しかも隣のエリアへの普通に通るのではなく、食種や種が通路にしているぐらを通って移動する。

作中では幻の生物とも言われるくらい知られておらず、幻獣とも呼ばれる。そのため素材はとても重。……ハンターに取って何故重かと言えば、剥ぎ取り回数が2回とドスランポス並みに少ないからなのだが。
さらには無印及びMHG時代はキリン自体が定期的に配信されるイベントクエスト専用で、本当に幻だった。
MH4で再登場した際は剥ぎ取り回数が3回に増加修正され、また村クエにも(1回限りの緊急ではあるが)登場し、ギルドクエストでは下位から対応しているなど、他の大モンスター並には素材を集めやすくなった。イベントクエストの数も増え、キリンと戦う事自体は非常に容易である。
ただしMH4GにおけるキリンG級素材の一つ「白銀のたてがみ」がどういうわけかキリン本体の剥ぎ取りでは絶対に出ず、高レベルギルドクエストまたはG級イベントクエストクリア報酬でたまに手に入るのみという微妙ストッパー素材にされている。

キリン素材から作られる武器はいずれも属性を宿しており、そのどが物理攻撃性よりも属性に偏った性をしている。防具も同じく耐性が高く、武器の属性を強める事に傾倒したスキルを持つ事が多い。
しかしそれらの特徴よりもかに有名なのは、女性用防具が大変露出度が高くエロと言う事だろう。ゲーム内での観賞用装備としてだけではなく、薄い本では標的にされる女性ハンターキャラキリン一式装備がやたら多い。また属性武器を作る際にも素材が必要になることが多く、素材が集まりにくい事からも良く狩られるモンスターである。
MH4系列では他の属性装備にキリン素材を用いる事がほぼくなり、他にエロい装備も増えた事によって純キリン装備が欲しい人だけが狩るモンスターに落ち着いている。

特徴、攻略法

をまとっており、またを自在に操り、ハンターや自分の周囲へ落とすことができる。
怒ると発具合が強くなり、さらに帯電状態で突進してくる。

質が異様に硬く、中途半端な切れ味の武器では易々と弾いてしまう。
しかし特徴の一つであるは弱点で、この部位はほかよりやわらかいため弾かれることがない。
ただしボスモンスターの中では極めて小である事、動きが機敏である事、その弱点であるは、キリンの正面=最危険地帯についている事から、弱点を狙えるようになるには相応の慣れとコツを要する。

ボウガンの散弾を撃つと、弱点に集中HITすると言うシリーズ共通の弱点があり、散弾体で討伐パーティが組まれる事もある。(ただし、散弾は接近戦を挑む士の動きも阻してしまう為、やるなら全員散弾という特化編成が組まれる場合がど。MHFの場合はいたわりスキルを使えば問題ないが混成パーティーだとキリンが動き回るため同様の構成にすることが多かった。)

さらには、飛行して逃げる事が出来ないからか、作品によっては特定マップを使ったハメ手段も確立されている。

以外に弱点らしい弱点もく、弱点属性すらなく、状態異常ど利かない等絡め手が通用し難い相手だが、睡眠属性が容易に通ってしまうという弱点がある。
質が硬い、基準体が低いという特徴から、視で固定ダメージで睡眠中に食らわせるとダメージが3倍になるという爆弾での攻撃の効果が相対的にかなり高く、キリン殺する戦法としていわゆる「睡眠爆殺」は恒例のものとなっている。

亜種

MH4から亜種が登場した。その見たは原種と正反対のである。

原種と異なる点はではなく氷を操ることが特徴的であり、氷の柱を周辺に3つ立てたり、1、2回一直線に立てたりするのが大きな変化である。この氷柱は突き出た間だけではなく、フィールドに残っている限り攻撃判定を持ち続けるという厄介な性質を持っており、キリン亜種本体の攻撃を避けた先にあった氷柱に触っただけでダメージを受けると言った事がよく起こる。

さらに4Gにて登場するG級個体は「絶対零度間」と言う新技を習得。
これは一定時間自身の周囲に触れただけで雪だるまになってしまう間を展開すると言うものなのだが、なんとこの技はほとんどの無敵時間を視して強制的に雪だるまにしてくるという嫌らしい技であり、緊急回避の無敵フレーム時間中でも撤退のためにを掘っているアイルーでも問答用で雪だるまにしてしまう
この冷気で雪だるまにならないのはダウン中のハンターくらいだが、間内でのダウンであれば当然立った間に雪だるまになるため、耐スキルまたは大量の消散材を持ち込まないとまともに戦う事すらできない。

が低い、睡眠に弱いといった特徴は原種と同じであるため睡眠爆殺戦法が有効だが、上記の氷柱はキリン亜種本体が眠った程度では消えないため、キリン亜種を眠らせたのに氷柱が邪魔で爆弾が思ったところに置けないといった事態がたまに起こる(攻撃判定を持つので氷柱に触った間に爆弾が起爆してしまう)。

クエを進めていけば何だかんだでちょくちょく遭えるようになった原種と違い、亜種に出遭うための条件はかなり厳しい。
集会所クエストラスボスダラ・アマデュラを撃破した後、HR100まで上げて解放されるダラ・アマデュラ強化クエスト「千古不易を謳う王」をクリアして初めて、上位探索でキリン亜種のギルドクエストが出現するようになる。自でキリン亜種クエを入手する手段は本当にこれのみであり、ソロプレイに限るとMH4の中で実質的に最後に解禁されるモンスターである。
続くMH4ではG級探索でもギルドクエストが入手できるが、やはり初期状態では生しない。

キリン亜種の素材を用いた武器防具はやはり氷属性を帯び、属性重視の性になる。
気になる防具のデザインは原種の色違い

MHF

MH2続投組。上位個体は剛種より大きな個体が出る。
MHFでは山(横ハメ)、沼地(高台ハメ)、(柱ハメ)それぞれにハメが存在するのでかつてはやたらハメられていた。特にの剛種。

また、当てにくい部位が極端に柔らかく当てやすい部位がとても硬いという特性を持つので、
か後になって登場した穿龍棍リーチモードカモになってしまった。

MHF-G5で登場したイナガミキリン格を改造しようとしたものだが、流石にだったようでベースから作り直されて別物となっている。

MHF-G9.1(2016/3/17)からドスと共に剥ぎ取りが3回になった。
そして、G10のドス古3体に続いてMHF-G10.1(2016/10/5)でG級進出。難易度古龍種恒例の7。
既存技の変化としてはケルビステップ後に落が発生するようになっている。
また、新規技はその場で飛び上がってエネルギーを充電し、立ち上がりを振り上げながら周囲に放電するというもの。
この充電の際にキリンの周囲に電気が走り、放電では中~長距離の固定点と各ハンタービーム上の電撃が飛ぶ。
前者の判定は一だが、後者ハンターを正確に狙う上に到達速度も速く判定も長めのため放たれてから回避は困難。
しかし、この放電はキリンの周囲にいれば飛んでこないので充電の際の電気を回避かガードでやり過ごせば近づいて攻撃チャンスにできる。
ガンナーの場合は充電中に攻撃してやや難しいが放電をフレーム回避しつつ左右に位置をずらして避けてもOK。
充電でふっ飛ばされて受け身を取ると漏れなく放電が飛んできてBC送りになる可性が高いので、常に受け身をとる癖がついている場合は気を付けよう。
また、近づくのが間に合わないような位置であれば前述の回避のほか逆に距離を取れば範囲外に出ることも可
質の方は前述の穿龍棍リーチ短の対策が取られると思われていたが、全体がのっぺりということはなくが弱点なのは変わらず胴体との差が少ないという調整になっている。
原種や剛種と違って少しだが属性も通り、は火>氷となっている。
素材の方は希少素材が出やすいがコモン素材確立が他のモンスターべて低めと変わった設定になっている。
武器は双剣太刀ハンマーガンランスに加え新規デザイン穿龍棍が追加されている。
いずれも攻撃が高く近接武器はゲージが出るが属性値は低めという物理重視の性となっている。
防具は士、ガンナー共に用途が分かりやすいスキル構成で防具としても装飾品としても使いやすく、ガンナー防具には新技を意識したような新スキル狙撃」のSPがついている。
狙撃は連射と狙い撃ち(当然にも有効なので厳密には異なる)の複合スキル、つまり実質専用スキルであり、これにより装備が連射や扇射の縛りから解放された。
ちなみに気になるデザインは原種ベースで毛が増えているというものであり、女性防具の足はガーターベルトが追加されている。

余談だがMHF-Zで登場した外装機(詳しくはMHF-Zの記事を参照)で前述のキリン装備(原種、剛種のものが対応済み)を外装にすることができるようになった。

ラオキリン

MHFにおいては当初体が極めて高く設定されており、ラオシャンロン並みであった事からラオキリン等と言う通称を持っていた。
ラオシャンロン較的攻撃が控えめでマップをのっしのっし移動するのがメインであり攻撃し放題なのに対して、キリンは機敏に駆け回って攻撃してきて的も小さいと言うのだからたまったものではない。

ただしこれはキリンがどうのと言うより、「古」と言う存在がMHF明期においては特別扱いのエンドコンテンツ的な扱いの存在であり、他の古も同様に「到底倒せないであろう」を誇るバケモノばかりであった。
その後バランス調整で古龍種が全般的に弱体された結果、キリンは以前の三分の一~五分の一程度の体にまで落ち込み、古の中では見た通り最も低体に設定された。
とは言ってもオンライン用の調整なのは変わっておらず睡眠爆破の有効度は低い。

G級キリン実装された場合このラオキリンとほぼ同じ程度の体になるものと思われていたが、実際のG級キリン防御率も加味した耐久全盛期ラオキリンの1.5倍ほど。

特異個体

MHFシーズン10(2011/1/26)実装
ハメられないのは特異個体の常だがキリンもハメられまくった過去を払拭している。

元々の俊敏さに加え、追加モーションとして前方のかなり遠くまで放射上に広がっていく落を放ったり、ジャンプからハンターのいる位置へタイミングずらした2発のを落としたり、格歩きで周囲に大量の落を発生させたりする。
更に最も特徴的なものとして威嚇の動作でターゲットのいる場所にマーキングして、歩とも言えるった高速突進を仕掛けてくる。

また、怒り時には電気うが、これが剛種・G級の場合体が一定値以下になると祖のようになり、高速突進を3連続で行ってくるようになる。
この場合マーキング時の予備動作が長くなり、終了後にホストとの位置ズレ対策として一度跳躍→着地を行い隙をす。

この通りホーミング落等により山の横の柱を用いた散弾ヘビィハメが通用せず、多くの場合は士で挑むことになる。
しかしながら散弾が有効であること自体は変わらない。
ホーミング落歩の際には攻撃箇所へ予告マークが出る上に判定は一の為、回避性があれば非常に楽になる。耐性を補強しておけばさらに楽になる。

 現在ではG級における火力過多現によってガチのほうが圧倒的にく倒せるのでれたが、通常個体と同じく睡眠は効く為、かつては大剣・睡眠ガン2・で睡眠溜め4による狩猟が行われていた。
ガチでも大剣ハンマーなど一撃重視の武器が有効。

剥ぎ回数が2回なのでHC素材を剥ぎ取るのはかなり厳しく、救済クエ狩人祭のポイントやNPを使って交換するのが定番。
だったが上述の通り剥ぎ回数が3回になっている上同時にHR帯はHC素材剥ぎ取り確率が上がったので今はそうでもない。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%28mh%29

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キリン(MH)

278 ななしのよっしん
2018/07/05(木) 06:23:07 ID: MlPGbiV7nt
かっこつけてないくこっち来いや
279 きょーてんどうちまぐらはと
2018/07/20(金) 23:11:16 ID: HttAc+EsSy
ちょっと前まで苦手だったが、ナナの後に歴戦王行くと楽しくて仕方なくなってしまった
280 ななしのよっしん
2018/09/12(水) 16:12:28 ID: d9JmPsII41
火とに弱くなったのっていつの作品からだっけ???
281 ななしのよっしん
2018/09/25(火) 17:28:38 ID: 9nclBuMIlk
昔っから、楽しめる・く狩れる武器種や戦法が限定され過ぎててな…
mhfはそこらへん考えられてるけど
282 ななしのよっしん
2018/09/25(火) 17:35:27 ID: 823pAPsjF1
ネトゲはその辺凄くデリケートっていうかシビアな連中が多いからな・・・。
283 ななしのよっしん
2018/10/18(木) 09:10:23 ID: r96B7OjKy7
ネトゲだからユーザー側がうるさいというよりはゲームは最重要のアクション部分の信用失ったら終わるからユーザーが楽しめるよう丁寧に作ってるし信用があるから10年以上も有料で続いてるんよ
まあ実利だけじゃなくて普通に娯楽の制作者としてユーザーに楽しんでもらおうと思う気持ちもあるだろうし売り切りゲームだって底するべきだろうけど
284 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 17:06:55 ID: emjVkmA+/9
訓練されたユーザーが大部分を占める作品と初心者含めて圧倒的にユーザー層が厚い作品だったらそりゃ後者のが不満出るよねっていう
お前者は終わった模様
285 ななしのよっしん
2019/09/28(土) 13:21:40 ID: MIzR4areM8
で動きを阻されてるなか、キリンはその間自由に動ける・・・
アイスボーンのマスターランクキリンの行動パターンだが、姑息なやり口が気に食わない
クラッチの傷付けで胴にも高ダメージを与えられるようになったのはいいんだが肝心のその隙が中々い・・・
286 削除しました
削除しました ID: 8z6Fbh+gDa
削除しました
287 ななしのよっしん
2019/10/12(土) 04:16:15 ID: MlPGbiV7nt
⚡️🦒⚡️…🐾🐾🤟🥴👉😈