キル・ビル単語

キルビル
2.5千文字の記事
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

キル・ビル(Kill Bill)とは、監督と脚本をクエンティン・タランティーノが担当したユマ・サーマン演の映画である。

概要

タイトル通り、幸せの絶頂にいた主人公奈落の底に突き落としたビルとその配下であるヘビ暗殺団への復讐を描いた作品。

ハードバイオレンス描写が展開されるがブラックユーモア溢れるコメディ映画としての側面もある。

Vol.1とVol.2に分かれているが元は一本にまとめる予定であった。監督の頭の中にはVol.3の構想もあるらしい。

映画からのパロディが多いが、Vol.1開後は本作のパロディが多くみられるようになるなど後世に多大なを与えた名作

キル・ビル Vol.1

概要

監督の得意とするバイオレンスアクションを全編に押し出した一作

冒頭に敬愛していた深作欣二へこの映画げるというテロップが流れ、エンドロールでは勝新太郎と共に再び触れられるが日本以外での上映では「復讐冷やして食べるのが美味い」というスタートレックが流れる。

半蔵からを見せてもらうシーンリリイ・シュシュSalyu)の「回復する傷」が使用されるが、これは監督スーパーで買い物中、店内で流れていた彼女美声に魅せられ店員名前を聴き起用に至ったらしい。

あらすじ

暗殺任務中に妊娠が発覚したザ・ブライドはその任務をほっぽりだし組織から逃亡。身をくらます。

数か後、テキサス州エルパソの小さな教会結婚式リハーサル中、かつて所属していた組織のボスであるビルとその4人の配下による襲撃を受け、自分以外の参加者全員と身ごもっていた子供の命を奪われ、自身もリンチを受けたのち頭に弾を撃ち込まれ睡状態に。

四年もの長い眠りから覚めた彼女は自分からすべてを奪ったビルたちへの復讐を決意する。

キル・ビル Vol.2

概要

アクションを抑えて心風景に重点を置いた二作

間延び感や前作以上のチープさは否めないが、実は生きていたとの対面から始まるとしてのザ・ブライドなど一作とは違った感動を味わえる。

修行シーンもあるのでカンフー映画好きはより楽しめるだろう。

あらすじ

ヘビ暗殺団のうち二人を始末したザ・ブライドは残るターゲットの中から手始めにビルのであるバドがいるテキサスに向かうが、彼女の来襲をあらかじめ知っていたバドにショットガンを見舞われ返り討ちにあい、棺桶に入れられ墓地埋葬されてしまう。

絶体絶命ピンチの中、かつて中国で行った仙人との修行を思い起こす。

登場人物

ザ・ブライ
本名はベアトリクス・キドー。コードネームブラックマンバ。
達人の域に達した剣術拳法武器に戦う、ブルース・リートラックスーツに身を包んだヒョロ長いアメリカ白人
日本語も結構上手い。

ビル
コードネームスネークチャーマー。
ザ・ブライドの師匠兼元人の初老の白人男性
幼少期から映画女性が登場するたびしゃぶるなど女への執着が半端ない。お手製の自剤を使用するなど様々な分野に知見がある模様。

オーレン石井
コードネームコットンマウス
東京米軍基地で生を享けた中国系アメリカ人日本人とのハーフで20歳の頃には既に世界有数の殺し屋と呼ばれていた。
東京の裏社会る女分という立場上最も見つけやすいためザ・ブライドの復讐リストトップに選ばれる。
出生をアニメで描くVol.1の第三章はProduction I.G制作。『BLOOD THE LAST VAMPIRE』や『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の大ファンだった監督アポなしで同スタジオを訪れて直談判し制作を依頼した。
彼女の発した「ヤッチマイナッ!」は妙な癖があり一時ブームとなった。

ヴァニータ・グリーン
コードネームはコッパーヘッド
ヘビ暗殺団一のナイフ使いだった黒人女性
ザ・ブライドの睡を機に殺し屋稼業からは足を洗い、今現在はジーニー・ベルという偽名を使って四歳の平和に暮らしている。Vol.3では成長した彼女キャラになるらしい。

バド
コードネームサイドワインダー
ビルのの中年白人
かつてはビルから譲り受けた半蔵のを振るう達人だったようだが、現在250ドルを質に入れ流行らない場の用心棒に身を落とすなど落ちぶれている。

エルドライバー
コードネームカリフォルニアマウンテンスネーク
『ゼイ・コール・ハー・ワンワイ〜血まみれの天使〜』に登場するフリッガのオマージュキャラ
CIA工作員を経てヘビ暗殺団に入った金髪碧眼白人女性でビルの愛人使い。
かつてパイメイボケ老人と罵った際に右をくりぬかれたため眼帯を付けている。
ザ・ブライドとは自他ともに認めるの仲で、口笛を吹きながら彼女が眠っている病院に出向くもあと一歩でビルに暗殺を止められた際は人である彼に高している。

服部半蔵
かつて伝説殺し屋刀鍛冶として名を馳せた沖縄でマズイ寿司屋を経営している『軍団シリーズ主人公
現在は裏業から引退しているが自らの子への討ちを手助けするため、ザ・ブライドに自身の最高傑作と言ってよいを打ち授ける。

GOGO夕張
オーレン石井の好戦的なボディガード
演じる栗山千明は撮中、GOGOの得物であるモーニングスター「ゴーゴーボール」を監督の顔面に直撃させてしまい顔面になったという(タラは大ウケ)。

ソフィ・ファタール
オーレンの組の№2にして彼女友の弁護士
戦闘力はからっきしだが驚異的な生命を持つ。
同時通訳を担当する場面はシュールな笑いを誘う。

パイメイ
千年ほど生きていた武道で絵に描いたような仙人の貌をしている老人。
アメリカ人と女が嫌いで、その両方を兼ねそろえたザ・ブライドを毛嫌いしながらもミッチリ修行を付け彼女を鍛え上げる。
メチャクチャ強いがとある人物の恨みを買い割とあっさり死ぬ。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キル・ビル

1 ななしのよっしん
2021/01/25(月) 05:13:54 ID: R78Cjd61jy
ブライトじゃなくてブライドじゃね?
2 ななしのよっしん
2021/01/25(月) 05:19:59 ID: R78Cjd61jy
修正おつ