キング・クリムゾン単語

キングクリムゾン
  • 42
  • 0pt
掲示板へ

キング・クリムゾンとは、

  1. イギリスロックバンド
    King Crimson
  2. 上記の名前を借りた漫画ジョジョの奇妙な冒険」のスタンド本項で記述する。

キング・クリムゾン(ジョジョ)

【破壊:A / スピード:A / 射程距離:E / 持続:E / 精密動作性:? / 成長性:?】

キング・クリムゾンとは、漫画ジョジョの奇妙な冒険」第5部「黄金の風」に登場するディアボロギャング組織・パッショーネボスにして、物語の最後の敵)のスタンドである。

キング・クリムゾンにはが2つ存在する。また,ディアボロのもう一つの人格であるヴィネガー・ドッピオも、この片方のを使うことができる。

1.時間を「消し去る」

一つめのは、時間を数十までの任意の数「消し去る」
消し去った時間を本体のみが自由行動でき、相手の動きをスローモーションで見切ることもできる。
発動中相手の体感時間と意識が飛ばされているので相手は何も感じないが、注意していれば時間が飛んだことに気づくことができる。
また、発動中は無敵であり相手から攻撃を受けることはないが、攻撃することもできない。
弾丸が命中する直前で時間を飛ばせば「自分に命中する」という過程が消え去り、「自分の背後に飛んでいく」という結果が残る。

2.未来予知

もう一つは十数後の未来予知
本体の額にはもう1つの顔「エピタフ」があり、そこから未来プロジェクターのように映し出される。
この未来予知は絶対であり、覆すことはできない。しかし、未来に多少の誤差が出る場合もある。

とはいうものの、このにはが多く、解釈しきれない場面が多い。時間を飛ばしている間は攻撃できないと仮定すると、ナランチャトリッシュをどう攻撃したかが不明になる。
逆に、時間を飛ばしている間に回避行動をとったと思えば、エアロスミスからの射撃では回避行動をとっていない。
考察の余地はまだまだある。
これらの点に関してはこちらexitにて詳しい解説が並んでいるので見てみるのもいいかもしれない。

ボスによる能力の解説

『読める』…… 動きの『軌跡』が読める……
未来への動きの軌跡』が…

『キング・クリムゾン』の中ではこの世の時間は消し飛び……
そして全ての人間はこの時間の中で動いた足跡を覚えていないッ!

はちぎれとんだ事に気づかず!』………
『消えた炎は消えた間を炎自身さえ認識しない!』
『結果』だけだ!! この世には『結果』だけが残る!!
時間の消し飛んだ世界では「動き」は全て意味となるのだッ!

そして わたしだけがこの『動き』に対応できる!!
おまえがどう『動く』か全て見えるッ! これが『キング・クリムゾン』ッ!

ニコニコ動画におけるキング・クリムゾン

一般動画でそれまでの過程や出来事を一気にカットしたり、ゲームプレイ動画で長い会話・イベント・一般の雑魚ボス戦闘シーンなどを飛ばしたりすることが「キング・クリムゾン」と呼ばれている。略して「キンクリ」とも。
ニコニコでキング・クリムゾンと言えばこっちの方をす事が多い。
たるケースエロゲープレイ動画で、ヒロインとの際どいシーンカットし、見せても問題シーンまで飛ばす行為も、視聴者の間で「キング・クリムゾン」と呼ばれており、動画によっては際どいシーンカットがもたついたり、ギリギリまでくると、「ボスはまだか!?」「キンクリがまだこないぞ!」などと視聴者ネタにされる場合もある。

また動画のみならず、この類の手法はアニメでも度々見られるものでもあり、会話や戦闘などのシーンカットされ一気に事後まで進む展開を一度は見たことがあるかと思われる。その後は飛び越えた部分のストーリーが後から説明・描写されたりするが、時折展開が省略されたままストーリーが進行する事もある(刀語・第4巻など)。

要するに、「カット」「省略」と同義の言葉として広く定着している。「カット」の記事も参照。
ちなみに加速する現には「メイド・イン・ヘブン」が使われる。

ゲーム作品におけるキング・クリムゾン

黄金の旋風

第5部「黄金の風」を題材としたアクションゲームでは、ディアボロ原作と同様にキング・クリムゾンを発動してくる。演出の都合上か「行動スローモーションになる」という部分がゲームに反映されており、一度発動すると満足行動もできなくなってしまう。
もっとも時間が消し飛ぶ効果まで実装しようと思うと、演出的には「プレイヤーキャラが一時的にオート操作になる」といったところかもしれないが、仮にもしそうなると流石に悪すぎるなぁ。

ゴールド・エクスペリエンス・レクイエムを操り戦う最終決戦では、時間が消去される際にスタンドモードであれば時間消去中に通常通りに動く事も可。時間が消去されている最中にサソリを発射したりラッシュを叩き込んで反撃してやれば、ディアボロも流石に驚くだろうか。
以外のすべての時間は消し飛・・・ ぶがああああおおおおおおおおおッ!?」

ディアボロの大冒険

「キング・クリムゾンのDISC」を入手すれば、5ターンの間時間を消し飛ばすを発動できる。
時間が消し飛んでいる間はディアボロは一切ダメージを受けず、い話が無敵状態となる。
時間停止ザ・ワールド、ときのがくぼう等)との違いは「時間が経過するか(=敵が行動するか)」というもので、時間消去中も敵が行動し攻撃してくるが、攻撃は全て当たらない(射撃も効かない)。時間消去中にディアボロが動くと、ディアボロが存在した場所に残像が発生する演出もあり、敵はこの残像を狙うようになる。

エピタフDISCと一緒に装備すると、共鳴効果でさらなるを得られる。

関連動画(ゲーム内での能力説明)

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 42
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%82%BE%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キング・クリムゾン

1019 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 12:40:51 ID: p0ig9ooh9z
小石を持ち歩くだけでパワーAの投擲が使えるのにやらない理由が思いつかないからそういうのはできないんだろうな
1020 ななしのよっしん
2021/04/15(木) 21:08:10 ID: voqKY27zuH
本体が良くも悪くも保身のためならある程度プライドを捨てて逃走に走れるって点が悪なシナジーになってるよな
正面切って戦うのなら勝機はあるけどディアボロの性格的に僅かでも劣勢になったと判断したら引く判断を取るから「全ての敵を倒す最強」ではなく「にも負けない無敵」になってる
1021 ななしのよっしん
2021/04/22(木) 01:47:46 ID: G4++iN3JzM
ブチャラティ戦は調子こき過ぎて拘束されたり、被弾して危うく首がジッパー化でポロリしかけたり
正直実戦慣れから来る反応速度という点では微妙だからこそ、臆病な立ち回りが功を奏しているわな

「小石を投げれば?」とか言った疑問は残るがそれを除くと、作中描写の限りでは
瞬間移動出来るだけのに等しいから相手によっては闊に使うと返り討ちに遭いかねんし
1022 ななしのよっしん
2021/04/25(日) 09:34:30 ID: YhBsdBY3Dl
仮面ライダーデュランダルの影で本日トレンド入り
1023 ななしのよっしん
2021/05/28(金) 08:42:57 ID: cdwuP7i03C
Q「影薄いキャラ集めて戦わせたらどうなる?」

A「結果だけが残るッ!
1024 ななしのよっしん
2021/06/06(日) 12:27:18 ID: zt0EFafwxI
エピタフがぶっ壊れキンクリオマケだよねこ
1025 ななしのよっしん
2021/06/07(月) 10:25:17 ID: KoyfF07xuN
>>1024
元々はドッピオの方が人格だったけど、刑務所生まれとか色々ストレス溜まる
ドッピオを守るためディアボロの人格が生まれたのでは? って考察
スタンドは一人一つって設定と合わせて、二重人格だからが2つ
最初はドッピオエピタフがあって、ディアボロエピタフドッピオ)を守るために
無敵キング・クリムゾンが生やしたんじゃないか? って見方もある
もし、この説が当たってるならマジオマケになるね
1026 ななしのよっしん
2021/06/16(水) 10:40:59 ID: p0ig9ooh9z
トリッシュディアボロが出てきた時だけの存在を感知しているから子作りしたのがディアボロであることだけは確か
ドナテラの写真を撮ったのもディアボロが自分でやったと明言しているから当時の人格はディアボロで間違いないだろう
1027 1009
2021/07/17(土) 14:31:55 ID: +iC2WOnGkC
んー、エコーvsシアハでact3が対物-像(&短射程距離紐付け本体)の間の事こそを射程距離って明言してるな(パワー射程は反例に触れながら)。何が言いたいってと、なんせかんせ引っ掛かる部分はあったので限射程には突っ込みがあっても仕方ないよねってだけの話。じゃあバイツァは?と言われ返されると(特にティカップに対しては)考えがまらん。
1028 ななしのよっしん
2021/07/23(金) 15:51:58 ID: AJgvTDtmSR
説明
終わりよければ全てよし

過去のオススメ記事