キング・ブラッドレイ単語

キングブラッドレイ

キング・ブラッドレイとは、鋼の錬金術師の登場人物である。大総統

CV柴田秀勝FA版の若い頃はCV木内秀信)。

概要

眼帯が特徴のアメストリス軍大総統であり、実質的なトップである。だが、彼の裏には…。

正体は原作FA版と2003年アニメ版で異なるので、それぞれについて記述する。

原作・FA版

44歳の若さ独裁者へと成り上がり、大総統就任後はアメストリス軍事国家へと仕立て上げて行く。それもそのはず、彼の正体は7番に作られた、人間ベースホムンクルスラース憤怒」であり、左眼にウロボロスの印がある。高い戦闘を得てはいるが、彼の場合は人間だった頃に賢者の石を注入されているため、魂のストックは一つだけである。故に他のホムンクルスと違い再生く、年も普通にとっていく。本人も体が劣化していると言っているが、それでも凄まじい強さを発揮する。

普段は隠している左眼だが、この左眼も使うことでアメストリス最強たる存在となった。そのとは「最強の眼」と呼ばれる、爆発した瓦礫、中に散乱したガラス片、煙幕手榴弾を囮にして逃げる敵、戦車の対人機でさえ見切る動体視力戦闘ではこの最強の眼に加え、二刀流や特製のを用いた剣術と格闘術を組み合わせて戦う。く、苦手と言うナイフ2本での戦闘ですらホムンクルス+達人の組み合わせで圧倒するほど。恐らく彼に勝てる人は極めて少ないと思われる。本来の性格はリアリストでありながら好々爺という二面性を持つキャラだったが、作品が進むにつれて前者の一面が強くなっていく。

そんな彼も他のホムンクルスのように自身がホムンクルスであることに誇りを持っているが、人間を軽視していない。妻に対しては深い情を持って接したり、エドワードマスタングらが思い通りにならないことを「が立つ」と言いつつも楽んでる節を見せるなどといったシーンがいい例だろう。また、他のホムンクルスはもちろん人間たちとも違う人生観・宗教観などの思想信条も、彼の性格を描く上で一役買っている。たとえ他者から与えられた立場であっても、決してそこから逃げることはく最後まで責務を果たそうとした。またエドやマスタングの成長に喜びを見せつつ、決して仲間になることはく、最後まで最大の敵として立ちふさがっている。特にスカーとの最終決戦時にいて、スカーが錬金術を用いた際に、「スカー自身が信ずるたる者への背信」(要略)と言い放ち、しく(ラースという名の割に人格者であり怒る描写は少ない)昂している。また、基本的にの任務には忠実だが、結婚相手だけは一、自らの手で選んだ。その相手こそ現在の妻で、義息(の振りをしている)セリムと仲ましく暮らしている。ゆえだろうが、最強を持っているのに妻と初対面の際ビンタを食らっている。

イシュヴァール戦の頃より(それ以前?)マスタングに着しており、ラストが倒されてからは彼に対しては徐々に圧を高めていく。ついにはプライドと共に的を果たすが…。

最期は残す言葉を「ない」と言い、妻に残す言葉はいのかとランファンに責められた際に、「なめるなよ。アレは私が選んだ女だ。私とアレの間に遺言などいらん。」と言い切った。最後にランファンや自身を打ち取った敵に対し、お前たち人間のおかげで、多少やりごたえのある良い「人生」であったと満足な笑みを浮かべてそのまま息を引き取る。
民から親しまれていた彼の死は正体と事実を伏せられて表された(表向きは「東部視察中の留守を狙ってクレミンら軍上層部が暴走し、その過程で命を失った」とされている)。

2003年アニメ版

冷酷な大総統として登場。正体はホムンクルスの一人、プライド

は驚異的な動体視力空気の流れが読めるというもの。こちらは純正のホムンクルスだが、歳をとって見せるようにできる仕組みになっている。そのため、生半可な作戦も見破ってしまう。

創造をして「傑作」と称するほどで、自身も創造に忠実な部下であった(もっとも、そのせいで原作の好々爺ぶりはなくなってしまったが)。実は人間の義息たるセリムにあるものを託したのだが、これが彼にとっての誤算であった。最期について、表向きは行方不明扱いとされている。

関連動画

勝てる気がしない総統閣下

こんな総統閣下も素敵やん?

関連商品

関連コミュニティ

キング・ブラッドレイに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キング・ブラッドレイ

165 ななしのよっしん
2017/12/04(月) 13:17:21 ID: 73uO3jLX53
様の傀儡で周囲のや自らが揮する国家を丸々親玉の養分に仕立て上げたキング・ブラッドレイ
本気で自分の所属する国家愛し、その為にの人物や妻、別のの他人、果ては自分ですら犠牲にする事を全く厭わなかったファニー・ヴァレンタイン
同じ1890年の人間で、スタンスも趣旨も
よく考えれば大総統の方が邪悪なのに、でもなんか汚れ仕事を自分で引き受けたヴァレンタインよりも生き方が清々しいと思ってしまうのは何でなんだろうな
166 ななしのよっしん
2017/12/04(月) 13:26:01 ID: Vg4APJIWS2
ラストの死に方の差でしょ
167 ななしのよっしん
2017/12/06(水) 18:44:00 ID: 73uO3jLX53
>>166 そやなw
168 ななしのよっしん
2018/01/12(金) 00:05:12 ID: Fp19xN2Ok9
>>160
その名言の中でも序盤の「軍内部をすべて敵と思え」っていうセリフが後にものの例えじゃなくそのまんまの意味で、ある意味主人公サイドに対するささやか宣戦布告と感じたときには正直戦慄したわ。こんな大物主人公として活躍する漫画読んでみたいけど、あったらか教えてくれないかなぁ。
169 ななしのよっしん
2018/08/13(月) 17:46:54 ID: FJd6Oftptd
いろんな作品見てきたけどやっぱり大総統が敵役キャラクターの中で一番好き
とにかくかっこいい
敵なんだけど人間との関係性が絶妙というか
特殊な人生を歩んできたからか言葉に重みあるし、戦闘力も地な鍛練の賜物で、何より人に対する期待や妻に対する情が垣間見えるところが魅的すぎた
170 ななしのよっしん
2018/09/18(火) 00:23:01 ID: yKu9f2UM6G
大物キャラにしてはしく、大総統は怒ってる顔が多いよね
強欲に生きるグリードを捨てたスカーとの対峙、リンとの王のあり方の会話、死に際のランファンとの問答等、ほぼ怒ってる
エリシアのような子供にすらキレるってどうなのって思ったけど、そもそもお様から受け継いだ憤怒が全ての感情のベースだから、他者の言動に対して怒りでしか答えられないのかな
だからこそ、それ以外の感情を抱かせた夫人や足掻き続ける大佐を特別視してるのかもね
171 ななしのよっしん
2018/11/05(月) 00:07:23 ID: EggrCFz4Qm
エリシアに関しては大佐に自分がホムンクルスって事宣言した直後だったから多少盛ってると思ってる
自分は君らと違う存在なのよって強調してるっていうか まあ怒りがベースになってるのは変わらないけど、そこまでキレてないよあれは
「(イラッ)まー仕方ねーよなガキだし」くらいが本音じゃない?
話変わるけどお酒飲んでるシーンいよね
どんなの好きなのか、ちょっと気になる
172 ななしのよっしん
2018/12/07(金) 14:14:18 ID: Btb9waA0V1
荒川弘筋肉と軍人と悪の美学とカッコイイおっさん要素がふんだんに詰め込まれたの中の
173 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 18:07:10 ID: G9MwUzNPFb
全盛の頃のブラットレイ見てみたいなぁ

174 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 00:36:19 ID: 7I3s2O9gbK
夫人は真実を知った後、ブラッドレイのことどう思ったのかな
グラマン中将との会話や4コマでのセリム列車爆破したことチクりますよ発言的には嫌ってはなさそうだけど