キンシコウ単語

キンシコウ

キンシコウとは、オナガザル科シシバザル属に属するサル仲間である。ゴールデンモンキーとも呼ばれている。
西遊記に登場する孫悟空モデルではない

概要

中国の山間部、標高1,800mから3,000m以上もある高山地帯の落葉広葉・針葉・混合などに生息する。体長は66~76cm、尾長は56~72cm、体重はオスが14.4kg、メスが9.4kgとサル仲間の中ではあまり大きくない部類に入る。
全身は褐色オレンジ色の体毛に覆われており、顔はみがかっている。この体毛がに当たることで色のように見えることからこの名前が付けられた。
食性は、基本的には果実や葉っぱ、種子やタケノコ場には皮や新芽を食べるが、小鳥昆虫といった動物性のものも食べることがある。

オス1頭に対し複数のメスとその子どもからなる家族を形成し、その家族群がいくつか集まって大きな集団を形成する。繁殖シーズン8月から11月で、基本的に一回の出産で1匹の子どもを育てる。

その美しい毛皮当ての乱獲によって数を減らしており、の原料として密猟されることもある。それだけでなく、生息地域の開発によって数を減らしており、絶滅が懸念されている。

日本では、熊本にある熊本市植物園で見ることができる⋯⋯のだが、2016年熊本地震によって被災し休園を余儀なくされている。現在は部分開園こそできてはいるが、全面開園はまだ先である。入れなくなっているエリア動物たちは他県に避難しているとはいえ、キンシコウを見ることのできる動物園はとても少ない。
そういったこともあり、「けものフレンズ」とのコラボによるオリジナルクッキーのパッケージを飾る動物としてこのキンシコウが選ばれており、このクッキーの売り上げは熊本市動植物園の支援に当てられていたexit。まだまだ復は先になりそうであるが、2018年4月の全面開園を標として、けものフレンズによって知名度が広まったキンシコウは、熊本市植物園の看動物という形でこれからも注されていくのかもしれない。

キンシコウが孫悟空のモデルであるということについて

最初にも述べたが、これは間違いである。なぜこの話が広まってしまったのかについては、ある研究者の勘違いが広まってしまったというのがある。
日本モンキーセンター世界サル動物園長(当時)の小寺重孝氏が、1980年7月11日号の「アサヒグラフ」にて、「キンシコウは孫悟空モデルである」という旨の内容を伝えてしまったのがきっかけである。
その話が広まり、1985年3月29日号では小寺氏本人が間違いであると認めたのにも関わらず、「その話が広まってしまい、引っ込みがつかなくなっている」という談話が掲載された。
西遊記」の元となった書物によると、孫悟空の姿は白色で、色なのは瞳だけである。ちなみに、孫悟空モデルとなったサルについては、アカザルやハヌマンラングールといったサルなどがモデルであるという考えがあるが、正確なことは未だ分かっていない。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

http://kiyomasaseika.jp/html/page14.htmlexit
けものフレンズコラボクッキー制作・販売元の清正製菓のオンライン販売ページ

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%82%B3%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キンシコウ

1 ななしのよっしん
2017/07/27(木) 23:22:34 ID: ydTYmIcZdZ
作成乙です。

孫悟空」は曖昧さ回避になっているので「孫悟空(西遊記)」にリンクしたほうがいいと思います。
ただし、ニコ百の「孫悟空(西遊記)」記事には、「モデルキンシコウともアカザルともいわれている」とあり、「西遊記に登場する孫悟空モデルではない」という本稿の説明と微妙に食い違うため、どちらかの記事で補足されたほうが親切かと思います。
2 ななしのよっしん
2017/11/29(水) 00:39:52 ID: 8SK+Esp33v
キンシコウの鼻の形が個人的にちょっと怖いんだけど理解してもらえる自信がない
3 ななしのよっしん
2018/06/26(火) 13:27:18 ID: 30pARwT73N
熊本市植物園で飼育されてたシンシンが亡くなる
https://kumanichi.com/news/527484/exit
前日までは普段と変わらず元気だったが、20突然嘔吐しその後は体調が悪化。
治療をするも23日午後に息を引き取る。21才(人間だと60才ぐらいにあたる)。死因は調中。

急上昇ワード