キンシャサノキセキ単語

キンシャサノキセキ

キンシャサノキセキとは、2003年まれの日本の元競走馬である。現在は種

な勝ち2010年2011年高松宮記念阪神カップ連覇など。

名の由来は、1974年10月30日伝説ボクサーであるモハメド・アリがザイール共和(現:コンゴ民主共和国)の首都キンシャサで行われた試合で、大逆転KOヘビー級王座に返り咲いた一戦の通称「キンシャサの奇跡」から。フジキセキとも掛かっている。

概要

血統と事情

フジキセキケルトシャーン、Pleasant ColonySS初年度産駒にして内産種の雄。系も3代GⅠがおり、系も活発な一族。米国二冠で種としても多な産駒を送り出した活躍。なんとも際色豊かな血統である。

で、このキンシャサノキセキ。奇妙なことにフジキセキ産駒なのにマル外、つまり外。しかも誕生日9月24日競走馬の誕生は普通遅くても5月ぐらいのはず…。なんだこの!?

答えは簡単。キンシャサノキセキは南半球オーストラリアなのである。
知っての通り、南半球豪州日本と季節が逆。産の時期も北半球日本とは半年ズレているのである。つまり、日本ならば2月から4月出産のピークになるところ、豪州での出産8月から10月がピークになるのである。
そして、フジキセキがシャトル種として豪州に渡っていたこともよく知られるところである。先述の通り豪州日本では産が半年ズレている。つまり種付けも半年ズレているわけで、日本で種オフシーズンとなるごろに南半球に種を送って種付けを行えば、効率よく種付け料が稼げるというわけ。デインヒルの成功で確立されたビジネスであるが、フジキセキ豪州にシャトルされ、ドバイSCSun Classiqueを輩出するなど一定の成功を収めた。キンシャサノキセキもシャトル先の豪州で現地のと交配された結果生まれたなのである。

2歳~4歳

一般的に日本にやってくる豪州デビューが遅くなることが多い。単純に日本より半年生まれるのが遅い分、成長も半年分遅れるからである。一般的にの1年は人間の4年に相当すると言われるので、単純計算で半年とは人間でいう2年の差ということになる。年を食ってからならいざ知らず、若いうちの2年はかなり大きな差になる。従って豪州が活躍するにはある程度成長が追いつくのを待たなければいけないわけである。

前置きが長くなったが、キンシャサノキセキがデビューしたのは2歳12月と、豪州にしては割にかった。しかもここをひょいと勝利。続くOPジュニアCも勝つ。しかし1番人気を背負ったGⅢアーリントンCでステキシンスケクンの6着にまされると、続くOP特別も断然人気を裏切り4着。NHKマイルCロジックの大駆けの前に3着。にOP特別を一つ勝つがマイルCSは5着。まあ、3歳にしてはそこそこ、って感じで終わってしまう。4歳時も、人気は毎回集めるがいまいちなレースを繰り返し、OP特別2勝のみ。重賞では微妙な成績のままであった。

5歳~6歳

5歳になり、京都杯で自己最悪の10着という手痛い敗戦もあったが、高松宮記念では2着に善戦。一休みした函館SSを制し、念願の重賞勝利を果たす。キーランドCも3着にまとめ2番人気スプリンターズSに挑むが、スリープレスナイトに全く敵わず2着に敗れる。

6歳初戦にはGⅢオーシャンSを選択。楽勝かと思われたがまさかの10着。高松宮記念も10着。一休みして挑んだスプリンターズS過去最悪の12着。まさかの3連続2ケタ着順という惨劇になってしまう。
ところがどっこい。GⅡワンSでは先行策から伏兵アーリーロブストとの競り合いを制し久々の重賞制覇を果たすと、暮れの阪神Cも仁冬将軍サンカルロらを下し麗な差し切り勝ち。6歳にしてようやく本格的に軌に乗り始める。

7歳~8歳

明けて2010年、キンシャサノキセキももう7歳。普通ならもう引退する頃であるが、キンシャサはここからが本番だった。初戦のオーシャンSは何故か(多分ハンデ差で)ショウナンカザンに1番人気をさらわれるがレースでは貫録の勝利。前年の距離ローレルレイロが不在で混沌とするGⅠ高松宮記念に堂々1番人気で乗り込む。本番は前を見る絶好位を占め、直線で馬場ん中を突いて前に出る。最後は前年スプリンターズS2着のビービーガルダンハナ差でかわし、7歳にしてGⅠ初勝利を果たした。豪州産の日本のGⅠ勝利グレード制以降は初の快挙であった。ちなみに、豪州日本GⅠ初勝利1990年JC豪州ベタールースンアップ。その後も香港フェアリーキングプローン豪州テイクオーバーターゲットといった豪州日本でGⅠを勝っていた。

はセントウルSで復帰予定だったが疝痛で取消。スプリンターズSに直行し、3着に敗れたがダッシャーゴーゴーが降着となり2着に繰り上がる。マイルCSは13着と自己最悪の着順になってしまうが阪神Cでは巻き返し連覇を果たす。

翌8歳も現役を続行。オーシャンSは59kgの酷量が祟ったか2着に敗れ連覇を逃してしまうが、中京競馬場修工事で阪神開催となった高松宮記念では、3番人気人気を落としながらも、積極的な競馬から最後は大斜行やらかして降着したダッシャーゴーゴーを差し切り、飛んできたサンカルロも意に介さず勝。史上初の高松宮記念連覇を果たした。ちなみにこの2戦は短期免許で来日していたイタリアの新ウンベルト・リスポリが騎乗しており、東日本大震災の後も日本で騎乗し続けた彼にとっても初の日本GⅠ勝利となった。

この勝利を手土産引退、種入りが決まった。ただでさえ注度の低いスプリント路線で上がコロコロ変わったこともあって人気があったとは言いがたかったが、短期間で旬の去ることも多いスプリント路線で3年近くも上位を争い、プリンG1連対5回は後のロードカナロアに並ぶ記録である。

としてはやはりスプリント路線が中心であるが勝ち率・アーニングインデックスともに優秀な数値が出ており、短距離中心であることから2歳戦にも強く常に2歳リーディングの上位に位置し、重賞も全世代から輩出して種付け頭数を例年150頭前後を維持するなど順調な成績。フジキセキ以上にダート寄りになっており、ダートでの勝ちが芝を大きく上回っている(2017年末まで中央競馬で芝82勝・ダート119勝)。フジキセキの後継種ではカネヒキリ死亡・ダノンシャンティが不振に陥っており当イスラボニータに期待が掛かる。

関連動画

関連商品

キンシャサノキセキに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AD%E3%82%BB%E3%82%AD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キンシャサノキセキ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • キンシャサノキセキについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード