キン肉マングレート単語

キンニクマングレート

キン肉マングレートとは、ゆでたまご原作漫画キン肉マン』及び『キン肉マンⅡ世』に登場する人である。作中では4人の人がマスクを被ってキン肉マングレートとして戦っている。

概要

実際に存在する人ではなく、キン肉スグル及びその息子キン太郎タッグパートナーとして正体を隠し、作中に登場している姿である。キン肉マンマスクそっくりのグレートマスクを被り、タンクトップパンタロンで身を包んでいる。ちなみに、テレビアニメではマスクの色は。ボディの色は当初は原作と同じカラーリングだったが、途中から突然に変更されている。

最初に登場したのは「夢のタッグ編」。正義人の友情パワーが奪われたことによってタッグパートナーが見つからなかったキン肉マンの前に現れた師匠プリンス・カメハメが老いた姿を隠すためにグレートマスクを用意し、正体を隠してキン肉マンとのタッグチーム「マッスル・ブラザーズ」を結成。宇宙タッグトーナメントに出場している。しかし、1回戦終了後にカメハメ死亡したため、後を引き継いだテリーマンマスクを被り、準決勝以降2代目グレートとして戦っている。

その後『キン肉マンⅡ世』の「究極のタッグ編」で3代がキン肉マングレートとして登場。孤児院「がきんちょハウス」の少年カオスが、宇宙タッグトーナメント決勝戦を観戦していた際に、偶然手に入れたグレートマスク人間であることを隠すために被り、万太郎との「マッスル・ブラザーズ・ヌーヴォー」を結成。究極のタッグトーナメントに出場している。なお、マスクネプチューンマンによって引き破られたままになっているため、カオス髪の毛が露出された状態になっている。

実は正義の時間人だったカオス・アヴェニールは2回戦以降素顔で戦っていたが、準決勝終了後ネプチューンマンを助けるために死亡。1人で時間人と戦うこととなった万太郎を救うため、ケビンマスクががきんちょハウス」のシスターが密かに回収して裁縫したつぎはぎだらけのグレートマスクを被り、決勝のリングに4代として上がっている。ちなみにこのときのケビンは、「ギタギタギタ」という奇を発し、ロボットのようなたどたどしい喋り方をしていた。

作中での活躍

初代

正体はプリンス・カメハメ。活動期間は宇宙タッグトーナメント1回戦。

正義人たちが突然以前のような友情を失ったことに気付いたカメハメは、タッグパートナーが決まらずにいた子のキン肉マンの前に現れ、キン肉マングレートとして正義人たちの危機を救うためにキン肉マンとのマッスル・ブラザーズを結成し、宇宙タッグトーナメントに参戦する。

1回戦第1試合においてブラックホールペンタゴン四次元殺法コンビと対戦。師匠の前でいい格好を見せようと手柄を焦るキン肉マン師匠らしく論すると、麗なテクニックと冷静な判断でブラックホールを圧倒。人界では、全く名の存在だったが、その実の当たりにした人たちから一躍注を集める。その後、四次元殺法コンビ四次元交差によってマスクだけを残して異次元間に飛ばされる。しかし、始末をしに来たブラックホールキン肉バスターで捉えて異次元から脱出すると、ツープラトン技マッスル・ドッキング四次元殺法コンビKOグレートとしての々しいデビューを飾る。

順調に初戦を突破したかに見えたが、試合終了直後スタミナ不足を露呈。正体が高齢のベテラン人であることが、他のライバルチームにバレてしまう。さらに、第3試合終了後、ヘル・ミッショネルズに敗れリング外へ落とされたロビンマスクウォーズマンを救った際に足を負傷してしまう。

第4試合、ニューマシンガンズ(テリーマンジェロニモ)対はぐれ悪魔コンビアシュラマンサンシャイン)の試合においては相手が降伏したにもかかわらず試合の結果を視した悪魔コンビの攻撃からテリーマンたちを救うために割って入る。ジェロニモは救い出したものの、サンシャインの呪いのローラーに放り込まれそうになったテリーマンを救いに入った際、体限界が来てしまったことで自らがローラーの中へと放り込まれ、重傷を負う。テリーマンによって医務室に運ばれたが、自らの死期を悟ったカメハメは、自らの正体をテリーマンに伝えると、グレートマスクを託して息を引き取る。

2代目

正体はテリーマン。活動期間は宇宙タッグトーナメント準決勝~決勝1本

医務室でカメハメの最期を看取ったテリーマンは、霊となって現れたカメハメとの特訓を経て、キン肉マンにも正体を隠し、2代目キン肉マングレートとして戦うことを決意。

綱引きによる組み合わせ抽選によって、準決勝第1試合で因縁の深いアシュラマンサンシャインはぐれ悪魔コンビと戦うことが決定。ジェロニモカメハメとの戦いに、全決着のためのデスマッチを提案する。しかし、カメハメ麗なファイトと自分本来のファイトのギャップによって苦悩してしまい、マッスル・ドッキングも失敗。思わず逃げ出そうとしてしまうが、現れたカメハメの霊のアドバイスによって本来のテキサス仕込みの荒々しいファイトを取り戻し反撃に出る。
だが、若々しいグレートファイトを見たモンゴルマンからは正体が入れ替わっていることを見抜かれてしまい、さらにアシュラマンが仕掛けた地獄のキャンバスによって悪霊の1人として現れたザ・魔雲天に正体を感づかれかける危機に陥る。また、アシュラマン阿修羅火玉弾を受けた際にコスチュームの下から露わになった地肌がカメハメ褐色ではなく、テリーマンい肌だったためにキン肉マンに疑念を抱かれてしまう。
だが、正義人のために何度も立ち上がってくるグレートを見て、キン肉マンは共に戦うことを決意。さらに、2人の友情に感化されたはぐれ悪魔コンビに動揺が広がる。アシュラマン良・阿修羅バスターに捉えられるが、アシュラマンが奪ったカメハメの腕によって救われ、最後はマッスル・ドッキング勝利を飾り、長時間の熱戦となった悪魔人との最終戦争を制する。

準決勝第2試合でモンゴルマンを助けようとしたキン肉マンが、ヘル・ミッショネルズによって左腕を切断されてしまう。そこへカメハメの親友である医師ドクターボンベが登場。バッファローマンロングホーンを左腕のに代用する大手術により、キン肉マンの左腕は復活。手術後ひっそりと息を引き取ったドクターボンベを看取る。テレビアニメでは、手術の際の助手を務め、ドクターボンベからは正体がテリーマンであることがバレていた。

決勝ではネプチューンマンビッグ・ザ・武道ヘル・ミッショネルズと対戦。試合は3本勝負という形式になる。1本においてマスク狩り予告を宣告されてしまうと、ネプチューンマンのソード・ボンバーによってマスクの一部が破れ、ブロンドが露わになる。ネプチューンマンからの執拗な攻撃を受け続け、作戦通りマッスル・ドッキングを敢行。しかし、マグネットパワーの反発によって破られてしまい、クロスボンバーによってついにマスクが刈られ、正体がテリーマンであることがに知られることに。直前にカメハメの死を知ったショックキン肉マンはフォローに行けず、1本を落とす。

2本以降は素顔のテリーマンとして戦い、キン肉マンとのザ・マシンガンズが復活する。

3代目(キン肉マングレートⅢ)

正体はカオス・アヴェニール。活動期間は究極のタッグトーナメント予選~2本途中)

で飛んできたグレートマスクを偶然拾ったオタク少年カオスが、タッグパートナーがいなかったキン太郎に説得を受けてマスクを被り、「マッスル・ブラザーズ・ヌーヴォー」を結成。人間であることを隠して究極のタッグトーナメントに出場することとなる。

出場チームが過多のため、間引きバトルロイヤルおこなわれる。当初は憧れの人たちに囲まれてはしゃいでいたが、まともな受け身が取れない素人であることが露呈されてしまい、ビビって泣き出してしまう。万太郎の機転によって時間人からは逃れたものの、今度はネプチューンマンセイウチンのヘル・イクスパンションズから狙われてしまう。さらに、意識にネプチューンマンを投げたことで怒りを買ってしまい、「オプティカル・ファイバークロスボンバー」の餌食になりかけるが、カオスの素質を見抜いたバリヤフリーマンとイリューヒンの火の玉・火爺隊が身代わりとなったことで救われる。

何とか本戦出場の権利は得たものの、人同士の戦いに脅えてしまったことに加え、ミートが万太郎タッグ解消を持ちかけている話を聞いてしまい逃亡してしまう。しかし、がきんちょハウスシスターから説得を受け、自分の失った記憶のを解くメモリーキーを受け取り、その記憶の鍵を開ける勇気を手に入れるため、戦うことを決意。ギリギリのタイミングで代役を務めていたイケメン・マッスルと入れ替わる。

本戦1回戦では、川崎球場においてデーク棟梁とザ・プラモマンの地獄カーペンターズと対戦。理矢理先発を任されるも、万太郎アドバイスもあってデーク・棟梁からダウンを奪う。だが、プラモマンの変身術に万太郎が苦戦するようになると、またもヘタレが発動し逃げだしそうになる。それでも、凛子イケメンたちの援を受けると、持ち前のオタク知識と機転でピンチを切り抜ける。マッスル・ドッキングで勝負に出ようとする万太郎だったが、実際の人相手にキン肉バスターをかけたことがないため失敗。それでも、万太郎がマッスル・Gで棟梁を仕留めると、パワーボムプラモマンをKO勝利。試合後、棟梁から「あの泣きはまだまだ伸びる」と称賛されている。

2回戦は、田園コロシアムにおいて伝説人であるモンゴルマンバッファローマン2000パワーズと対戦。条網と網が熱されたバーニングコートケージ・デスマッチで戦う。試合前、シスターに遺書とも取れる手紙を書き、覚悟を決めてリングに上がったカオスだったが、偶然グレート人間であるという万太郎たちの会話を聞いたカナディアンマンスペシャルマンのコンビの密告により、大会運営側から疑惑のを剥けられることに。
試合では、覚悟を決めたおかげか序盤は格上相手に健闘する。ところが、流血したモンゴルマンの当たりにすると、過去の記憶がフラッシュバックし発作を起こす。さらに、連携が噛み合わないことで万太郎からタッグを拒絶されてしまい、マッスル・ブラザーズ・ヌーヴォー空中分解寸前に。自分の記憶を取り戻す決意を固めたカオスは、「ジャッジメントキー」を頭に差し込み、全てを思い出す。同時にグレートマスクとボディスーツが吹き飛び、正義の時間カオス・アヴェニールとして覚醒

以降は、素顔のカオス・アヴェニールとして戦うことになる。

4代目(2代目キン肉マングレートⅢ)

正体はケビンマスク。活動期間は究極のタッグトーナメント決勝1本

準決勝終了後、ネプチューンマンを救うためにカオス死亡。万太郎は「ひとりマッスル・ブラザーズ・ヌーヴォー」として時間人と戦うことになっていた。同時期、時間人に拉致されていたケビンマスクは、アリサの命が助かったことで体消滅の危機を脱し、脱走。これを発見したキン肉マンテリーマンロビンマスク正義人三羽ガラスに解放されると、特訓を受け、キン肉マンの案によってグレートマスクを被り、決勝に出場することとなった。

3本勝負となった万太郎vs世界五大厄(サンダーライトニング)の決勝で、試合開始前からピンチに陥った万太郎を救うために登場。実はカオスが生きていたと思い込んだ万太郎パートナーとして認めたことで出場が決まる。しかし、世界五大厄の審判によって正体があっさりとバレてしまい、ケビンマスクとしての姿を見せる。

以降は、ケビンマスクとして戦い、万太郎とのタッグである「ザ・坊ちゃんズ」が再結成。

番外編(グレートⅢ代役)

正体はイケメン・マッスル

究極のタッグトーナメント本戦組み合わせ抽選時に、カオスが逃亡していたことからイケメンマスクを被り、急きょ代役を務めることに。しかし、顔がデカく、モーツァルトがはみ出し、体格は中年太りという怪しい貌だったため、万太郎ドン引きしていた。

声優

キャラクターソング

偉大な魂
歌 - 串田アキラ / セリフ - 蟹江栄司(キン肉マングレート) / 作詞 - 森雪之丞 / 作曲 - 戸慎介 / 編曲 - 石田勝範

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%B3%E8%82%89%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キン肉マングレート

1 ななしのよっしん
2019/08/25(日) 07:54:00 ID: VtI6EilmnC
キン肉マンの有名な人なのに今までかったのか。
2 ななしのよっしん
2019/08/25(日) 07:58:05 ID: gBJts5t2vI
究極タッグだとカオスが逃げたときのつなぎピンチヒッターとしてイケメンが入ったこともあったから
ケビンは実は5代目なんだよね。
まああくまでトーナメント分けの抽選での繋ぎだったから戦ったわけではないけど

急上昇ワード

2019/09/17(火)16時更新