キン肉マンゼブラ単語

キンニクマンゼブラ

キン肉マンゼブラとは、漫画アニメキン肉マン』に登場するキャラクターである。

CV掛川裕彦

概要

説明

キン肉スグルキン大王即位を阻止しようと企む邪悪の々によって擁立された王位継承補者「運命の5王子」の一人。スグルと同じ病院で産まれ、生年日も一緒。「技巧チーム」を率いる。邪神憑依しているため人強度はと同じ1億パワー。本名はパワフルマン。

がかり的な技術を持ち、技巧の憑依する前からキン族三大義の一つマッスル・インフェルノを習得し、キンドライバーを返してみせた。また、あらゆる労働で鍛えた筋も武器の一つ。

全身が名前通りシマウマの模様で覆われている。この縞模様は自身のファイトスタイルを表しており、模様時ではボクシングを中心としたクリーンファイトで戦うレスラーとなり、正々堂々とした紳士的な戦いを行い観客にも好評。灰色模様時になると相手を血祭にあげる残虐ファイトに移行。手段を選ばない残酷な戦いを繰り広げ、器攻撃も辞さない。この灰色模様時が本来の姿である。模様から灰色模様へはチームメイトであるパルテノンの技”影の衣”を浴びる事で変更される。灰色模様から模様へは変更出来るのか、パルテノンが居なかったらどうしたのかは不明。

グルの下へ次々と現れる援軍をあっさり認める心を持つが、への執着が強い性格。友情などを否定し、さえあれば何でも買える、以外では何一つ信用していないとっている。パルテノンが倒された際に散らばった札束(アニメでは塊)を観客が見ているにも関わらず一心不乱に掻き集めた事からも、への執着の高さや心は貧しいままという事が分かる。と野望のために今まで一緒に育ってきたシマウマを殺しているが、この時の心の傷を今も負っている。

技巧チームの面々も大で集めた。ただし、で集めたチームでは結束が心配だったのか、「ゼブラメダル」というメダルを特注して所持させて少しでも団結を上げようとしている。

プロフィール

活躍

前半生

1960年4月1日キン病院でスグルや他の5王子と一緒に産まれる。誕生直後に病院で火災が発生。この時のゴタゴタに巻き込まれる。

ゼブラが産まれた貧困に苦しむ農家だった。貧乏で暮らすゼブラは物心ついた頃から立身出世をえすようになり、偉くなるためには大が必要と考える。を稼ぐためにどんな仕事でも進んで引き受け、立青年になる頃には凄い量のを集めていた(ゼブラ的は大で暮らすのではなく偉くなること)。また、シマウマの「キッド」とは苦難を共にした親友であり、家族同然だった。

を貯めたゼブラは偉い人への近として正義人協会に入る事をし、通常の方法では時間が掛かり明された実も必要と考え裏口入会しようと図る。しかし、が僅かに足らず拒否されてしまう。キッドの毛皮をに換えれば入会出来ると言われたゼブラは悩みながらも立身出世を優先しキッドマッスル・インフェルノで惨殺。その毛皮で不足分を埋め入会に成功する。

以降、ゼブラキッドを殺した心の傷から逃げるようにの亡者となり、しか信用しなくなる。また、的のためなら何でも出来る非情な精を身に付けた。

正義人協会に裏口入会したゼブラは、すぐに頭を表し有人となる。ボクシングを習得しボクシングスーパーヘビー級チャンピオンの座にいている。しかし、ゼブラの野心は満足しておらず、更なる栄めていた。そんな時に技巧のに見出され憑依される。全人の頂点に立つといっても過言ではないキン大王の座を奪い取る事を論見、で凄腕人を集め「技巧チーム」を結成。キン王位争奪戦に参加する。

キン肉星王位争奪編

キン王位争奪戦2回戦で姫路城にてスグルチームと対戦。スグル達は飛翔チームとの戦いの傷が癒えておらず技巧チームが有利かと思われたが、スグルの援軍としてウォーズマンラーメンマンが駆け付けた事で戦いは互となり、勝負は関ケ原格闘でのスグルロビンマスクコンビゼブラ、パルテノンコンビ決戦に持ち込まれた。

当初は模様のクリーンファイトで戦い、高い技術を活かした高等テクやスグルを押し負かすパワーで試合を優位に展開する。しかし、スグルロビンのツープラトン”日英クロスボンバー”を喰らいたまらずダウン。雇いピンチにパルテノンが救出に入り、”影の衣”のゼブラの姿である灰色模様を引き出す。

灰色模様となったゼブラは情け用の残虐ファイトを展開。鉄球を握ったパンチパイプ攻撃など血生臭い器攻撃の数々を披露。パルテノンとのツープラトン技キャンバス・プレッサーや三大義のひとつマッスル・インフェルノで追撃し、未完成マッスル・スパーク失敗したグルを心身共に追い詰める。しかし、相方のパルテノンがロビンに倒され、勝負は1対1の大将戦になる。

一騎打ちも優位に戦いを進め、火事場のクソ力しとはいえキンドライバーを「過去の異物」と切り捨てて返し、スグル満身創痍に追い込む。勝利を確信したのか、自分のキッドを殺した過去話をり、次の試合に備えてロビンラーメンマンスカウトするが当然ながら拒否られた。ロビンらへの見せしめも兼ねてマッスル・インフェルノトドメを刺そうとする。その時、キッドの魂がスグルに宿り、その状態でロデオ・スキップを発動され振り落とされてしまう。そのまま未完成マッスル・スパークを受け、遂に敗北した。

敗れたゼブラは、キッドはロデオ・スキップを使えばマッスル・インフェルノを外せて助かったのに使わなかったのかと言う。スグルは友の幸せのために自らを犠牲にしたとり、ゼブラは涙ながらにキッドへ謝り倒れた。アニメではこの時に息絶えたようだ。その後、儀式のためにマスクを外された。

漫画ではまだ生きていたが、担架で運ばれる途中で隣のリングで戦っていたプリズマンのレインボー・シャワーが当たってしまい死亡化。カピリア線説明のための犠牲者となった。

アニメ最終回でスグルフェイスフラッシュのおかげで生復活した。

余談

このスグルロビンマスクVSゼブラ・パルテノンの試合のジャンプ連載時には、試合途中に作者ゆでたまごの事情で3か間連載が休載している。

再開した回ではスグルは休載前からずっと同じポーズだったから体が動かないと愚痴り、ロビンはあまりに長い休載のあまりリングハンモックをかけてマスクを外して熟睡している。

ゼブラはその間ずっと自らのパンチを顔にめり込ませながら耐えていた。

オメガ・ケンタウリの六鎗客編

2017年開始のキン肉マンシリーズでは再びゼブラマスクをつけて他の運命の王子たちと共にオメガ・ケンタウリの六鎗客との戦いに参戦。

イタリアのデルモンテに設置された八リングにてマリキータマンと対戦する。試合はボクシングスタイルから始まり、互いの量を図りながら一進一退の攻防となった。
しかし、途中からマリキータマンゼブラにならない事を摘され、を切るゼブラに「ロールシャッハドット」で心理状況を看破される。
全てを見たくなったというマリキータマンに対し、今のままで十分というゼブラをコキネリツイスターからの生技「ロールシャッハインフリューエンス」によって半ば強引にゼブラを呼び起こす。

ゼブラに移行し、片手でマリキータマンを投げる程の剛腕と以上の俊敏な動きをして「マッスル・インフェルノ」を繰り出す等猛攻をする。
しかし、マリキータマンは心理状況を把握していた為、「シェルリングヒューパ」からの防御から一気に逆転の攻めを受けてしまう。
そこでマリキータマンから、の方が弱いと摘。それは二つの形態がキッドを殺した時の罪悪感から生じた二重人格であること、さらに邪悪やパルテノンからのを受けていなかった為か実はゼブラの方が弱かったというこれまでの認識を覆す事実が判明。
それを言われたゼブラは怒り、またゼブラの諌めを聞かずに戦うがその意固地な部分が最大の欠点となり、更にダメージを追ってしまう。

薄れる意識の中で、ゼブラが自身の罪を認めて詫び、との和解とキッドへの思いを経て再び一人のゼブラとして立ち上がるものの、そうして体勢を立て直すまでに、長い間マリキータマンの猛攻を受けすぎた為、体に蓄積されたダメージは甚大だった。
大技の「マリキータ・エリコテロ」を食らいKO寸前だったが、心は折れず立ち上がる姿にマリキータマン驚愕
最後にキッドの思いを乗せた「マッスル・インフェルノ」で勝負を賭けるが、体が尽きていたために外されてしまい、逆に羽根で切り裂かれ、そこからマリキータマン最大の技「マリキータデッドリーライド」で遂にKOされてしまった。

試合後はオメガマン・アリステラ以来二人の強に敬意を表したマリキータマンに対しオメガ勢の心情を理解した上で「サタンを絶対信用するな」と最大限の忠告し、倒れた。

余談

前述の王位争奪編のパンチを顔にめり込ませたまま休載で放置というネタを、今度はゼブラ自身がマリキータマンに対し行う。その際のWEB上の煽り文が「次回は三ヶ後・・・・・ではございません!」とまさかの公式ネタ化。まぁ1週はお休みだったんだけどね。

主な必殺技一覧

セイント・マッスル・パンチ
右腕で高速のジャブを連続で放つ。
メフィストパンチ
右腕でストレートパンチを放つ。
サバンナパンチ
軽やかなフットワークから繰り出されるパンチ
サラブレッドフック
鉄球を持っての破壊抜群の一撃。
サラブレッド・アッパー
鉄球を持って威を増大させたアッパーカット
極悪柱攻撃
柱で相手を滅多打ちする。「さえあれば、王位だって買えるんだーっ!!
残虐技キャンバス・プレッサー
パルテノンとのツープラトン技。器仕込みのヘッドバッドでマット裂を入れ、そのまま2人でリングを持ち上げ相手を挟み込み潰してしまう。
マッスル・インフェルノ
キンに伝えられる三大義の一つ。
リングロープを高速で飛び回り残像を作り出し相手を混乱させ、周囲から一斉に襲い掛かり(もう残像説では説明できない)相手を蹴り上げた後、サーフィンの要領で相手の背中に乗り、相手の頭を叩き付ける。この世の物理法則視した大技である。周囲にい場合に困ってしまいそうだが、ゲームではコーナーポスト叩き付けて攻撃している。
技巧の憑依する前から使用しており、親友キッドを殺した因縁の技。キッドを殺してからはスグルとの戦いで使うまで封印していた。
究極の技であるはずの三大義なのに、乗っかった相手が大きく体を動かすとバランスを崩してしまい技が失敗してしまう弱点を持つ。また、他の2つとは違い後半にあたる部分がい。そのため、ゼブラが見せたマッスル・インフェルノ未完成ではないかという説がある。
マッスル・インフェルノ
以前より「マッスル・インフェルノ未完成ではないか」という説がファンの間で流れていたが、待望の強化版が使用された。
相手の背に乗って飛行すると言う基本形は変わらず、片手で相手の足首を掴んで両足を封じ、片足で相手の右手を、もう片方の足で相手の背をがっちりと捉えて安定性を増した技になっている。
だが、この技、以前から言われていた「マッスル・リベンジャーマッスル・スパークのように、後半部分があるのではいか?」という期待には応えていない。脱出されにくくなったものの、破壊の方は「飛行して相手の頭をぶつける」という従来の技から全く変わっておらず、直撃させたのに相手を倒すことはできなかった。
正直言って、三大義に「・」と付けるには名前負けの印が強い。やはり後半部分を足した本当の完成が望まれるところである。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AD%E3%83%B3%E8%82%89%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%96%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キン肉マンゼブラ

153 ななしのよっしん
2019/03/12(火) 03:08:48 ID: Uhf5H4rkiL
六鎗客の(ある意味舐めプで試合が長くなるのは許容するのに、展開として面くないという意見が多かったゼブラが負けるのはいいってのは、個人の感想だけのような。奇麗に終わることができるかは先を見ないと分からない。

コミックス見たけど、へのダメージが大きかった相手に、ゼブラの時ですら互以上とはとても思えなかった。リップサービスと言われても仕方ないな。
154 ななしのよっしん
2019/03/19(火) 00:37:28 ID: hHNCfcwvEK
>>144
なんだこの漫画クソワロ
絵柄ソックリやろ
155 ななしのよっしん
2019/04/16(火) 20:13:13 ID: dzVnsYeKeE
>>153
ゼブラの負けが気に入らないって人の意見も個人の感想でそれに対してのの一意見だがそれが何か変かな?
いつまでも同じ場所から見てる意見にこっちからはこういうに見えると言ってるんだよ
許容するのは話の流れであって不自然なら物申すけど、今回別にキン肉マン的には問題なかったよ
それにめてたのはゼブラもそうだったし、六鎗客が五本にやった的があってやったのとは違ってた
の傷はマリキータマンの自傷でそれを付けたとき覚悟が違うと言ってたが、それがゼブラ戦でも出ただけだな
自分なりにどうしてああなった考察してみたら?
少しで消化法を身に着けないないと、どこに行っても簡単にアンチになってしまうからね
156 ななしのよっしん
2019/05/25(土) 21:00:49 ID: Uhf5H4rkiL
それなら、こっちの一意見もおかしくないな。肯定的な意見でないと、アンチとかよく分からない。

キン肉マンゼブラが好きな人による展開についての意見も言っていいはず。別に面さや話の流れよりゼブラ勝利を優先すべきとはも言っていない。

実際、長い試合がだったのに、ゼブラだけ人気投票の結果が他の王子補者と違って、31位と振るっていない。負けていたとしても魅が引き出せていたら、人気投票は良かったはず。

もともと熱心なファンがいるゼブラだから、不満がでてくるのも仕方ないだろう。
157 ななしのよっしん
2019/05/28(火) 04:54:26 ID: dzVnsYeKeE
>>156
別に君だけどころかに対してもアンチだーなんていてはいないんだけどなぁ
否定的だからアンチだっらそこら中アンチだらけになるしな
自分なりの消化法を見つけないとアンチ認定されやすくなるって言ってるんだが分かりにくかったかな?
ゼブラの試合結果に納得できないのはマリキータマンの全貌が明らかになってないからってのと、ギミック軽視ので見てる所為もあるのではないかと思う
前者はもっと話が進まないと分からないからそれを加味してから評価するのでも遅くはないだろう
始祖だって最初から全貌が明らかになってなかったし魅も後から積み重ねられたものだったしな
不満が出るのは実際が不満をもらしてるから全否定はしない
が、再度言うけどそれは足踏みでしかないから時間が経ったら進む術を見つけて進もう
158 ななしのよっしん
2019/06/17(月) 23:10:12 ID: n6z18A/9HU
オメガ&マリキータのタッグ相手がソルジャーと……ブロッケンJr.とは……

これでマリキータ負けたらゼブラ悲惨なんじゃね?
ブロを過小評価してるわけじゃないが
159 ななしのよっしん
2019/06/18(火) 11:53:21 ID: W0alZzDqgT
40周年ムービーで一人だけ扱いが・・・
インフェルのもステカセが使用してるシーンだし
160 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 06:40:46 ID: t/rW1ptzTw
そもそも強キャラではないカレクックはまだいいがマリキータにブロが勝ったら
あれ?ゼブラ弱くね?
ってみんな思いそうよな。
161 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 08:23:33 ID: W0alZzDqgT
アタル兄さんアドバイスしたりとかじゃね?
流石に単独でサポートしで勝ったりしたら
ゼブラが悲惨ってレベルじゃない
162 ななしのよっしん
2019/06/19(水) 08:29:02 ID: u/cMseTm7z
さすがにブロッケン如きに負けてもらうわけにはいかないが
アタル兄さん補正で負けそうだ