キン肉マンⅡ世単語

キンニクマンニセイ
5.0千文字の記事
  • 11
  • 0pt
掲示板へ

キン肉マンII世』とは、『週刊プレイボーイ』およびその公式サイトで連載されていた、ゆでたまごによる漫画作品およびアニメ作品やゲーム作品である。

1980年代に『週刊少年ジャンプ』で連載していた『キン肉マン』の続編。

概要

1997年に『週刊プレイボーイ』誌上において読み切り作品として掲載され、その後5回にわたる短期連載を経て、1998年19・20合併号より正式に連載がスタート

かつて世界危機を救った正義超人たち(伝説人)だが、時は流れ、再び悪行超人たちは侵略を始めた。伝説人たちは若く強い新世代の悪行超人に対抗すべく閉校していたヘラクレス・ファクトリーを復活させ、鍛え上げた人(新世代超人)たちがリング上でプロレスを行う。

連載開始序盤はアダルト要素が立ち、万太郎凛子風俗店にいる描写、下品な技もいくつかあったが、アニメ版(TX)が午後6時に放送されてからは、徐々にそういった要素は薄れ、原作の方も第二部になると全に消えた。

敵味方ともに『キン肉マン』時代の人やその息子子が多数登場し、何もられずフェードアウトしていった人の後日談がられたり、過去の因縁が蒸し返されることが多い。その一方で描写・設定がころころ変わるのも受け継がれており、独特の「ゆで理論」もまた健在である。

初代で登場した残虐・悪魔完璧の3属性を「悪行超人」としてひとまとめにしているのも特徴。これは新規読者へ分かりやすく配慮したものだが、各属性キャラクターを深く掘り下げることができなくなってしまうという弊も発生した。この反省を踏まえ、世終了後に再開した初代キン肉マンでは各属性のイデオロギー闘争が細かく描写されている。

万太郎達の闘いと成長を描いた第一部と、万太郎達が初代『キン肉マン』のタッグ編の時代にタイムスリップして時間超人らとタッグ戦で闘う第二部「究極のタッグ編」に分かれている。第二部の連載途中で『週刊プレイボーイ』の公式サイトに連載の場を移し、2011年10月3日更新分にて完結

現在は初代『キン肉マン』の王位争奪戦の直後を描いたストーリーがウェブサイト上で連載中である。

また、スピンオフ作品が『キン肉マンII世〜オール人大進撃〜』のタイトルで『Vジャンプ』に2001年7月号から2007年5月号まで連載されていたこともある。内容はオリジナル展開で子供向けのものになっている。そのため、本編のような性表現やグロ描写は控えめになっており、本編で活躍の場が少ないキャラクターが脚を浴びたり、女性人の登場が特徴的となっている。

第一部(1997年~2004年)

主人公である万太郎ヘラクレス・ファクトリーで奮闘、伝説人との出会い、火事場のクソ力を身に付けさせるための鍛錬など多くの闘いを経て成長していく物語

ヘラクレスファクトリー編」、「d.M.p編」、「一期生・二期生入れ替え戦編」、「火事場のクソ力修練編」、「オリンピック ザ・レザレクション」、「悪魔の種子編」という構成になっている。

なお、ゆでたまご公式サイトでは『キン肉マンII世 second generations』とサブタイトルが付けられている。

第二部 究極の超人タッグ編(2004年~2011年)

時間超人キン肉マン達を殺しようと、正義超人たちはそれを阻止しようと、それぞれタイムワープして過去に遡り、宇宙タッグトーナメントを終えたばかりの現役時代の伝説人たちと共に、新旧入り乱れてのタッグトーナメントを行う。

ちなみに、単行本の巻数はリセットされて1巻からスタート。なお、究極のタッグ編を収録した文庫版は発売されていない。

スピンオフ作品 オール超人大進撃(2001年~2007年)

本編である週プレ版とはパラレル世界となっており、Vジャンプ版とも呼ばれる。一部本編と共通するストーリーもあるが、設定の違いなど異なる部分が多く、オリジナル人も多数登場する。

「d.M.p編」、「人一等祭編」という二部構成になっている。

登場キャラクター

新世代超人の多くは父親譲りの貌。それぞれ独特のコスチュームを身に着けている。

キン肉万太郎小野坂昌也
ドット万太郎 ドット万太郎 ドット万太郎 ドット万太郎
キン肉スグルビビンバ
本作の主人公キンマスクの額部分には前が垂れ下がっており、「」の文字いが、火事場のクソ力を発揮すると「」の字が浮かび上がる。普段は下品で臆病だが、友情に厚く、友の危機にはたとえ強大な敵であろうと立ち向かうガッツをみせる。
アニメ版では、か「牛丼音頭」ではなく、自身が好物である「カルビ音頭」が頻繁に流れた。キメ台詞は「股間イチモツ手にニモツ読者による人気投票ではイマイチな順位に甘んじている。
テリー・ザ・キッド (森川智之
テリーマン翔野ナツ子
テリーマンにそっくりな顔立ちだが、額の文字が「K(キッド)」になっている。登場初期は、いつもキン肉マンに手柄を譲り二番手に甘んじていたに反発し、キン肉マン息子である万太郎に強い対抗意識を抱いていたが、徐々に友情を重んじた偉大なを尊敬するようになり、さらに地味になった
また、幼少の頃よりにさまざまな知識を与えられており、試合観戦時はと同じく解説役に回ることもしばしば。その際のお約束台詞は「そういえばパパからきいたことがある。」。
セイウチン山崎たくみ
H・F(ヘラクレス・ファクトリー)第一期生で、万太郎キッドの同僚。
レッドヘアーのセイウチ人で、心優しい性格。しかし闘いではその優しさがとなりつけ込まれてしまうこともしばしば。ネプチューンマン完璧超人にされたことも。
彼の試合にはよくが登場する。
ガゼルマン増谷康紀
H・F(ヘラクレス・ファクトリー)第一期生で、万太郎キッドの同僚。
ガゼルを人にしたような人。H・F(ヘラクレス・ファクトリー)を首席で卒業したことを何かと持ち上げるが、そのたびに新たなライバルの手にかかり倒される。所謂かませ犬ポジション
アニメ版ではギャグ的な部分がプラスされ、出番が増えた。…にもかかわらず、第二部・究極のタッグ編では小鹿さに現代に残る。
ちなみに、ここまでの上記4人を総称して「TEAM AHO(チーム アホ)」と呼ばれる(名付けハラボテ・マッスル委員長(当時))。
ケビンマスク置鮎龍太郎
ロビンマスクアリサ
幼い頃からのロビンマスクによるスパルタ導と、名門ロビン一族の跡継ぎという重荷に耐え切れなくなりを出る。一度は悪魔超人側に身を置くも考えの違いから離反。正義側・悪魔側、どちらにも属さないフリーの立場となる家出はしたが、ロビン伝家の宝刀タワーブリッジ」はちゃっかりしっかり受け継いでいる。
読者による人気投票では常にトップ争いの常連。そのか第二部では…。
チェック・メイト遠近孝一
サンシャイン子。
チェスの駒を模した装をした人。口調は丁寧で礼儀正しいが、慇懃礼な傾向がある。師・サンシャインからネガティブな言葉と感情を教えられずに育てられたため、痛みを感じないが、それを「どんな技でも耐えられる身体を持っている」と勘違いしていたため、ダメージを蓄積し敗れる。
その後、正義超人に転身するが、現在までまともに試合が組まれたことがない。
ジェイド野島健児
ブロッケンJr.子。H・F(ヘラクレス・ファクトリー)第二期生。
ベルリン」など、彼直伝の技を使いこなす。な性格の金髪イケメンVジャンプ版だとヘルメットがカタカタ伸びたりする。
スカーフェイス乃村健次
H・F(ヘラクレス・ファクトリー)第二期生。
悪質かつクールに戦う人で、その正体はH・Fに潜入していた悪行超人必殺技アルティメットスカー・バスター」で多くの正義超人KOさせるも、万太郎に敗れてからは、正義超人側に回りサポートするようになった。
カオス・アヴェニール
第二部に登場。記憶を失くし、孤児院で暮らす青年。幾多のを抱えたまま、万太郎と共にタッグで出場する事になる。オタクだけどイケメンなんだぜ!
ライトニング
第二部に登場する時間超人サンダーと共に足を変形し「死時計の刻印」で多くの人を葬っている。
サンダー
第二部に登場する時間超人ライトニングと共にタッグを組んで出場。腕を鐘に変形することが出来るがジェロニモによって破壊された。

アニメ

2002年1月より、テレビ東京系列にて放送。2004年2006年に続編が放送され、計三度アニメ化され、映画作品も2本制作されている。もっとも初代と違い、原作の全てのストーリーアニメ化されておらず、「悪魔の種子編」以降のアニメ化は実現していない。

アニメ製作は初代と同じく東映アニメーションが担当。シリーズディレクターには小敏明が起用されている。

プレイボーイで連載された原作アニメ化したものの、第1期が夕方に放送された子供向けの作品だったことから性表現やグロ描写は控えめとなり、主人公キン肉万太郎の性格も若干マイルドになっている。そのため、作としてはVジャンプ版の「オール人大進撃」に近い。また、作中でのギャグ描写も多く、旧作の第1期を意識したと見られる演出が施されていた。

なお、キン肉スグルアレキサンドリア・ミート声優が変更となり、逆にテリーマンロビンマスクは初代の声優に戻る形となった。サンシャインのみが旧作から一貫して同じ声優が起用されるキャラクターとなる。

キン肉マンII世(第1期)

2002年1月9日から2002年12月25日まで毎週水曜日18:00から放送。全51話。
内容は原作の「ヘラクレス・ファクトリー編」から「オリンピック編(アニメではワールドグランプリ)」の予選までが描かれており、最後の7話はアニメオリジナルストーリーとなっている。

主題歌

オープニングテーマHUSTLE MUSCLE
作詞・里央/作曲編曲渡部チェル/歌・河野
前期エンディングテーマのマッスル」(第1話 - 第26話)
作詞作曲・田マコト/編曲・ザ・パーマネンツ/歌・ザ・パーマネンツ
後期エンディングテーマのMy chop!!」(第27話 - 第51話)
作詞松本/作曲西田史/編曲MIN/歌・横須賀ゆめ

キン肉マンII世 ULTIMATE MUSCLE(第2期)

2004年4月8日から7月1日まで毎週木曜日深夜1:00から放送。全13回。
時間帯が深夜に移り、1クールのみの放送となった。内容も「ワールドグランプリ編」の2回戦までと中途半端なところで終了している。

主題歌

オープニングテーマbelieve
作詞・The NaB's /作曲編曲・芳野藤丸/歌・The NaB's
エンディングテーマ赤色ダンスホール
作詞作曲田中 /編曲・sui/歌・sui

キン肉マンII世 ULTIMATE MUSCLE2(第3期)

2006年1月5日から3月30日まで毎週木曜日深夜1:00から放送。全13回。
内容は2期の完結編という形で「ワールドグランプリ編」の準決勝と決勝を描いている。なお、決勝の結末が原作とは異なっている。

主題歌

オープニングテーマTrust Yourself
作詞作曲高取ヒデアキ/編曲・籠/演奏・ZETKI/歌・高取ヒデアキ
エンディングテーマ「誓ノ
作詞一志/作曲編曲Kagrra/歌・Kagrra

劇場アニメ

全作品とも「東映アニメフェア」内で開。ちなみに劇場版第1作はテレビアニメ放送開始よりも先に開されている。

作品数 タイトル 開日 主題歌
第1作 キン肉マンII世 2001年7月14日 MUSCLE BEAT角田信朗
第2作 キン肉マンII世 マッスル人参争奪!人大戦争 2002年7月20日 HUSTLE MUSCLE河野

関連動画

ツッコミ集

BGM

ゲーム

手描き

お絵カキコ

ライトニング三代目キン肉マングレートクロエ時間超人サンダージェイド

関連項目

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

【スポンサーリンク】

  • 11
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

キン肉マンⅡ世

1720 ななしのよっしん
2023/11/28(火) 10:23:16 ID: yw2kxK74OF
>>1717
連載前当時「プレイボーイ」では宮下あきらの「より高く」って漫画が連載されており、そこでは「魁!!男塾」のキャラが登場してたけどね。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1721 ななしのよっしん
2023/11/28(火) 10:29:45 ID: yw2kxK74OF
>>1718
過去の栄に縋った作者の小遣い稼ぎって、確かに他の作品は全くヒットせず「過去の人」化する懸念を払拭する為に過去ヒット作の続編的なものを出して再ブレイクするのが狙いかもしれない(ゆでたまご高橋陽一宮下あきら)。てか「ジャンプ」系漫画家ってそうなるケースが多いわな。
それが連載するのは大体青年誌、これには当時の読者大人になって少年誌を買うのは恥ずかしいと思うのもそうだし、今の少年層が過去名作を見たところでウケるかどうかも分からないからな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1722 ななしのよっしん
2023/11/28(火) 10:33:27 ID: c61S/GIUZ5
そういえばゆでも猿先生も偶に本誌(週ジャンヤンジャン)に呼び戻して貰ってるな
例外も良いところなんだろうけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1723 ななしのよっしん
2023/11/28(火) 19:18:26 ID: Ej7/iC6B8p
>>1720
宮下作品は基本的に同じ世界での別の人物の物語パターンだからな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1724 ななしのよっしん
2023/11/29(水) 07:46:28 ID: MPOTvBPvta
いうてもう子供の頃のキン肉マンは確かに2世なんだよ、って世代がもう30かそこらだからね。
2世から入ったタイプ。まあ正確には2世アニメだけど
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1725 ななしのよっしん
2023/11/29(水) 12:34:37 ID: Ej7/iC6B8p
>>1711
万太郎ならむしろ
「このままだとの動きで消えるぞ」とか
「手を貸してくれたらオリンピックケビンマスクに勝った時にしてやるぞ」とか
「最高の地位と名誉を得られるぞ」の方が時間超人側にしやすそう。
バカクズ万太郎はそんなんで普通にのりそう。
👍
高評価
1
👎
低評価
3
1726 ななしのよっしん
2023/12/12(火) 00:23:45 ID: Ej7/iC6B8p
案外刻のの理想の世界線世界線だったのかもしれない可性が出て来た。
自分が作ったサンダーライトニングから得た情報
万太郎達が台頭する前の時間に時間超人を送り込み過去に行く前のサンダーライトニングも合わせて全に制圧する」のが的なのでは?
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1727 ななしのよっしん
2023/12/12(火) 18:11:03 ID: MPOTvBPvta
実はひっそりと無料配信が公式サイトで毎週更新でやってるんだけどさ。キッドの今後を知ってると初登場回のセリフが虚しすぎる。「実績がないから悪行超人く戦いたい!」ってのもいろいろと今後の新世代に刺さる台詞だったり。悪行超人がこぞって万太郎を狙うので他の人がキッドを相手にしてくれないという。

だいぶ先のシーズンになるが今思うとなんでキッドチェックメイトが賞首にならずにどうでもよさそうなジャイロが賞首になってるんだよってのも思ったり。キッドはともかくチェックメイト一応裏切り者のはずなんだから悪行超人が賞首にしてそうなもんなのに
👍
高評価
1
👎
低評価
0
1728 ななしのよっしん
2024/02/06(火) 11:35:40 ID: Od2lx+LApT
公式サイトの追っかけ連載タッグ編11話、1983年競馬雑誌が出て来てるけど
描かれているほどの種類は当時ないよなとか思ったりする
競馬雑誌が一気に増えるのは第二次競馬ブーム以降)
👍
高評価
0
👎
低評価
0
1729 ななしのよっしん
2024/02/06(火) 13:28:04 ID: MPOTvBPvta
究極タッグ80年代描写はあくまで昭和イメージがちょくちょく入るからねぇ。ところどころそういう思いでというかなんというか
👍
高評価
0
👎
低評価
0