ギデオン・ジュラ単語

ギデオンジュラ

ギデオン・ジュラとは、マジック:ザ・ギャザリングの登場人物の1人であり、ムキムキの兄貴であり、細身の優男である。

概要

ほとんどのプレインズウォーカーとは異なり、ギデオンは自ら戦闘に乗り込むことをしません。強魔道士である彼は忠義に突き動かされ、なる正義魔法である術を操ります。

強い道徳心と義務感を持つギデオンは、レガーサの次元で法治組織のヘリウド騎士団に工作員として十分に仕えてきました。術士のチャンドラ・ナラー騎士団の障となった際には、彼女阻止すべく、ギデオンはケファライの次元へと送り込まれます。チャンドラはこの時、ゼンディカー次元に隠されたウギンの位置を示す、強な炎の呪文の巻物を盗み出そうとしていました。2度の挑戦です。

ギデオンにとって、かつてこれほどずる賢く、機知に富み、没の敵はいませんでした。ケファライにてギデオンはついにチャンドラを捕らえるも、彼女に逃げられてしまいます。チャンドラを追って闇の次元、ディラデンへとたどり着いたギデオンは、次元の支配者である吸血鬼のベルラブから逃れるためにチャンドラと手を組み、二人は意外にも味方同士になります。

レガーサに戻ったチャンドラはようやくギデオン騎士団に仕えていることを知り、彼女は第二の故郷が破壊されるのを防ぐために、自ら投降せざるを得なくなります。騎士団のの動機を疑い始めたギデオンの助けで、チャンドラは責めを受けずに済みました。チャンドラは再びウギンめてすぐに立ちます。

自らの行いをみたギデオンは、チャンドラを追って ゼンディカー に行くことにします。この不安定で予測不能次元で、きっと彼女になれると考えたのです。しかし、彼が到着した時にはチャンドラはすでに発った後で、 ゼンディカー は古の世界を食らう存在、エルドラージの攻撃を受けていました。今、ギデオンは多元宇宙で、ゼンディカー が食い尽くされてしまうのを彼と共に防いでくれる仲間を探しているところです。

チャンドラ・ナラー役の小説「The Purifying Fire」で初登場したプレインズウォーカーカードとしては小説が出てから発売されたセットエルドラージ覚醒」が初登場となる。
この「The Purifying Fire」を日よしの漫画化したものが「燃え尽きぬ炎」であるが、漫画版のギデオン・ジュラが細身のイケメンキャラなのに対して、カードのギデオン・ジュラはムキムキの兄貴キャラである。
どっちがより小説版のギデオン・ジュラに近いかというと漫画版のほうだったりする。

元々の名は『キテオンイオ』。テーロス次元出身。
手のつけられない不良だったが、何かやらかして投されたときにヒクサスという魔術師と出会い更正、正義魔術師となった。その後キテオンハーピーの群れに襲撃されたを守ることを条件に放免される。大胆不敵な戦術を用い、勝利へと導いたキテオンはその武勇を太陽ヘリオッドに勇者として見出され、勇者の試練として死の、エレボスの放ったタイタンを討つことを命じ、それを果たすためヘリオッドの持つを与えられた。
キテオンタイタンをおびき寄せ、非正規軍とともに巨人と戦い、太陽をもってとどめを刺した。
だがその時、地平線の向こうからエレボス自身が姿を現した。
「今ならばエレボスを討てる!」と確信したキテオン太陽をエレボスに向かい投擲する。
だが、エレボスはそのをキテオンに弾き返した。身構えた彼の視界が真っ白に染まった。視界を取り戻した時、キテオンは自分の率いた不正規軍の見るも残な姿を撃してしまう。確信は慢心へと変貌し、後悔と苦悩に苛まれる中、彼の「」はり、キテオンアラーラバントへとプレインズウォークした。
プレインズウォークした後は、倒れていたところをライオンに乗った女騎士に保護される。
その時に自分の名をったが、息が詰まっていたためギデオンと聞こえてしまった。
以降、それが彼のもう一つの名前となった。

この事は彼にとっての苦い記憶であり、他人に話そうとすることはない。
なお、色々やらかしてた時期の悪名はテーロス中に知れ渡っている。 

その後は数多くの次元を渡り、あれこれあった後にのPW、チャンドラ・ナラーと知り合う。
彼女とはいい仲になりかけるが、彼女がゼンディカーへ向かったことを知り、後を追ってプレインズウォークする。

その後、ゼンディカーにてエルドラージ戦闘するものの、「こりゃ1人じゃ勝てねぇ…」と悟ったギデオン世界都市に覆いつくされた次元ラヴニカ」へと飛び、情報収集と仲間集めを開始した。
しかし、ラヴニカのギルドボロス軍」で指揮官をやっているシーンが短編小説で数多く描写されてしまったため、「ギデオンの使命はスタック式だから」「ゼンディカーマモレナカッタ…」「ゼンディカーへの回帰(仮)エルドラージと戦うプレインズウォーカー!一方ギデオンは別の次元で人助けをしていた」などなどネタにされ心配されている。

ちゃんとそのときに来るよね?だいじょうぶだよね?

そして、その時は来た

2015年3月10日、2エキスパンション1ブロック制へと移行する最初のエキスパンション
『戦乱のゼンディカー』の発売が発表された。
フェッチランドを始めとする強カードの再録が噂される中、公式ページにて1枚の画像が開された。 

そこにはエルドラージ族と思わしき存在と戦うギデオンの姿があった!

6年ぶりに々が再び訪れることとなる次元・ゼンディカー。果たしてギデオン悪なエルドラージの侵攻を阻むことができるのか?今後の展開に期待である。 

カードとしてのギデオン・ジュラ

カードとしてのギデオン・ジュラは2014年10月時点で2枚存在する。いずれもカードタイププレインズウォーカーである。
カードルールテキストMTG wikiより引用した。

Gideon Jura / ギデオン・ジュラ (3)()()

プレインズウォーカーギデオン(Gideon)

[+2]:対戦相手1人を対とする。そのプレイヤーの次のターンの間、そのプレイヤーコントロールするクリーチャーは可ならギデオン・ジュラを攻撃する。
[-2]:タップ状態のクリーチャー1体を対とし、それを破壊する。

[0]:ターン終了時まで、ギデオン・ジュラは6/6の人間(Human)・兵士(Soldier)クリーチャーになる。それはプレインズウォーカーでもある。このターン、彼に与えられるすべてのダメージを軽減する。

6

エルドラージ覚醒」に収録された1枚のギデオン・ジュラ。

プラスは攻撃強制。この強制効果は「プレイヤー」を対としているので、相手が「速攻」[1]持ちクリーチャーを出した場合も《ギデオン・ジュラ》を攻撃しないといけない。
全員が攻撃に出されてしまうため、対戦相手は基本的に次のターンブロックすることができなくなってしまう。
また、プレインズウォーカーを攻撃したクリーチャーブロックすることは可なので、戦場を使うことに意味があるクリーチャーシステムクリーチャーという)をブロックで容易に討ち取れるようになる。

マイナスクリーチャー破壊。プラスの後なら対戦相手のクリーチャーは基本的にタップ状態である。
クリーチャータップさせるをもった他のカードとの組み合わせもおいしい。

0クリーチャー化。6/6はフィニッシャー(切り札)クラスの大きさである。
プラスを使って生き残れば、こので簡単に反撃ができる。
実はこの状態でも「プレインズウォーカー」のままなので、「軽減できない」ダメージを受けると忠カウンターが削れる。そして同時にクリーチャーとしてもダメージを受ける。あまり起こることではないが一応注意が必要である。
それから、「ダメージを軽減する」であるが「破壊不能」ではないのでクリーチャー破壊効果を受けると普通墓地送りになる。

プラスが恐ろしく強い。なにしろプラス使用後は度[8]である。ノーガードで殴られても倒せるかどうか微妙、とまでいえる硬さである。
そして、1度生き残ればがらきになった相手に
「もう1回プレイヤーダメージを与えられないままノーガードになってもらう」
クリーチャーを1体失ってもらう」
「自軍の打点に6点加えて食らってもらう」
の3択から好きなものを選べる。

構築戦ではプレインズウォーカーを直接殺すカードデッキに仕込んでおけるので対抗手段はあるのだが、そういうカードを十分に用意できないリミテッド[2]においては《ギデオン・ジュラ》が出た≒勝った、になるほどを持っていた。

Gideon, Champion of Justice / 正義勇者ギデオン (2)()()

プレインズウォーカーギデオン(Gideon)

[+1]:対戦相手1人を対とする。そのプレイヤーコントロールするクリーチャー1体につき1個の忠(loyalty)カウンター正義勇者ギデオンの上に置く。
[0]:ターン終了時まで、正義勇者ギデオンは彼の上に置かれた忠カウンターの数に等しいパワーとタフネスを持つ、人間(Human)・兵士(Soldier)クリーチャーになる。それは破壊不能を得る。彼はプレインズウォーカーでもある。このターン、彼に与えられるすべてのダメージを軽減する。
[-15]:他のすべてのパーマネントを追放する。

4

ギルド門侵犯」に収録された2枚のギデオン・ジュラ。

プラスは忠度上昇。プラスにおいて 忠度を上昇させられるだけ=よわい動き である。一応他の次第とは言うものの、忠度上昇+1が+いくつに変わろうと原則的によわい動きなのは変わらない。

クリーチャー化。破壊不能ダメージ軽減を持っているためこの状態の《正義勇者ギデオン》を除去することは困難である。パワー/タフネスは初期状態では4/4、プラスを使えば強化できる。
《ギデオン・ジュラ》でも同様だが出したターンにこのを使っても攻撃することはできない。「戦場に出したターンクリーチャーは攻撃できない」からである。

マイナスはパーマネント追放。《正義勇者ギデオン》以外のすべてが消滅する。味方消し飛ばしてんじゃねぇよ
首尾よく消し飛ばしたとして、《正義勇者ギデオン》がこの後どれだけの戦闘力を持っているのか疑問を感じずにはいられない。もしかして度15だから15/15になる、つまり《引き裂かれし永劫、エムラクール》を倒せるなんかすごいパワーを持ったんだぜ! って言いたいだけなんじゃなかろうか。

《ギデオン・ジュラ》と較すると使い勝手が悪いいで登場時の評判は非常に悪かった。「正義勇者」なのに正義欠片もなさそうな大マイナスも突っ込みどころである。
スタンダードが「イニストラード」ブロック-「ラヴニカへの回帰」ブロックから「ラヴニカへの回帰」ブロック-「テーロス」ブロックになるとビートダウンデッキで使われるようになった。
とはいえ、
「《太陽ヘリオッド》[3]クリーチャーにするため少しでも()()をコストに含むカードが欲しかった」 「ブロックできないかわりに強クリーチャー破壊耐性があるクリーチャー、ということでひとつ。他に使える4マナクリーチャーもいないし。」 という少々後ろ向きな採用理由であった。

関連項目

脚注

  1. *本来、クリーチャーを召喚したターンは攻撃に使うことができない。「速攻」はクリーチャーを召喚したターンに攻撃可とする
  2. *特定数のパックを使用してその場でデッキを作って対戦する方式
  3. *(3)()で5/6破壊不能、警付与、クリーチャー生成と「クリーチャーになってれば」強な4マナクリーチャー・エンチャント戦場に出ている自分のカードマナコストに含まれる()1つにつき1ポイント、これが5ポイントになるとクリーチャーとなる。このカードカウントされるので、あと4ポイントを他のカードで稼ぐ必要がある。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AE%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ギデオン・ジュラ

21 ななしのよっしん
2018/03/09(金) 20:10:09 ID: 7MrwQqmAxB
>>20
『破滅の刻』でのボーラス戦で
「これ以上友の死を見届けるくらいならいっそ死にたい
と心折られかけていたの思うとさりげなく重要な情報だよねあそこでの生存確定……。
22 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 01:14:50 ID: dtLrZIn01g
アモンケットの一件で分かったことは意外と揺るぎやすいメンタルを持っていた事。
23 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 10:34:29 ID: GKKfEt5t5p
キテオンの長い、長い戦いが終わった・・・お疲れ様。
24 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 11:47:38 ID: sewJCSCvLb
>>19
ついにそうではない時が来ちゃったよ…
25 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 14:07:55 ID: ykldqXBxfK
さようならギデオン
26 ななしのよっしん
2019/04/19(金) 20:49:13 ID: xHsfVsnBJt
デュエットデッキとかいう一発ネタに見せかけた壮大な伏線
まさかこの二人が命を捨てて戦う戦友になろうとはあの時が想像しただろうか
27 ななしのよっしん
2019/04/20(土) 10:52:15 ID: tqW41nO0z5
ありがとうギデオン・ジュラ。キテオンイオラ。
28 ななしのよっしん
2019/04/22(月) 07:26:53 ID: z6YSiLRugi
I will keep watch
29 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 10:46:41 ID: X2W9M2gAPa
単PWってなんで死んじゃうんだろうね・・・単ゆえか・・
盤面に立たれるときつかったけど、自分のほうに立ってくれた時はとても心強かった。
ストーリーでも実に「戦士」であってすごく好きだった。
ありがとうギデオン
30 ななしのよっしん
2019/05/16(木) 14:40:29 ID: L8mKEZYjOS
心温まる贖罪って絵面がラヴニカっぽくないなぁっておもったらあれテーロスなのな。少年漫画仲間が死んだときの演出みたいで感嘆するわ。

急上昇ワード