ギニアス・サハリン単語

ギニアスサハリン
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

ギニアス・サハリンとは、機動戦士ガンダム第08MS小隊に登場する人物で、同作品のラスボスである。
CV速水奨

概要

宇宙世紀0052年生まれの男性で、ジオン軍に所属する技術少将一年戦争時は27歳。

幼少期

ギニアスが生まれたサハリンサイド3の中でも名に数えられるほどの富で、政治的発言も強かった。ノリス・パッカードサハリンのボディガードとして雇われており、この頃から付き合いがあった。回想から察するに、ズムシティの一等地に邸宅を構えていたようである。

アイナともども何不自由なく生活していたが、ギニアスが12歳の時に悲劇が起こる。宇宙港の式典に招かれ、アイナとともに内緒で港内を探検していると、連邦軍の工作員によって爆破テロが発生。生身に宇宙線を受けてしまう。この時、アイナをかばう形でギニアスが宇宙線を浴びたためアイナは負いを感じ、ギニアスの手足として動く人形と化す近因となった。間もなく救助の兵士が駆けつけるも、彼は宇宙を1人分しか持っていなかったため、アイナしか助けられなかった。ギニアスの顔色は宇宙線により紫色と化し、思わずアイナが絶叫している。宇宙線に冒されたギニアスの眼は、通常では捉えられない宇宙線を見ていた。それは絶え間なく降り注ぐのようで、思わず「美しい・・・」とくほどだった。このが後のアプサラス開発へと繋がる。

さらに不運は続く。ギニアスが15歳の時に何らかの要因でサハリンが没落。一気に発言や優な暮らしを失ってしまう。劇中の台詞から、母親に捨てられた事がえる。ギニアスは宇宙線を浴びた事で重大な後遺症を負っており、生殖機を喪失したため没落したとする考察がある。かろうじて肌の色は元に戻ったものの宇宙線による後遺症は体を蝕み続け、一定時間ごとに用しなければならなくなった(小説版では筋ジストロフィーを患っているとされ、車椅子に座るギニアスの姿が描かれた)。体こそ不自由であったが、射撃の訓練だけは怠らずやっていたようで腕前は相当なものだった。実際、ユーリの後頭部を一発で射抜いて射殺している(小説版)。

ジオン軍時代

それから時は流れ、彼はジオン軍へ入隊。ギニアスは科学者として高いを持っていたため26歳にして技術大佐という階級についていた(ジオン兵器の質を上げるため軍に所属する科学者を優遇していた)。サイド3の試験場で行われたテストキューブ内のメガ粒子砲実験を見て、ギニアスはかつて見たを思い起こす。あの美しいを、狭いテストキューブ内ではなく広いところで再現できないものか。ギニアスは再現するためアプサラスの開発計画に着手するのだった。

宇宙世紀0079年、一年戦争が勃発。戦争期終結をすデギン王は、ギレンに疎まれた者や自身を慕う者たちを集めてアイデアを戦わせた。その中にはギニアスの姿もあった。ギニアスはアプサラス計画を提示し、連邦軍本部ジャブローを上から急襲・殲滅するモビルアーマーの開発を訴えた。最初こそ夢物語だと一笑に付されたが、ギニアスは実際にモビルアーマーの設計図を製作して提出。更にジャブローの対兵装は意外に弱いという盲点も突いており、夢物語で片付けられない説得を得ていた。デギン王よりアプサラス計画の認可を貰ったギニアスは、実験がしやすい地球へ行くためザンジバル級機動巡洋艦「ケルゲレン」に座乗、地球に降下。ラサに秘密基地を建造し、そこでアプサラスの開発を始めた。いつしかギニアスはアプサラス完成こそが没落したサハリン一の手段と考えるようになり、再現と合わせてアプサラスに全てをげて行くのだった。

アプサラステストパイロットは信頼できるアイナ・サハリンに一任。「軍人でもないアイナにパイロットやらせるななんておかしい」というがあったが、ギニアスは「デギン王から開発計画を一切を任されている」と一蹴。アイナもギニアスの示に々諾々と従う。それがに対する贖罪だったからだ。
しかしアイナはシロー・アマダとの出会いで心に変化が生じる。同時にギニアスのアプサラスに対する執着と狂気が次第に露わになっていき(友人のユーリを殺したり、ともに開発計画を進めてきた研究者達をアプサラスへの独占欲から皆殺しにしたり等)、アイナの心はギニアスから離れていった。

アプサラスⅡの喪失に伴い、アプサラスⅢの開発に着手したギニアス。小説版での設定では、アプサラスⅢメガ粒子砲256標を同時に全て射抜けるという拡散メガ粒子砲を採用していた。アプサラス開発者の1人、ヤノウィッツ技術少佐は「メガ粒子砲拡散させずに、1本にめてみては」と提言しているが、ギニアスは「は、広がらなければならん」と一蹴。ヤノウィッツは理解できなかったが、ギニアスは恍惚とした表情を浮かべてアプサラスⅢを見ていた。アプサラスⅢが持つ破壊は、一年戦争時代だと明らかオーバーテクノロジーであった。これもサハリンギニアスの執念が為せる技だろう。この頃、ギニアスはアプサラスⅢの護衛用としてサイド3からグフ・フライトタイプを部品の状態で取り寄せている。心血注いだアプサラスⅢ完成し、基地内では祝賀会が開かれる。ところがアプサラスを独占したいギニアスは、ワインを混ぜて研究員を皆殺しにしてしまう。死体だらけになった会場に手榴弾を投げ込み、拠を隠滅すると高々に宣言する。「アプサラスは、私一人のものだ!!」

最終決戦

終盤ではラサ基地が連邦軍の2個師団に包囲される。時期は連邦軍側の指揮官イーサンが発した「一号作戦も近い」という台詞から察するに、チェンバロ作戦が終わった後(12月25日頃)と思われる。次第に近づいてくる地きに、ギニアスはアプサラス完成を急いだ。の使いすぎて口から血を吐きつつも作業を続け、遂にアプサラスⅢ完成させる。小説版では吐いた血を見て「もう時間がい」と言っていた事からギニアスの寿命も終わりに近づいていたようだ。アプサラスⅢは副座式で、ギニアスとアイナが乗り込みラサ基地より出撃した。しかし、あくまで犠牲を最小限に留めて戦闘を終わらせようとするアイナと連邦軍を殲滅しようとするギニアスの意見が対立。昂したギニアスは拳銃アイナの胸を撃ち、アプサラスⅢから転落させる。が、ギニアスの撃った弾は、アイナが胸に入れていた懐中時計によって阻まれ一命を取り留めた(皮にもその懐中時計ギニアスがあげた物だった)。

その後、固定脚をジムスナイパーに撃ち抜かれ、アプサラスⅢは地面へ落下する。しかし速なギニアスの応急処置で復活し、ジムを撃破。最期はアプサラスⅢの全を以ってビッグトレーを破壊しようとしたが、メガ粒子砲発射直前でEz8に乗ったシローアイナによってコクピット叩き潰され戦死。だがメガ粒子砲は発射され、Ez8の下半身部分を消し飛ばしながら後ろの山へ着弾。そこから生じた衝撃波ビッグトレーの艦は破壊され、部要員は全滅した。

小説版での最期は、アプサラスⅢのコクピット内部で射殺したはずのアイナに撃たれるという事になっている。射撃が得意なギニアスなら確実に急所を撃ってアイナを殺できたはずだったが、ギニアスが撃った弾はギリギリ急所を外れていた。ギニアスの壊れた心の中で、「を殺したくない」という考えがあったと思われる。

ギニアス及び開発死亡と、ラサ基地が崩壊した事によりアプサラスの技術はロストテクノロジーとなった。アプサラスの後継機が登場しないのは、この時に全ての資料やデータが失われてしまったからだと言われている。

余談

ゲームでは

スーパーロボット大戦Gジェネシリーズギレンの野望といったシミュレーションゲームにもギニアスは顔を出している。もちろん、どの作品でアプサラスアイナと共演している。

中でも一番の活躍を見せたのはGジェネレーションアドバンス。この作品では何とラスボスを務めている。まずアプサラスⅡを開発し、原作どおりアイナを乗せる。続いてアプサラスⅢを開発。そしてジャブロー殲滅の夢をえるべく自らアプサラスⅢに乗り込み、ジャブローへ突入。しかし主人公たちの部隊によって撃破されてしまう。死亡したかに思えたが、しれっと生存アプサラスⅢは自分が設計したのだから脱出も容易だったという。
そしてアプサラスⅢを発展させ、グロムリンを開発。同時にアプサラスⅢの量産するという原作ジオン軍には到底不可能芸当をやってのけている。一応、ジオン軍ザフトと手を組んでいるので出来なくはない?パイロットは人工AI
そしてそのグロムリンを更に発展させ、ついにラスボス機体であるグロムリンフォズィルを開発する。ナノマシンやDG細胞による自己修復に、Iフィールドソーラレイ並みの火力を持った最強モビルアーマーで、ア・バオア・クーを一撃で粉砕した。ギニアスの暴走は止まらず、下に入ってきたシーマ海兵隊とともに地球を支配するべく動き始める。
グロムリンフォズィルとギニアス自身のの高さが相まって非常に強ラスボスとなっている。しかも一度や二度、HPを0にしただけでは終わらず、HPくなるたびに全快して復活する。まさに執念。
さらに攻撃で、ビーム兵器なのにスモー程度のIフィールドなら易々と貫通し大ダメージを与える。ジオン脅威のメカニズムを通り越して最ガミラスである。

ギレンの野望シリーズでは、魅が高い指揮官として登場。魅……?しかし病弱なせいか、耐久が低く撃墜されると復帰が遅い。当然ながらアプサラス計画にも絡んでおり、アプサラスⅢの開発プランと引き換えに死亡する。しかしアプサラスⅢの性が酷すぎるため、多くのプレイヤーギニアスを存命させる。
作中では研究者を貫いていたが、実はモビルスーツに乗れる。
技術者なので、テム・レイ軍に参加する。その場合、非常に優秀な指揮官として活躍する。

語録集

関連動画

ギニアス・サハリンに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

ギニアス・サハリンに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ギニアス・サハリンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AE%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ギニアス・サハリン

14 ななしのよっしん
2016/08/22(月) 14:26:46 ID: RBBbhUJnqb
ユーリと同じく作品の中盤からキャラが変わった人物。序盤との印が逆転する結果に
15 ななしのよっしん
2016/11/19(土) 06:42:06 ID: yuRliIRCW5
軍務がダメだったのか軍務に興味がなかったのか・・・
Gジェネではラスボスとしての強さはもちろん、やたら再生するグロムリンと大量のビルゴⅡとかいう厄介すぎる布で大いに苦戦した
16 ななしのよっしん
2017/07/22(土) 00:28:40 ID: UhlsI3rSma
トライエイジアプサラスIIIと一緒に参戦して欲しい
んで、シローアイナがダブルパイロットで出せば、最終決戦再現出来るし
17 ななしのよっしん
2017/11/04(土) 17:02:27 ID: 1P1f7JjyCP
ガンオンで武器機体強化の時に出てきた時の完全勝利感すき
ギレンの野望でニムバスと組んだ時忠が高いのもすき
18 ななしのよっしん
2018/01/30(火) 09:43:41 ID: qUJS9/bU5S
漫画版だとユーリともども人格が変わってたな。
というか、ユーリギニアスの頭でっかちさを見抜いていて
一枚上を行く展開だったので、ギニアスの頭でっかちで純子供
な面が強調されていた。こっちの方が人間臭くては好きだな。
19 ななしのよっしん
2018/03/18(日) 23:50:41 ID: eNAUWpueDL
シャアオマージュなんだろうが母親との何か~発病~没落~奴隷まで掘り下げたらとんでもない話ができそうだ
一応爽やか小隊役だからやらなかったのは吉だったんだろうな
小説版はどこまで本編の設定に沿ってるのかわからんが過去の話は結構面かった

20 ななしのよっしん
2018/05/27(日) 19:55:33 ID: +8ao2WoJFo
ガンダムシリーズイケメン
21 ななしのよっしん
2018/06/24(日) 06:40:29 ID: +8ao2WoJFo
など膜の創り出す~」のセリフは、ネプテューヌパロディネタにされてたりする……。
22 ななしのよっしん
2019/07/05(金) 00:19:37 ID: JYulIB78ZU
直接的な言及はないけど、おそらく宇宙港の事故で被曝して生殖を失ってただろうし
サハリンが没落したのも、母親が自分達を捨てて出ていったのも
子孫を残せない自分のせいだという自責の裏返しで、あの台詞だったとも思える

ギニアスがアプサラスが子と呼んで執着して独占したのも
そういう解釈で見たなら納得できる部分もあるし、同時にいたたまれない
23 ななしのよっしん
2019/09/06(金) 01:43:33 ID: cHT1Nst0m8
もし宇宙港での爆破テロに巻き込まれてなければ、
サハリンは没落しなかったし、ギニアスもまともな精を保って
アプサラスは誕生しなかった…という事になるのかな。
テロに関しては本人に落ち度がいだけに、被害者の面が強い。

急上昇ワード