ギャンブル単語

ギャンブル
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

ギャンブルとは、賭博や博打の事である。や物品、名誉などを賭ける勝負事。

概要

ギャンブルとは、二人、またはそれ以上の人間で行う賭博行為の事である(相手が賭博の催者の場合もある)。

ギャンブルは人類史に古くから深く関わっているが、現在ではギャンブルの多くが法律規制、または制限が付けられている。これらは日本のみならず世界中で見られる傾向である。

なぜギャンブルが法律規制される対になっているかというと、

などの理由である。

ただし、日本では法律による制限の元で許可されているギャンブル(公営競技)もある。これらは、日本人の娯楽になると同時に掛の一部が税金として利用される。(例:パチンコ宝くじ競馬競輪オートレース

(※パチンコは熟考して選ぶなどの要素がなく、打ち手の技術により差がでることなどから娯楽遊戯でありギャンブルには該当しないと考えられる…世間一般的にはギャンブルという共通認識を持たれているが。)

また、ギャンブルの定義を拡大解釈すると生命保険や損保険地震保険などの保険商品も一種のギャンブルと考えることができる。

ギャンブルと投資(投機)

一般人式投資や商品先物取引(FX取引を含む)等に多く参入するようになった昨今においては、FX取引(いわゆる「投資」や「投機」のこと)のことをギャンブルと称する者も少なからず居るが、それは間違いである。
ギャンブルには胴元が居り「偶然性のある事に対してお金を賭けること」をすのに対し、投資や投機は胴元が不在で「企業貨幣、商品市場等の成長・衰退を、様々な材料を集めたり、過去の経験則や確率の偏り等から分析・予測して利を稼ぐこと(「投資」はに長期的、「投機」はに短期的なもの)を狙うもの」であり、投資や投機は偶然性に賭けて取引をするものとは言えないからである。

ただし、素人がろくに市場分析やチャート分析をせず丁半博打のような感覚で売買を決め、リスクマネジメントの範疇をかにえる多額の投機取引を行うと、その取引はギャンブルに極めて近いものとなってしまう。このような場合は「本来ギャンブルでないものを、投資(投機)が欲を出して勝手にギャンブルまがいのものにしている」と言った方が正しいと言えるであろう。

ギャンブルと投資(投機)の違いを大まかに比べると…

投資 投機 ギャンブル
定義 将来的に資本(資産)を増加させるために現在の資本を投じること 投資のうち短期間の価格変動などを予測し、利を得ようとすること 偶発的な事品を賭け、リターンを得ようとすること
経済企業の成長 自分の資産を増やす 享楽、射幸心を満たす
成長性 経済企業の成長に応じる
プラスサム)
投資同士で取り合い
ゼロサム
トータルでは必ず負ける
マイナスサム)
リスクコントロール 出来る 出来る 出来ない、
もしくは極めて困難
ギャンブル性 小さい 個々の知識・経験や
姿勢により異なる
大きい、または全て
所得区分 式等譲渡所得、配当所得など(分離または申告分離課税) 式等譲渡所得、先物取引に係る所得など(分離または申告分離課税) 原則一時所得(投資とみなされる場合は総合課税の雑所得)
必要経費の範囲 収益を得るために直接要した一連の費用が算入出来る 収益を得るために直接要した一連の費用が算入出来る 収益を回収した部分に対する費用しか算入出来ない。
ただし雑所得に当たる場合は回収出来なかった費用も算入出来る。
損失の
取扱・繰越し
他の所得と損益通算不可、同種の所得内で最大3年まで損失の繰越が可 他の所得と損益通算不可、同種の所得内で最大3年まで損失の繰越が可 他の所得と損益通算不可、損失の繰越不可

ギャンブルと税

前述の営ギャンブルはトータルでは賭ける側が必ず負ける計算になっている上に、払戻宝くじを除いて所得税がかかる(宝くじはテラ銭が50%と他のギャンブルよりも格段に大きいため非課税とされている)。
さらにコンピュータ等を用いて投票券を確率の偏り等独自の理論プログラムを用いて大量購入し資産を増やす(=予想を排除した購入方法、明らかな投資的)以外の方法で投票券を買った場合は、負け投票券の賭けは一切必要経費にならない「一時所得」にカテゴライズされてしまうため、手元に残ったお金よりもかに大きい税金がかかってしまう恐れがある。これは、一時所得が税法上「所得の半分弱だけ課税する反面、直接支出以外は必要経費として一切認めない」という規定となっているからである(投資的の購入の場合は間接的な支出に当たる負け投票券も必要経費となる「雑所得」にカテゴライズされる…が、投資的とされる条件は極めて限定的である。)。現に、全ての資産を売り払っても到底支払えない所得税等を課されたギャンブラー国税庁との間での訴訟が繰り返し起こっている。以前は納税者側が悉く敗訴して来たが、最近では納税者側が勝訴し一時所得ではなく雑所得と判断されるケースも出てきており、税務当局に税法解釈を変更させるに至るケースも出てきている。

それ故、有識者からは「拠が残らない競馬場や場外馬券場での投票ならいざ知らず、コンピュータ投票投票履歴が拠として残る時代に『ギャンブルで得た利益は一義的に一時所得である』と解釈し税法を適用するのは時代遅れであり、投票履歴が残されておりなおかつ一定以上の反復継続性があれば、負け投票券も必要経費に算入できる『雑所得』と解釈すべきでは」、さらには当たり馬券の利益から予め所得税・住民税を差し引く分離課税制度を導入してはどうか、など様々な意見が出ている。

このように、ギャンブルを遊びや娯楽として楽しむのならいいが、営ギャンブルでけただけで生活しようとすると、前述のように勝っても負けても破綻をきたし地獄を見る可性が高いので注意しよう。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AE%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ギャンブル

100 ななしのよっしん
2021/03/03(水) 00:29:57 ID: xmTccUlAFa
そういうのに気付かない方が幸せかもよ
ギャンブルで本気で勝ちをすようになると
全くハッタリの利かないストイックな思考がめられてしまう
101 ななしのよっしん
2021/03/17(水) 01:37:43 ID: 83ouw2Tmzv
今の世だとソシャゲギャンブルに追加して差し支えないと思うのだ。
依存性は競馬パチンコではないし特に時間の浪費はうっかりすると大変な事になりかねない。
102 ななしのよっしん
2021/03/23(火) 05:28:41 ID: zZjuQFnaWN
を切ったのはベルギーの賭博委員だった。「FIFA 18」「オーバーウォッチ」「Counter-Strike: Global OffensiveCS:GO)」に実装されているルートボックスの実態を分析し、18年には、これらのタイトルが偶然によって勝敗が決定される蓋然性が高く、ベルギーの賭博法の規制となる旨を発表した。
ルートボックスがギャンブルである」という法的な見解が規制当局から下されたのである。

ベルギーにおける規制世界に波及し、さまざま議論を呼び込んだ。
賭博と同様に規制するケースオランダ)、レーティングを設けるケースオーストラリア)、依存症やスキン賭博といった周辺問題と併せて議論するケース英国)など、その射程はさまざまである。
https://wired.jp/series/game-business-battle-royale/the-gacha-problem-005/exit

これを見て分かる通りによってはすでにガチャルートボックスはギャンブルとして扱われていますね
103 ななしのよっしん
2021/03/29(月) 11:39:49 ID: /PjTI1cy2z
記事の「投機やらFXギャンブルじゃない」って論は個人的思想じゃなかろうか?
いま安定して勝ててる人は「負けてるのやり方が間違ってるだけ」って言えるだろうけど
現実的にはかが損被らないとけも出ない訳やろ?「ズタボロに負け越してるけどギャンブルだと思ってないよ」みたいな人おるのん?
104 ななしのよっしん
2021/03/29(月) 12:00:40 ID: S+TC97F1hm
企業の成長衰退や価の上下には偶然の要素も大きいのでギャンブルだと思うなあ
競馬騎手は大きいけどそれだけじゃ勝負決まらず走らせてみないと結果は分からないからギャンブルとして成り立ってる

胴元不在ならギャンブルじゃないってのもな
場代不要の場所で4人集まって麻雀打ったら胴元はいなくなるがかけたらギャンブルだろう
105 ななしのよっしん
2021/04/21(水) 20:09:30 ID: 1BOU921a0m
>>97
大麻の売買は違法だが?
106 ななしのよっしん
2021/04/22(木) 12:09:59 ID: stm6Zmb952
>>104
投機や投資は原理から言えばお金が一時的に不要な所から沢山必要な所に渡す事で、お金を渡した相手に効率良く仕事をしてもらい、その増えた分が利益の元になっていると言える(原理というか建前かね。先物取引でも正規の取引所から離れれば取引実態によっては賭博罪になったりする)
一方でギャンブルの場合、射幸心や娯楽性が参加者の動機になる。額面上マイナスでも動機が発生するので、その額面だけ胴元や提供者など賭博参加者以外の取り分が成立する余地が結果的にできる。
ただ、実際に流れているお金には説明書きが付いてるわけじゃないので、結果だけ見て区別付けても理は出るだろう。特に投機とギャンブルを峻別するには、現在人類が持つ投機参加者への利益還元の仕組みはまだ不十分な部分が多いのだろうね。
107 ななしのよっしん
2021/04/22(木) 12:52:03 ID: stm6Zmb952
>>101
ソシャゲは娯楽性…といえば障りが良いが、要はや音や単純作業その他の本的刺惑される部分も大きいと思う。
ギャンブルほどじゃない、ではなく、ギャンブル+α依存性を持っている、という意味でしばらくは分けて様子を見る必要があると思う。
まあ、麻雀パチンコカジノ火場のような古典ギャンブルでも刺だったりショー性やアルコール等使える物は何でも使ってるだろうから全に別物とまでする必要もないと思うが…
1円パチンコで生活が崩れると分かっていても延々入り浸ってしまうようなのが刺依存、賭博漫画1000円パチンコのように同じ作業でドンドン高額な刺めてしまうのが賭博依存じゃないかと個人的には考えている
108 ななしのよっしん
2021/04/22(木) 16:55:32 ID: stm6Zmb952
先物取引とかだと、売り機会喪失を嫌う生産者は多少安くても売るし、買い機会喪失を嫌う消費側の業者は多少高くても買う。理想的には売り買いの機会喪失で見込まれる均損失分が投機参加者のの取り分と言えるだろう。
リスクを請け負う分が利益になるので、短期的に実際に暴落や暴騰が発生して損失が出る分は、元手や融、他分野との同時取引などで耐える必要もある。
また資産運用する人が居れば、当座の現が欲しい人、利子や配当が欲しい人、とにかく減りしない安定した資産が欲しい人等それぞれがめる異なる価値に見合った商品を運んだ分だけが利益になる。
まあ、理想とほど遠い事が多いから、ギャンブルだの山師だの魔物が棲むだの言われるんだろう…

投資や融資、保険はもっと簡単で、元手や失敗時の担保がない→商売できない→利益が出ないので、その分のお金を集めて貰った手間代や失敗分の保を別けあった額が、商売で出た利益から分配されると考える事ができる。

付きのスポーツ大会は、大会を盛り上げる事で観戦したり自分でやったりする人達からのイベント収益
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
109 ななしのよっしん
2021/04/22(木) 17:18:20 ID: stm6Zmb952
一方でギャンブルと呼ばれる分野は元の利益がない。むしろ大抵は胴元や会場費用の分マイナスになる。それでも利益を見込めると考える不合理な参加者が多数を占める事で取引が成立する。
ギャンブルは実で稼げないと言うが、実際は実で多数の人が稼げると稼げない人間が取引から降りてしまうので、成立しないと言うのが正確だろう(多少のマイナスなら許容できるので、実で稼ぐ人が一部である限りは成立の余地がある)
不合理な行動を引き起こす=理性で制御できない誘因要素=射幸心や依存性と呼ばれる物が存在する。これを放置すると大体悪い事になるので、個人でなく社会組みでそれなりに制御=ほどほどの規制を行う必要が出てくると思われる。

投機もバブルのように利益が実態経済と離れればギャンブルとほとんど同じと言えるのかもしれない(バブルや飢餓輸出、買い占めのようなものは取引が加熱するほど最終的な傷口が増えるのでギャンブルより悪い状態かもしれない)

少額の賭博が許容されるのは、勝ち分から諸経費を引いた額が決してプラスにならないと見込まれる時と言えそう。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

おすすめトレンド