ギリシャ国単語

ギリシャコク
1.3千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ギリシャ国とは、第二次世界大戦中の1941年4月30日から1944年10月14日まで存在した枢軸国である。

概要

成立まで

第二次世界大戦が勃発して1年が経過した頃、イタリアムッソリーニ総統はある野心に燃えていた。準備不足だった事もあり、イタリア軍は対フランス戦や北アフリカ戦線で散々にやられていた。地の底に落ちたイタリア軍の威信を取り戻し、ドイツ軍と同等の作戦遂行がある事を示すため、勝手にギリシャ侵攻を企図し始めた。北アフリカ戦線に送られるはずだった戦車を急遽対ギリシャに割り当て、1940年10月28日最後通牒を突きつけた。これに対しギリシャ首相イオアニスメタクサスは断固拒否、イタリア軍との戦端が開かれる事になった。

しかしイタリア軍はここでも弱かった。ギリシャ軍は想像以上に強く、地の利を活かしてイタリア軍を押し返した。ギリシャ軍は反攻に転じ、イタリア傀儡のアルバニアに侵攻。イタリア軍最大の攻勢作戦も跳ね返すなど善戦し続けた。3月28日ギリシャ応援へ向かう途中のイギリス艦隊とそれを阻止しようとするイタリア艦隊が突し、マタパン戦が生起。ところがここでもイタリア側は巡洋艦3隻と駆逐艦2隻を失って敗退。イタリア軍はあやうくアドリア海海水浴させられるところだったが、ここでドイツ軍が介入。1941年4月5日ドイツ軍が加勢に来てからは、ギリシャ軍は劣勢に立たされる。イギリスに援軍を要請したが、ギリシャ軍・イギリス軍ともに連敗。さらにアルバニアまで押し込まれていたイタリア軍が息を吹き返し、再度侵攻。苛な攻勢に耐え切れず、イギリス軍6万2000人のうち5万人が撤退。ギリシャ軍も膝を屈し、4月23日に独と和協定を締結。翌24日にギリシャ部が降し、4月27日には首都アテネが枢軸軍に占領された。こうしてギリシャクレタ島を除き、全土が枢軸軍に支配された。

ギリシャ国

1941年4月30日陸軍ゲオルギオス・ツォラコグルを初代首相に据えたギリシャ国を立。枢軸国営に入った。しかしその実態は傀儡に過ぎず、土はドイツイタリアブルガリアの三によって分割統治。ギリシャ国には何ら権利はかった。

後方地域だったためしばらくは戦火に焼かれる事はなく、ドイツから多くの観光客が訪れている。だが内ではギリシャ人が山岳地帯に逃げ込み、パルチザンと化して抵抗運動を開始。パルチザンの跳梁に手を焼いたドイツ軍は、1人のドイツ兵が殺されるたびに50人のギリシャ人を殺して報復。時にはごと焼かれた事もあった。ギリシャ人の抵抗は確かにしかったが、一方で対独協者も存在している。1943年9月イタリアが降すると、イタリアの占領地域にドイツ軍が進駐した。

1944年10月1日ソ連軍の猛攻によりバルカン半島で孤立する事を恐れたドイツ軍アテネより撤退開始。4日にはイギリス軍がギリシャに上陸し、10日後にアテネ解放ギリシャからドイツ軍の姿はくなり、ギリシャ国はそのまま消滅した。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ギリシャ国

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ギリシャ国についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!