ギルバート・デュランダル単語

ギルバートデュランダル
2.8千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

ギルバート・デュランダルとは、機動戦士ガンダムSEED DESTINYに登場するキャラクターである。
CV池田秀一

概要

人種 コーディネイター
生年 C.E.41年11月19日
血液型 AB型
年齢 32歳
身長 183cm
体重 69kg

前大戦で最高評議会議パトリック・ザラが戦死し、代わりに穏健アイリーン・カナーバが議長の座に就いた。しかし連合との間に結ばれたユニウス条約でプラント側に不利な結果をもたらしたため責任を取って辞任。その後に議長の座に就いたのがギルバート・デュランダルである。

ミネルバ艦長タリア・グラディスとは元人の関係。しかし二人の間には遺伝子上の関係で子供が生まれなかった。人口減少に頭を抱えるプラントは子供が生まれないカップル結婚は認めないという婚姻統制を敷いており、タリアデュランダルと別れ、別の男と結婚する事になった。デュランダルは取り乱す事もなくタリアを見送ったが、デュランダルは心の底からタリア愛しおりこの時に味わった失意が彼の理想をませ、後のデスティニープランへと繋がる。元々は遺伝子研究者で、コロニーメンデルで研究に従事していたという。 
この頃からラウ・ル・クルーゼとの親交があったという。

議長として就任した後、アーモリワンの新が奪取されたり、ユニウスセブンの破片が地球に落着したり、それを難癖のように非難する連合が強引に開戦してきたりと矢継ぎに大事が発生する。それに対して冷静かつ速な対応に取り組み、ブレイクザ・ワールドで被災した地球市民に対して即座に援助を開始し、強引に開戦させてきた連合に対しては最低限の防衛戦闘に留めた。またプラントに領土的野心がいという事を示すために大規模な戦を動かす事も控えていた。このような戦争を好まず、人的な支援を行うデュランダルの政策は、当時のロード・ジブリール導の強引なやり口の立った連合との相対的較などもあり、多くの一般市民たちから大いに支持されることになる。

しかしその一方で自分の理想通りにことをる進める為に様々な画策を行っていたと臭わせる描写も随所に存在している。ラクス・クライン替え玉であるミーア・キャンベルの徴用、自身のコンピューターデストロイガンダムデータが映りこんでいる描写、自らの演説諸悪の根源市民に植え付け葬ったロード・ジブリールの死に際に「ありがとう」と意味深な発言をしている等。

そしてジブリールの死後、自分の最終標とも言えるデスティニープランという物を全世界に向けて発表、その導入に乗り出そうとする。このデスティニープラン監督負債を中心とした制作サイドの発言あ曖昧なこともあって詳細はあまりわかっていなかったが、人々が生まれながらに持つ遺伝子情報を解析し、その人に合った役職に就けるようにするという「遺伝子データを基にした全世界規模のハローワーク的な物」という見方が現在視聴者の間で広まっている。これは前述したデュランダル本人がての人であるタリアと、婚約統制から来る遺伝子相性の不一致の所為で別れざるを得なくなったという過去も大きく影しているとされており、そういった点から最初から遺伝子でその人の運命を固定し、争いや不等のい、自分の様にする人と別れなくてはいけないような悲劇もくなるという遺伝子至上義の世界していたのではないかとされている。
このデスティニープラン自体が任意なのか強制なのかすらも本編中ではられていなかったが、仮に強制の場合は例え遺伝子的に優れていないという理由だけで自分の就きたい職、やりたいことが出来なくなるという遺伝子による強制的で統制された自由い管理社会が生まれてしまうという可性もんでいる。
 
このデスティニープラン発表後からデュランダルは今までの平和的なやり口から妙に強引なやり方に走るようになり、その典プラントに大規模な被害を与えた兵器レクイエムを修復し、それをアルザッヘルへと向けるという手段に打って出る。そしてそれに対して抵抗の意を示してきたクラインの残党やオーブとの決戦においてレクイエムの照準を今度はオーブに向けたり、戦闘中ネオジェネシスを味方を巻き込む形で発射するなどした。しかし最終的に敗北レクイエムも破壊され崩れ落ちる要塞メサイアの中で愛しタリアと、デスティニープランの先駆けとも言え、それを否定し自らを撃ったレイ・ザ・バレルと共に爆発の中へと消えていった。

余談

前述したようにミーアの件やレクイエムの件など決して清廉潔とは言い難いデュランダルではあるが、その対抗組織とも言えるオーブクラインの方が寧ろ問題が多い所為で彼の方を一方的悪役に見立てるとどうにも疑問が生じる形に見えるという視聴者も多い。
(というより監督負債による旧作キャラの異様な持ち上げの煽りを喰らっていると言える)

ミーアの徴用に関しては彼自身が彼女具としてしか見ていない節も多々存在しており、実際に本物のラクスが表に出て以降はかなりぞんざいな扱いをするようになっている。が、これに関してもそもそも前大戦から姿をくらまして、戦後のゴタゴタに関する取るべき責任を取らずにいた本物のラクスの所為ということもあり、ミーアの扱いはともかくとして「代理のラクスを用意する」という行為自体は一概に全にだとは言い難い。
(そもそも前大戦の影で精的に参っていたとかならまだしもストライクフリーダムインフィニットジャスティスといった最新鋭MSを始めとする自軍戦を固めるのに奔走していたというのだからますます判断に困ってしまう)

レクイエムの件にしてもデュランダル暴走と取られやすいが、実は連合軍はその直前にアルザッヘル基地から艦隊を発進させていたりする。そもそもジブリールが討たれた跡と言っても、あの時点でプラントはまだ連合とは交戦状態にあり、その相手が軍を動かしたとあっては先に撃って出ると言う行為自体は別におかしい事ではい。
(ただ、それでも自に多大な被害をもたらした悪夢のような兵器をわざわざ修理してまで使って、民に対する説明はどうだったのだとかという問題点もあることは確かだが)

オーブ及びクラインに至ってはそもそも開戦当初はオーブは連合側だったこと、アークエンジェルを始めとした一の再三に渡る妨行動、自軍の兵器やそのデータ盗用ジブリール捕縛の妨やその結果のプラントに対するレクイエムによる大被害と挙げればキリがく、オーブレクイエムの照準に定されるというのは寧ろ当然の話であると言えなくもない。

中世界における黒幕であることには間違いないのだが、それに対する主人公側の組織がそれ以上に胡散臭い所為で、色々と微妙な立場に置かれている難儀なキャラクターであると言えよう。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%A5%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ギルバート・デュランダル

1307 ななしのよっしん
2021/08/19(木) 20:11:19 ID: NDBW18tOLc
プラント穏健政治的に言うと無印終了時点でラクス→カナーバでトップの引き継ぎは了してたからラクスはキラ状態だったのもあって隠居を選んだ
その後ユニウス条約を経てカナーバからバトンを渡されたデュランダルミーアを起用したり、魔女狩り同然にロゴスを狩って地球経済を破壊したり、デスティニープランをぶちあげた挙句大量破壊兵器まで持ち出した、有り体に言えばパトリック同様のタカと化して暴走した
だから隠居してたラクスが表舞台に戻ってきてデュランダル粛清したって筋書きになるのかな
1308 ななしのよっしん
2021/08/19(木) 20:54:22 ID: 0QcRYjgACW
隠居回りはラクス自身も(キラよりはだいぶマシにしろ)精参ってたのはあると思うけど
おおよその流れとしてはそれでいいと思う

最終決戦回りに関しては
「ラクス=プラントが・暴走した独裁者であるデュランダルを討った」という恰好にして
プラント全体ではなく・デュランダルが悪かった」という感じに持って行く為に
ラクスとエターナルという輿が必要だった、というのはあるかもしれない
(でもそんな「後のプラントの為」だけのラクスとエターナルよりも、決戦で敗れたとしてもDP反対の拠点になりうるオーブの方がもっと大切だ、とオーブを狙うレクイエムネオジェネシス破壊を優先させたりもする)
1309 ななしのよっしん
2021/08/19(木) 22:12:44 ID: SUk84DNEr1
>>1307
種時点でラクスは議員でもないし、ザラから政権を奪取したのはヤキン混乱した時に拘束から脱出したカナーバがクーデター起こしたからで、ヤキン終盤からは最初からトップはカナーバ
カナーバは立場としてはあくまで臨時議長で軍縮も飲んだから失脚したが
いた椅子に影それなりに持ってたデュランダルが収まれたって感じかな
1310 ななしのよっしん
2021/08/19(木) 23:13:51 ID: NDBW18tOLc
>>1308 >>1309
なるほど
ソース不明だけどラクスがヤキン戦役後プラントからの招致を断ったって話も聞いたことあるけど
これラクスについていったエターナルクルードムトルーパー隊のことを考えるとラクスがプラントに戻ると悪戯に政情を刺して戦後処理を邪魔しかねないから三隻同盟の後釜にあたるターミナルで彼らを引き取りつつオーブで隠居って流れか?
そりゃデュランダルも全で潰しに行くわ……どこまでターミナルのことを把握してたかはわからないけど、政治的にも軍事的にも気を抜けばすぐ自分が追い落とされかねないわけだから
1311 ななしのよっしん
2021/08/21(土) 01:30:34 ID: SUk84DNEr1
>>1310
ターミナルはラクスが立ち上げた組織ってよりあくまで協者で連合の非戦もいる連中だからオーブが中心の三隻同盟とは全然違う組織
たぶんヤキンで懲りたり、過激派に嫌気が差したりした連中が集まったんだろうな メサイアでの決戦前にエターナルの呼び掛けに呼応して連合の艦艇も集まってたしな
あとシーゲルもカナーバもいない種死ではラクスが表立って頼れる有者いないから、そこら辺の政治は議長が有利
頼みのオーブも終盤でセイラン排除するまでダメだったから、終盤になるまでラクスが本物ってことを示せなかった
ラクスが引っ込んでも議長はミーア使って上手くプロパガンダしてきたしな
1312 ななしのよっしん
2021/08/23(月) 15:17:17 ID: 218SuLMNXc
三隻同盟関係者のうちラクスやアスランといった重要人物はカナーバが追放処分にした(代わりに裏切りについて追求はしない)んじゃなかったっけ
で、その処分を覆してラクスをプラントに呼び戻した(ということにしていた)のが議長
1313 トライデルタ
2021/08/23(月) 22:09:17 ID: 1epZ3oK37E
ラクスはクラインという
名前の強さからオーブ
隠居という逃げを作った

だがデュランダルによって
ミーアという人形が作られた事に
後悔のと彼への隠しきれぬ怒りを
露わにした(小説版より)

自分を味方するラクス役のミーア
あっさり処分するデュランダル
タリアの別れで壊れてる感が・・・
1314 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 17:20:21 ID: 7o/Y0eyLzp
タリアとの間に子供さえできていれば、ああはならなかったと考えると
振られ男の壮大な自棄に世界は付き合わされたことになるのか

シャアもララァが生きてたらあの最期はなかっただろうと思えるし
ガンダム世界の拗らせ男ってやつは……
1315 ななしのよっしん
2021/09/06(月) 18:40:13 ID: CJ5okCCptO
ラスボスじゃないけどビリーも女で闇落ちしてたしな
トランザムバーストで救われたが
1316 ななしのよっしん
2021/09/07(火) 22:29:07 ID: SUk84DNEr1
タリアとの別れが一番の動機で思想の原点だろうけど、行動を起こす最後のひと押しになったのはクルーゼの死だと思う
ああいう形でクルーゼが死んだのをたぶん議長は受け入れがたかった
クルーゼ本人は世界に裏切られ続けたとはいえ同胞たるキラに討たれて満足してたのは、なんとも言えないところだけど