クィディッチ単語

クィディッチ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

クィディッチとは、『ハリー・ポッターシリーズに登場するスポーツである。

概要

魔法使い世界大人気を誇る球技。
サッカー野球など、いわゆる「マグル」が好む球技と似た形だが、最大の特徴は全選手がを駆っていること。

また、スニッチという色の玉を捕まえないと試合が終了しない上、どうリードしていてもスニッチを取られれば負けることが多い(ルールは後述)という、主人公の引き立てにぴったりな特徴も持つ。

ルール

ピッチ

500フィート、横80フィートの楕円形。サッカーピッチが、長さそのままで幅が1/3程度に細くなったようなものである。
を用いて移動を行うが、高さ制限については不明(恐らく限)。

その両端には、やはりサッカーのようにゴールがある。
高さ53フィートの柱が3本並び、その上に直径2フィートの輪がついたものである(映画版やゲーム版ではどう見ても3本とも高さが違うが、あまり重要ではないのだろう)。

フィールドを出てしまった場合は、クアッフル(後述)が敵チームに渡ってしまう。

ボール・用具

ボールは全部で3種類ある。

選手

1チーム7人。2チームで対戦する。

基本的に、シーカーが勝負の行方を左右する。

得点

クアッフルによるゴールで10点、スニッチ獲得で150点を獲得する。

そのため、よほど圧倒的な勝負でい限りスニッチをとった方の勝ちであり、シーカー人気だけが高まりやすい。

作中では、自軍のチェイサーが弱すぎて150点差を付けられてしまい、逆転も出来ないと判断したため、勝手にスニッチを捕まえて潔く自分の手で試合を終わらせたシーカーもいた。

屋外球技の選手のスパイクのように、はクィディッチの試合において最も重要な用具である。
競技に用いられるのは、持ち手やハンドルがついた、掃除にはおよそ向かないデザインの、飛行に特化したである。

ハリーの両親が残した財産の大半を潰しかねない値段の高級ファイアボルト』から、そこらのにも追い抜かれると言うおんぼろシューティングスター』まで、種類は様々。
基本的にを持ったチームの方が良いを用意でき、勝てる。

世界の人気 

アジアを除く世界全ての魔法使い人気だが、描写されている限りではイギリス内が最もチームが多い。

世界の中ではヨーロッパが多く、次いで北でも人気が高い。

アジアでは日本以外にはまともなチームが存在せず、その日本の『トヨハシ・テング』も世界レベルで見ると弱小チームであり、これはアジアでは「飛ぶ魔法絨毯」の方が人気であるからとされている。

関連動画

関連商品

クィディッチだけをゲーム化した作品。

関連コミュニティ

クィディッチに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%82%A3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%81

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クィディッチ

42 ななしのよっしん
2017/04/12(水) 21:24:37 ID: BtYk/X+bDf
まあ、作品全体の雰囲気が変わっていったしね…
43 ななしのよっしん
2017/05/20(土) 21:24:44 ID: HMMrpctbsR
>>36
「〜するだけなのに何で楽しいの?」というだけの難癖はスポーツに限らずあらゆる娯楽に言おうと思えば言える話
それを言われたら「なんで走って球を蹴るだけのスポーツがつまらないと思うの?」と返すだけ
要するにクィディッチが欠陥ルールと言われてる理由とはなんの関係もない
って返すだけだろ
44 ななしのよっしん
2017/10/02(月) 07:27:34 ID: hGZxwrVcr3
逆に言えばこんなルールゲームが何年も大人気なあたりがマグル魔法使いの感覚の最大の違いなんだろうな
仕事柄マグルに詳しくないといけないロン親父ですらあんな感じだし
45 ななしのよっしん
2018/06/10(日) 23:54:02 ID: MkN9B4ppTJ
>>35
なるほど、複数試合やって得失点差で最終的な結果が決まるならクアッフル取る意味もあるか
46 ななしのよっしん
2018/07/31(火) 21:02:47 ID: QkvIA4hMgX
今昔でも、スニッチの獲得で速攻で試合終わったわ!
とか何日も終わらなかったわって言うクソゲー話あったような。
47 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 18:54:30 ID: YZ3rXn2Ba1
今ならでも日本代表選手になれる可性あるってよ
2年後の世界大会へ向けて

https://twitter.com/quidditch_japanexit
48 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 18:58:47 ID: IrrISvBN3R
>>47
どういうこっちゃと思ったらフットサルクィディッチにしたのか・・・。
49 ななしのよっしん
2018/12/04(火) 19:03:11 ID: IrrISvBN3R
>>46
何日もかけてやっと終わったって話なら原作のスニッチの説明辺りでやってた気がする。
50 ななしのよっしん
2019/02/28(木) 12:37:03 ID: sweH8cOL6x
金玉関係なしに制限時間を設ける
金玉の点を下げる(せいぜい3050点くらい)
せめてこれくらいすればまだ戦略性が出そうなのにな
まあ突っ込みどころ満載だったからこそ長くになってるんだろうけど
51 ななしのよっしん
2019/07/30(火) 01:30:42 ID: K6jYs+gWJJ
現実世界クィディッチ
チーム男女混合の7人編成でチェイサー3、ビーター2、キーパー1、シーカー1
ボールはクアッフル1、ブラジャー3、スニッチ1
チェイサーがフープにクアッフルを通すと10点
・ビーターが投げたブラジャーに当たった場合自のフープに戻ってタッチしなければならない(ノックアウトという)
シーカーがスニッチを取ると30点が入ってゲーム終了
・スニッチはどちらのチームにも属さない人間タグに付けて逃げ、シーカーに取られないようにする
・飛べるわけではないがにまたがってプレイする、またその関係上基本的にクアッフルブラジャーは片手で扱う(クアッフルブラジャーは適度に空気を抜いてあるため片手でも扱えるようになっている)