クェス・パラヤ単語

クェスパラヤ

クェス・パラヤとは、「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場するニュータイプ少女である。

CV川村万梨阿

概要なんか、落ちちゃえー!

外交官アデナウアー・パラヤのであり、高いニュータイプを持った少女
自分のことを構わずに愛人を作っている父親を不快に思う一方で、自分に優しくしてくれる父親が欲しく、自分のことをめてくれたシャア・アズナブルに答えてネオジオンに入隊した。なお、この際「クェス・エア」という偽名を用いている。

ストーリー中盤にて、シャアの期待に応えるためにヤクト・ドーガで出初陣たるルナツーでは自らが攻撃した巡洋艦ブリッジ・アデナウアーが乗っていたことに気付かないまま父親を手にかける。

その後はαアジールに搭乗、ギュネイとの連携でアムロを追い詰めた。ギュネイをアムロに撃破された後は、ジェガンに乗って説得に来たハサウェイと言い合いになり、チェーンの駆るリ・ガズィグレネードからハサウェイって死亡した。

小説『ベルトーチカチルドレン』では死因が変わっている。アムロを殺そうとしたクェスは、ハサウェイが搭乗したジェガンビーム・ライフルの一射がαアジールのコクピットたまたま直撃した為、クェスは死亡している。この設定を踏まえた続編「閃光のハサウェイ」では、ハサウェイの夢の中に登場し、彼を苦しめることになる…

また、これと対照的であるのが富野監督提供プロットに基づいて製作された「GUNDAM EVOLVE」である。こちらでは逆にαアジールの機掃射によってハサウェイの搭乗するジェガンを撃墜してしまい、昂。抑えにかかったνガンダムを駆るアムロすら怯ませるが、戦闘中ニュータイプハサウェイ生存を知ったことで、憑きものが落ちたかのように前向きで素直な少女となった。

ニコニコ動画では、その容姿(青髪ツインテール)から一部のユーザーから(ネタ的な意味で)初音ミクなどと呼ばれている。

外部展開をやったの!?

スーパーロボット大戦シリーズに度々登場。「逆襲のシャア」の原作再現がなされていると新生ネオジオン所属の敵パイロットになるが、原作再現がされていない作品では何故かアムロクワトロの説得により味方になることがある。
パイロットとしてのそれなりだが、専用のヤクト・ドーガを持ち込んで加入するので、当時後半で息切れすることの非常に多かったZガンダムの代わりにカミーユヤクト・ドーガをあてがうプレイヤーが多く、機体当てで説得をこなされるケースが頻発した。
ただし、一部作品では代償にジェガン棄することになる。クェスく「まだあんなダッサイ機体使ってたの!?」とのこと。後年のジェガン生機群を見たらどう思うのだろうか…。
なお、「スーパーロボット大戦D」のみ、「新生ネオジオンが最初から自軍の中核を為す(しかも正義側)」という強if展開のおかげで、ネオジオン所属だが最初から最後まで味方として戦える。男主人公であるジョシュアと親しくなるギュネイに対して、クェスは女主人公であるリムと親しくなる。ただしどちらかというとリム以上に、KYな発言でハマーン様にすらケンカを売るクェスと、空気読みながらフォローに回りまくるギュネイとのコンビの方が立っている。

ガンダムvsガンダム NEXT」では、CPU専用機であるαアジールに乗って参戦。登場時に「クェス・エア」の偽名で出撃するレア台詞がある。対MA武装のあるウイングガンダムゼロ(EW版)などを除く多くの機体にとって、高耐久で貼りついてくるファンネルアシストのギュネイ、食らうと痛い口からのメガ粒子砲などを使いこなす強敵である。

Another Century's Episode 3」にも登場。敵として専用ヤクト・ドーガαアジールに搭乗するが、条件を満たすとヤクト・ドーガに乗ってプレイヤー使用が可になる。コンビネーションアタックとしてギュネイやシャアとの同時ファンネル攻撃の他、シンシア・レーン(OVERMANキングゲイナー)、アネモネ(交響詩篇エウレカセブン)とのクロスオーバー合体攻撃が用意されている。「消えてなくなっちゃえ!!」で3人の台詞ハモる見栄えのする技だが、3人って性格が少々アレなので、プレイヤー間では「ハイパーヤンデレコンボ」だの「ドキッ!マジキチだらけの合体攻撃」だの言われ放題である。好戦的だけど較的マシシンシア風評被害っぽいのは多分気のせい

アーケードカードゲームガンダム トライエイジ」では、高パイロットカード排出だけでなく、「GUNDAM EVOLVE」を下敷きにしたif展開ミッションが用意されている。ハサウェイの説得に応じたことで、クェスはアムロハサウェイと行動を共にしており、自チームアムロの駆るνガンダムとクェスの駆るαアジールの両方を同時に敵に回すことになってしまう。
また、「シャア地球降下に成功したら」というif展開もあり、こちらではαアジールの地上対応機であるディガンマアジールシャアが乗っているため、なんとクェスがサザビーに乗って現れる。

関連動画のコメントはイヤ!ずうずうしいから!

編集者!アンタちょっとせこいよ!

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%A4

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クェス・パラヤ

99 ななしのよっしん
2018/12/01(土) 22:18:43 ID: R4N6QhhJaG
めて来たら応えなきゃいけない義務もないんだがな
合致する相手に出会えなかっただけだ
100 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 10:20:17 ID: Tkk599YR7Y
出会って数日のの他人にそこまでしてやらなきゃ大人失格なら大人じゃなくていいわ
クェスって孤児でもなくただのだし
親元に返せば終わるだけの話
まぁあとで自分で父親殺して孤児になってたけど

しかしめて考えると
父親いるのに別の父親欲しいとかすげー贅沢な事要してたんだなこのクソガキ
101 ななしのよっしん
2018/12/05(水) 10:37:19 ID: JgIjHmVBw6
カミーユの「は両親に親をやって欲しかったんですよ」と似たような印
102 ななしのよっしん
2018/12/21(金) 22:18:01 ID: A8Ww8NhR0L
キャラだったな。
相手が大人ほど相手にされないガキを見事に体現していた。
富野監督は女に恨みでもあるのかねってぐらいクソな女を描くのが上手。
103 ななしのよっしん
2019/01/04(金) 20:31:27 ID: xuVCQjCPvH
>>101
実際、カミーユを意識して創られたキャラだからね。
家族が育児放棄して、親父不倫している辺りも一緒だし。

でも、カミーユにはファっていう幼馴染ブレーキ役が居てくれたけど、
クェスはそういったの外の逃げ場すらかった不幸
104 ななしのよっしん
2019/01/13(日) 20:34:13 ID: iO6sCd8laW
プルみたいな見たで「子供」ってことがすぐ分かるキャラならここまでかれなかったと思うわ
105 ななしのよっしん
2019/02/22(金) 07:27:24 ID: zwLK7QGbUq
複雑な環境で育った迷惑自己中ニュータイプ子供…ってとこまではアムロカミーユと似てる。
ただ周りの大人から「頼られて」でなく「利用されて」戦場に出てしまったせいで、精的な成長もなく死んでしまった。
ニュータイプでも分かりあおうという気持ちがなけりゃ相互理解なんてできないんですよっていう製作者の意図が伝わるキャラ
106 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 03:34:13 ID: iOsjaA0vMb
>>104
見たじゃなくて攻撃性の発露のしかたでしょ
プルは「バカバカガノタなんてキライ!」って泣きわめくだけでウザい反面かわいいと思う事も可な幼い攻撃性
クェスは「ガノタは◯◯なんだ!だから嫌い!」と理屈を捏ねてくる小賢しい攻撃性
前者は大半の人が子供だねぇで済ませられる
後者は相当な余裕がないと
107 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 03:48:32 ID: iOsjaA0vMb
ちなみにこのクェスのパターンにさらに暴力が乗っかってくるのがカミーユ
当然大半の大人は腫れ物扱いかウォンさんのようにさらなる暴力で抑え込むしかできない
黙って殴られてやりながらなんとか導こうとしたクワトロは実はかなり大人な対応
そこまでした結果があの結末ではシャアが「もういいや人間なんてだわ」ってなるのもまぁ仕方がないかな…
108 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 20:42:53 ID: /Pc/0YemU0
アムロシャアもお互い向かい合っている間は言いたい放題だけど、クェスに二人とも何もしてやれてない現実が二人の情けなさを浮かび上がらせて、最終的にお互いの器の小ささに気づくっていうすごく意地の悪い構図

急上昇ワード