クオリア単語

クオリア
  • 8
  • 0pt
掲示板へ

クオリアとは、言葉にできないアレである。

曖昧さ回避
  1. クオリア - UVERworldによる劇場版ガンダム00エンディングテーマ
  2. クオリア - オワタP作曲VOCALOIDオリジナル曲
  3. QUALIA - ソニー2003年から2005年にかけて展開していたオーディオビジュアル機器のブランド

概要

赤色に見えていますね?

クオリアとは、あなたが感じたこの「さの感じ」のことである。
あなたの周りに人がいれば、その人にも尋ねてみよう。当然、赤色に見えていると答えるはずである。
ではこの「さ」、あなたとその人とで同じものを感じているであろうか。
――確かめることは出来ないことに気づいただろう。

赤色をキャッチした眼はにそのような信号を送り、はそれを分析して赤色であると判断している。しかし、が受け取ったのは「赤色である」という信号であり、「さ」そのものではない。クオリアはこの意味であなたの心や意識の中にだけ現れる知覚現であり、他人がそれを観察することが不可能な何かである。あなたにく見えているものが、私に「あなたにとっての青色に見えているとしても気が付かない。

色や形、音、匂い、味、触った感触、痛み、動画が始まる前のワクワク、あの人を見ているドキドキ。このようなあらゆる「感じ」がクオリアである。ひいては「生きている」という実感全てとも言えるかもしれない。

クオリアが科学的に説明がつくものなのかどうかは未だにはっきりしていない上、そもそも科学で取り扱うべきかどうかにさえ争いがある。クオリアを広めた哲学デイヴィッド・チャーマーズは、この問題を哲学科学を横断する「意識のハードプロレム」と呼んだ。

思考実験

  • 生まれてが開く前の赤ちゃんに手術を施し、視神経を上下逆につなげたとしてみよう。その子にとっての世界は物が「下」から「上」へ落ちる場所である。しかし彼はその「下」が上であり、「上」が下であると周りから学習するであろう。あなたのクオリアと彼のクオリアは違うものだが、それは傍に見ても分からない。
  • コウモリは口から超音波を出し、その反音によって周りの地形を把握している。では、コウモリはその反音をどのように感じているのだろう。彼は地形を「聞いて」いるのだろうか、「見て」いるのだろうか。もしかすると全く何も感じていないのだろうか。
  • 「クオリアなぞは所詮細胞々に見せている幻影である」というもできる(というか、機械的な物理法則を前提に人間を考えるとそうとしか考えられない)。では、「私はクオリアを感じている」ということを何故私たちは認知できるのだろう。「さ」というクオリアが物理でない幻影だとすれば、何故その幻影を物理機構であるが感知できるのか。幻影を見せる細胞の動きを監視する細胞が更にあるのだろうか。いったい何のために? 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 8
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クオリア

71 ななしのよっしん
2017/06/19(月) 14:33:55 ID: 9W2ZTp5JTh
『「4つの」以外は存在しないこの世界で“客観測”ができない』≒『物理科学的な“もの”ではない』というのはそうだとしても、そのクオリアの“処理”は何某かの“負担”をこの世界にかけているんじゃないだろうか。

もしそうではないなら、クオリア発生機(巨大で複雑な有機体の人口,発生感情や思考自体は意味,刺は適度に与える)とかを創って、“限”にクオリアを発生させても、この世界はそれを“処理”しきる、という事になる。
少なくともそれで“処理落ち”や“バグ”を発生させないなら『4つの』の領域は、“情報”ではなく“実体”だという裏付けができる。…か?

いやできないか。この世がシュミレーターの様な世界だと仮定したとしても、既に“スパコン”を数台内包しても破綻してない世界だもんな。
72 ななしのよっしん
2017/06/19(月) 14:39:12 ID: 9W2ZTp5JTh
哲学的ゾンビの代表例って『夢で会話する登場人物』だと思うけど、モブではない複雑な登場人物を多く出現させる夢を見ている時、がより多くの糖質を消費していたりしたら、取っ掛かりになるんだけどね。
構造上、登場人物の分のクオリアも、1つので処理してたって事になるから。

73 ななしのよっしん
2017/11/15(水) 11:27:47 ID: dnvw90D9sW
>>71
BALDR SKYみたいだぁ……
74 ななしのよっしん
2018/01/18(木) 18:38:26 ID: 0GiFToj7Vq
経験に由来する意識の判断と遺伝子で設定されている感覚器官との機
結局は物理的な理屈で働いているけど意識の領分だから説明しづらいのだと思う
影絵の影ばかり見てどうこう考えて、本体のほうを見てないようなもので

>>71
虚像がいくら増えても質量は増えないし重力にも間にも影がないように
間が回路で質量は情報量で重力は処理の重さと考えたら、限に増えても影はないはず
質量増えすぎると事の地面みたいに「応答なし」になるし
75 ななしのよっしん
2018/05/09(水) 11:39:53 ID: ktm8S4vwws
>>69
クオリア」って何が問題なのかよくわかんなかったけど結局は「ジブンと感じているような主観とはなにか」に帰結するってことでいいのかな?
よく「い」という質を感じるのはなぜかとか言われるけどを認識させているとしか思わない。だもんで全然理解できなかった。
問題としているのは「い」と今感じているモノが何なんなのかって話で、それは「と感じている自分」となりではジブンという主観はなんなのかってことでよろしいのかね?

仮にすべての事把握できるラプラス悪魔が存在すると仮定して、その分析を分析したら全ての感覚を分析可でしょう。
でも対主観を持たない哲学的ゾンビなのか、今このコメントを見ているあなたのように主観を持っているのかは、絶対にわかりません。というのがクオリアをもって提起している問題ってことなのかねぇ。

それだと「主観」とはなにかの一言で済む話で「の質」の話とかは余計にややこしてくしているような気がするんだがやっぱり自分の認識が間違ってるんかね?
76 ななしのよっしん
2018/05/09(水) 11:59:55 ID: NA3jqxBqRL
主観(意識)とは何かってずいぶん広い問いだなおい。主観って曖昧だよね。人それぞれだから。
いやそれだけじゃない!クオリア問題的な意味でも曖昧だ、っていう位置づけにあるのがクオリア問題よ。
伝わるかな?意識とは何かの下位問題がクオリア問題。意識を記述しないことには意識を解明できないよね。
じゃあある人の意識と他の人の意識の相同性はどう明されるの?AがだBもだと言ったから意識内容は
同じなの?違うよね。言葉が同じだけだよね。脳科学的に分析しても同じことだよね。言葉に過ぎないから。
77 ななしのよっしん
2018/08/15(水) 13:50:35 ID: M9X5HNik5F
は情熱的な色、暖色、警色、人間にとってに付きやすい色
間にはこの色のは認識しやすいため警告として高層建築物などに取り付けられたり、高速で遠ざかる恒星はこの色に偏していくなど様々な評価値がある
これらは物質的に存在する人体器官があるから認識できるものであり、意識としては別のものを認識してるはずなんだよな
人間自体が哲学的ゾンビなんじゃないの?色盲でもない限りみんなして違うXXとして意識してるんだし
78 ななしのよっしん
2018/08/29(水) 20:33:17 ID: I1t09erpkV
マジックフルーツを噛んだ後のレモンの味とか、色盲とか、沙耶の唄とか、現実創作の中にも例えとして使えるものはあると思うんだよね
79 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 13:18:54 ID: 61JD1ziQbG
そもそもいか以前に他人は視覚を視覚として感じているのだろうか
本当は色を聞いていてそれを視覚と認識してるのかもしれないし匂いを味わっていてそれを嗅覚と認識してるのかもしれない
あるいは自分には感じたことのないような未知の感覚で物事を認識しているかもしれない
80 ななしのよっしん
2019/01/24(木) 22:47:51 ID: Fzl/tn3Bfb
>>79
その「感じ」をクオリアと言うのだよ

急上昇ワード