クオリア単語

クオリア
  • 14
  • 0pt
掲示板へ

クオリアとは、言葉にできないアレである。

曖昧さ回避
  1. クオリア - UVERworldによる劇場版ガンダム00エンディングテーマ
  2. クオリア - オワタP作曲VOCALOIDオリジナル曲
  3. QUALIA - ソニー2003年から2005年にかけて展開していたオーディオビジュアル機器のブランド

概要

赤色に見えていますね?

クオリアとは、あなたが感じたこの「さの感じ」のことである。
あなたの周りに人がいれば、その人にも尋ねてみよう。当然、赤色に見えていると答えるはずである。
ではこの「さ」、あなたとその人とで同じものを感じているであろうか。
――確かめることは出来ないことに気づいただろう。

赤色をキャッチした眼はにそのような信号を送り、はそれを分析して赤色であると判断している。しかし、が受け取ったのは「赤色である」という信号であり、「さ」そのものではない。クオリアはこの意味であなたの心や意識の中にだけ現れる知覚現であり、他人がそれを観察することが不可能な何かである。あなたにく見えているものが、私に「あなたにとっての青色に見えているとしても気が付かない。

色や形、音、匂い、味、触った感触、痛み、動画が始まる前のワクワク、あの人を見ているドキドキ。このようなあらゆる「感じ」がクオリアである。ひいては「生きている」という実感全てとも言えるかもしれない。

クオリアが科学的に説明がつくものなのかどうかは未だにはっきりしていない上、そもそも科学で取り扱うべきかどうかにさえ争いがある。クオリアを広めた哲学デイヴィッド・チャーマーズは、この問題を哲学科学を横断する「意識のハードプロレム」と呼んだ。

思考実験

  • 生まれてが開く前の赤ちゃんに手術を施し、視神経を上下逆につなげたとしてみよう。その子にとっての世界は物が「下」から「上」へ落ちる場所である。しかし彼はその「下」が上であり、「上」が下であると周りから学習するであろう。あなたのクオリアと彼のクオリアは違うものだが、それは傍に見ても分からない。
  • コウモリは口から超音波を出し、その反音によって周りの地形を把握している。では、コウモリはその反音をどのように感じているのだろう。彼は地形を「聞いて」いるのだろうか、「見て」いるのだろうか。もしかすると全く何も感じていないのだろうか。
  • 「クオリアなぞは所詮細胞々に見せている幻影である」というもできる(というか、機械的な物理法則を前提に人間を考えるとそうとしか考えられない)。では、「私はクオリアを感じている」ということを何故私たちは認知できるのだろう。「さ」というクオリアが物理でない幻影だとすれば、何故その幻影を物理機構であるが感知できるのか。幻影を見せる細胞の動きを監視する細胞が更にあるのだろうか。いったい何のために? 

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 14
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クオリア

103 ななしのよっしん
2021/04/09(金) 23:33:49 ID: lBfMgG3ff+
さんざん言われてるように「クオリア」の定義次第だろう
哲学者や哲学ファンが想定して議論しているクオリアはたいていの場合科学的にデータ化できるものじゃない反面、神経科学者や脳科学者が想定して解析しているクオリアデータ化も行われている

そりゃつまり哲学系が何かを間違えているか、それとも哲学系と科学者が同じ言葉で全く別の現しているかだ
哲学系と数学者が同じ「不完全性定理」という言葉を使っていても、その言葉でしている概念が全く異なるのと同じようなもの
104 ななしのよっしん
2021/05/16(日) 13:16:54 ID: Fzl/tn3Bfb
>>103
なんだかナンセンスな回答じゃないか?
「定義によって変わる」と言うくらいなら、どの定義だとこうなるとか、具体的に説明するべきだろう
105 ななしのよっしん
2021/05/18(火) 23:51:49 ID: lBfMgG3ff+
もう少し具体的に説明するなら
の半分を機械にしたら生身と機械クオリアを共有可?→「クオリア」は神経科学では計測可概念生理)だが哲学ではそうじゃないので、その問いへの結論も大きく食い違う

まだ具体的じゃないとかナンセンスだと思うなら、ウィキペ見てくれ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%A2exit
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB%E3%81%AE%E4%B8%8D%E5%AE%8C%E5%85%A8%E6%80%A7%E5%AE%9A%E7%90%86exit

これでまだ不足ならウィキペの出典に使われている論文や学術資料を直接読んでもらう、クオリアを計測してもらう、くらいしかないな
106 ななしのよっしん
2021/05/21(金) 17:34:12 ID: 43yn6G2Vrv
>>105の記事をまとめると
クオリア神経科学データクオリアデータ)として計測可
○事例:神経科学・計算神経科学・精医学・医工学などでは、クオリアクオリア間)は幾何学的に測定されて「神経生理学的データ」となっている。
神経科学・医工学神経波などを解析した結果、「クオリアは高確率で局所的皮質ネットワーク内における情報処理の結果である」。

の半分を機械化したらクオリアがどうなるかを神経科学的に考えるなら、
機械化済みクオリア実験機器で計測して解析しない限り、特に何も分からないということでは。
107 ななしのよっしん
2021/05/24(月) 20:42:21 ID: Fzl/tn3Bfb
>>106
何も分からないということはないだろう
それでは何も考えていないのと同じだ

例えば自分のみそを半分機械化したらどうなるか、想像してみてはどうか
108 ななしのよっしん
2021/05/25(火) 18:09:07 ID: LHpmhYV1bd
(こいつ多分本読む気も勉強する気もないな・・・)
109 ななしのよっしん
2021/05/26(水) 21:38:17 ID: lBfMgG3ff+
>>107
いやSFじゃあるまいし、単に考えたり想像してたら科学的解明は何もないって
神経活動を調べるのが神経科学的に考えることなわけだから

クオリア科学的に定義することは不可能」(>>87
クオリアは観測できないんだよ、“絶対に”ね」(>>89
科学データとして観測はされずとも、その存在に疑いの余地はない」(>>98
2020年ID: Fzl/tn3Bfbは考えたり想像したりしていた

一方で科学では、遅くとも2009年神経科学者トノーニたちがクオリアを観測・解析しデータ化していた
神経科学者とかによるクオリア研究は今も続いていて、だったら神経科学的にクオリアを考えるにはクオリアを観測・解析するのが合理的だろう
110 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 18:32:42 ID: Fzl/tn3Bfb
>>109
じゃあみその半分を機械化できるのか?
それが実際に出来ないのであれば、結果がどうなるかは考えるほかないだろうが

>>102の問題提起に対して、ですらもっとマシな考えを述べることができるぞ
それこそ“神経科学的な観点”からな

神経活動を調べるのが神経科学的に考えることなわけだから
「考える」ということと「調べる」ということは全然違う
111 ななしのよっしん
2021/05/30(日) 18:36:57 ID: EFNyP0FhuD
ミソの信号をAIで解析する技術ができつつあるからあとは他人のミソと繋ぐだけだろう
信号のやり取りが薄い間は別のは他人だろうけど連携が密になればなるほど自分の一部として感じられるんじゃなかろうか
112 ななしのよっしん
2021/05/31(月) 22:34:33 ID: lBfMgG3ff+
>>110
https://kotobank.jp/word/%E8%AA%BF%E3%81%B9%E3%82%8Bexit
>【調べる】 わからないことや不確かなことを、いろいろな方法で確かめる。調する。研究する。

神経活動を調べる」というのは「神経活動をいろいろな方法で確かめる」「神経活動を調する」「神経活動を研究する」といった意味です

「調べる」が不適切だと思うなら「神経活動を観測・解析する」と言い換えてもいいです。
神経科学的にクオリアを考えるにはクオリアを観測・解析するのが合理的だろう、ということです