クトゥルフ単語

クトゥルフ
5.5千文字の記事
  • 34
  • 0pt
掲示板へ

クトゥルフ(Cthulhu)とは、クトゥルフ神話に登場する神話生物の名称である。「クトゥルー」とも呼ばれる。

クトゥルフの日本における表記

クトゥルフとは

クトゥルフ
画像をプルプルにするソフトを
使ったらSAN値が減少したexit_nicovideo

「クトゥルフ」神話神話体系の名称に冠せられるほど代表的な性。その名前は本来人間には発音不能な呼称を便宜的に表記したものであるため、英語でもCathulu, Kutulu, Q'thulu, Thu Thu, Thuluなど複数のりが存在する。軟体動物モチーフとされており、のような頭部、蝙蝠のような数の触腕と巨大な鉤のある手足を持っている。

太古の昔、クトゥルフとその属の住まいである古代都市ルルイエ海底に沈み、クトゥルフは深き眠りにつくこととなった。(による変地異や、地球規模の地殻変動によるものとも、旧神による封印とも言われている)

の位置がい、旧支配者復活の条件が迫るとルルイエはふたたび上に姿を現し、同時にクトゥルーの思念波が世界中を満たし、悪夢や怪事、暴動が頻発すると伝えられている。「クトゥルフの呼び声」では、19253月1日地震と共に悪夢秘密教団の蠢動が始まり、3月23日ルルイエが上に姿を現している。

普段はに遮られているが、時折クトゥルフの思念波を受けて悪夢を見たり、精錯乱する者もいる。さらに、の変化や地殻変動によりルルイエが浮上すると、クトゥルーの思念波が全世界に伝播され、感受性の高い人間は精に深刻なを受け、悪夢にうなされたり、精が崩壊したり、最悪自殺することもある。

――それらは一時的な浮上にすぎず、数日でまた海底へと沈むのだが、ルルイエが全に浮上するとどうなるのかというと……端的に言えば人類が終わる。(その辺りはロバート・ブロック著「アーカム計画」に描かれている。ルルイエ浮上状態では「時は止まり、死が死に絶える」らしい)

H.P.ラヴクラフト著「クトゥルフの呼び声」にて初めて登場し、属である深きものどもに崇拝されている様は、「インスマウスを覆う影」でみることができる。

ダーレス以降の体系化における位置づけ

オーガスト・ダーレスの体系づけにおいては、旧支配者の一柱で、「」を徴し、「」の徴であるハスターとは対立するものとされた。また、旧神によってルルイエごと地殻の下に封印されたとされている。

か昔、宇宙遥か彼方より属達と地球に飛来したのちに太平洋大陸を住処として、そこに自らの都市となるルルイエを建築しようとした。しかしそれよりも更に昔から地球を住処としていた古のもの達と遭遇し、地球の支配権を争う大規模な戦争が起こった。長い戦いの果てに古のもの達との停戦協定を結び戦争は終わりを告げた。その後長い年の間クトゥルフ達の下が訪れた――と記されている。

その他クトゥルフに関して

クトゥルフは印的なモチーフとしてよく彫像などで現されるようにを持つタコ頭の姿をしているが、その実、不定形の姿をした伸縮自在の存在であり、触手は何メートルも伸ばすことができるだろう。

クトゥルフの眠るルルイエには多くのクトゥルフの眷属が眠っており、クトゥルフはそれらの王であり、導者であり、祭である。クトゥルフが覚めたとき、それらも覚めることになるだろう。それらの属に関しては”族”の項で記すこととする。

クトゥルフは惑星ゾスからやってきたといわれ、そのには配偶者であるイダ=ヤアアがいるとされる。クトゥルフはゾスでゾス三といわれるガタノソアイソグサゾス=オムモグクティーラを産み出し、他の数多の属とともに地球に飛来したとされている。また、クトゥルフの配偶者はほかにもスクタイカソグサがおり、カソグサヌクトルーヌクト―サを産み出したというが、詳しくは”クトゥルフの血縁”を参照されたし。

クトゥルフに対しての崇拝は広く知られ、旧支配者のなかでの知名度はトップクラスと言ってよいだろう。さまざまな部族がクトゥルフを信仰しており、辺や辺の近くの村々で崇拝されているという。特にイヌイットやルイジアナなどでの信仰が確認されている。

古くからの信仰はクトゥルフ自体の名称に多くの変化を生み出し、数多の名前を持つものになったという。

黄昏教団」はクトゥルフとヨグ=ソトースを崇拝しているしい教団の例である。

関連用語

ふんぐるい むぐるうなふ くとぅるう るるいえ うがふなぐる ふたぐん
Ph'nglui mglw'nafh Cthulhu R'lyeh wgah'nagl fhtagn
――「死せるクトゥルー、ルルイエの館にて、見るままに待ちいたり」 の意味

いあ!いあ!くとぅるふ ふたぐん!
Ia! Ia! Cthulhu fhtagn!
――クトゥルフを讃えるときに使われる言葉

窓に!窓に!
The window! The window!
――H.P.ラヴクラフト著「ダゴン」 より、主人公の失踪を遂げた際に残した言葉

眷属

属には「右腕」のムナガラー(M'nagalah)、”なる”ダゴン(Dagon)、”なる”ハイドラ(Hydra)、生物深きものども(Deep Ones)」などがいる。他にもガタノトアを代表としたゾスの三呼ばれる存在などを子に持つ。

クトゥルフの血縁

登場作品

化身

クトゥルフ神話TRPGで、クトゥルフの化身として設定されているものを記載する。うち二つはTRPGオリジナル、もう一つは神話外の小説から取り入れられたものである

イオシアム社の「マレウスモンストロルム ハロウィーンモンスターコンテスト」(2004年開催) 1位入賞作 → 告知ページexit & 結果発表ページexit
作者ブルース・L.プリディ(Bruce L. Priddy)。なお大賞はチャド・J. ボウザーの「蒼白の踊り手」。

ホホジロザメの先祖であるメガロドンなどに似ているが大きさは優にその倍はある存在である。つまり40メートルほどの大きさがあるということか。ほぇ~。
常に空腹で、常に怒りに満ちているという。そんなに怒って何をしている。

この存在は『ポナペ経典 (Ponape Scripture)』によって示唆されているがクトゥルフの化身だという。

深きものはこの存在を召喚することができるといわれるが制御することができないため、恐ろしい結末を迎えることになるという。深きものを与える人間に対して対抗するために召喚され、海岸にあるや大を襲うといわれている。
この存在はポリネシアハワイで知られ、様々な名前で呼ばれてるという。かつては恐怖として人身御供が行なわれ、その怒りを鎮める儀式を行っていたという。また、深きものに信仰されている。

  • ビーモス(B'Moth)〈むさぼるもの〉

この化身についてはあまり知られていない(だって登場小説が一つしかないし)が黄色のような姿をしているという。上記の二つ名魔導書怪物とその属 (Monstres and Their Kynde)』に載っているという設定。

アフリカや南などに住む原始的な民族によって崇拝され、文明の破壊と自然への回帰をめているという。そのときにはワニサメに生贄をげているという。ビーモスは果たしてそんなことを望むのだろうか。

この化身は物理的に行動するわけではなく、テレパシーを通して顕現する存在である。そしてや沼の近くにいるとよりそのを受け、動物人間の心を読んで支配するという。そのは徐々に進行し不明確なとして現われることだろう。

下記登場作品は、クトゥルフ神話とは関係のホラー小説だが、ロバート・M・ライス編の短編集『Tales of the Lovecraft Mythos』exit_nicoichiba(未訳、1992年)に収録されたことで神話体系に関連付けられることになった。TRPGでクトゥルフの化身とされた経緯はよく分からない。

登場作品:『The Scourge of B'Moth』-バートラム・ラッセル

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

クトゥルフ神話関連項目
旧支配者 クトゥルフ | ハスター | クトゥグア | ツァトゥグア | ダゴン | アトラク=ナクア | ロイガーとツァール
外なる神 アザトース | ヨグ=ソトース | シュブ=ニグラス | ナイアルラトホテップ
旧神 ノーデンス | バステト | ヴォルヴァドス | ヒュプノス
その他種族 イスの大いなる種族 | 古のもの | ミ=ゴ | イタカ | ティンダロスの猟犬 | シャンタク鳥バイアクヘー | 深きものども | ショゴス | ナイトゴーント | ムーンビースト
地名 アーカム | ミスカトニック大学 | インスマウス | ルルイエ | ダンウィッチ | 狂気山脈 | ン・カイ | ユゴス | ン・ガイ |カダス | レン高原 | ハイパーリア |
魔導書 ネクロノミコン | エイボンの書 | 衣の王 | 屍食教典儀 | クタアト | セラエノ断章 | ナコト写本 | 名祭書 | 妖秘密 | ルルイエ異本
アイテム エルダーサイン | アルハザードのランプ | トラペゾヘドロン |
クトゥルフ神話作品 (アーカムハウス関連など、一般に神話作品と認められているもの)
クトゥルフ神話の世界観・設定などを取り入れている作品 (商業作品など、オリジナル作品)

五十音(ここに記載されていない作品は、随時追加または掲示板に追加依頼の書き込みをお願いします)

劇中で固有名詞が使われている等、クトゥルフ神話の影響がみられる作品 (商業作品など、オリジナル作品)

五十音(ここに記載されていない作品は、随時追加または掲示板に追加依頼の書き込みをお願いします)

ニコニコ動画における二次創作などの作品

【スポンサーリンク】

  • 34
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%83%95
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クトゥルフ

415 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 01:53:26 ID: brMqoznzNv
クトゥルフ関連が急上昇に浮上してるけど人類でも滅ぶの?
416 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 01:54:31 ID: ut3xgAli/6
ルルイエが浮上しない限りヘーキヘーキ
417 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 02:30:28 ID: TAih/xtdwu
最初のが書かれた時代はまだ2次大戦前だからねぇ
核兵器とかかった時代には倒すこと不可能として描写されていたものが、核撃ち込みまくればなんとかなりそうに思えてしまうかもしれない。逆に言うと核の実用化がこの手の「倒せないモンスター」の戦闘を大幅に引き上げた

>>409
神話の方のスレにも書いたけど、ヒロイックファンタジーの祖であるコナンクトゥルフ神話群のひとつとして始まっていて、だから初期のファンタジーには意外とクトゥルフ系の多いんだよね。今でも多いけど、多分今の人が思っている以上に
418 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 03:01:09 ID: YN20gmF47K
いや多少ははうけているだろうけど、別にコナンクトゥルフ神話が起点となってる!!!は妄言だわ
執筆された年代だとクトゥルフ神話とかそういうのは形になってないからね?

というかペガーナとかより古い先人の著作とかがあるわけで
419 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 16:07:03 ID: z03OL+mXA4
コナン原作者のハワードは、ラヴクラフト大親友で、コナンも元々は彼との交流の中で作られたキャラクター
なので、クトゥルフ神話を受けたというより、友のラブクラフトを受けたというのが正しいし、ハワードラブクラフトに多大な(生き死にレベルで)を与えている

元々緩いシェアードワールドでやってたコズミックホラーダーレスが「クトゥルフ神話」というまとめに仕立て上げたのは2人の死後の話なので、「コナンシリーズクトゥルフ神話を起点としてる」は間違いで、「クトゥルフ神話コナンシリーズを起点のひとつとしてる」がより正確だとおもう
420 ななしのよっしん
2021/05/22(土) 20:08:58 ID: 3gKngr24Yl
もっと広く深く考えようとするなら、
ラヴクラフト作品やクトゥルフ神話やペガーナ々やコナンシリーズゴシックロマンスを起点(のひとつ)としてる」
だと思う

クトゥルフ系と呼ばれている物事のかなりの部分は、むしろゴシック系じゃないかな
ラヴクラフト自身がゴシックロマンスの評論も書いていたし
421 ななしのよっしん
2021/06/09(水) 09:47:28 ID: iA4pUZ9nw6
ちょっと古いけど

クトゥルフ神話に出てくるような禍々しい太古クリーチャーが発見され「ソラシナクトゥルフ」の名がつけられる
https://news.nicovideo.jp/watch/nw5144417exit_niconews
422 ななしのよっしん
2021/06/13(日) 02:52:43 ID: bICulRudpk
>>417
なんかコナンの姿を見るとSAN値がすごく回復しそうな気がするw

別にコナン俺たちの味方とは限らんが、仮に敵でもジョジョでいう「スタンド攻撃を受けているッ!」みたいな気分だ。
423 ななしのよっしん
2021/12/23(木) 09:04:23 ID: EMK/wkvcxG
パルプマガジンって今の日本の雑誌 マンガ雑誌の質感とも
違うの?
424 ななしのよっしん
2022/05/06(金) 00:12:58 ID: /+wNIoY9kV
よく使われる「いあいあ」の呪文は、ハワイ語のI'a(fish、魚介類,生き物)が由来だったりするのかな
やたらとハワイ語で’が使われてて、なんとなくクトゥルフっぽいなあと思ったんだけど……