クハンダ単語

クハンダ
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

クハンダとは、聖徳太子が予言したとされる滅亡をもたらすもの、だそうだ。

概要

2019年4月30日から5月1日にかけての頭と人間の体が融合した姿をした「クハンダ」が出現し、日本列島を滅亡させると聖徳太子が予言していた……」という噂が、2019年4月頃にSNS上で出回った。

これはオカルトサイトTOCANA」に2018年2月7日に掲載された記事、「【聖徳太子の恐るべき予言】2019年4月30日に『クハンダ』の来襲で東京が八つ裂きに!?exit」という記事が流行元のようだ。寄稿者はオカルトライターじゅりこ」氏。

TOCANA」のサイト名の由来は「ホントカナ?」であり、「科学的な妥当性だけを重視する一辺倒な報道ではなく、知的好奇心を刺することを的としています」と言しているサイトなので、オカルトとして笑って楽しむべき記事であって本気に受け取る必要はない。

ちなみに「じゅりこ」氏は2015年にも同じ「TOCANA」に「2016年に東京壊滅、人類滅亡!? 封印された「聖徳太子の予言」に戦慄!exit」という記事を寄稿していた。もちろん大外れ。

「クハンダ」の名称や「の頭と人間の体が融合した」といった外見の由来は不明。人身頭で描かれることもある仏教の護法)のクバンダ(荼)か。あるいは近世に登場した妖怪伝承「件」(くだんの体と人間の顔の怪物)か。

ウェブサイト「超常現象の謎解き」による解説

さらに、この「聖徳太子」「クハンダ」々という話については、2016年ウェブサイト超常現象の謎解きexit」において丁寧にネタ元の調・解説がなされている。

この記事によれば「クハンダの予言」の出典は、書籍『ノストラダムスの大予言』で大外れの予言解釈を広めたことで有名な人物「五島勉」氏の書籍『聖徳太子未来記」の秘予言』であるらしい。

そしてこの『聖徳太子未来記」の秘予言』は聖徳太子の手によるとされる書物『大成経』や、聖徳太子研究の「白石重」氏の著書『聖徳太子』を元にしたと五島勉氏はしているらしい。

だが、この「超常現象解き」の運営者「本城達也」氏が検証したところ、「クハンダ」が登場する部分は『大成経』や、白石重氏の『聖徳太子』には記述がかった。つまりおそらく五島勉氏による創作であろうと結論している。

さらに言えば『大成経』は江戸時代に作られた偽書であるとして専門間で一致しているという。

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クハンダ

1 ななしのよっしん
2019/11/02(土) 06:10:42 ID: MXs5x+nwSE
クハンダキタンダ