編集  

クラップ単語

クラップ

クラップとは、

1.手拍子のこと(clap)
2.アニメ機動戦士ガンダムシリーズに登場する架の艦艇または艦級。

本記事では2について解説する。

概要

初登場は「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」。開発・運用は地球連邦軍。初期はロンド・ベルなどの最前線部隊に配置されていたようだが、のちには広範に行き渡っていることが確認できる。

艦種・名称

アレキサンドリア級と並び、重巡洋艦とされる。サラミス級の搭載機数が3機であるため、これをえる搭載機数を誇る巡洋艦は全て重巡洋艦の区分が与えられたのかもしれない。

名称の由来は不明。英語clapは「(手を)く」などを意味するが、関連性はあまり見出せない。姉妹艦は初期においてはラーの定冠詞(?)が与えられているが、これもラー・カイラムと同様に不明な点が多い。

建艦までの経緯

一年戦争においてとして活躍したサラミス巡洋艦ではあったが、もともとMS専用艦ではなかったため使い勝手が悪く、ビンソン計画による修を経てもなお運用ではジオン軍の艦艇に劣っていた。そこで、後継艦として連邦軍初のMS専用艦アレキサンドリアペガサス級であると言う説もある)が0083年に工する。しかし、アレキサンドリアデラーズ紛争を機に結成された連邦軍内の一閥であるティターンズにほぼ独占的に配備され、一般部隊への配備は大幅に遅れる事態となってしまう。また、このころに開発されたサラミス級は小で搭載数も少数ではあったが、整備は専用艦に劣らないモノになっており、前線部隊の不満はある程度和らいでしまっていた。最終的に、ティターンズは0088年のメールシュトローム作戦において壊滅。ここにおいてアレキサンドリア級も大量に沈没し、事実上次期巡洋艦争いから脱落する。

アレキサンドリア級によるサラミス級の更新はならなかった。しかし、この時代の艦艇の発達そのものは覚ましく、ネオジオン軍ではエンドラのようなムサイの発展にまでミノフスキークラフトを装備させ戦不足の連邦軍を圧倒している。これを単艦で打ち破ったエゥーゴネェル・アーガマの存在もあり、連邦軍も次期艦として計画されていたラー・カイラムの建艦を本格化。同時に、最新鋭艦であるラー・カイラムサラミスが随伴することは性上難しいと判断され、新しい巡洋艦の開発が始まった。これがクラップである。

性能

起工はヴィックウェリントン社。同社はラー・カイラムの設計も手掛けており、このため同級とは設計・装備で共通点が多い。

全長は292メートル。全幅は133メートル。全長は487メートルラー・カイラムべると三分の二程度だが、全幅はラー・カイラム165メートルとそれ程の違いはない。前級のアレキサンドリアは全長・全幅共に不明だが、全長はおおよぞ340メートルと推測されるため、恐竜的な進化が進んだ戦艦べてやや巡洋艦は控えめかむしろ小化傾向にあったようだ。

は連装メガ粒子砲2基。これはアレキサンドリアの4基とべても後退している。ただし、戦艦であるラー・カイラムと共通であるため口径や威では上であった可性もある。また、ラー・カイラムも旧来の戦艦べて対艦火力は抑制されており、この時代に至りようやくMS体の運用思想が固まったとも取れる。

の数は不明。ラー・カイラムと配置場所が似ているため、と同様に同のモノが配置されたものと思われる。

ミサイルランチャーは6基。こちらもラー・カイラムに準じているが、どちらかと言うと連邦軍艦艇では標準的な装備である。

エンジンは2基。船体とべてかなりの大であることが特徴であり、2基とも艦本体よりも横幅では勝っている。配置はアレキサンドリアから(正確にはムサイから)続く両舷独立タイプであり、連邦の船体組み込み式はここで途絶えたと言ってよい。このエンジン完成度が高かったようで、ネェル・アーガマ装時にこちらに換えている。

船体下部には放熱フィンが装備されている。MSの冷却に用いられるもので、この時代では標準装備となりつつあった(それまではサラミスのように船体を駄に膨らませて対処していた)。

MS搭載数は常用6機(露つなぎ止めをすれば12基説もあり)。サラミスの倍ではあるが、アレキサンドリアの二分の一である。ただ、これはカタパルトの数を1基に削減した影であるようだ。アレキサンドリアは上下両用のカタパルト・格納庫を装備していた。この設計は搭載機数では有利であるが、反面大気圏内での使用を考慮しておらず汎用性には欠けていた。クラップは将来的に(実際は0100年代に)ミノフスキークラフトを装備することを前提に開発されており、搭載機数の低下にはを瞑る変わりに汎用性を選択したのである。また、実質的に艦であったアレキサンドリアと違い、クラップはあくまで補助艦艇としての開発だったことも影があるのだろう。

前述のようにラー・カイラムの簡易縮小版と言った艦である。船連邦軍艦艇としてはしくエンジンの影もあり横長。また、カタパルトと格納庫の位置の影か、二段式の船体構造も特徴的である。

実戦と評価

ラー・カイラムの補助艦艇として設計された艦ではあったが、優れた生産性もあり数の上では圧倒的にラー・カイラムを上回っていたようだ。0093年の第二次ネオジオン抗争の時点で、既に数艘の本級が確認できる。実戦においてはネームシップクラップブリッジを破壊されながらも果敢に反撃、対クェス・パラヤヤクト・ドーガの右腕を損傷させ生還。応急措置を受けたあと、そのまま戦場に復帰すると言う打たれ強さも見せている。

第一線部隊に配備されたため損も多く、小説版の逆襲のシャアではラー・カイラムに随伴した全ての本級が沈。ラプラス戦争においても二艘が撃沈されている。

姉妹艦

その後

高性かつ高い生産性を誇っていた本級であったが、第二次ネオジオン抗争終結後は平和な時代が続いた影もあり、建艦数は伸び悩んだようだ。最終的にサラミス全に更新するまでには至らず本級も旧式化。としてスペース・アーク級が登場するも、マイナーチェンジであることは否めず、その後のコスモバビニア紛争やザンスカール戦争においても苦戦を強いられることとなった。

もっとも、サラミスは残存したものの、さすがに第一線部隊での使用は不可能となっており、多くは警備艦や雑役艦となったことも確認でき、艦隊巡洋艦として更新することには成功したと思われる。また、だったラー・カイラム級よりは低劣度紛争にも使いやすい艦であり、0123年以降のMSの小化もあり新機は優先的に対応できる本級に配備されている。

その他よもやま

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

クラップに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97
ページ番号: 5247364 リビジョン番号: 2156348
読み:クラップ
初版作成日: 14/07/06 20:58 ◆ 最終更新日: 15/02/05 00:48
編集内容についての説明/コメント: スペース・アーク追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クラップについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2016/03/12(土) 01:54:56 ID: t1lTrQU7St
名前の由来、イギリス海軍式命名法でいうと、ABCのCの単(3番の重巡、など)をつけたって妄想できるかな
軍艦作りすぎて名前が足りなくなっちゃったイギリスには、変な名前の艦がいっぱい居たんだ。
連邦宇宙艦から水上艦まで大量の軍艦を抱えているし。

まあ、この命名規則だと、本来は後の同艦もCの単が続くんだけど・・・
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス