クリストフ・フォン・バーゼル単語

クリストフフォンバーゼル
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

クリストフ・フォン・バーゼルとは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

CV.中田浩二(石黒監督OVA)。

概要

外伝「汚名」に登場するゴールデンバウム朝銀河帝国の軍人・企業経営者。階級は退役中将。妻としてヨハンナがいる。帝国486年当時に60歳前後。両眼と皮膚に英気と活を充溢させた、軍人としても企業人としても有能行動的な人物。

帝国軍の高級士官として務めるいっぽう、ひそかに帝国軍内におけるサイオキシン麻薬流通組織の頭として活動し、多くの兵士たちを犠牲として私利を得ていた。しかしついには、旧友ミヒャエル・ジギスムント・フォン・カイザーリングの手により摘発されることとなった。

経歴

帝国446年、士官学校卒業したばかりの若きクリストフ・フォン・バーゼルは、同期ミヒャエル・ジギスムント・フォン・カイザーリングとともに訪れた歓楽衛星ロイツナの地で、ヨハンナという美しい女性と出会う。やがてカイザーリングはヨハンナに婚したが、ヨハンナはそれを断ってバーゼルの妻となった。

その後のバーゼル帝国軍で閲歴を重ねたが、そのあいだに彼は帝国軍内におけるサイオキシン麻薬の密造密売に手を染め、兵士たちを麻薬におとしいれて大な利益を得る、大規模な非合法組織の長となりおおせた。いっぽうで的にも50代後半までに少将へと昇進し、同様に中将となったカイザーリングが率いる艦隊で後方主任参謀を務めることとなる。

この後方主任参謀在任時、彼はサイオキシン麻薬保持の疑いで参考人として憲兵隊に召喚され、カイザーリングの言によって放免された。そして一ヶの後、引き続きカイザーリング艦隊補給部門の責任者として臨んだ483年のアルレスハイム会戦で、カイザーリング艦隊は一部の艦が命に従わずに暴走したあげく潰乱するという悲惨な大敗を喫する。艦隊内でサイオキシン麻薬が気化して流れだし、兵士たちが急性の中毒状態におちいったことが、暴走惨事の原因であった。

しかし、結局バーゼル麻薬犯罪が露見することはなかった。ヨハンナをいまだするカイザーリングが、愛したひとの名誉を護るために軍事裁判の場で沈黙を守り通したのである。カイザーリングは少将に降等のうえ期退役となった。そしてバーゼル486年末までに中将に昇進して退役し、退役後にはある間輸送会社の経営に名前をつらねるようになる。

「汚名」

486年末、バーゼルは久方ぶりに懐かしのクロイツナカイザーリングと旧交を温めることとなった。だがその直前、悪事を知る者がいる、今のうちに手を引けば直には知らせない、という匿名メッセージを受け取ったバーゼルは、これを旧友カイザーリングからの脅迫とみなす。そしてクロイツナ舞台麻薬者の兵士たちを手足として用い、カイザーリングや休暇中に偶然介入したジークフリード・キルヒアイス中佐への襲撃を繰り広げることとなるのである。

バーゼルはすべての経緯を知ったキルヒアイスに糾弾されても悪びれもしなかったが、襲撃犯から自供をえた現地の治安責任ホフマン警視殺人教唆の容疑で検束に現れると観念した姿勢をみせた。そして最後にと妻ヨハンナへの通話をもとめ、拠書類の焼却処分を示する。だが、彼の最後の企みは失敗に終わった。ヨハンナは夫への問罪に協する権利は自分にはないと示を実行しようとしたが、そこにカイザーリングが現れ、ヨハンナを射殺して拠書類を救ったのだった。

人物

年若いキルヒアイスに対しては、そのラインハルトをさりげなく冷笑し、に優越感をにじませるような高慢なところがあった。しかし、糾弾に訪れたキルヒアイスを重厚沈着な態度ででむかえた姿には、悪徳にみちたバーゼルとは正反対の人物であるキルヒアイスでさえも、虚勢であったとしても相応の器量と貫が感じられることを認めざるをえなかった。

そのキルヒアイスに対してもまず買収を試み、私利のために兵士を犠牲にしたという糾弾に対し然と人間に食われるために存在するのであって、人間を食うために生きてはいない」してみせ、匿名メッセージが実は妻ヨハンナからだったと知っても「かつてカイザーリングをふった負い」と解してキルヒアイスを憤させている。かくのごとく自己の行為を全に正当化し、弁明や自己保身の言も悪びれるようすすらもなく、終始冷然と自らの悪徳を誇る姿は、悪人や陰謀にはことかかない「銀河英雄伝説」全体を見据えてなお、その「大悪党ぶり」にかけては屈といえる。

カイザーリングに対する友情がいかなるものだったかは定かではないが、頼んでもいないのに敗戦の大罪を引き受けてバーゼルに大恩を着せたアルレスハイム会戦の件を「よけいなお世話」とり、その時代錯誤的ですらある高潔さを古くからうっとうしく思っていたかのようなそぶりだった。しかし最後には、そうした自らの高潔さが度しがたいナルシシズムとなって多くの人々を犠牲にしたことに気づいたカイザーリング自身の手によって、バーゼルの悪事は抹消されることをまぬがれたのである。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クリストフ・フォン・バーゼル

1 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 06:47:47 ID: mDb3tX78AA
ここまで開き直れるのはある意味凄い
2 ななしのよっしん
2021/04/11(日) 12:02:53 ID: 8zWj7HUPUB
「あなたはそんな考えしかできないのか!」
「だから現在まで生きてこられた」

キルヒアイスとのこのやり取りが印
3 ななしのよっしん
2021/04/12(月) 08:59:14 ID: mDb3tX78AA
同盟と帝国が密やかに協して麻薬組織摘発したこともあったとか噂があったが、麻薬組織も同盟と帝国にまたがってたという可性はないだろうか

イゼルローン要塞コリンズ大佐ヤク中に人質に取られた事件を読み返してふとそんなことを思った
4 ななしのよっしん
2021/04/14(水) 19:30:54 ID: sVqwyRwwxB
バーゼル中将銀英伝でもっとも内面に「美」というものを持ち合わせない人物だったと思う。
ブラウンシュヴァイクフレーゲル男爵、救軍事会議や憂騎士団といった手合いにすら主観的には持ち合わせていた「尊厳」とか「美意識」もない、ただただ邪悪な私利私欲だけで生きてきた人物だな。
5 ななしのよっしん
2021/04/14(水) 19:49:09 ID: mDb3tX78AA
そう考えると…ヨハンナさんはバーゼルのどういうところを愛したんだろう?
6 ななしのよっしん
2021/04/14(水) 21:39:43 ID: WH61RWqNKV
サイオキシン麻薬の記事が作られたのかと思いきや……