クルシュ・カルステン単語

クルシュカルステン

クルシュ・カルステンとはライトノベルRe:ゼロから始める異世界生活」に登場するキャラクターである。

キャラクターボイス井口裕香

概要

年齢:20歳  身長168センチ 体重:課せられた責任や重圧よりは軽い

深緑背中ん中ほどまで伸ばし、ひとつに束ねた々しい女性。ルグニカ王の名カルステンの当であり、ルグニカ王の王選補者のひとりでもある。実、実直、正――およそ、それらの言葉を体現したような性格の持ち

普段から軍服を着るなど男装をすることも多いが、有事の際は女性らしいドレスを着ることもある。一の騎士であるフェリックス・アーガイル(通称:フェリス)とは立場をえた友人の関係ではある。また、ルグニカ王の第四王子であるフーリエ・ルグニカとは督を受け継ぐ前からの付き合いであり、王位をすようになったのは彼の影も大きい。

劇中での活躍

第3章

王位補者の一人として登場。エミリア営とはエリオール大森の魔鉱石の発掘権をかけて協関係になる。(後者に関してはレムを通じて秘密裏に行われていた。)また、エミリアと決別した後のスバルが、自身のゲートの治療のため居することになる。

死に戻りを通じてメイザース領の危機を知ったスバルと、討伐の名誉をめていたクルシュの間で利が一致し、前述の発掘権を含めて同盟関係になり、討伐後には、フェリスを含め生き残った自身の私兵の半分を貸し出すなど、深い信頼関係が生まれた。

能力

風見の加護

を読む性質と、のようにに見えないものを見る性質を併せ持つ加護彼女はその加護を通して他者の感情の向きを読むことが可で、詳細を読み解くことはできずとも『』を言った、という事実を隠すことはできない。ただし、フェリスとフーリエに関しては、それぞれの性格から『』を見抜くことはできない。

百人一太刀

属性魔法と自身の技により、に見えないで視認範囲をぶった切る級の技。や大といった強大な魔獣にも有効である。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クルシュ・カルステン

1 ななしのよっしん
2016/09/28(水) 18:32:50 ID: rPDgPVdXhf
作成乙

どんな酷い体験をしても気高さは変わらない
本当にカッコいい女傑だよね
2 ななしのよっしん
2016/10/05(水) 08:56:25 ID: soKINN2Cnf
web版5章も読んだけどクルシュ営の不運ぷりはヤバい
クルシュは暴食に次いで色欲に蝕まれ、ヴィル爺は討伐したけど家族との未だに溝が埋まらず、フェリスは得意の回復魔法魔女教との相性の悪さでに嘆いて色々とボロボロだ…でも逆に言えばココまで弱体化していないと他の特にエミリア営に勝機はなかったとも捉えられる。
3 ななしのよっしん
2016/11/02(水) 10:27:05 ID: suZz4pEDYv
切断された腕は結局そのままなんだろうか?
後の話に片腕という描写がいから分からんがさすがにフェリスでも腕を生やすのは理だろうし
4 ななしのよっしん
2016/11/03(木) 08:40:58 ID: rPDgPVdXhf
>>3
フェリスがを尽くして元通りに治したようだ
確か作者がそのように質問に返答してた
5 ななしのよっしん
2016/11/11(金) 07:46:58 ID: MoXDTzt6st
>>3
>>4

書籍9巻でも書いてあったよ。
6 ななしのよっしん
2017/03/24(金) 22:47:58 ID: g3vTxUwnl1
勤勉で聡明で博識で尚且つ々しく気品がありされどもどことなく抜けている可らしさも兼ね備えた美しいクルシュ様からの慈を授かる事こそが、私の夢であり希望であり標であるのです。このような女神の理想像をそのまま反映したような素晴らしい方こそが、報われるべきであり幸せになる権利があるのです。
7 ななしのよっしん
2018/12/30(日) 01:14:40 ID: GZ78U8YbT0
クルシュ営には幸せになって欲しい…
アニメ見直すたびに井口さんが声優なの忘れてて、あとからキャスト見て驚いてるw
8 ななしのよっしん
2019/05/02(木) 07:44:50 ID: Utcxxl3lg1
スロットリゼロを初めて知ったけど、クルシュのはまんま艦これ天龍だったな。
何か聞いたことあるだと思って調べてみたら同じ人だった。