クレオパトラ単語

クレオパトラ

クレオパトラとは、古代ギリシャおよび古代エジプトプトレマイオス女性王族の名前。何代にも渡って使われ、その中でも最後の女王となったクレオパトラ7世が特に有名。

また、現代でもこの名前を持つ女性は存在している。

この記事ではクレオパトラ7世について解説する。

曖昧さ回避
  1. クレオパトラ(お笑い芸人) - 日本お笑い芸人該当記事参照

古代エジプト最後の王となったプトレマイオス最後の女王。一般には絶世の美女として知られ、また、ローマ帝国の支配者たちとの悲物語もよく知られている。

概要

クレオパトラ7世(前69~前30)とは、アレクサンダー大王の東征ののちにその配下プトレマイオスによって開かれたプトレマイオスの末裔。プトレマイオス12世クレオパトラ5世との間に生まれた。が1名、が2名、が1名存在している。

プトレマイオス朝の混乱

古代エジプトは非常に豊かな国家である。ナイルがもたらす生産などに支えられ、エジプトに蓄えられた財宝はすさまじいものであったといわれる。しかし、その反面、政治は決して安定したものではなかった。

クレオパトラが生まれたプトレマイオス王位継承権を王女結婚したものが持つという決まりがあり、王子たちは、もしくは結婚して共同統治者となりエジプトを支配していた。クレオパトラの両親もまた兄妹、もしくは姉弟近親婚である。しかし、この政治体制は骨肉の争いが絶えず、クレオパトラのも争い、を殺すという事態にまで陥っている。

の死後、クレオパトラは女王に就任するが、共同統治者としてプトレマイオス13世とやはり近親婚をしている。しかし、この共同統治者で夫でプトレマイオス13世とは相性が悪かったのか、クーデターによりクレオパトラは追放されてしまう。

ユリウス・カエサルの介入とロマンス

追放されてしまったクレオパトラは逆転を狙って当時地中海世界覇者となっていた古代ローマ帝国ユリウス・カエサルジュリアスシーザー)に接近する。このとき、クレオパトラは寝具(あるいはじゅうたん)に自分の体を包ませ、カエサルに近づいたとされている。

この大胆なアプローチカエサルは心惹かれたのか、クレオパトラを愛人とし、プトレマイオス13世を除き彼女エジプトの支配者へと返り咲かせた。

また、この時期にクレオパトラはカエサルとの間に男の子を授かり、カエサリオンシーザリオン)と名付けている。クレオパトラはそれまで後継者たる男子のいなかったカエサルの後継ぎとしてカエサリオンを押していたといわれている。しかし、カエサルは自らの後継者を大甥のオクタヴィアヌスに定めており、カエサリオンが後継者となることはなかった。

ローマに戻り、凱旋式を挙げるカエサルに従ってクレオパトラもカエサリオンを連れてローマに赴く。この凱旋式ではプトレマイオス13世の協者となってローマと戦ったクレオパトラの戦利品として引き回されている。大ローマの支配者カエサル護とエジプトの富を併せ持ったクレオパトラはまさに幸せの絶頂であったと思われるが、世の中はそうはうまくはいかない。カエサルの独裁に不満を募らせていた元老院議員たちによってカエサルローマで暗殺されてしまうのである。護者を失ったクレオパトラは逃げるかのようにエジプトに戻っている。

アントニウスとのロマンス

カエサル死後の混乱を収めるために、ローマから東方派遣されてきたのが元はカエサルの部下で、今は第2回三頭政治の一となったアントニウスである。アントニウスは東方での混乱を収めたのち、クレオパトラと面会。その虜になってしまったといわれ、その後親密な関係となる。

アントニウスはそのままエジプトを中心に東方にとどまり、クレオパトラとの間に3名の子供まで作ってしまう。そしてアルメニア遠征に成功すると首都ローマではなくエジプトアレクサンドリアで凱旋式を行い、また、「亡骸はエジプトに埋めてくれ」という遺言書が暴露されたことにより、「クレオパトラに抜きにされた」とローマから大きな批判を浴びることになる。

クレオパトラとプトレマイオス朝の最期

アントニウスの凋落を見たオクタヴィアヌスアントニウス、および彼を抜きにしたクレオパトラとの決戦を決意する。この戦いはローマ内の内戦ではなく、ローマエジプトという構図になっていた。

アントニウスとクレオパトラはアクティウムの戦においてオクタヴィアヌスに敗れた。この戦いではクレオパトラがっ先に戦線から離脱し、それを追ってアントニウスも離脱して官不在になってしまうという大失態を犯している。

エジプトに逃げ帰ったクレオパトラだが、アントニウスが「クレオパトラ死亡」という誤報で後追い自殺をしてしまうという更なる悲劇に襲われる。エジプトまで追撃してきたオクタヴィアヌスを前に、最アントニウスに死なれたのがショックだったのか、あるいはかつてののようにローマ戦利品として見世物にされるのが耐えられなかったのか、彼女アントニウスの後を追って自死を選んだ。その死はにかまれてのものだったとも言われている。

彼女の死後、エジプトを征したオクタヴィアヌスによってカエサリオンも殺され、ここにプトレマイオスは断絶した。以降のエジプトローマ皇帝の直轄地として存続していくことになる。

評価

絶世の美女であり、ローマの支配者たちを手玉にとってエジプト女王に返り咲いたりするなどの知略も併せ持っていたのは間違いない。才色兼備であることはカエサルにも認められている。

しかし、その一方でアントニウスの行動が本ローマにどう映っているのかなどを制御できないなどの失点も見られる。アクティウムの戦での痛恨の敗北も間違いなく彼女責任は逃れられない。

後世ではその美貌とやかだが悲劇的な人生創作の対となり、シェイクスピアなどもクレオパトラを題材にした作品を作っている。また、「もしクレオパトラの鼻があと1センチ低ければ世界歴史は変わっていた」などの言葉も作られた。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%A9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クレオパトラ

20 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 09:42:23 ID: t6OuwmpGJ9
>>19
当時の文化準で、クレオパトラ7世が『異なる文化への理解に乏しい』とは断定出来ないので、具体的に摘して貰えれば何よりだ(ローマ人の持という文化を蔑ろにしてアントニウスのエジプト趣味を煽動したにせよ、彼による政略的判断の要素が大きいだろう)。
諸言を駆使する段階で、広義ではそれが存在する事にもなる。
そうしたにも関わらず、自自民族を相対的に称揚する為の材料として貶める様だと、狭義の理解が問われる訳だが。
方や、プトレマイオスエジプト晩パックス・ロマーナにみ込まれる運命にあったと思う。
諸葛亮でもの頽勢を挽回出来なかった様な物で、故に一流到達未遂扱いは出来ないだろう(最期は、姜維並の大博打に失敗した感があるが)。
21 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 16:12:46 ID: 5YWabaqILE
>>20
カエサル死んだ後に即逃げないで、オクタヴィアヌスが帰ってくるまでカエサリオンと一緒にローマに留またり、
凱旋式をアレキサンドリアで開かせたり、
オクタヴィアヌスとの戦闘時に、アントニウスと一緒に兵士が苦しんでいる中で盛りしたりとかは、
ローマ的な価値観に理解がなかったんじゃないかな。

もちろん、どれも他の理由があったんだろうけど、もう少しローマ的な価値観を理解して配慮していれば、
少なくとも、ローマエジプトって構図にはならずに最後まで、
ローマ内の内戦って形にはなれたんだと思う。


あと、一流に達していないとは言っていない
一流になれなかった一流の人だ。
22 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 18:01:04 ID: t6OuwmpGJ9
>>21
一流到達未遂』の積もりが、肝心の一字が抜けてしまった。
ローマ文化への(狭義の)理解」よりは、政治及び外交的センスの通用限度を認識している。
カエサルの暗殺後、直ちにカエサリオン共々エジプトに帰したそうだ。
しかし、カエサルが余命を全うし(彼の後継者は養子のアウグストゥスながら)カエサリオンも後見して貰うという、宛が外れた事になる。
ポンペイウスに始まり、次々とローマの権者の愛人に収まる中で初めてけた子だが、プトレマイオス15世としてローマとの関係こそ誇示出来たにせよ、義との関係の悪化により得失があった。
最後の愛人たるアントニウスは、勢圏に相応しい東方専制君志向の一環として、クレオパトラ経由でエジプトの権威を欲したかも知れない。
アクティウム戦での敵前逃亡等は、ローマ的な尚武にる物だったにせよ、そもそも戦前エジプト国王駆逐した以上はローマ流を尊重すべきだったかも。
カエサルの死後は、摘の通り?「西方ローマVS東方ローマ」の構図で中立を保つべ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
23 ななしのよっしん
2019/01/25(金) 19:34:16 ID: YI7HUB0Bf6
結局、ローマに従ってれば安泰だったのを博打に手を出して、潰したバカ女で十分。
そもそも、アントニウスもあほだったんだけどね。
それにしても、クレオパトラ馬鹿だが、それ以上に男運ゼロだな
カエサルは暗殺されるし、アントニウスは脳筋でやりちんばかの


逆にヘロデ大王の方が賢明、自分の政権を維持する為ならば、逆らった息子然と粛清する位しないとね
24 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 01:54:28 ID: 5YWabaqILE
博打に負けたのは事実だが十分に勝てる博打だったんで博打に手を出したのが間違いとまでは言えん。

なにせ、オクタヴィアヌスと戦う時に変に口出ししないでアントニウスの望み通りに陸戦で戦えば多分勝ててたし、
アクティウムの戦で逃げないか、アントニウスが追っかけて来なければ、どっちが勝つか解らなかったわけだし。


あと、クレオパトラと身内粛清しまくってるぞ。
特には、一旦助命されたのをワザワザおねだりして殺して貰ってる。
25 ななしのよっしん
2019/01/26(土) 18:24:25 ID: YI7HUB0Bf6
戦を知らないくせに口出しした時点で、不味いだろう。
それにアントニウスは軍団長レベルの才だから、長期的には勝てないんじゃない
しかも、ビッチを追いかけたかすだからな
26 ななしのよっしん
2019/02/03(日) 05:34:16 ID: 5YWabaqILE
アントニウスは軍事の才しかなかったから、クレオパトラからみたら手を組むのに適してたんだよ。

カエサルオクタヴィアヌスは十分な政治を備えてるから、
ぶっちゃけクレオパトラは必要ないが、
アントニウスが覇権をとるにはクレオパトラの政才が必要。

んで、政治担当のクレオパトラ軍事担当のアントニウスに注文付けるのは仕方ない。
なにせ、戦略的にみればアントニウス営が圧倒してたし、
陸戦で勝ってもオクタヴィアヌス側の軍戦が生きてたら、
逃げて立て直されて戦争が長期化してしまう。

とはいえ、アクティウムの戦はフォローできないけどな!
27 ななしのよっしん
2019/02/27(水) 15:53:33 ID: xDZCMRdExx
アントニウスにしたってクレオパトラにしたって極端に無能な訳でも無知な訳でもないだろうけど
この二人の最大の見せ場はローマを相手にしてのやらかし祭りだし
あんましフォロー入れてもな気もする
を滅ぼした名君ってのもいないだろうし
28 ななしのよっしん
2019/05/23(木) 21:28:16 ID: vyVJImenbu
実は石像だけ見ればクレオパトラ二世の方が好み
29 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 04:00:48 ID: U+BeiHo7VV
当時のプトレマイオスエジプトの支配階級は間違いなく生ギリシャ系。
共和制ローマエジプト遠征は、ローマvsギリシャでもあった

急上昇ワード