クロアチア独立国単語

クロアチアドクリツコク
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

クロアチア独立国とは、1941年4月10日から1945年5月8日にかけて実在した枢軸国である。

概要

建国まで

元々クロアチアは、ユーゴスラビアに属する自治州の一つに過ぎなかった。ユーゴスラビア内にはセルビア人、クロアチア人、スロベニア人がいたが、セルビア人優位の政治を敷いていたためクロアチア人が反発。セルビア人とクロアチア人との間に不和が生じ、対立を深めていた。加えて1928年に生起した議会発事件などを契機に、クロアチア独立高に叫ばれるようになる。翌1929年には独立を掲げる民族政党ウスタシャ(起する者という意)が結党し、独立の気運が高まっていく。中央政府行政区革や新憲法の制定を行ってクロアチア人の不満を抑えようと試みたが、かえって中央集権を招いて不満を爆発させてしまう。

両者の対立を憂慮した政府1939年に、内の一部をクロアチア自治州にして事態の収拾を図った。こうしてクロアチア人直轄の土地が誕生したが、対立問題は一向に解決しなかった。ユーゴスラビアから半独立状態となったクロアチア自治州は、勢いを伸ばしていたナチスドイツに接近。枢軸国との関係強化を務めた。やがて第二次世界大戦が勃発。ハンガリールーマニア等が枢軸営に入り、周囲を枢軸国で囲まれたユーゴスラビアは難しい取りを強いられた。表向きは日独軍事同盟に加入し、親独を謳ったが民の反発を招いた。そこへイギリス支援を受けたクーデターが発生し、反独政権が立。これに激怒したドイツは1941年4月6日ユーゴラビアに侵攻、これに呼応するかのように内のクロアチア自治領も起。ドイツ軍電撃的侵攻によりユーゴスラビア軍は降伏。4月10日にザグレブへドイツ軍が進行してくると、即座に「クロアチア独立国」の建が宣言された。首都起した町のザグレブに定された。

導者は弁護士アンテ・パヴェリッチ博士。彼は前々からクロアチア独立を訴え、ユーゴスラビア政府の打倒を標榜に掲げていた事から、危険人物として外追放された。クロアチア独立国誕生前からイタリアハンガリー支援を受け、テロ活動を実施。1920年代からセルビア絶滅腹案を温めていた。アンテ博士首相として就任し、イタリアの王族であるトミスラ2世を招いて国王に即位させた。しかしこれは形式上のもので、実権は全てアンテ博士にあった(そもそもトミスラ2世はクロアチア独立国に来た事すらない)。建宣言から5日後の4月15日アンテ博士がザグレブに到着。さっそく組閣に着手した。4月30日籍法を採択。クロアチア人以外は籍にされ、スポーツ映画などの娯楽を禁じられた。

クロアチア独立国

黎明期

ユーゴスラビアは枢軸軍に敗北し、占領下に置かれた。土はクロアチア独立国、ブルガリアハンガリールーマニアによって切り取られている。元々のクロアチア自治州に加え、ボスニア全土とセルビアの一部を獲得したクロアチア独立国は確固たる地位を築く。そしてその頂点には導者のアンテ博士が就いた。政治体制はナチスドイツを参考にし、単一政党による独裁政治を実施。ウスタシャ以外の政党は解体された。しかし彼らの前身はテロ組織だったため、国家運営のノウハウは全く持っていなかった。党員のバラバラで、このままでは空中分解しかねない状況であった。とりあえず先の標として掲げたのが、異教徒の排除。テロ組織ウスタシャはカトリック教の影を色濃く受けており、思想統一のためにも異教徒狩りは格好のお題だった。標的にされたのはセルビア人、ロマ人、共産主義者、ユダヤ人たちで彼らを収容するために絶滅収容所を各所に設置。収容所の設置は、あのナチスよりもかった。その総数は約70ヶ所に及ぶという。一方でカトリック教会からは職者が提供され、ウスタシャの幹部党員になって基盤の薄い政党を支えた。

イギリスに亡命したユーゴ国王セルビア人は、独立に対しレジスタンス行為を行って抵抗を開始。特にドラザ・ミハイビッチ大佐率いるレジスタンス組織チェトニクは々に活動を開始し、ドイツ軍と交戦。森林や山間部を奪取している。

1941年6月15日、日独軍事同盟に参加。大日本帝國とも関係を持つ。続いて日独防共協定にも参加。ナチス傀儡の印が強いものの、多くのから承認を受けた(ただし大半が枢軸国、少数ながら中立も)。日本との関係は良好で、交も結ばれている。その一方、同盟イタリアとは領土問題を抱えていた。大クロアチア義では自の領土となっているはずのダルマチア地方イタリアに占領されていたため、問題の表面化こそかったが火種が燻っていた。外交上の配慮から、日本は長らくクロアチア独立国に大使館を設置しなかった。

独ソ戦開幕時にはソ連宣戦布告し、周囲の枢軸国と歩調を合わせた。ドイツ軍は対ソビエト戦に注していたため、クロアチア独立国の治安維持と統治をウスタシャに一任した。1941年12月8日日本英に宣戦布告した時には、6日後にクロアチア独立国も英に宣戦布告した。

民族浄化

クロアチア独立国はこれまでの恨みをらさんとばかりに、セルビア虐殺を宣言。ウスタシャはセルビア人系住民を民族敵とし、「セルビア人問題解決」をの最重要課題に定めた。これにはカトリック教も加担しており、親衛隊の隊長祭のイヴォ・クヴェリナも教義を例に挙げて虐殺を推進した。またドイツと同じようにユダヤ人を迫し、強制収容所へ送った。更に反ファシストクロアチア人まで収監された。クロアチア人と同盟の者以外は、人間扱いされなかったのである。特にセルビア人への憎悪は凄まじく、ありとあらゆる方法で追放ないし処刑が行われた。処刑具は50個に及んだ。その凄まじさたるやバルカンのアウシヴィッツと形容されたほど。この底した殺戮劇にはドイツドン引きし、信頼失墜に繋がる事からクロアチア独立国に自制を呼びかけたが、効果はかった。あまりにも犠牲者が多すぎて、その数は計測不能。一説によると最大で100万人に及ぶという。

1942年には大規模な軍事パレードを実施し、盛を極めた。1月14日にはドラクセニチ村でセルビア人の掃討作戦を行った。官から話があるとの名セルビア正教会内に集められた村民は片端から虐殺され、200人の女子供が犠牲になった。また、ヤセノヴァツ収容所の周辺にはセルビア人が沢山住んでいたが、底的な掃討作戦により、5月8日駆逐了。武装ウスタシャは大人だけを殺し、子供は餓死するよう仕向けた。クロアチア独立国内にいたドイツ軍中尉は、親を亡くした数人の子供青空の下でと食糧をめて泣いている姿を見かけたという。再教育のため、収容所に送られた孤児も大量にいた。幸運な児はクロアチア家族に引き取られたが、ヤセノヴァツ収容所だけでも1万9431名が死した。

滅亡へ

土は最前線から離れており、戦火に焼かれる事はかった。しかし19439月イタリアが降伏。お飾り国王だったトミスラ2世が退位し、名実と共にアンテ博士が全権を握した。枢軸国からイタリアが脱落した事で、日本はクロアチア独立国に大使館を設置。人員はベルリンの駐独大使館から抽出された。

同年11月、旧ユーゴ領にてユーゴ共産党率いるパルチザンが起。クロアチア軍とドイツ軍を悩ませた。苛民族浄化で村や両親を失ったセルビア人がパルチザンに合流し、日に日に規模が増大。独立立当時から抗戦していたチェトニクとともに、クロアチア独立国を蝕んでいる。ただ共産党パルチザンとチェトニクは同じ敵を抱えていたが、義思想は別物だったため衝突も少なくなかった。

戦争末期になると大勢は決し、枢軸営の敗北は免れない事態となった。周囲の枢軸国が次々に寝返るか政権が転覆する中、クロアチア独立国は最後まで裏切らずに枢軸国側に留まり続けた。降伏寸前の1945年4月29日、ザグレブ内で昭和天皇の誕生パーティが開かれた。そして5月8日共産党パルチザンが本拠地ザグレブに到達し、遂に降伏。同時期に枢軸国の盟たるドイツも降伏し、ヨーロッパ枢軸国全に消滅する事になった。導者であるアンテ博士は、ドイツの降伏と同時にオーストリアへ亡命している。そして兼ねてより準備されていたクロアチア人民解放国家ファシスト委員会によってクロアチア連邦立。11月29日にはクロアチア人民共和名した。

戦後独立は否定され、全土をユーゴスラビアに再度併合された上でクロアチア独立国の関係者には因果応報とも言うべき過酷な弾圧が待っていた。だが、勝者たるユーゴ共産党にもまた過酷な運命が待っていた。クロアチア人民共和ユーゴスラビア連邦人民共和の一部と見なされ、ソ連から内政への干渉を受ける羽になる。やがてソ連ユーゴ共産党との意見が対立。1948年6月28日にコミンフォルムから追放され、長らく貧困に喘ぐ事になる。このような大虐殺を経てもクロアチア人とセルビア人の対立は終わらず、現代に至るまで互いを憎悪し続けている。

一方、オーストリアに亡命したアンテ博士は、欠席裁判死刑を言い渡された。追っ手から逃れるべく、イタリアスペインを転々とし、南アルゼンチンにまで逃げ延びた。しかし1957年4月10日、ブエノスアイレス郊外で何者かの襲撃を受け、重傷を負う。この傷が致命傷となり、2年後に死亡した。

余談だが、ポーランドボールにクロアチア独立国をモチーフにしたキャラクターがいる。

関連動画

解説

資料映像

楽曲

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%81%E3%82%A2%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E5%9B%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クロアチア独立国

1 ななしのよっしん
2019/06/22(土) 20:51:33 ID: +6BweXD/ek
…なんだけど引導を渡したのはソ連じゃなくてユーゴパルチザンだと思う