編集  

クロスボウ単語

クロスボウ

 クロスボウとは、矢を撃ち出す射出兵器である。「ボウガン」の通称があるものの、正確には「クロスボウ」の名称が正しい。中国でも「」という名称で古くから使われている。

概要

 クロスボウ床の先端にを載せたようなシルエットをしている。使い方は簡単で、弦を引いてトリガーと連動した具に引っかけ、矢(ボルトもしくはクォーラルと呼ぶ)をセットすれば発射準備は了。後は狙いをつけてトリガーを引けば弦が具から解放されて矢が射出される。

 同種の兵器である較すると連射速度に劣るが、以下の利点があるとされる。

  • 使い方さえ覚えれば十分なので、兵士の訓練が簡単(戦略的利点)
  • 一般的なより長射程である
  • 兵士には弦を引くだけのがあれば良いので、威を強化しやすい
  • 工業があるなら資のある限り製造可

 連射速度の遅さに関しては兵士を数列に分けて順番に発射する戦術的解決法や、連発が可クロスボウ(連)を開発するという機械的解決法が行われた。戦術はそれなりの効果をあげ、連の方は大の設置式連は役にたったが、個人携行用の小の連は威低下が問題となり、実戦での使用はされなかったようだ。

西洋において

 欧州においては、少なくとも古代ギリシャの時代から存在しており、軍事的に利用されていたようだ。

 11世紀頃には、キリスト教的に残虐すぎるからクロスボウ禁止」と威の高さから時の法王に使用禁止令を出されたりもしているが、「異教徒相手なら何も問題ないよね」とばかりに第3回十字軍で大々的に使用が始まり、13世紀頃にはイタリア都市国家が大量に導入して全盛した。

 その後、クロスボウを使用したフランス軍がロングボウを使用したイギリス軍に連射速度の差で惨敗したりもしたが、クロスボウ軍事利用は続けられ、15世紀の終わり頃に、より簡易で威の高い火器にとってかわられた。

 その後も、狩猟用に小・低威にしたクロスボウが使われ続けた。

東洋において

中国

 中国においては(ど)と呼ばれ、戦国時代(前5世紀~)から使われていたと言われており、が発明したかも不明である(神話の人物が発明したという伝説もある)。

 その後、中国における軍隊の標準装備となり、唐の軍隊では実に兵士20%が装備し、一人当たり3本の替えの弦と100本の矢を持たされたとされる。に至っては兵器として位置づけ、民間でのの所有を他の兵器の所有よりも重く罰した。

 これだけ中国の王朝が重要視されたのは、事あるごとにヒャッハー!だぁー!!」とばかりに侵略してくる世紀末モヒカン遊牧民族の騎隊をアウトレンジで撃退するのには大きなを発揮したためである。

 中国でもその後は火器にとって代わられることとなる。

日本

 日本には中国から伝来し、奈良時代末期から平安時代初期まで利用されたが、当時の日本矢の使い方が「近距離まで近づいて撃つ」という中国の遊牧民族的使い方だったので、の連射速度の遅さが敬遠されてか次第にれたとされる。

 とは言え利用されていた時代においてはは重要な武装と捉えられていたようで、現在東北地方夷(えみし)と相対していた「鎮守府」や、新羅と相対していた山陰地方の々や対馬には、特に防衛的重要度が増した時に「師」を配置した記録が残っているという。ちなみに「師」とは製作し、さらにその実用に関する兵への教練なども行った専門職らしい。

関連動画

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%82%A6
ページ番号: 4806203 リビジョン番号: 2018313
読み:クロスボウ
初版作成日: 12/01/19 22:35 ◆ 最終更新日: 14/05/07 04:49
編集内容についての説明/コメント: 冒頭に弩について追記 西洋、東洋、中国、日本と項目分け 西洋の冒頭と日本に追記 関連コミュニティ削除
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クロスボウについて語るスレ

44 : ななしのよっしん :2017/10/25(水) 15:53:00 ID: vM5jvrbG5z
>>36
>騎士戦場から姿を消したのはパイクの登場によってだし、
パイク全盛の中世末期、重装騎兵率は増大していて事実に反する。重装騎兵が消滅したのは、近世初期のマスケット対応による負担増と塞復による相対必要性の低下とピストル騎兵戦場と効率で勝てなかったことにある。
45 : ななしのよっしん :2018/01/13(土) 20:54:21 ID: Bu/XUiYHev
日本令軍団の場合、五十人の隊につき二名、腕に自信のある者を選抜して、の扱いを訓練させた(がその人数分あったかも微妙)
の製法、管理はが独占し私有は禁止された

一方、は基本的に一人一本、全員が自前で用意する物だった
DIYが原則になる令制崩壊後の中世日本でどちらが残るかは明らかだろう
訓練が容易と言っても持ってない物の練習はできないし

何が難しいかと言うと、引き金の部品の製造、整備が大変と言う話がよくある。
あと、手で引く部分が短く、なのにより強である必要があるので、和ロングボウと同じ植物素材では満足な物が作れず、金属動物素材が必要になるのもネックだったんじゃないかと思う
46 : ななしのよっしん :2018/01/23(火) 08:49:11 ID: ++G14u/hex
>>44
騎士の終焉は百年戦争で始まり、ブルゴーニュ戦争で決定的となる。
その後も重装騎兵自体は残るがただの一兵科となり、騎士という戦場役ではなくなった。
んでスイス傭兵パイクによる密集の有用性を示したのが、このブルゴーニュ戦争
47 : ななしのよっしん :2018/01/23(火) 11:42:11 ID: ++G14u/hex
要するに騎士に対するクロスボウの優位性なんてものは、地形や防柵、なんかの騎士の突撃を防ぐ手段があって初めて役に立って、さらに言えば騎士を貫いて傷を負わせる威さえあれば、それはロングボウでもマスケットでもいいということが言いたかった。
48 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 03:03:51 ID: RBeFm971ZN
実際に騎士を打ち抜くには何ポンドのドローウェイトが必要なんだろう?
49 : ななしのよっしん :2018/02/05(月) 03:15:23 ID: RBeFm971ZN
>>47
大した訓練もしてない兵隊が、幼少から訓練積んでる騎士に対抗出来るってのはロングボウにはい利点じゃない?ロングボウ部隊も結局、消耗に訓練が追いつかないモンだから虎の子扱いされてたって話。
でも製造費用と訓練時間の双方は、コストとして考えると結局トレードオフなんだろうなあ。
50 : ななしのよっしん :2018/02/10(土) 19:17:52 ID: vpT6NUb9DH
そもそもロングボウだとプレートアーマーを貫けないんじゃなかろうか。
>>48が言うように、クロスボウだとどうなんでしょ。

>>44
>>〔重装騎兵は〕ピストル騎兵戦場と効率で勝てなかった
ガキの頃にブライテンフェルトの戦いを知って戦争興味を持った身としては、カラコール(笑)みたいな印になりがちだけど、ピストル騎兵も役立ったんですね
バルベーロの『近世ヨーロッパ軍事史』という本を読んでも、ピストル騎兵の効用(恐らくは、騎兵よりも射程が長く、装甲も突き破るから?)はわからなかったので、どんな本を読むとわかるのかご教授いただければと思います。
51 : ななしのよっしん :2018/02/13(火) 15:33:08 ID: vM5jvrbG5z
>>46
重装騎兵率増大へ反論になってないような。おっしゃられるようにパイクが重要だからこそ、騎士も重視されたのですから。その結果が騎兵率増大なわけです。

>>50
>ピストル騎兵の効用
ごめんなさい。原典は忘れましたけど、ユグノー戦争将軍が(近接武器として)射程長い、威高い、取り回し良い、と褒めてましたし、デュルブリックのHistory of the Art of War, Vol. 4: The Dawn of Modern Warfareにはピストル騎兵の活躍、運用が詳しかったはず。
52 : ななしのよっしん :2018/02/20(火) 18:39:58 ID: ++G14u/hex
>>51
スイス傭兵パイクによる密集の有用性を示したのがブルゴーニュ戦争(1474年~1477年)。中世の終わりは1453年だからむしろパイクの全盛期は近世初期。
一応それ以前にもパイクは存在したが、そのころのスイス傭兵ハルバードでパイクはあまり使われていない。アルベドの戦い(1422年)でかなりの苦戦を強いられたため、戦術の見直しを図りパイク中心の戦術に変化した。

あとここで言う騎士とは単なる重装騎兵ではなく、中世封建社会における騎士(ナイト)のこと。戦場役が傭兵に移り変わるにつれ、軍事的な価値を喪失していった。
パイクのみが原因であるような誤解を招く表現であったことは謝罪する。
53 : ななしのよっしん :2018/04/27(金) 14:59:06 ID: vEZRiR+nQq
>>48
標のによって違う。
参考として、中世西欧で攻戦に使用されたクロスボウのドローウェイトが1000lbを越える、野戦用クロスボウのドローウェイトは500-700lbだそうだ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス