クロスボウ単語

クロスボウ
1.4千文字の記事
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

 クロスボウとは、矢を撃ち出す射出兵器である。「ボウガン」の通称があるものの、正確には「クロスボウ」の名称が正しい。中国でも「弩」という名称で古くから使われている。

概要

 クロスボウは床の先端にを載せたようなシルエットをしている。使い方は簡単で、弦を引いてトリガーと連動した具に引っかけ、矢(ボルトもしくはクォーラルと呼ぶ)をセットすれば発射準備は了。後は狙いをつけてトリガーを引けば弦が具から解放されて矢が射出される。

 同種の兵器である較すると連射速度に劣るが、以下の利点があるとされる。

  • 使い方さえ覚えれば十分なので、兵士の訓練が簡単(戦略的利点)
  • 一般的なより長射程である
  • 兵士には弦を引くだけのがあれば良いので、威を強化しやすい
  • 工業があるなら資のある限り製造可

 連射速度の遅さに関しては兵士を数列に分けて順番に発射する戦術的解決法や、連発が可なクロスボウ(連弩)を開発するという機械的解決法が行われた。戦術はそれなりの効果をあげ、連弩の方は大の設置式連弩は役にたったが、個人携行用の小連弩は威低下が問題となり、実戦での使用はされなかったようだ。

西洋において

 欧州においては、少なくとも古代ギリシャの時代から存在しており、軍事的に利用されていたようだ。

 11世紀頃には、キリスト教的に残虐すぎるからクロスボウ禁止」と威の高さから時の法王に使用禁止を出されたりもしているが、「異教徒相手なら何も問題ないよね」とばかりに第3回十字軍で大々的に使用が始まり、13世紀頃にはイタリア都市国家が大量に導入して全盛した。

 その後、クロスボウを使用したフランス軍がロングボウを使用したイギリス軍に連射速度の差で惨敗したりもしたが、クロスボウの軍事利用は続けられ、15世紀の終わり頃に、より簡易で威の高い火器にとってかわられた。

 その後も、狩猟用に小・低威にしたクロスボウが使われ続けた。

東洋において

中国

 中国においては弩(ど)と呼ばれ、戦国時代(前5世紀~)から使われていたと言われており、が発明したかも不明である(神話の人物が発明したという伝説もある)。

 その後、弩は中国における軍隊の標準装備となり、唐の軍隊では実に兵士の20%が装備し、一人当たり3本の替えの弦と100本の矢を持たされたとされる。に至っては弩を兵器として位置づけ、民間での弩の所有を他の兵器の所有よりも重く罰した。

 これだけ中国の王朝で弩が重要視されたのは、事あるごとにヒャッハー!だぁー!!」とばかりに侵略してくる世紀末モヒカン遊牧民族の騎隊をアウトレンジで撃退するのに弩は大きなを発揮したためである。

 中国でもその後は火器にとって代わられることとなる。

日本

 日本には中国から伝来し、奈良時代末期から平安時代初期まで利用されたが、当時の日本矢の使い方が「近距離まで近づいて撃つ」という中国の遊牧民族的使い方だったので、弩の連射速度の遅さが敬遠されてか次第にれたとされる。

 とは言え利用されていた時代においては弩は重要な武装と捉えられていたようで、現在東北地方夷(えみし)と相対していた「鎮守府」や、新羅と相対していた山陰地方々や対馬には、特に防衛的重要度が増した時に「弩師」を配置した記録が残っているという。ちなみに「弩師」とは弩を製作し、さらにその実用に関する兵への教練なども行った専門職らしい。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%82%A6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クロスボウ

67 ななしのよっしん
2020/07/23(木) 02:34:15 ID: vM5jvrbG5z
>クロスボウは量産されなかったんだろう
まず状況だけ話すと伝来前に欧州火縄銃優位になっていてクロスボウ選択肢に入っていませんでした。
で言うと、クロスボウは生産とメンテ修理が困難で、生産地を選ぶため、との競合に敗れたのでしょう。
68 ななしのよっしん
2020/09/10(木) 18:48:49 ID: hcaLRazqCO
>>65
べてプロジェクタイルがでかく重たいので
より低速ながらストッピングパワーだけは下手な弾より上
特にコンパウンドだと初速が恐ろしく高いので更に威が上がる

ナイフで突き刺す様なものなので防弾チョッキが役に立たない
最低でもプレート入れとかないと防げない

弾は内臓をぐちゃぐちゃにして殺すが
矢やボルトは失血死がメイン
だが頭やに突き刺さったら失血死どころじゃないと思う

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
69 ななしのよっしん
2021/02/20(土) 08:15:19 ID: 6dx5fpJOh5
ちなみに引き金クロスボウからの移植により定着した。それまではタッチホール式という直で火種を押し当てる方式

ではAR-15ロアシーバーに組み合わせるクロスボウコンバージョンキットが販売されており、ピカティニーレイルによってスコープドットサイトも使用可。なにより、を組み替えで使い分けるロマン
70 ななしのよっしん
2021/04/13(火) 17:48:49 ID: fwseNOGIJK
>>63
時期に違いはあるだろうけど、東洋でも西洋でも同じ結末を辿ったってことじゃないかな。

西洋ではリピーターという、個人携帯タイプの連射式クロスボウが開発されたが、威が低すぎ&当時の欧州テクノロジーレベルでは機械武器自体が故障が多すぎて使いにくいといった事情により、実戦で使われる事はなかったと思われる。

一方、中国では「連弩」という速射可クロスボウが開発され、バリスタ並みに大のものは実戦投入された記録もあるようだ。一方で小のものに関しては、発射するクォーレルにを塗って、で覆われていない敵の顔面を狙って撃ったという解説をどこかで見たことある(出典不明)。
だが最近、中国玩具として作られてちょっとだけ流行った「爪楊枝を飛ばす連弩」を見ても分かるように、そもそも構造的に弦を引くがあまりにも弱すぎて、個人携帯タイプの小連弩では、とても実戦に使えるレベルの威はないと思われるので、これも実戦投入された事はないと思われる。
71 ななしのよっしん
2021/06/05(土) 21:02:13 ID: Bu/XUiYHev
>>66
クロスボウでは差があると言っても大違いと言うほどではない
集団活用でもしなければわざわざ整備や訓練のリソース分割するほどの効果は出て来ないと思われる
火縄銃は信頼性が低いとはいえ当たりさえすればでも撃ち抜ける特異性がある
少数でもあればあっただけ長とは異なる戦い方ができるので、手と手は共存できたんじゃないかな
72 ななしのよっしん
2021/06/08(火) 18:08:46 ID: ngNZHQez9e
ついに規制されちゃったね
73 ななしのよっしん
2021/06/09(水) 03:14:13 ID: TZKhUiig53
暗殺に使われるような物に対して、今までろくな規制かったことが不思議過ぎる
74 ななしのよっしん
2021/07/22(木) 13:00:22 ID: vpT6NUb9DH
>>66, >>71
なるほど。確かに西欧戦史について調べたところ、クロスボウ射手は射手でそれなりのプロフェッショナリズムをめられたみたいだし、機構も確かに複雑だし、そんなもんかもしれないね
クレシーの戦いでは射撃戦が始まる前に大が降ったという話もあるらしいんだけど、クロスボウは大の後地面がぬかるんで装填しづらかったらしい。一方、ロングボウは弦が緩むのを防ぐために一度取り外さなければならなかったんだとか。もしこの頃にマッチロックがあったら、火縄が湿って……みたいな話になっただろうし、ミクロだと運用のしやすさといっても場合によりけりみたいなところがあるみたいね
75 ななしのよっしん
2021/10/11(月) 10:09:09 ID: hcaLRazqCO
弦が緩むんではなくて
は弦りっぱなしだと反発が低下するので
使用時に弦取り付けるもんだぞ(CPはりっぱなしで問題ないが)
76 ななしのよっしん
2021/11/26(金) 16:15:28 ID: qE958rvkoy
日本でも元寇で大クロスボウ(中国で言う床)が使われたんだけど記事には載ってないか

急上昇ワード改