クロプシュトック事件単語

クロプシュトックジケン

クロプシュトック事件とは、「銀河英雄伝説」の事件・戦役の一つ、および『銀河英雄伝説』外伝「を砕く者」第三章、OVA銀河英雄伝説』第9話の題名である。

概要

帝国486年3月21日に発生した、ブラウンシュヴァイク公爵邸で開催されたパーティーでの爆弾を用いた皇帝フリードリヒ4世暗殺未遂事件と、その実行者である侯爵ウィルヘルム・フォン・クロプシュトックに対する討伐行の総称。

規模としては宮廷における大逆未遂事件とそれに付随する地域的な小乱という程度のものにすぎず、ひと程度の戦闘のすえ、クロプシュトック侯爵敗北自殺をもって終結した。

経緯

ことの発端は、皇帝オトフリート5世時代に発生した位継承権争いである。これは皇太子である第一皇男子リヒャルトと第三皇男子クレメンツがそれぞれ宮廷内勢に担がれる形で対立したものであるが、帝国452年にクレメンツがリヒャルトに弑逆の冤罪をかけて謀殺、455年にはそれが発覚してクレメンツが失脚ののち横死した結果、本来期待されていなかった第二皇男子フリードリヒが第36代皇帝フリードリヒ4世として立つこととなった。

この過程で、クレメンツに属していた門閥貴族クロプシュトック侯も失脚し、フリードリヒの廷臣たちに憎まれていたこともあって宮廷中央から脱落、以降30年間にわたり社交界を離れ敗者としての生活をおくることを余儀なくされる。クロプシュトック侯はそのあいだにフリードリヒ4世とその廷臣たちへの恨を募らせ、ついに大逆の挙に至った。

経過

ブラウンシュヴァイク公爵邸における爆発事件

帝国486年3月21日帝国首都オーディンブラウンシュヴァイク公爵邸において、皇帝フリードリヒ4世を招いて高級士官とその夫人たちによる親パーティーが開催された。催者は予備役上級大将オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク公爵であり、そのほか現役、退役、予備役にかかわらず准将以上の軍人を参加資格者とし、大将ラインハルト・フォン・ミューゼル、予備役少将フレーゲル男爵などが参加。会場外部にはブラウンシュヴァイクに仕えるアンスバッハ准将がおり、エルネスト・メックリンガー准将などの軍人も警護にあたっていた。

予備役大将であるクロプシュトック侯は事前の念入りな宮廷工作の結果としてブラウンシュヴァイクより参加を認められており、最高級の大貴族のひとりとして礼遇された。彼は爆弾入りのセラミック・ケースを持ち込むと、皇帝の賓席にほど近い自身の席の脚下に置きざりにしてブラウンシュヴァイク公爵邸を辞去している。いっぽう、賓であるフリードリヒ4世は会場への移動中に腹痛を催したため、出席を中止して皇宮へと還御していた。これはクロプシュトック侯が去った後、あいさつに立ったブラウンシュヴァイクより招待客へと発表された。

そのしばらく後、某男爵夫人が貧血おこし倒れるという小さなトラブルが発生する。男爵夫人を休ませるために不在となっていたクロプシュトック侯の席が借用され、置き忘れられたものと思われたセラミック・ケースを、保管のために若い貴族のひとりが広間から持ち出しかけたその時、ケース内の爆弾爆発した。

この爆発による即死者は10名以上、さらに100名以上が負傷し、その三割以上が瀕死の重傷を受けた。パーティーの構成上、門閥貴族とその係累が死者・負傷者の多くを占めており、また皇帝フリードリヒ4世が出席予定であったこともあって宮廷における重大事件となった。パーティーの途中退席者は18人、特にケースを置いていったクロプシュトック侯は最大の容疑者であり、爆弾がこのケースに入っていたことは当のうちに明らかになった。このためクロプシュトック侯爵邸と宇宙港に人員が急されたが、クロプシュトック侯はすでに爆発時刻にオーディンを出立しており、身柄を確保することはできなかった。

クロプシュトック侯領への討伐行

銀河英雄伝説の戦闘
クロプシュトック事件
基本情報
時期帝国486年 3月21日
地点銀河帝国 クロプシュトック侯領
結果銀河帝国軍(討伐軍)の勝利
詳細情報
交戦勢
ゴールデンバウム朝銀河帝国 クロプシュトック侯爵
指揮官
討伐軍総司令官
公爵オットー・フォン・ブラウンシュヴァイク上級大将
侯爵ウィルヘルム・フォン・クロプシュトック
動員兵
クロプシュトック侯領討伐軍 傭兵
前の戦闘 次の戦闘
三次ティアマト会戦 惑星レグニツァ上

22までにクロプシュトック侯は大逆未遂犯として侯爵位を剥奪され、討伐軍の派遣が決定された。官にはブラウンシュヴァイクが現役に復帰して任命され、討伐軍には正規軍にくわえ、フレーゲル男爵など親族係累や自身、あるいは友人の復讐を志す門閥貴族とその私兵が多く参加した。また、専門職の軍人が多数、戦闘技術顧問として同行している。なお、ミューゼル大将も討伐軍の揮を任せてくれるよう奏請したが、先んじてブラウンシュヴァイクが願い出ていたため却下されている。

いっぽう、暗殺に失敗したクロプシュトック侯側も費用に糸目をつけることなく傭兵隊をかき集め、討伐軍に対抗する態勢を整えた。

討伐軍は3月30日オーディンを進発したが、上述の通りの編成のため統制を欠くうえ、迎え撃つ側に有利な地上戦であったこともありクロプシュトック侯の傭兵隊の前に苦戦を余儀なくされた。討伐軍では戦場経験を持たない青年貴族が戦闘技術顧問の示に従わないことも多く、ブラウンシュヴァイクもその統制に苦心したようである。

しかし、最終的には叛乱は鎮圧され、クロプシュトック侯はにより自殺した。討伐軍のオーディン帰還は5月2日であり、地域的な小叛乱であったにもかかわらず、討伐軍の進発から帰着まで一ヶ以上を要する結果となった。

事後

クロプシュトック侯の自殺により叛乱が終結したのち、クロプシュトック侯領は討伐軍による奪暴行にされることとなった。この種の貴族叛乱の討伐としてはめずらしく討伐軍側も門閥の青年貴族で構成されていたが、それもあってクロプシュトック侯領の一般市民、とくに老人、女性、幼児などが一方的な加虐の対となった。

この蛮行に対し、戦闘技術顧問として参加していた軍人のうちオスカー・フォン・ロイエンタール少将全に対処を放棄したが、ウォルフガング・ミッターマイヤー少将は精的に事態の阻止を試みた。その過程で、ミッターマイヤー少将奪・暴行・虐殺のすべてを犯したある大尉を、帝国軍軍規にしたがい将官の権限として処刑した。しかし、この大尉ブラウンシュヴァイク従弟父親とするコルプト子爵であり、しかもそのことを明確にしていたことから、この処刑はブラウンシュヴァイク名と体面を傷つける結果となる。

このためブラウンシュヴァイクは職権を用いてミッターマイヤー少将逮捕した。だがミッターマイヤー少将は審問の場で暴行奪を黙認したブラウンシュヴァイクを弾劾したことで激怒させ、危うく処刑を免れたものの営倉での拘留を受けることとなった。友人であったロイエンタール少将は友を救うためミューゼル大将支援を仰ぎ、これを受けたミューゼル大将は謀殺されかけたミッターマイヤー少将を救出すると問題を宮廷での交渉に持ち込んだ。最終的には、宮廷の要人数人の仲介と軍務尚書エーレンベルク元帥の裁定により、両者がある程度の譲歩と納得を余儀なくされる形で問題が処理されることとなった。

この事件の結果、ミューゼル大将ミッターマイヤー少将ロイエンタール少将を知己とし、のちにローエンラム伯爵として更に雄飛するための強な盟友を獲得した。この両名は、のちにラインハルト・フォン・ローエングラムの麾下において”帝国軍の双璧”と並び称されることとなる。


OVA第9話「クロプシュトック事件」

銀河帝国歴史は、血で血を洗う政治抗争の歴史であった。
いま、ラインハルトキルヒアイスは、そのひとつのあらそいにまきこまれる。

次回、『銀河英雄伝説』第9話、「クロプシュトック事件」。
銀河歴史が、また1ページ

OVAでは、外伝ではなく本伝の一部としてクロプシュトック事件が描かれている。

ストーリー

即位する前のフリードリヒは、放蕩のかぎりをつくし、いわば勘当寸前の身であった……

若き日に放蕩の日々を過ごしたフリードリヒ4世が戴冠したのは、位をめぐり共倒れしたためであった。かつてこの争いによって失脚したクロプシュトック侯は、ある陰謀を秘めたままブラウンシュヴァイクに社交界へ復帰させてくれるよう願い、当パーティーへの参加を認められる。

ブラウンシュヴァイク公爵邸でのパーティーに参加することとなったラインハルトは、会場の入口でクロプシュトック侯と偶然顔を合わせた。会場でラインハルトフレーゲル男爵と舌戦を交える中、会場外で待っていたキルヒアイスは、辞去するクロプシュトック侯の姿にとある違和感を覚える。そしてキルヒアイスが、入口に現れたアンスバッハに連絡を頼んだその時、会場内で大きな爆発が発生。キルヒアイスは会場に駆け込み、君の事を確かめる。

いっぽう、会場を去り私邸にもどっていたクロプシュトック侯のもとに、爆発で死ぬはずのフリードリヒ4世は会場に現れず、ブラウンシュヴァイクも生き延びたという報が届く。自らの受けた30年に渡る恥辱と世継ぎの逝、そしてそれに報いるはずの陰謀の失敗への念を独したクロプシュトック侯は、やがて屋敷に火を放って自殺した。

フリードリヒブラウンシュヴァイクらに、一矢むくいてやるつもりであったが……!」

この事件も、ゴールデンバウ歴史に封じ込められた、血を血で洗う政治抗争のひとつの結果であった……。

原作におけるクロプシュトック事件との変更点

詳細は「ウィルヘルム・フォン・クロプシュトック」も参照。
OVAでは時系列が変更され、クロプシュトック事件は本伝初頭と同時間軸、帝国487年の出来事となった。なお、原作外伝「を砕く者」はその冒頭がOVA外伝「第三次ティアマト会戦」、後半が映画「わが征くはの大」に分割されており、中盤は時系列を変更する形で本伝や映画「新たなる戦いの序曲」に編入されているため、ストーリーに大きな問題は生じていない。

パーティーは皇孫であるブラウンシュヴァイク公爵エリザベートの誕生パーティーとなり、ヴェストパーレ男爵夫人マグダレーナも参加。会場にはクロプシュトック侯からブラウンシュヴァイクにおくられた巨大なルドルフ大帝の肖像画が飾られている。また、ラインハルト何する警備担当者もメックリンガー准将からアルツール・フォン・シュトライト准将に変更された。

爆弾はクロプシュトック侯の持つに仕込まれたものとなり、大きな柱時計の下のベンチに置かれた。6時30分頃、フリードリヒ4世が新憂宮を出たという知らせが入った直後にクロプシュトック侯がブラウンシュヴァイク公爵邸を出たが、このとき到着時に突いていたを持っていなかったことから、外の地上車で待っていたジークフリード・キルヒアイスの疑念を呼び起こす展開となっている。

その後、6時50分ごろにフリードリヒ4世の出席見合わせが会場に伝えられ、ラインハルト倒した婦人を寝かせるために召使らしき人物にを運び出させた間の7時ちょうどに爆発が発生した。クロプシュトック侯は私領に向かわず私邸に戻ったため、クロプシュトック侯爵邸に対して、ブラウンシュヴァイクの率いるアントン・フェルナー大佐などの討伐部隊が展開したが、屋敷前にルドルフ大帝の像があったため撃は行われなかった。

なお、ラインハルトブラウンシュヴァイクの手からミッターマイヤーを救い出し、ミッターマイヤーロイエンタール両名との友誼に至る展開は、のちに本伝第87話においてクロプシュトック事件や救出後の交渉の部分を出さない形でられている。

士官学校の式典に招かれたヤンは、そこでジェシカと再会する。
同盟軍の英雄となったヤンと、反戦活動に身を投じたジェシカ
ふたりの距離は、遠くはなれてしまったのだろうか。

次回、『銀河英雄伝説』第10話、「ジェシカの戦い」。
銀河歴史が、また1ページ

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%88%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BA%8B%E4%BB%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

クロプシュトック事件

1 ななしのよっしん
2017/07/11(火) 02:11:24 ID: 7IPCpyOeHi
原版だと艦隊戦までしているね
2 ななしのよっしん
2017/07/11(火) 12:56:10 ID: jBLgiZ4tBY
クロプシュトック事件はOVA版を先に見たんだけど、あちらのクロプシュトック侯は自害の様などから念より哀愁の方が強くて憎めなかったな。
あと細かい話だけど、爆破直後のアンスバッハの「(シュタタッ!ブラウンシュヴァイク! どこにおわす!(シュタタタッ!)」って動きがカッコよかった。

一方、原作原版ではバリバリ徹底抗戦していたわけだけど、仮に討伐軍撃退したとしても、そもそもクレメンツ皇子の遺児を擁したわけでもないし、先の展望とかあったのかな。本当にただただフリードリヒ4世ブラウンシュヴァイク吹っ飛ばしたかっただけかな。