グスタフ・カール単語

グスタフカール

グスタフ・カールとは、小説機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」に登場するモビルスーツである。

概要

GUSTAV KARL
グスタフ・カール
FD-03
全高 22.0m
重量 29.0t(本体) 60.0t(全備)
3,425kw
79,500kg
装甲 ガンダリウム合
武装

活躍時期は宇宙世紀105年。かつてのGMジェガンの延長線上の機体。地球連邦キルケー部隊に配備された機。宇宙世紀96年のアニメ機動戦士ガンダムUC』では、先行配備機が稼動試験を行っていた。

に地上の治安部隊などが使用しており、作中でマフティー動乱での投入が確認されている。

『UC計画』に組み込まれていたジェスタとは別ラインで開発が進められていた為、機体スペックジェガンよりも高く、センサー半径はνガンダムにも匹敵する性のよさである。
しかし宇宙世紀105年のΞガンダム恐竜化した第1期モビルスーツ(1~5世代MS)の終着点であるため、まともにぶつかっても負けは必至である。

武装はほぼジェガン(通常)の物と同一。重力下における汎用性を突き詰めた機体だが、従来の機体と同じく単独飛行は不可能のためサブフライト・システム「ケッサリア」との連携運用で飛行を行う。

また、原作小説と他媒体でデザインが異なる。
これは閃ハサ出身MSは全て当て嵌まるのだが、中でもグスタフ・カールは違いが顕著なのである。

デザインの変更

小説閃光のハサウェイ」を出典元とする機体は、GジェネレーションFに参戦する際にデザイン変を受けた。

リニューアル後のグスタフ・カールは重MSに寄ったフォルムへ変更され、頭部V字アンテナも消えて全体から受ける印が一変。ガンダムみたいなGMではなく紛れもないGM系統の外観に変わっている。

さらに機動戦士ガンダムUCではGジェネレーションFよりも暗いジェスタに近い配色となっている。

ガンダムMSグラフィカ-ガンダムUC

サンライズ監修の『ガンダムMSグラフィカ』にもグスタフ・カールが登場。U.C.0097年を舞台にしたグラフィカの収録エピソードの一つで、『GUNDAM EVOLVE』の後日談的な話である。
イボルブでΖガンダム3号機P2型に乗るだった「ジョニーコードネームライトニング)」のΖガンダムが、地球回復を掲げる反地球連邦組織「EARM」に所属する3機のグスタフ・カールと遭遇・交戦、これを撃破している。

EARMが何らかの形で入手したというグラフィカ独自の設定で、グスタフ・カールは軽装と重装が存在したという事になっている(一応、軽装小説版、重装が後発のデザインと解釈する事も出来るが)。

本来この時点でグスタフ情報が流出するなどあり得ないのだが、アニメ版『機動戦士ガンダムUC』で稼働試験を名とした先行運用が行われていたという設定が付け加えられた(つまりどこから漏れても不思議ではない)。
グラフィカは当時のUC原作発表と同時期に発売された作品で、現在UC-MSVに組み込まれたカトキハジメデルタガンダム等が載っている。そのためこの設定を取り入れた可性もある。

ドーラ・カール

参考書籍「GUNDAM WEAPONS "ニュージェネレーション"編」

厳密には同機。指揮官機をグスタフ・カール、一般機をドーラカールと呼ぶ。差異は頭部アンテナ(通信性)のみで然程違いはない。
デザインは後年のGジェネ版準拠で、後に追加された設定なので小説中に名称は出てこない。

一時期、ガン系サイトの誤った情報が伝わっていたが、Gジェネ版=ドーラというわけではないので注意。

小説版での機体解説

MOBILE SUIT GUSTAV KARL

連邦キンバレー隊のモビルスーツグスタフ・カールは、かつての量産機ジムジェガンなどの設計思想の延長上に位置する汎用である。基本スペックは、ガンダムタイプにも通じる高さを誇っている。だが、大気圏内では従来のモビルスーツと同様、サポートメカを使用しないと自飛行は不可能である。

1 頭部メーンセンサー
  センサー半径はニューガンダムにも匹敵する性のよさだ。
2 メーンカメラジムジェガンと同タイプゴーグを採用。
3 フレキシルシールド。
  左肩にマウントされたシールドは前後左右に動き、敵の攻撃から身を守る。
4 ビームサーベル
  両足に一本ずつビームサーベルマウントしている。
5 コクピット
6 脚部メーンラスター。

機動戦士ガンダムUCでの機体解説

RGMシリーズの直径にあたる強化MSとして、『UC計画』に組み込まれていたジェスタとは別ラインで開発が進められている最新鋭の量産型汎用MS

ある地球連邦地上軍施設にて、稼動試験を名とした本機の先行運用が行われている。

関連動画

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%95%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グスタフ・カール

61 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 13:05:11 ID: UwkI3h98lM
ジェスタといっしょくたにしてろうとする向きが多いのは
グスタフ・カールも「特殊部隊専用の高級機」のように位置付けられてるからだと思う

てかジェスタの方は(UC,NTではそう使われていたが)元々特殊部隊専用の高級機でも何でもない
「UC計画の一部」であって、増産も配備も軽々しくできる代物じゃない
62 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 13:06:51 ID: UwkI3h98lM
次のヘビーガンと繋がらない、とかいう苦心もネットじゃよく見かけるけど
これ、要するに「ガウッサ」につながる機体なのよね
小説執筆当時はこの後の後継がガウッサしか存在してなかったせいもあるが

兵器マンマシーンと同様、大は小を兼ねる的に、
全てにおいて大規模化して、何の用途にも対応できるようにするマルチロール機かもしれない
22mの大量産機どころかユニコーンに迫るジェネレータ出
例えば部隊や作戦によっては大火器も運用するためとも思われる

これを今の設定に照らすと、開発意義にどう折り合いをつけるにせよ、0100年代に入ると既にヘビーガンが出てくるので
大規模化思想は時代に合わなくなって消滅したといえる
63 ななしのよっしん
2019/03/10(日) 13:28:43 ID: vOing6rDCy
信じて送り出したふたなり可変機が人外MS変態調教にどハマりしてアヘ顔Wピーススクラップを送ってきたし
いくら量産規格品のコスパがよくても際限なく潰されるわけにも行かないから、
局地戦重視で基本性の底上げを模索する試案のひとつという位置づけ?
ベース機の更新で規格外部品を作るのめんどくさいモデルとして
ジェスタやリゼルなんかと一緒にひっそり隠居してそう
64 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 01:36:13 ID: UwkI3h98lM
UC以降の設定では、連邦ではジェガンで対応できない局面をリゼルアンクシャで対応するわけだけど
それを1機種で対応するような機体とも考えられる

ただしそれがジェガンのさらに次世代の補としての構想なのか、
それとも最初から一部部隊限定の高級機としてのものかはわからない

閃ハサ以来の設定でのガンダム系に通じる性とかは高級機向を思わせ
F91以降姿を見せないのは配備箇所自体が少なかったためと思わせるんだが
一方で、UCやNTの(最新鋭なのに)酷いやられっぷりは
「次世代補だったけど作ってみたらたいした性を発揮できなかった」
「次世代の話がぽしゃって以後出て来ない」感が漂ってくる…
65 ななしのよっしん
2019/03/18(月) 04:32:53 ID: sAc6OtTkh2
>>62
別に繋がらないでいいやない
元々ガイアギアへつづくものでF91以降へは繋がってなかったし
つぎはガイアギアアニメ化してしまえ
66 ななしのよっしん
2019/03/24(日) 15:37:19 ID: O/QEzvIA0E
映画では小説版のデザインドーラってことにするのかな
67 ななしのよっしん
2019/03/26(火) 15:28:06 ID: ptLPxWRT1P
>>64
コスト・高性・少数配備なエース向け量産機ってイメージでも通せそうなデザインしてんのよなー

それがUCで「ま、まあ見るからにパイロット連中がサボってて練度も士気も低いから・・・」「相手がジェスタ三機&エース三人だったからだよ!」って感じの微妙

NTに至っては「ああ、これもう単なるやられ雑魚だわ」って感じでってて泣けた
デザインではマッシヴかつ強そうにされてるから尚更泣けた
68 ななしのよっしん
2019/04/01(月) 22:18:14 ID: vOing6rDCy
閃ハサでも「ガンダムすごいです!」とオペレーターに叫ばせるためボコられる約束された未来
69 ななしのよっしん
2019/04/02(火) 23:07:25 ID: UwkI3h98lM
UCやNTスタッフはたぶん、閃ハサ原作小説からも「GM系だから所詮やられ役」という「役割」でしか捉えてない気がするのよね
そこに、文字設定や画像(特に)の盛られ方から期待するガノタとのギャップがあるかと
過去作品では0080でのスナイパー2とか、UCで全部性差がないかのように一年戦争時代機にやられていったGM2,ネモ, GM3とか…

スタークジェガンやジェスタ(これは名有り用機なのでまた別格だけど)がモブGMを脱却する活躍をしていただけに
少なくとも見かけやスペックではこれら以上にモブGM離れしたグスタフカールが、やられ役のままなのが余計に残念感が漂う…
70 ななしのよっしん
2019/04/27(土) 21:58:08 ID: vJA6ZAUSyq
閃光のハサウェイが、どのくらい原作に忠実に映画化されるか分からないが
「所詮やられ役」という扱いで済むのなら、物語的に最高の役割で終われるんだ
悲観するものじゃない

原作物語の転換点になってるエピソードを忠実に追っていく内容になったら
練度の低さで地を誤爆して死傷者出しまくったり
ケネスキルケ―ユニット名する前のキンバレー部隊を揮していた
キンバレー・ヘイマンが、手柄欲しさにオエンベリに集まった偽マフティーの集団を虐殺した時、生身の人間を踏みつぶして処刑したり
攫った女を監禁して輪姦してる廃墟のビルの上の階へ上がるエレベーターがわりに使ってたり
連邦軍の練度や士気の低さや下劣さの徴するような役割をすることになるんだから