グラディウス リバース単語

グラディウスリバース

『グラディウス リバース』とは、横スクロールシューティングゲームグラディウスシリーズの作品である。

開発はコナミデジタルエンタテイメントとM2(株式会社ムツー)。

概要

Wiiウェアダウンロード販売専用タイトルとして2008年9月より配信開始。その後、内容を再調整した更新版が2009年10月に配信された。[1]

コナミクラシックタイトルの再生作「ReBirthシリーズ」の第一弾で[2]レトロゲームとしての設計が底された。ディレクターは本作はゲームボーイ版『ネメシス』のリメイクとしているが、それ以外にも多くの過去作の要素[3]がふんだんに取り入れられ、特にSEは初代作とMSX版『グラディウス2』のものが非常に多く流用されている。

音楽も同様。M2所属の並木学により編曲された楽曲はすべて過去作からのアレンジで、使用音YM2151PCM(『グラディウスIII-伝説から神話へ-』などと同じ)である。さらに、オリジナルサウンドトラックにはアーケードタイトルの曲をSCCアレンジした楽曲も収録。
本編未使用のところに至るまでファンサービスが充実した、まさに生グラディウスファンのための一作といえる。

ストーリー

宇宙6664年。
サイレントナイトメア事件」の2年前。
グラディウス帝国の保護である惑星アンティトン突然沈黙するという事件が発生した。
宇宙科学技術庁長官ヴェノム博士の報告で、同惑星マザーコンピューターバクテリアンによって密かに侵食されていたことが明らかになった。
事態を重く見た政府は同惑星宇宙軍を派遣することを決定。
その中には、かつてバクテリアンを退けた超時空戦闘機ビックバイパーと、そのパイロットである特別大佐ジェイムスバートンの姿があった。

(公式サイトよりexit)

本作ではMSX版『グラディウス2』の前日談られ、初代作とMSX三部作との間をつなぐビギニングストーリーとして、それらの登場人物がプロローグ等に顔を出している。

ジェイムス・バートン

主人公。後にグラディウス皇帝ラーズ18世となる人物。
ビックバイパーパイロットとして惑星アンティトンへ向かう。

ヴェノム博士

グラディウス軍の科学者で、通信を通じてジェイムス示を送る。やたらメタ台詞が多い。
人物としての詳細は個別記事へどうぞ。

ゲームシステム

従来のシリーズ作品同様、開始時に武器タイプを選択。今作ではバリアーもタイプごとに固定となった。
ミサイルダブルレーザーの3種は二段階パワーアップが可
最初は3タイプだが、周回クリアによって最終的に5タイプから選択できるようになる。

タイプには『グラディウスジェネレーション』と同様に武装のコンセプトが名称に割り当てられている。

タイプA
-万-

SPEED UP MISSILE DOUBULE LASER OPTION SHIELD
正銘の初代装備。
これといって記述する必要ないくらい標準的なタイプだが、変に攻撃範囲が拡がらない分4面の処理は楽かも。
タイプB
-広範囲攻撃-
SPEED UP 2-WAY TAIL GUN RIPPLE OPTION FORCE FIELD
いわゆるグラII4番装備である。
火力が低いが、今作は堅い敵が出てくる場所がかなり限られるため、そこさえ注意すれば充分に使える。
タイプC
-攻撃重視-
SPEED UP SPREAD BOMB VERTICAL TWIN LASER OPTION SHIELD
火力ミサイルレーザーが売り。
ガンガンいこうぜ戦法でいけるが、守備が心許ないので理をしてはいけない。

以下、周回クリアによって追加されるタイプ
グラディウス2』の主人公メタリオンの試作機で、自機のカラーリングビックバイパーと異なっている。

タイプD
-試作-
SPEED UP NAPALM MISSILE DOUBLE UP LASER OPTION SHIELD
一周クリアで解禁。
グラディウス2』で猛威を振るったラインナップ。しかしオプションが2つしか取れないところまでご丁寧に再現されてしまった。
強いことは強いが、さすがに仕様の違いには勝てなかったか、原作ほどの頼もしさはない。
タイプE
-初心者向け-
SPEED UP 2-WAY V-SHOT VECTOR LASER OPTION FORCE FIELD
さらに一周クリアで解禁。
これまでのシリーズを統轄したようなラインナップで、オプションもちゃんと4つ装備できる。
が、実は破壊攻略が猛に苦手で、それが出てくる2面で初心者殺しを発揮する本作最大の地雷タイプエクストラステージだって?やめとけ!やめとけ!

核武装解説






  • リア
    先述の通り、今作ではタイプごとに固定である。
    どちらも耐久度を1残した状態になると赤色に変わるため、り替えのタイミングを見計らいやすくなった。
    • シールド
      前面を防御する耐久度16。
      替えが効かないことや、今作は正面からの攻撃がしいこともあり普通に必要。ただし地形に削られる点は留意するべき。
    • フォーフィールド
      全体防御のバリアー。耐久度3。
      安心感は段違いだが、特に高次周ほど剥がれやすさが気になってくる。

ステージ

今作は5ステージ構成。エクストラステージは寄りのようなものなので攻略面数とは数えなくて良いだろう。
やや物足りないようだが、必要なWiiポイントの量(およそ千円分)を考えれば妥当だし、追加武装やストーリーの補のためには3周クリアが必要なので、実際のボリュームはかなり濃い。

STAGE1 火山地帯

おなじみの火山ステージだが、1面に配置されるのは実に初代以来である。

ステージ冒頭、向かい合う2基の気装置のどちらを先に壊したか、または壊さなかったかでステージの展開が3通りに変化する。
どちらも壊さなかった場合はそのままの面攻略になる。これが一番簡単。
上のい装置を先に壊すと、雪景色になる。すると中ボスとしてアイアンメイデンが出現。硬い敵なので、ここまでに装備を調えたいところ。
下のい装置を先に壊すと、面全体がになり、すべての火山から噴火するようになる。一番難しいが、スコアが稼げるので腕に覚えのある方は是非。
雪景色以外のパターンでは、中ボスゾーンで2座の火山からの火山弾を処理するようになる。

ボスイメチェンしたビッグコア火山を消滅させるほどの火力で登場してくるが対戦はいつも通りなのでちゃっちゃと撃破しておこう。

STAGE2 細胞

した機械要塞が多量の細胞に覆われているステージグラディウス2の要塞惑星と同じ場所だろうか?

前半は増殖する細胞が障物となって行く手を阻む。先述の通りタイプEでの攻略はものすごく難儀する。

後半は上下の地形をつなぐ筋を破壊しつつ、後方から飛来する細胞を回避して進むパート
ここの面展開は全に『ゴーファーの野望 Episode II』のセルステージオマージュになっている。

中ボスはいつもより有機的な姿のザブラッシュ。カプセルは出さないので、やられないように。

ボスは『ネメシス』のクロウラーを強化したような敵。
2本の腕でのパンチ攻撃や、地形を大きく揺らす攻撃など、かなりアグレッシブかつしい攻撃をしてくる。

STAGE3 モアイ

上下にスクロールする、いつものモアイステージ。後半には風車のように回転するモアイが出てくる。
配置が散漫な上、稼ぎになるほどイオンリングを吐いてくるわけではないので、手詰まりにならないうちに抜けるのが吉。

中ボスは取り囲むように円を組む飛行モアイ攻略。壊して攻略するゾーンではないので、復活時などはとにかく回避した方が良い。

ボスアルカノイド巨大モアイ
ボス部屋ではグラディウス2の1面に出てくる巨像ソッドがになって塞がる。額のコアが弱点で、ボス部屋内を跳ね回っている状態でダメージを与えられる。
稲妻を発生させてモアイを召喚してくるが、実はこの稲妻には喰らい判定がない。とにかく注意すべきは額に隠れたときのレーザー攻撃である。
撃破すると、なぜかインルーダの断末魔の悲鳴を上げて崩壊する。

STAGE4 砂漠

『ネメシス』4面の遺跡が砂漠化した場所。ステージ2のボスと共に、本作が『ネメシス』のリメイクである事を明するステージである。

前半は元ネタよろしく恐竜が散見されるパート。このを撃つと飛散して撃ち返し弾になる。破壊不可能なのでヘタに撃つと回避が難しくなり、特に広範囲を攻撃できる武器ほど危険。カプセル闊に取ってしまわないこと。

後半は人間の脊髄(ムカデとも言われる)のような敵が勢いをつけて突進するゾーン。直進するものもあるが、多くは『沙羅曼蛇』のプロミネンスのように半円状に突進してくる。動作が素いので、出現の兆しが見えたらとにかく離れるのが良い。

中ボス地帯は恐竜の頭蓋のようなモンスターが編隊を組んで襲来する。弾を吐いてくるが、中の方がしく厳しかったので、ある種の休憩地帯である。

ボスは再びビッグコアだが、一度撃破しかけるとパワーアップイオンレーザー6門にくわえ、さらに2つの門から大きなレーザーを発射してくる強敵に化ける。
このレーザーワインダーをかけ、こちらの動作を制限してくるのでなかなか手強い。

STAGE5 要塞

最終的地である惑星アンティトン本丸に潜入。
従来の要塞面とギミックは少ないが、敷き詰められたハッチ、台をダッカーが縫う面構成はやはり難しい。
中盤のエレベーター地帯はちょっとした休憩地帯。カプセルが多く出るので復活時には確実に利用したい。

ボスMSX版『沙羅曼蛇』のエニグマと同じ挙動をするコア
エニグマと違い、防コアをすべて破壊しないと、部にある本体を攻めることが出来ない。壊すべきところが多く、それで大量の弾をばらまいたり突進攻撃をしてきたりと、まともに戦えば強敵である。
しかし出現時に防に入ってしまえばそこに安置があり、安全に自爆待ちが出来てしまう。ボスの宿命には逆らえなかったのだ…

後半もまた多くの敵機に、レーザーが行く手を阻んでくる。地形の凹凸しくなり、せり出しこそしないもののスクロールに潰されないよう注意する。
その先には電磁ユニット地帯。まだになってないので上下の端がとりあえず安置だが、ダッカーの処理を忘れずに。

そのにあるマザーコンピュータを破壊し、ミッションクリアへ――

EXTRA STAGE

ステージ2に二箇所、ステージ4に一箇所の特定の場所に自機を重ねると移動できるステージ[6]
初代グラディウスの2面のように破壊できる粒で埋め尽くされている。掘り進むように進んでいくと、通常ステージではおにかかれない黄色カプセル(スコアアップ)緑色カプセル(エクステンド)が大量に出現、回収して稼ぐことができる。
進入元のステージボスをスキップすることが可で、エクストラステージ内でミスした場合はそのまま次のステージまで飛ばされて復活する[7]

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *すでに購入済みのプレイヤー償で更新版へのアップデートが出来た。ただし、2018年3月Wiiウェアの配信が終了し、新規に入手することは現状では不可能である。
  2. *第二弾が『魂斗羅ReBirth』、第三弾が『ドラキュラ伝説ReBirth』。
  3. *とりわけMSXゲームボーイなどの庭用オリジナル作品のものが多い。
  4. *ゲームだが、ダライアスのウェーブとよく似ている。
  5. *初代が移植された際、容量の都合で2つまでしかつけられなかったことがおおもとの由来。
  6. *入るのに条件は特にないが、周回数が定されており一つも攻略できない周回もある。詳細は割愛
  7. *逆に言えば、死んでしまえばそこで稼ぎがストップするということである。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A6%E3%82%B9%20%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グラディウス リバース

1 ななしのよっしん
2018/10/10(水) 19:10:08 ID: FzgSbKgq4A
記事ができてたんだ
嬉しいな

これ本当に面いと思う
2 ななしのよっしん
2018/11/09(金) 20:23:30 ID: FzgSbKgq4A
インレーザーの判定って独立してた?
たとえば「上側だけ敵に当たって消え、下側だけになって飛んでいく事がある」という意味なんだよね
そういう事にはならない(幅広の弾1発)のような気がするけど……
3 ななしのよっしん
2018/11/10(土) 00:42:22 ID: byurZ/JQEx
>>2
おっしゃる通りでした…。
Wikipediaにも書いてあったし、動画でも一瞭然でした。他のタイトルと並行して書いててきちんと精をしないまま完成を急いだためです。ありがとうございました
その他、ここほど大きく誤ってはいないと思いますが直しを入れました。

4 ななしのよっしん
2018/11/10(土) 01:14:28 ID: FzgSbKgq4A
本当にツインレーザーの判定が独立していて
上下のうち1つだけになって飛んでいく場合がある
というバージョンってあったっけ……

グラIII以来ずっと「幅が広い単発」だと思っていたけど
5 ななしのよっしん
2019/01/07(月) 17:12:29 ID: jJkz4qQFfN
これ買っといた方がいいのかなー?
スイッチ移植の噂もあるし悩むな
6 ななしのよっしん
2019/01/07(月) 17:25:21 ID: jJkz4qQFfN
この記事 脚注 1 間違えてるな
まだwiiウェアポイントが残ってれば買えるから
購入 不可能じゃないんだけどな
7 ななしのよっしん
2019/05/15(水) 08:12:16 ID: Ysb8AfZT2r
2面は中の内装からみるに
建造中のヴェノム艦なのでは?
BGMも意識してるみたいだし