グラノ単語

グラノ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

グラノとは、漫画うえきの法則」の登場人物の一人である。

概要

注意:この記事には、ネタバレ要素が含まれています。そういったものが苦手な方はブラウザバックをおすすめします。

ロベルト十団壊滅後に登場した、バトルきっての問題児本編以外で紹介された本名は“グラノ・モケール”らしい。(一部の模型“危険戦隊ザンパイザー”という呼称といい、“模型”と“負ける”の掛詞らしきフルネームといい、負けフラグ要素の多いキャラである。)
模型がつく程の好きな中学生だが、同じ模型好きなキャラと仲がいい訳ではなく、時には利己的な理由で暴力を振るう。
模型オブジェに例え、芸術品としてでるなど、少々ズレたように見られがちな価値観も持っているが、それ以上に非常に短絡的かつ残なうえ、間抜けな行動が立つ危険人物で、味方の反感をかう行動や、一歩間違えれば敵味方双方を巻き込むような行動といった、自滅のリスクが伴う行いをするのに、全くがない。(世の中には芸術品に例えられるほど作りや製作技術の高い模型はあるし、本人の模型に関する知識は確かなようだが、この人物の場合、美的感覚や趣味以前の問題であり、倫理観や危機管理などが他の中学生より下回っている。)
普段は一応、作り笑いで想良く振る舞ってはいるようで、たまに探索などで難な策も講じる他、試合開始前は他のチームとの諍いが始まる前に仲介に入るなど、なけなし程度ながらリーダーとしてのがあるような素振りを見せた。しかし、三次選考のためのチーム戦が始まって々、自分からレベル1段階のに関する事情やレベル2について等を勝手に話すわ、敵チームヒデヨシの話術にひっかかって限定条件を大で叫ぶわ、自分のに必要な物品を忘れた挙げ句、要である人物に対して暴力行為を働いて離反されるわと、わずか一試合で数々の問題行為を行い、試合終盤にて植木によって鎮圧された。


試合後は一試合の内容を中継されたために、植木チームともども、情報アドバンテージをカプーショマリリンチームなどにとられたが、この時点で日頃の行いと試合中の愚行のツケが到来。植木チーム以上に情報量をとられ、チームの一部メンバー離反による火力減少が起きた状態で、他のチームと闘うことになってしまい、ダイジェストで連敗した。(アニメ版では、大人の都合等で限定条件に関する描写や一部の台詞が変更されたが、本人の悪党ぶりやの癖、フォローしづらい発言などは、きっっっちり、他のチームに伝わった。)

余談だが、うえきの法則要人物にしてはしく過去描写が少ない。どうも、植木佐野のように、才の変動による有名税で小悪党にをつけられてる訳でも、ロベルト子のように才や財産の多寡、種族の違いなどでしか、相手を見ようとしない輩にばかりをつけられてる訳でもなかったようで、大変危険なを持っていながら、十団や他のチームに警されている描写はなし。過去背景も、あくまで他のメンバーを介して間接的に描かれている。

オブジェ(模型)を実物に変える能力

レイジーに物という言葉が似合う、大変危険度の高い人間などの多くの生物や、戦車ヘリといった危険性や機動の高い物品、果ては二次元兵器まで用意出来てしまう、多かつ迷惑極まりないゲテモノ。(仲間や第三者に被害が及びかねない範囲の攻撃を行うことにがないうえ、反省の余地すらどない分、ロベルトカプーショよりタチが悪い。)
一歩間違えれば、自滅する危険性もあるが、そこはレベル2にて、ある程度補われている。もっとも、補いきれずに敵味方から防備な状態で攻撃され、自分のの産物でダメージを受けることもあるが。
また、による遠距離攻撃の手さにが行きがちだが、下記の人物の補助抜きでは近接戦に役立つものが少なく、反射神経や体術の粗までは補いきれないため、マリリン神様など、徒手拳の心得のある人物には総合が高くないことをいちく勘づかれている。ちなみに、者や界人など、人間を実物化した場合、才の数や亜器なども反映されるか否かなどの不安要素があったが、本編では自身だけがダメージを受けた後、架人間を摸した模型を調達する様子がなかったため、その要素も有耶耶になった。
 ・限定条件
変換したい模型で遊ぶこと、言い換えれば、の発動前に、短時間防備な行動をするというもの。の危険性に反して条件は緩めだが、条件を満たす前に必要な物品そのものを奪われたり、を仕掛けられたりする落とし穴もある。その他、模型という一見調達しやすいようで、確保しやすい場所が限られている物を定されているためか、事前準備のあるなしで、手数や多様性が大きく増減する脆さもある。

グラノチーム

リーダーであるグラノを始め、メンバーの大半が独特の価値観と少々ズレた趣味を持ったチーム
グラノほど性格や言動の問題点の少ない人物も2、3名ほどいるのだが、一試合にてリーダーであるグラノとともに名などが他のチームに伝わってしまい、グラノの愚行の巻き添えまで受けた。

ギター
粗暴でカラオケ好きな少年チームメンバーの臆病な様子に対し、行き過ぎとすら思えるほどきつい発言をする一方で、特殊な植物に追いかけられている状況下で、(特性を悟られる遠因になりかねないが)まっとうな発案をする一面も。良くも悪くも、そこらのイジメっ子気質の中学生と大差ないキャラだが、三次選考まで勝ち進んでもなお、この程度なのが残念。
防御性に優れているが、癖が強く弱点が少なくないのため、おちょくりのようなと、偽で相手を翻弄している。自らを打ち明けることこそしなかったものの、植木との交戦中にペコルやに余計な時間を割いたことで、本質を悟られ、限定条件やレベル2まで全部叫ばれてしまう。
>歌衝撃波に変える(?)
限定条件などの理由で、人間に対しては効果絶大だが、応用に乏しく、生物や野生動物などには、防御以外に特にできる事がない。
・ムーニン
普段は俳句川柳のように五七五で話すが、ダジャレポエムといい、強く拘る変わり者。だが、言動は丸めで驕りが少なく、の練度や分析なども高い、影の実者。チームメンバーであるパステロとの連携も確かで、ペコルにも少し慕われている。しかし、植木チーム戦時ではレベル2になってないことや、ギタールなどと離れた場所で戦うことになったのが運の尽き。連勝するとギタール・グラノに空白の才が渡ってしまうリスクを背負ってまで奮闘する理由がどなくなってしまい、情報量での不利なども重なって連敗した。
>ダジャレ現実に変える
一見、植木に負けず劣らずシュールな名前だが、自己強化や投擲妨、回避不可攻撃まで行える、強で柔軟性もある。限定条件は、対を笑わせること。味方の補助抜きでは満たしにくいように見えるが、本人の頭の抜けによって、カバー
ただ、一撃一撃の威は低くないが、他の参戦チームべると大人しめで、グラノの失敗やペコル離反による火力不足までは流石に補えない。また、を連発するのには少々時間がかかるためか、が強くないためかレベル2にはなっていない。
・パステロ
塗り絵に強い拘りをもつ大柄な少年ギタールやグラノにべると、言動や性格は丸めだが、の時間稼ぎの際に発した言動によって、ムーニンともども激怒するシーンも。
破壊に乏しいが、ムーニンとの相性のいい佐野タッグを相手に善戦したが、相手チームムラしさと頭に惑わされ、敗北となった。
>ぬり絵をワープトンネルに変える
自身のぬり絵をワープトンネルの入口にし、自身の意図した位置に出口を設けて、相手を遠隔攻撃できる。この相方を補助しつつ、相手側の発動阻止などを行った。
詳しい限定条件は不明だが、所持品などの準備不足故か、ムーニンの補助にしすぎたのか、筆以外のものでの攻め・ワープトンネルによる防御などといった描写は見られなかった。
 ・ペコ
気弱だが優しい少年。特殊な植物の弱点に勘づき、自身や他の者を助けるための策を講じるなど、それなりに頭がまわる。の相性の良さにをつけられ、暴力脅迫でグラノに強引に従わされている。後に植木たちの説得などにより、精面が成長。グラノの暴力などをある程度防ぐべく、一試合にて辞退し、間接的に植木たちをサポートした。

>写真模型に変える
元々バトルに勝ち進むために選んだではなかっため、破壊や妨などにど使えないが、特殊な生物を追い払うことや、接近戦が苦手で隙だらけな人物を黙らせることには貢献した。地味に、チームメンバーの中では一度に変えられるものの個数が較的多め。このによって、準備不足だったグラノをフォローしたが、その分、離脱による反動も大きかったらしく、チームメンバー火力が減少。(おまけ界の生物や、による疑似生命をあしらう手段も減った。)

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%8E

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グラノ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • グラノについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

おすすめトレンド