グランゼドーラ王国単語

グランゼドーラオウコク

グランゼドーラ王国とは、「ドラゴンクエストX」の冒険の舞台アストルティアに存在する地名である。レンダーシア北端のグランドーラ領に位置する王に面した崖地のグランドーラ領にて、巨大な王グランドーラ」と下町、そして客船グランドタイタス号が停泊する港などを構えている。

ドラゴンクエスト関連用語の一覧 > グランゼドーラ王国
アストルティア > レンダーシア > グランゼドーラ王国

グランゼドーラ王国とは、「ドラゴンクエストX」の冒険の舞台アストルティアに存在する地名である。

概要

グランゼドーラ王国 正門からの眺め
グランゼドーラ王国 正門からの眺め
王国の街並み
並み

レンダーシア北端のグランドーラ領に位置する王ドラゴンクエストXにおいてプレイヤーが「グランドーラ」と言う場合は、一般的にはこの「グランゼドーラ王国」をしていることが多い。

メルサンディ村」「アラハギーロ王国」「セレドの町」にて3匹のを集め終わった後に訪れる、レンダーシアストーリー上非常に重要となる拠点。

に面した崖地のグランドーラ領にて、巨大な王グランドーラ」と下町、そして客船グランドタイタス号が停泊する港などを構えている。主人公(ドラゴンクエストX)は、冥王ネルゲルの背後に存在する「大いなる闇の根」に対抗するべく、この王にいる勇者姫アンルシアめて港町レンドアからグランドタイタス号に乗船する。しかしの「迷いの」の影により阻まれてしまい、前述の3匹のを集めて「三門の関所」を突破することで陸路にて訪ねることとなる。

この王の住人は、みなグランドーラに住まうアンルシア姫勇者と讃えているが、主人公が故郷で見た「勇者覚醒」をこの王の住人たちはも見ていないという。メルサンディ村の事件以降記憶を取り戻しつつあるミシュアは、アンルシア姫に会うためグランドーラへと足を進める。

クエスト(ネタバレ除外分)

グランゼドーラ王国にもいくつかクエストが用意されている。下記を除き大半はネタバレに絡む内容となっているため、そちらは後述の「グランゼドーラ王国の秘密」項に記載している。

便せんクエスト

他の拠点と同様、グランゼドーラ王国の郵便局にも便せん作成クエストが用意されている。この王で売り出そうとしている便せんは、ワルドから入手できる飛の落涙を使用した「なる王の便せん」。

グランゼドーラ王国の秘密(ネタバレ注意)

ネタバレ注意 この項は、ドラゴンクエストXレンダーシアストーリーネタバレを含んでいます。
シナリオクリアの方はご注意ください。

偽グランゼドーラ王国

魔勇者アンルシアを讃える演劇が行われていた劇場
魔勇者アンルシアを讃える演劇が行われていた劇場

主人公がはじめて訪れたグランゼドーラ王国は、メルサンディ村アラハギーロ王国セレドの町などと同様に、大魔王マデサゴーラが創生の渦の魔によって創り出した「偽りのレンダーシア」のひとつ、「偽グランゼドーラ王国」であった。

偽グランゼドーラ王国の住人は、であるアンルシア姫を含めた全員大魔王マデサゴーラによって造られたかりそめの生物である。アンルシア姫魔勇者アンルシア)は、勇者を手に入れるために実験的に生み出された「勇者姫アンルシア」のコピーで、王の住人たちはそんな魔勇者アンルシアを讃え、彼女実験に利用されるためのモルモットであった。

これまで住人たちを用いた数多くの人体実験を行ってきた魔勇者アンルシアであるが、いずれも勇者をその身に宿す結果には至っていなかった。そこへ、記憶を失っていた本物の勇者姫アンルシアであるミシュアが訪れたことにより事態は急変する。直接本物から勇者を奪い取ろうとするも、主人公の活躍によりミシュアの記憶が復活。主人公勇者姫アンルシアにより魔勇者アンルシアは打ち倒される。結果、偽グランゼドーラ王国は不在となり、それと同時に住人たちは自分がかりそめの生物であることに気付いてしまう。

絶望し生きる意味を見失った住人たちであったが、後に配信されたグランゼドーラ王国外伝クエスト「よみがえる王」にて、新たな導者を王に迎えることで再び生きる希望を見出していく。

偽グランゼドーラ王国のクエスト(ネタバレ分)

魔勇者アンルシア討伐後、王の住人たちが自らの正体に気が付いた状況で新たなクエストが発生する。

いずれのクエストも、打ちひしがれる住人たちの中で希望を見出そうとするものに関連する物語が描かれる。また、前述の外伝クエスト「よみがえる王」では、に出ていた王関係者が帰還し、人々を勇気づけようとする内容となっている。

真のグランゼドーラ王国

真のグランゼドーラ王国 正門からの眺め
のグランゼドーラ王国 正門からの眺め
噴水広場
広場

魔勇者アンルシア討伐後、レンダーシアストーリー第2章にて、主人公勇者姫アンルシアレンダーシアへと帰還を果たす。

のグランゼドーラ王国では、魔王軍の襲撃の際に勇者姫アンルシア行方不明(偽りのレンダーシアへと飛ばされていた)となっていたことにより住人たちが意気消沈していたが、彼女の帰還により再び大魔王マデサゴーラ討伐に向けた気運を高めていく。

勇者姫アンルシア魔王軍が再び襲撃してくる可性に備えてグランドーラにて待機し、主人公は王お抱えの賢者ルシェンダの導きにより、レンダーシア各地で発生している事件を解決していくこととなる。

真のグランゼドーラ王国のクエスト

便せんクエスト

偽グランゼドーラ王国と同様、のグランゼドーラ王国の郵便局にも便せん作成クエストが用意されている。この王で売り出そうとしている便せんは、グランドーラ領のキラーパンサーから入手できるまじゅうのうぶ毛を使用した「勇者姫の便せん」。

髪色追加クエスト
サロン・ド・フェリシアのヴィダル
サロン・ド・フェリシアのヴィダル

5大陸の野営地などで受注していた髪色追加クエストについて、レンダーシアではのグランゼドーラ王国の美容院「サロン・ド・フェリシア」にてふたつ受注することができる。野営地で受注していたクエスト較し、こちらは一度のクエスト報酬でまとめて8色が追加される。前述の通りふたつクエストが用意されているため、両方クリアすることで計16色が追加されることとなる。

クエストを受注するNPCは、サロン・ド・フェリシアで重要なポストに着いている女性ヴィダル。なお、相方としてアラハギーロ王国の支店にサーンズという男性派遣されている。ふたりの名前を合わせると…。

週替わり討伐クエスト
討伐隊員ロナール(左)
討伐隊員ロナール(左)

三門の関所の内部には「討伐隊員ロナール」が滞在しており、彼に話しかけることで週替わり討伐クエストを受注することができる。

ここに用意されている討伐リストは、いずれも報酬が10万ポイントえる高額なものばかりとなっている。そのため、彼の周囲ではプレイヤーたちのレベルアップ音が絶え間なく鳴りいている。

夢現篇クエスト

のグランゼドーラ王国のとある場所からグランマーズの館へとアクセスすることができる。

ここは占いグランマーズが居を構えており、ダークドレアムと戦う「夢現篇クエスト」にてグランマーズの導きのもとにストーリーを進めていくこととなる。

アクセス

前述の通り、グランゼドーラ王国へ向かう場合はまず「メルサンディ村」「アラハギーロ王国」「セレドの町」にて事件を解決し、3匹のを集める必要がある。

3匹のを集め終わると、「三門の関所」のグランゼドーラ王国方面の門が解放される。そこからレビュー街道南→レビュー街道北→グランドーラ領と経由することでグランゼドーラ王国へと訪れることができる。

のグランゼドーラ王国へ向かう場合は、レンダーシアストーリー第2章を進めることで自動的にのグランゼドーラ王国へと足を踏み入れることとなる。

隣接エリア

徒歩経由

グランドタイタス号経由

飛竜経由

関連項目

ドラゴンクエストX アストルティアの拠点
オーグリード大陸 ランガーオ村 | 獅子門 | グレン城下町 | グレン城 | ガートラント城下町 | ガートラント城
ウェナ諸島 レーンの村 | ジュレットの町 | ヴェリナード城下町 | ヴェリナード城
エルトナ大陸 ツスクルの村 | 風の町アズラン | 王都カミハルムイ | カミハルムイ城
ドワチャッカ大陸 アグラニの町 | 岳都ガタラ | ドルワーム王国 | ドルワーム水晶宮
プクランド大陸 プクレットの村 | オルフェアの町 | キラキラ大風車塔 | メギストリスの都 | メギストリス城
レンダーシア ココラタの浜辺 | 三門の関所 | メルサンディ村 | セレドの町 | ダーマ神殿 | アラハギーロ王国 | グランゼドーラ王国 | グランドーラ | 族の隠れ里
レンドア 港町レンドア
ラッカラン 娯楽島ラッカラン

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%BC%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A9%E7%8E%8B%E5%9B%BD

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グランゼドーラ王国

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • グランゼドーラ王国についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/22(木)11時更新