グラードン単語

グラードン

グラードンとは、ポケットモンスターに登場するNo.383ポケモンである。初登場はルビー・サファイア

基礎データ
名前 グラードン タイプ (通常)
 (ゲンシ)
英語 Groudon 高さ 3.5m(通常)
5.0m(ゲンシ)
分類 たいりく 重さ 950.0kg(通常)
999.7kg(ゲンシ)
図鑑 #383 特性 ひでり
ジョウト #
ホウエン #199(RSE
#208ORAS
夢特性
シンオウ # ゲンシ特性 おわりのだいち
イッシュ # グループ タマゴみはっけん
カロス # 孵化歩数
アローラ # 性別 不明
世代 第三世代 努力値 攻撃+3
進化 進化しない
No.383
グラードン
たいりくポケモン
じめんタイプ
たかさ  3.5m
おもさ   950.0kg

カイオーガと しとうの すえ ながい
ねむりに ついた。だいちの けしんと
いわれる でんせつの ポケモン
種族値 合計670
H
P





100 150 140 100 90 90
種族値ゲンシカイキ) 合計770
H
P





100 180 160 150 90 90

図鑑説明

ポケットモンスターファイアレッドポケットモンスターリーフグリーン
カイオーガと しとうの すえ ながい ねむりに ついた。だいちの けしんと いわれる でんせつの ポケモン
ポケットモンスタールビー
だいちを もりあげて たいりくを ひろげた ポケモンと しんわで かたり つがれている。カイオーガと しとうの すえ ねむりに ついた。
ポケットモンスターサファイア
あまぐもを ふきはらい ひかりと ねつで みずを じょうはつさせる ちからを もつ ポケモン。こうずいに くるしむ ひとびとを すくった。
ポケットモンスターエメラルド
りくちを つくったとして しんわに とうじょう。ちていの マグマの なかで ねむっていて おきると かざんが ふんかすると いわれている。
ポケットモンスターダイヤモンド・パールポケットモンスタープラチナ
おおむかし カイオーガとの しとうの すえに ちかマグマの なかで ねむっていた ポケモン
ポケットモンスターハートゴールド・ソウルシルバー
こうねつで みずを じょうはつさせて だいちを ひろげたと いわれている。カイオーガと はげしく たたかった。
ポケットモンスターオメガルビー
しぜんのエネルギーに よって ゲンシカイキし ほんらいの すがたを とりもどす。そのちからは マグマを うみだし だいちを ひろげる。
ポケットモンスターアルファサファイア
だいちのけしんと つたわる ポケモン。しぜんのエネルギーを もとめて カイオーガと あらそいを くりかえしたという でんせつが ある。

概要

グラードン

カイオーガとグラードン

グラードンとカイオーガは、当然のことながらよく較される。そして多くの場合、カイオーガの方が数段強いという評価をされる。
大きな理由はそれぞれのの相性の都合である。
晴れではほのお技が、ではみず技が強化され、いずれも強な技はほとんどが特殊技であるが、カイオーガは高い特攻を持ち、かつ自身もみずタイプタイプ一致の二重補正で2.25倍に強化されたハイドポンプやしおふきを撃つことができる。
これを等倍で耐えられるポケモンはほとんどおらず、半減しても耐久ければ致命傷は必至。
耐久面でも、特殊耐久が高く特殊技の飛び交う伝説戦で有利、弱点もほぼ特殊のくさタイプでんきタイプであり安定感がある。 
一方グラードンはじめんタイプ物理アタッカー力技地震の影を受けない。
 ほのお技は不一致かつほとんどが特殊技なため、グラードンが使ってもカイオーガべ破壊が出ない。
特殊耐久も禁止伝説ワースト3で、弱点のくさ・こおり技で大ダメージを受けてしまう。
てかそもそもみずVSじめんと言う時点で、相性不利という問題もあって…

というかカイオーガは全ポケモンの中でも最強補によく挙げられる存在である。
実際グラードンカイオーガが使用可だった、2004と2010の公式大会ではいずれもカイオーガが使用率でトップを誇る人気ポケモンだった。
決勝戦はカイオーガ対決になるに違いないと予想したものも多かった。

しかし…
両大会とも、最後に優勝したのはグラードンであった。

グラカイが出られるルールでは当然ながら対策をみな取りえる。
というか模様がめまぐるしく変わる合戦になりがちである。
カイオーガは技と特性があまりにも噛み合いすぎていたため逆に全を出し辛く、一方グラードンは常に安定して戦うことができた。
また伝説のポケモンドラゴンタイプや特防の高いポケモンが多く、みずよりもじめんの方が有効なケースも多かった。
単体のではカイオーガが強くても、周りの環境晴れパのポケモンたちには、充分にカイオーガを止めるがあったのだ。

時はめぐって2016年、その年の公式大会であるWCPのルールは「伝説のポケモンを2体まで使用可」というものであった。後述の「ゲンシカイキ」による強さのもと、グラードンが大暴れするのではないかと言われていた。

しかし、シニア部門においては優勝したトレーナーパーティーにはその姿はなく、カイオーガが入っていた。

今度は逆に、グラードンがと技に噛み合いすぎたためにを変えられると全を出しにくくなり、を取りたいということから敢えて鈍足にしたせいでカイオーガなどのみずタイプの技であっけなく落ちてしまいがちになってしまった。多くの人が使うからこそ研究され、乱気流が吹き荒れる向かい風の中での戦いとなったのだ。とくぼうの高いポケモンは他のメンバーで対応し、特にレックウザを用いることでを変えやすくした。単体では圧倒的だとしても、周りの環境及びポケモン達には、グラードンを止めるがあったのだ。

カイオーガ率いるパとグラードン率いる晴れパ。
ポケモン界最高峰かつ最も熱いライバルと言ってもいいであろうこの両者は、
これからも熱い勝負を繰り広げていくに違いない。

メタ・グラードン

劇場版ポケモン第6作『七夜の願い星 ジラーチ』に登場した、グラードンとは似ても似つかない化物。元マグマ団の研究者バトラーが、ジラーチが蓄えたエネルギーを転用する事でグラードンのの化石からグラードンそのものを再生するという試みを行ったことで誕生する。
しかし、実験の結果生まれたこのメタ・グラードンゴジラ並みの巨大なゲル状の体を持ち、体から伸ばす数の触手で周囲の生命エネルギーを見なく奪い取りながらあらゆる生物人間ポケモンを問わず)を体内に飲み込んでいくという怪物であった。
舞台となっていた土地ファウンスの自然を半壊させ、タケシハルカロケット団バトラーを止めようとしていた彼の幼馴染ダイアンジラーチを迎えに来ていたアブソルを始めとするファウンスに住む数のポケモンを飲み込んでしまうなど破壊の限りを尽くすも、最後はサトシマサト、自分の愚かさを悟ったバトラーにより誕生に使用した機械を逆転使用させられたことで消滅した。飲み込まれた人間ポケモン事だったものの、ファウンスの自然そのものにはダメージが残ってしまい、バトラーとダイアンファウンスの自然復活のために残ることとなった(『波導の勇者 ルカリオ』のEDでその後の様子が描かれている)。

なお、生命を奪うという数の触手を伸ばすゲル状の巨体などから分かるように、デザイン元ネタは「もののけ姫」に登場した暴走ダイダラボッチ

ゲンシグラードン

グラードン

2014年11月21日に発売されるオメガルビーパッケージに載っていた、いわゆるの姿のグラードン。
ゲンシの時代にはこの姿でゲンシカイオーガと争っていたと伝承ではられている。
見たい線の部分がマグマによってり、い皮膚はルビーのような質感でいている。
全体的に大きくなっており、重さが999.7kgと自身の持つ最重量記録を更新している。
X・Yで登場した「メガシンカ」に似ているが、関連性はゲーム中に明らかになる。
ゲンシカイキは「べにいろのたま」を持たせた状態で戦闘に出すだけで自動的にする。
強制ではあるためタイミングずらして撹乱することができないが、メガシンカを消費せず、むしろ後述の強特性などでメリットが大きい。

ゲンシカイキ」で本来のと姿を取り戻したことで、ほのおタイプが追加され、特性は「ひでり」の上位種として「おわりのだいち」となる。従来のにほんばれ状態との相違点は以下の通り。

ほのおタイプが追加された事でタイプ相性上はみずタイプに対してさらに不利となっているが、それを補正でした形となった。
ほのおタイプとは耐性面でも相性がよく、を加味すると弱点はじめんタイプのみとなり、弱点である「くさむすび」も等倍で耐えられるようになった。グラードンは物理攻撃が流なので、ほのおタイプによってやけど状態にならなくなるのもポイント
ただし、現状習得できる物理炎技は、基本威75の「ほのおのパンチ」が最大火力である。
ゲンシカイキで特攻も150伸びるので、炎技は特殊で「だいもんじ」等を採用するのもいいかもしれない。
また、「だんがいのつるぎ」という、威120の複数体を攻撃するじめんタイプ専用技を新たに習得する。

関連動画

 

お絵カキコ

グラードン(RS) グラードン(DP) グラードン(BW)

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グラードン

928 ななしのよっしん
2019/01/11(金) 19:31:27 ID: F8qNsMo7uj
スマブラスピリットゲンシグラードンがいるが、何故か自分の炎耐性を上昇させるを持っている。そこは耐性強化や自分の炎攻撃上昇じゃいかんかったのか
929 ななしのよっしん
2019/02/10(日) 11:36:46 ID: FyUK4++tzN
結局ゲンシカイキ封じられても伝説解禁戦最強クラスの性というね
こいつにとって一番大きい強化だったのはゲンシカイキじゃなくだんがいのつるぎの習得だったということか
Zワザとの相性も抜群だしなこの技
930 ななしのよっしん
2019/04/14(日) 00:41:09 ID: vAGwnqMQ29
禁止伝説とかほっとんど地面半減できないもん気づいたらこいつがブッ刺さってる
931 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 10:51:24 ID: zYLFnfnyeM
メガとZは止らしいけどゲンシカイキワンチャンありそうだな
932 ななしのよっしん
2019/06/23(日) 15:31:10 ID: FyUK4++tzN
ゲンシカイキなんてメガシンカ亜種生みたいなもんでしょ
まとめて止だよ絶対
まぁこいつとカイオーガは素で強すぎるから全然痛手にもならんだろうけど
(カイオーガに至ってはむしろゲンシカイキせざるを得ない状況から解放されて強化ですらある)
933 ななしのよっしん
2019/06/25(火) 22:10:43 ID: Sbj164YeJ/
特殊ゲンシグラードン楽しい。
934 ななしのよっしん
2019/07/01(月) 21:04:09 ID: X9zW0RGcuI
フリーシングルで潜ってゲンシカイグラXミュウツー組まれたら100%死ぬ
自分は勝手に禁伝不使用しばりやっててXミュウツーはまだなんとかなるがゲンシ組が
禁伝以外でなんとかするっていったらノーテンキゴルダックか呼びトリトドンぐらいか?
でも勝ち筋全く見えないんだよなあ…
935 ななしのよっしん
2019/07/06(土) 23:53:54 ID: cEwpQPKB5D
「技と特性があまりにも噛み合いすぎていたため逆に全を出し辛く」って説明がよく分からないんだけどどういうこと?
936 ななしのよっしん
2019/07/11(木) 22:12:24 ID: X9zW0RGcuI
>>935
カイオーガレックウザ後出しor対面で相手が鈍足ならおおひでり上書きされて「効」がなくなる
だからで4倍弱点突かれてすぐ死ぬデカいサンドと化すからじゃないか
しかもメインウエポンの炎技も全部死ぬ
カイオーガは「効」だけどそもそも対面で技出すこともないしせいぜい技受け出しぐらい
レックウザは飛行に抜群取れる技を弱める
つまりグラードンはおおひでりがないとやっぱりただのデカいサンドってこと
937 ななしのよっしん
2019/07/12(金) 18:49:50 ID: X9zW0RGcuI
>>936
ごめんカイオーガは「炎技効だった」
どちらにしても炎技出す場面ないけどね
でも炎ポケモンに対してダメ受けずに後出ししやすいのは大きい