グロース単語

グロース

もしかしてグロスgross,gloss

曖昧さ回避

  • growth - 成長・発展を意味する英単
  • gulose - 単糖の一種
  • groß - 大きいを意味するドイツ語

グロース(Ghroth)とは、クトゥルフ神話における外なる神である。

概要

グロース(またはグロス)は〈先触れなるもの〉呼ばれ、今からおよそ八年以上前に飛来したとして現われ、シャッガイ(Shaggai)を破壊したと言われているネメシス的な外なる神である。また〈造物〉ともいわれているらしい。

錆びを思わせる球体をしており、その中心に巨大でを持っているが、そのは発見されることを怖れてか常に閉じられている。なんとなくをしたバックベアードさまを連想させられるものだ。

普通のようにガスで出来ているとされ、表面はひび割れ惑星のように見えることだろう。

グロースはやらなければならないことを実行し続けているという。それは美しい歌を口ずさみなが永遠に宇宙を漂い、近くの惑星で眠っている旧支配者外なる神めさせるきっかけになる。それはすなわち、そのの滅亡に導く要因になるものであり、死に満ちたシャッガイもその犠牲になったのだと言われている。それこその終わりを告げる先触れとなるものにほかならない。

シャッガイを破壊したことによってシャン(Insects from Shaggai)が地球ブリチェスター近郊にある町ゴーツウッド(Goatswood)の近くのに潜ませるきっかけとなった。なんてことを……

グロースを崇拝するものは興味を持つものくらいである。ゴーツウッドに小さな教団があるといわれるがシャンが仕組んだに違いない。おのれシャン

また『グラーキの黙示録』にはグロースの来訪が記されているという。『グラーキの黙示録』は広辞苑だな。


登場作品:ラムジー・キャンベル『The Tugging

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

グロース

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • グロースについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード

2019/08/23(金)03時更新