編集  

ケシ単語

ケシ

 ケシ罌粟芥子)とは、麻薬の原料となる植物である。

曖昧さ回避
  1.  ケシ - 「歌ってみた」の女性投稿者。VOCALOIDオリジナル曲を唄う。 →ユーザーぺージへ
  2.  ケシ - (罌粟芥子)は麻薬の原料となる植物。以下、この記事にて詳述。

ここではケシと、その仲間す「ポピー」について解説する。
ポピーに関連する植物以外の事項については→ポピーの記事を参照。

概要

ケシ
【分類】ケシケシケシ
【学名】Papaver somniferum
(学名の由来)Papaver→ギリシャ語古名より。には諸説ある/somniferum→眠り+運ぶ

ヒナゲシ(ポピー
【分類】ケシケシケシ
【学名】Papaver rhoeas
(学名の由来)rhoeasザクロの(ようにい)

アヘンの原料。成分のモルヒネモルフィン)は強麻薬。それを精製したヘロインジアセチルモルヒネ)はさらに強麻薬

果実(ケシ坊主)の未熟なものを傷つけると液が出てくるので、これを採取しアヘンを得る。アヘンは禁断症状が強いために中毒性が高く、重度の中患者はやがて自で活動する気も失い、アヘン窟とよばれる吸引所に入り浸ることになる。

一方、童謡「肩たたき」で"芥子が笑ってる"と歌われたり、NHKテレビ人形劇にこにこぷん」で「はなばなガールズ」として登場するなど、の可憐な姿は子供たちにされる対ともなる。

 子の楽曲「子の夢は開く」で"く咲くのは けしの"と歌われているが、全てのケシいわけではない。

歴史

どうしても「ケシ歴史」というよりは「アヘンの歴史」になってしまうので、のちにアヘンの記事ができる場合(あるのか?)も考慮して、ここでは簡潔な説明のみにとどめる。

19世紀の中ごろ、との貿易で大な赤字を出していたイギリスは、その対策として植民地インドで盛んにケシを栽培、採れたアヘンを清に密輸することを行い始めた。清ではアヘン吸引法が発達したうえ、現代ほど麻薬の恐ろしさが知られていなかったことから中患者が増。その割合は人口の10%にも達するほどの勢いだった。これに危機感を覚えた清の差大臣・則徐がアヘンを没収・棄を行ったが、その事を密輸業者に泣きつかれたイギリス政府は激怒。投棄アヘンに対する賠償をめ、その要を全てまなかったことを口実としてついにアヘン戦争1840-1842)を起こし、武でこれを認めさせた。なお戦争に勝利したのはイギリスだったため、南条約にはアヘンに関わる条項は一切設けられず、それどころか事実上の合法商品として大量のアヘンが清に流入し続けることとなった。

現在は、1928年に定められた麻薬製造制限条約により、世界的にアヘンの貿易が禁止されている。日本ではあへん法麻薬及び向精神薬取締法(麻向法)により、ケシを含むいくつかのケシ仲間規制の対になっている。麻薬成分を含んでいないケシ仲間規制されていないので、栽培してもよいし、野に生えているのを見てしまっても黙認してよい。

食用

麻薬の原料になるケシを食べるなんて、と思うかもしれない。特に「実はケシの種子にはモルヒネが含まれている」などと聞けばなおされそう思うだろう。しかしその含有量は本当にごく微量なので、よほど大量に食さない限りなんの問題もないと思われる。

ではケーキ・マフィン・ベーグルなどの材料として一般化していたり、またポーランドのマコーヴィエッツやハンガリーのベイグリにもその実がふんだんに使われているのを見ることが出来る。また日本でも菓子材料として普通に売られているほか、あんぱんの上にのっているゴマのようなものは、実はケシの種子(ポピーシード)である(注・本当にゴマがのっている場合もある)。この他、七味唐辛子の中に入っていたり、菓子の一種「松風」に使われたり、さらには小鳥用のエサにされたりもしている。

このように、もが普通に食べていながら何の問題も起こらなかったりする辺り、やはり当たり前に食べる分には、よほど大量に食さない限りなんの問題もないと思われる(大事なことなので二回言いました)。いずれにせよ、食用のケシの実は全て炒るなどの処理がされ、発芽しないようになっている。

生産

ミャンマータイラオス地帯はかつて「の三地帯」とよばれていたが、この場所では19世紀以来ケシが盛んに栽培され、麻薬が密造されてきた。時には膨大なを手にした密輸業者が、さらに事業を拡大しようと武装化を推進。ついには戦車ヘリまで動員して中国警備隊を攻撃し、あげく幾つかの町を占領してしまう事件が起きるなど、過去におけるこの地域の麻薬ビジネスは凄まじい規模を誇っていた。

現在ケシが最も多く栽培されているのはアフガニスタンで、タリバンを導として栽培が推し進められ、世界のアヘン生産をほぼ独占している。近年はミャンマーにおけるカレン人、ワ人(世界2位規模)、ロシアにおけるチェチェン人(アルカーイダと提携)、スリランカにおけるタミル人(現在は壊滅)など、独立める民族や集団が、その武装闘争の資とするため生産を行う例が増えてきている。

一方で、麻薬的ではない食用ケシは、チェコトルコがほぼ並んで最大の生産となっている。

ケシの仲間

ケシ仲間ポピーというが、多くはヒナゲシす。ヒナゲシは観賞用に栽培されるが、もちろん麻薬成分は含んでいない。

雑草として近年やたらとその辺で見られるようになった、ナガミヒナゲシ(P. dubium)は茎を傷つけると黄色い液体が出てくるが、これもセーフ

なお、雑草として代表的なノゲシ(野罌粟)は、ケシに葉が似ているだけで、キク科の全く別の植物である。

その他・豆知識

ケシに関連した名前を持つ人物

架空の人物

ケシに関連する楽曲

  • 歌詞の中に罌粟が出てくる歌。左が「子の夢はひらく」(1番)、右は「肩たたき」(4番)

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B1%E3%82%B7
ページ番号: 805856 リビジョン番号: 2351126
読み:ケシ
初版作成日: 08/12/29 22:18 ◆ 最終更新日: 16/04/18 00:08
編集内容についての説明/コメント: 「関連項目」に「モルヒネ」を追加しました。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ケシについて語るスレ

11 : ななしのよっしん :2016/01/11(月) 16:19:15 ID: ND5MyWMOGY
さっさとタバコも同列にしろよ
12 : ななしのよっしん :2016/04/09(土) 12:58:12 ID: 2/kzsdp0Rm
ケシの種は"有効成分"以外にも
それより多めの、とはいえ通常食すだけなら問題ないアルカロイドも含んでて
大量に食べるとこっちの成分がとして働く場合がある
効いたかも?とか言ってるやつはこっちの影がでてる可性もあるし
その場合、"有効成分"より体に悪いんで
どっちみちやめた方が良い
13 : ななしのよっしん :2016/04/09(土) 13:01:24 ID: 2/kzsdp0Rm
ナガミヒナゲシはモルヒネを含まないから見逃し対になってるけど、
爆発的繁殖で増え、
根っこから他の植物の育成をするアロレパシー効果を持ってる
他の種を追い出すから、有成分がないからと言って放置しないほうがいい
最近、道路を走るに種がくっついて
もともと多かった関東から西へ北へと生育範囲が広まってる
の所も3年前に見かけるようになったけど
恐ろしい勢いで増えてる

しかも、全くいわけじゃなくて
"有効成分"が存在しないだけで
それ以外のはちゃんと持ってる
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
14 : ななしのよっしん :2016/04/18(月) 00:24:37 ID: k9onrGizAH
豆粒→胡麻粒→芥子粒どチビ
15 : ななしのよっしん :2016/04/18(月) 00:36:02 ID: IvdHrIKIdo
ブリカスマジブリカス
16 : ななしのよっしん :2017/03/12(日) 14:40:38 ID: s1q2A4ftZg
へぇブリカスニコ百出来たんだと思ったら
ブリ」「カスマ」「ジブリ」「カス」のシロナガスクジラ現象とは…w

最初呼んだ時「あくたこ」ってなんだ?とか思ってた記憶がある
17 : ななしのよっしん :2017/05/09(火) 15:08:32 ID: 88NDQN+pjR
記事でも紹介されてるナガミヒナゲシは地中原産のオレンジが咲く可愛い
くなるとひょろっとした茎の先端にコブみたいなのが残るあの花

生態は可くない
18 :   :2017/08/02(水) 14:35:40 ID: N0NcH0wAag
アヘン戦争前、アヘンは清では禁制品(一方イギリスでは合法だったが…)だったので、清への輸出を密輸と書いているんだろうが、実態は密輸というべきものかどうかは疑問だな。
当時、清はイギリス(というか外全て)とまともな外交関係を許容しておらず、貿易は許可を得た行という半官半民的な機関のみで行っていた。
清はアヘンによる流出と民衆へのアヘン汚染から、かなり期からアヘンを禁輸としていたが、一方で行のほうは普通にアヘンを輸入していた。
別に、イギリスとしては、別に非合法組織にこっそり持ち込んだのではなく、一の合法的な貿易口にどうどうと持ち込んでいたわけで、
当の合法口が「禁輸」というの方針に反して、利益の大きなアヘン輸入を黙認していただけ。
まともな外交的つきあいを認めず、一接点のある行が買い取ってくれるのだから、清国政府が禁輸といっても、当のイギリスとしては非合法的な輸出という認識に乏しかったろう。
当時のイギリスにおいては、アヘンは適度なら問題なしという、とかわらない嗜好品程度の認識だったわけだし、清側輸入
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
19 : ななしのよっしん :2018/04/23(月) 12:47:50 ID: euZ1bUL/pm
七味に入ってるヤツを噛み潰したときの清感がたまらなく好き
20 : ななしのよっしん :2018/05/31(木) 21:24:12 ID: dXwKLiLB87
>>18
それは色々言い過ぎ。
まず行は役人が常駐していた訳でもなく、「半官半民の機関」よりは「政府の認可を受けた商人たち」と言った方が近い。行が「普通にアヘンを輸入していた」というようなこともなく、政府の発令を(官の買収等によって)かいくぐっての輸入であった。そしてイギリス側も輸入禁止の政策・取り締まり令は重々承知していた。
「清側輸入口(末端とはいえ一の口)がアヘン禁制を有名実化」は正しいけれども、実態は密貿易・密輸と解釈するに足る状況であったと言える。

イギリス側の理由は、々が学校の授業で教わったとおり、アヘン貿易による利益が大きくそれ以外に当時の輸入過を精算する術がかったから。
アヘン吸引の悪はイギリスでも十分に理解されていて、少なくとも「とかわらない嗜好品程度の認識」なんてことはかった。だからこそ、それを内に大量に流通させるような貿易のしかたについては内に反発も招いたわけだ。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス