ケラ単語

ケラ
1.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ケラとは、

  1. ケラ(螻蛄) - バッタ・ケラ科の昆虫オケラとも。
  2.  けらみの(螻) - の異称 キツツキの別名。
  3. 鉧 - 日本古来のたたら炉でけら押しによってからつくられる、綿状の粗鋼。
  4. KERA - インデックスコミュニケーションズ発行のファッション雑誌。
  5. 螻蛄  - 黒川博行2009年小説、およびそれを原作としたBSスカパー!2016年ドラマ
  6. キーオン・ケラ(Keone Kela) - アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス出身のプロ野球選手
  7. KERA - ケラリーノ・サンドロヴィッチのミュージシャンとしての活動名。

である。ここでは1.について記載する。

概要

バッタ(直翅)・キリギリスコオロギ上科・ケラ科(Gryllotalpidae)に分類される昆虫の総称。

コオロギ類の中でも地中での生活に特化したグループとして知られ、に湿った原やの土の中で暮らしているが、泳ぐのも羽ばたくのも得意。

日本にはその中の一種であるGryllotalpa orientalis Burmeisterが分布し、単にケラと言った時には基本的にこの種をす。

オケラ」と呼ばれることも多い。ギャンブルなどで負けて一文の状態を「オケラになる」という。ケラは前から見ると前足を広げており、降参して手を広げているように見えることからお手上げ状態とかけたとみられる。

ちなみに「けら」とはケラだけでなく全般をす言葉である。

寿命は通常二年程で、発生は年一回で初からまでに8回から10回ほどの脱皮を繰り返して羽化し、成として土中で越して、翌覚めると繁殖活動に入る。

の大きさは3cmから4cmほど。

も成も前足がシャベルのようになっている。色は色く、幼の顔つきはモグラに似ている。

雑食性で、植物の根や種、自分より小さいなどを食べる。収斂進化の類例に挙がるモグラと同様、よく動き代謝がよいため、結構な大食で、分が得られないと一晩で死んでしまう。

の体の表面にはビロード状の細かい毛が生えている。

「ビ――」と鳴く。オスのほうがが大きい。

地中にトンネルを作りながら根を食べるため農家からは害虫と見なされている。特にジャガイモサツマイモなどはイモの部分が食されてだらけになる。

どこでも見られるが、近年は各地で進む都市化による燥と水田の減少によって生息数を減らしている。

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ケラ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ケラについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス