ケンプファー単語

ケンプファー

ケンプファー (Kämpfer) とは、ドイツ語で「戦士」の意味。英語ファイター (Fighter) に相当する。

なお、「pf」は「プ」と「フ」を同時に発音するので日本人には難しく、「プ」をあきらめて「ケンファ」と言った方がドイツ人には通じやすい。そのため特にプロレスなどでは「ケンファー」が使われていることが多い。

  1. ドイツ語圏の姓
  2. OVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場するモビルスーツ
  3. けんぷファー」 - 築地俊ライトノベル、およびアニメ

本項では2を説明する


ケンプファーMS-18EMPFER)とは、OVA機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する、グフと並ぶMSモビルスーツ、作中でのロボットの呼称)である。

概要

漢のMS,ケンプファー!0080』劇中でジオン公国特殊部隊サイクロプス隊が運用したMSサイド6の"リボー"コロニー内にある連邦軍基地に対して、新ガンダム奪取作戦『ルビコン計画』を実行する為、同部隊によってコロニー内に送り込まれた機体である。

宇宙世紀0079年12月15日、"リボー"宙域への偽装襲撃に乗じて、民間船に偽装した形で港に潜入。パーツ単位分解された状態で複数のトレーラーによって輸送され、現地工作員によって根回しされた人の工場内で隊員達自らの手で組み立てられ、劇中の第3話にて遂に組立てが了する。

そして宇宙世紀0079年12月19日、『ルビコン計画』が実行され、ガンダムNT-1アレックスの工強襲のため、ミーシャことミハイル・カミンスキーを飲んだ状態で搭乗(いわゆる飲酒運転した。アレックスの工には先行して他の隊員が侵入し奪取あるいは破壊する予定である為、ミーシャケンプファーはまず現地軍や連邦軍の注意を引きつける為町の繁を大胆に横断し、敵機を陽動して撃破しながら、工に突入して隊員と(奪取が上手くいけばアレックスも)共に、コロニーの隔をあけて宙域に脱出するという作戦であった。
このようにあくまでも陽動が主任務のケンプファーだったが、全身に武器という武器を装備しまくっていた事やミーシャの技量もあり連邦軍のMS部隊「スカーレット隊(笑)」を単身で全滅させる等、圧倒的な実を見せつけていた。
しかし工に潜入した隊員達はアレックスの奪取に失敗し、ケンプファー前でアレックスは起動してしまう。だがミーシャはこれに臆せず、あらかじめ町中にMS用の武器を偽装配置するため駐したトレーラーがある場所までアレックスを誘導。そしてトレーラー内から必殺武器『チェーンマイン』を取り出し、

「さぁ来い!戦い方を教えてやる!!」

と果敢に叫び、アレックスの体にチェーンマインを投擲。吸着・爆発させ、大破させたように思わせたが…!?

機体解説MS-18E胸像

本機は一年戦争末期の『統合整備計画』によって誕生したMSだが、同時期に開発された他のMSの中で一、元となるベース機が存在しない、全新規の機体としてロールアウトした。ブレードアンテナを標準搭載している。機体カラー
ケンプファーゲルググのように総合的な性の高さをしたものとは違い、コロニー内での強襲などに特化したMSである。全身に装備した強なスラスターと、単機のMSとしては過剰にすぎるほどの携行火力による一撃離脱戦法を得意とする。一方で機動を重視する為装甲は犠牲となっており、スカートアーマーすら省略されたその外殻は「紙装甲」と喩されることもしばしば。
一応、高速で標に接近するために取る(劇中で見せた極端なほどの)前傾姿勢時に、正面から見える範囲にだけ装甲を集中させているが、それでも装甲が薄いのは否めない。

汎用性を捨て、強襲のみに極限にまで特化した所以として、高速機動戦闘時の機体制御用に全身にバーニアを装備。武器はビームサーベルを除く銃火器全てが推進に支障を来さない実弾兵装(詳細は下記)で、隠密性にも優れる。更に弾切れの際には固定武装である頭部機関を除く全ての武装をジョイントパーツごとパージでき、デッドウェイトにならないように設計されているなど、これでもかと言わんばかりの突撃機である。またその攻撃性・機動性を実現しただけでなく、驚くべき程に良好なメンテナンス性と解体および組立の容易さも忘れてはいけない(『統合整備計画』の賜物である)。その為機体自体は極端な性ながら幅広い戦場での運用が可であり、一年戦争終結後もジオン残党軍の一部部隊で使用されたようである。

主な武装

バリエーション

その他

関連動画

下記のストップモーションアニメではチェーンマインが有効活用されている。



関連静画



関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ケンプファー

199 ななしのよっしん
2017/12/16(土) 18:55:59 ID: 4QcPMrye0N
長所短所共に良い意味で想像通りって感じだね
シュツルムファウストが予想より優秀かなって感じではあるけど
200 ななしのよっしん
2017/12/21(木) 00:37:28 ID: 882uy0mkXD
>>sm32449157exit_nicovideo
201 ななしのよっしん
2018/01/04(木) 01:41:27 ID: KFZsWBfefW
>>192
>忍者の正面から挑まないだろう。

自分にはこの言葉がいた。
戦術面には疎いが、サイクロプス隊は、あくまでプロの「軍人」として、己をして任務を遂行している。
遂のため、進んで具にする渋さがたまらなく好きなのだけど、その冷仮面の下に「武人」の気概を秘めている点も素晴らしい

「軍人」=「忍者」としてずっとんできたけれど、滅びの予感も感じつつ、久方のもあって、最後の最後はび装束を脱ぎ捨てて、「武人」=「」として、高らかに名乗りを上げ、切り結んで死んでいく。
その死を変に美化しないあたりもまたよくて、0080は本当に味わい深い名作だと、自分はその一見の不合理さも、人の心の機微を知り尽くした絶妙な演出と感動してしまうw

202 ななしのよっしん
2018/01/08(月) 18:22:31 ID: pQO+tiAtTN
単にあの時点で残存する火器が頭部のバルカンしかなかったからだと思うが
一応後でバーニィが利用する90mmMGとハングレを回収すれば使えただろうが
時間的に厳しかっただろうし
203 ななしのよっしん
2018/01/09(火) 23:48:02 ID: hua7NPD7f3
>>201
その例えで言うならむしろ最後まで忍者じゃないか?
寝込みを襲う、誘い込んで爆殺する、最後はが折れた相手にりかかるような構図
204 ななしのよっしん
2018/01/23(火) 16:52:03 ID: e2roBHRdYa
>>201
ニンジャの場合、気でサムライを正面からカラテやジツでゴミクズのようになぶり殺しにするがな。ナムアミダブツ!
205 ななしのよっしん
2018/01/24(水) 17:31:25 ID: 1OGF3CfDpM
左肩のスパイクビームサーベル以上に「最後の武器」なんだろうな。
仮に全タックルしたら自分も死ぬよな。ケンプファーの推だと。
206 ななしのよっしん
2018/02/12(月) 17:08:34 ID: YajOTWe2DD
>>205
「武器」というにはちと細すぎるし記事にある通り「闘士」の「意」だと思う。

確かにそもそも全身バーニアオバケケンプファーの推(しかも携行火器しの軽身)でMSの装甲に衝突したら自機のフレームごとぶっ壊れるわな・・・相手を気絶させて隙見て脱出⇒自爆で相手も破壊出来そうだけど
207 ななしのよっしん
2018/12/06(木) 16:12:36 ID: +GCXERWqpq
>>「pf」は「プ」と「フ」を同時に発音するので日本人には難しく

から顔上げたときみたいな感じなんだろうか?
208 ななしのよっしん
2019/05/01(水) 22:56:24 ID: GGdh0qb0IJ
地味に気になるのが腕側面のバーニア
劇中じゃちゃんと黄色に塗られてるのに各種立体やゲームだと塗られてない
設定画でそうなってるからか?