ゲキ・ガンガー3単語

ゲキガンガースリー
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

『ゲキ・ガンガー3』とは、『機動戦艦ナデシコ』の劇中アニメである。70年代アニメオマージュパロディを取り入れた本作は劇中劇ながら人気を博し、後に単独のOVA『ゲキ・ガンガー3 熱血大決戦!』が制作されるなどした。機動戦艦ナデシコパチンコ化された時には、ゲキ・ガンガー3のアニメ部分も新規に作画されている(後述の動画を参照)。

概要

「ナデシコ」作中での設定

ナデシコ」作中の時代より100年ほど前、西暦2100年前後に製作されたアニメ。全39話で、27話以降は「熱血ロボ ゲキ・ガンガー3」というタイトルに変わっている。放送当時は不人気打ち切りになったが、後の再放送爆発的な人気を獲得した。

ナデシコクルーエステバリスパイロットであるダイゴウジガイは本作の熱狂的なファンであり、映像ソフトフィギュアなどを収集したり、自分のエステバリスの武装にゲキガンガーの必殺技の名前を付けたりしている。テンカワ・アキト子供時代に本作を見たことがあり、ガイでさらに本作にハマっていった。

放映から100年経った地球側では「知る人ぞ知る過去名作アニメ」程度の扱いであったが、木連側では「100年前の戦争地球圏を離れるときに持ち出すことの出来た数少ない娯楽の一つ」であり、扱いされている。

木連側では地球との戦争の戦意高揚のために軍部に利用されている部分があり、木連側の機体はゲキ・ガンガー3の各形態に、パイロットスーツは作中で主人公たちが着ていたに似せて作られている。木連側では一部のエピソード欠番となっているが、欠番となっている話は「敵の宇宙人と交流を深める」「闘いに疑問を感じる」というような内容のため、上層部によって意図的に欠番にされている可性もある。

地球木星戦争が終結した後、今まで未開だったフィルムが発掘され、再編集された劇場版開されている。

オマージュ・パロディ

本作は70年代80年代前半のロボットアニメオマージュパロディとして製作されており、至る所にネタが仕込まれている。製作にも実際に70年代ロボットアニメ製作していた人間が関わっている。以下はオマージュパロディ

ロボットの設定

ゲキ・ガンガー3

ゲキ・ガンガーV

キャラクター

ストーリー

製作スタッフ

小松原一男…『ゲッターロボ』、『UFOロボグレンダイザー』など東映ロボットアニメキャラクターデザインを務める
荒木伸吾…『UFOロボグレンダイザー』、『聖闘士星矢』などでキャラクターデザイン作画監督を務める
野美智荒木と共に数々の作品で原画・キャラクターデザインを担当
金田伊功70年代から様々なアニメで活躍 「金田パース」「金田びかり」などの作画法を生み出した

この他にも、現ProductionI.G取締役黄瀬和哉、「ゴッドマーズ作画監督本橋秀之、金田子筋である
越智一裕など、「なメンツが原画に名を連ねている。

2次創作などでの扱い

スーパーロボット大戦シリーズ』でも、ゲキ・ガンガー3はナデシコ劇中劇として登場する。当然ゲキ・ガンガー元ネタであるマジンガーZゲッターロボなどとナデシコは共演することになるが、現在のところ、ゲキ・ガンガーはあくまで劇中劇という扱いであり、どちらかがどちらかにを与えた、というようなクロスオーバーは採用されていない。ただし、ダイゴウジガイ白鳥九十九などが、作中でマジンガーゲッターに憧れを持つというエピソードは存在する。

スーパーロボット大戦W』では、木連にゲキ・ガンガー3を伝えたのは『ガンダムSEED』の登場人物、ファーストコーディネイターのジョージグレンであるという設定になっていたり、あるイベントでゲキ・ガンガー3のOPテーマである「レッツゴー ゲキ・ガンガー3」が流れ、その後は戦闘BGMに設定することが出来るようになるなど、思い切ったクロスオーバーがなされた。

そのうち作中での2次元を越え、本家ゲッターロボとの共演もあるかもしれない。次元連結システムとかクロスゲートとか時破壊弾とか使えば出来そうだったり

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B2%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲキ・ガンガー3

36 ななしのよっしん
2015/09/30(水) 23:07:53 ID: 5FHmDQZGHs
そもそもゲキ・ガンガーナデシコにおいては「乗り越えるべき存在」だからなぁ……

ゲキ・ガンガーに対する憧れ、ゲキ・ガンガーを楽しんだ思いを肯定しつつも、その憧れを乗り越えて前に進む、と言うのがナデシコの趣旨なので、ゲキ・ガンガーを肯定してしまうとナデシコを否定する事になる。
37 ななしのよっしん
2015/10/13(火) 02:45:38 ID: 4XiXJBa20q
>>36
そこはナデシコストーリーエディター會川昇が他の作品の脚本でも
新旧対について繰り返し描いてきたテーマだよね
38 ななしのよっしん
2016/02/04(木) 13:27:45 ID: FK2cXRzgl0
同じアニメを視聴しても真実は一つでなく感じることや考えは違うという
會川昇
39 ななしのよっしん
2016/03/15(火) 22:19:43 ID: 1ncac8/+XG
スパロボとして出るならゲキガンガーではなくゲキガンフレームのほうな気がしなくもない
武装が音声認識システムだからアキトガイが乗るなら新しく台詞新録されて二重に幸せ
40 ななしのよっしん
2016/11/25(金) 18:12:55 ID: AhpkW4hzos
最終回の展開はマジンガー映画かなんかで見たな
41 ななしのよっしん
2019/04/08(月) 20:51:06 ID: KPFyyAe6O+
ガイが言う、これが熱血なんだよ!って感じの劇的な死に方は昭和スーパーロボットにはむしろあんまない気がする
ゲッター武蔵とかエンジントラブルで結果的に特攻してしまったって感じだし
42 ななしのよっしん
2019/05/14(火) 00:01:37 ID: D49xv0ttBV
アキトが特に好きな話としてアクアマリンの事は説明されている
白鳥さんはミナトさんの事でアクアマリンの例を持ち出さない
この辺は木欠番になっているのがどういう話か示唆されてたのかな
43 ななしのよっしん
2019/07/04(木) 20:00:44 ID: dR3csEUqRJ
>>17
というよりこのゲキガンガー3こそがアキトの内面のメタファーみたいなもんだしな
最終的にこの作品の最終回を「ひどい」と言わしめるくらいに距離を取ったことを
アキトの成長として描いていたし
44 ななしのよっしん
2019/09/05(木) 17:27:47 ID: YyNqCHrFT/
>>41
劇的な死に方は長浜ロマンロボ以降の70年代後期のロボットアニメだな
もしくは初代ガンダム以降の80年代リアルロボットリアルロボの要素を取り入れた、80年代スーパーロボット
熱血パワーからしダンバインオーラ力ダンクーガの精エネルギー要素だし
70年代スーパーロボット要素と80年代以降のロボットアニメの要素がごっちゃになってる
45 ななしのよっしん
2020/05/08(金) 12:25:24 ID: ACMAU2FrQh
劇的な死ならわりとよくあるが
実は死んでなくてリハビリ中むしろパワーアップ
切り札として味方にも隠されてたなんて展開は
ロボットアニメでは似たものがほとんどない

急上昇ワード

2020/08/11(火)21時更新

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生