編集  

ゲゲゲの女房単語

ゲゲゲノニョウボウ

ゲゲゲの女房とは、漫画家水木しげる夫人・武良布枝の著作の自伝、自伝を原作にした2010年3月9月NHK連続テレビ小説の番組名、自伝を原作にした2010年に封切りされる映画作品である。

概要

原作は、2008年実業之日本社から出版された。布枝夫人のインタビューがきっかけとなり出版社側からの依頼で執筆をするようになる。

ドラマ版

2010年3月より『ゲゲゲの女房』が連続テレビ小説として、ドラマ化される。主人公村井(旧姓・飯田)布美枝が島根県安来に住んでいた少女時代から、貧乏漫画家水木しげる村井茂)と結婚をし上子供の生誕と漫画家として成功、一時の没落、没落から復活までのストーリーを夫人の視点から描かれている。

主人公村井布美枝役(成人以後)には、女優・ピアニストの松下奈緒を起用。夫の茂役には俳優向井理を起用している。

連続テレビ小説の本放送は、長らく月曜土曜日の午前8:15~8:30であったが、『ゲゲゲの女房』より午前8:00~8:15に時間帯を変更。連続テレビ小説自体が低迷をし続けていた影で当初は視聴率も低迷をしていたが、ストーリー完成度の高さから、ジワジワと視聴率を上げ久々ヒット作となった。この影水木しげる作品に再び注をされるようになる。

題歌はいきものがかりの『ありがとう』。番組のために書き下ろされた。

映画版

ドラマ版と行されて制作をされていて、封切りは2010年11月の予定。出演者は、主人公・布絵役に女優吹石一恵、夫・茂役には俳優宮藤官九郎となる。舞台は布枝が結婚をして、貧乏生活を経て有名漫画家になるまでのストーリーとなる。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%81%AE%E5%A5%B3%E6%88%BF
ページ番号: 4458665 リビジョン番号: 935053
読み:ゲゲゲノニョウボウ
初版作成日: 10/09/09 13:50 ◆ 最終更新日: 10/10/10 18:54
編集内容についての説明/コメント: 空白の除去、他。
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲゲゲの女房について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/09/09(木) 15:23:31 ID: ztGCFDcPHd
作成乙
2 : ななしのよっしん :2010/10/11(月) 20:54:26 ID: Dbqbc0fuWl
映画版はキャストが違うのか、初めて知った
3 : ななしのよっしん :2011/08/19(金) 10:50:09 ID: yjdaXN3BXx
近年の連ドラによく見られた、自己実現とか社会進出とかの要素が薄いヒロインてのも新な気がした。ひたすらに耐える女房というか
4 : ななしのよっしん :2011/08/29(月) 04:40:36 ID: NCDhEyVH1c
そげですね ←かわいい
5 : ななしのよっしん :2011/12/22(木) 22:03:10 ID: K1yqzGN/qM
そげですね
6 : ななしのよっしん :2012/12/30(日) 14:40:53 ID: G32+XJBcp8
>>3
耐える女房って言っても、これまでのNHKドラマでありがちだった、憎劇とか、
老舗の店を任された若女将みたいなポジションじゃなく、
漫画家っていう特殊な職業の夫との核家族的な二人三脚人生ってのが
割と現代ぽかった気もする。
どっちの両親とも同居してない(後半はしてたけど)ってのは
見ててストレスがあまりなかった。
7 : ななしのよっしん :2016/09/23(金) 00:48:33 ID: GTurKBKiOn
イカル&イトツ(茂の両親)がいい味出してたな
8 : ななしのよっしん :2018/04/02(月) 12:00:26 ID: MLnLC9mzS0
水木しげるの変人っぷりが面かった。
ヒロインの夫ってな好青年が多い気がするけど、こういう癖があるのもまた見たい。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス