ゲゲゲの鬼太郎単語

ゲゲゲノキタロウ
3.4千文字の記事
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

ゲゲゲの鬼太郎( - きたろう)とは、水木しげる妖怪漫画。またそれをもとにしたアニメ・ゲーム映画のこと。

概要

妖怪の起こす怪異に困る人間達を救う正義の味方鬼太郎仲間達による戦いと日常を描いた物語水木しげる妖怪作品では最も有名であり、日本漫画界の古典にあたるほど歴史的な作品。講談社少年マガジンをはじめとして複数の雑誌に連載された。

とは同じ水木による「墓場鬼太郎」。TVアニメモノクロ時代から東映アニメーションにより6度制作されており、ウエンツ瑛士による実写映画版も作成された。最近ではパチスロ化もされており、現在に至るまで妖怪作品の第一人者的ポジションを保っている。

原作の多彩なバージョン

水木しげるライフワークなだけあって、作品にも数々のバージョンが存在する。以下、な作品を列記する。

紙芝居

紙芝居作家の時に製作戦前人気紙芝居墓場太郎ハカバキタロー)」(作:伊藤正美)を作者許諾の上で「墓場鬼太郎」の名でリメイク、発売した。ただ、「空手鬼太郎」という作品以外はあまり人気はなかったらしく、作品数は「空手鬼太郎」に加え、「人」「ガロア」「幽霊の手」の4作に留まる。なお、当時の紙芝居は後世に残すという発想はなかったので、残念ながら現存しておらず、伝聞でしかその内容をうかがい知ることは出来ない。しかし、この頃から「鬼太郎の死後に墓場から生まれた少年」「鬼太郎玉にが宿って生まれた目玉おやじ」の設定が存在する。

2009年におよそ50年ぶりに新作「鬼太郎カラス天狗」を執筆。

貸本版

怪奇短篇集「妖奇伝」の1作「幽霊一家」で漫画初登場。その後、妖奇伝は不人気で打ち切られたが、鬼太郎のみ独立して貸本版「墓場鬼太郎」「鬼太郎夜話」が描かれる。当時の鬼太郎ヒーローではなく、出会った人たちに怪奇な事件をもたらす不吉な少年という位置づけで、超能力地獄を行き来できるくらいだった。「下宿屋」というエピソードねずみ男が初登場。

週刊少年マガジン版 1965年~1969年

当初のタイトルは「墓場の鬼太郎」。当初は不定期連載で貸本版の要素を受け継いだ怪奇漫画だったが、その内、連載化され、正義妖怪鬼太郎が悪事を働く妖怪を退治するという妖怪ヒーロー漫画に変化する。1968年、初のアニメ化。それに伴い、タイトルが「ゲゲゲの鬼太郎」に題される。砂かけ婆、子泣きじじいぬりかべといった鬼太郎仲間たちもこの頃に登場。

鬼太郎夜話(ガロ版) 1966年~1969年

月刊漫画ガロで連載。貸本版の「鬼太郎夜話」のリメイク。1話完結式ではなく、最初から終わりまでひとつなぎ物語となっている。

詳細は「鬼太郎夜話」を参照して下さい。

鬼太郎のベトナム戦記 1968年

宝石で連載。ベトナム戦争を題材にした作品で、鬼太郎たちがベトナムに住む、鬼太郎子の戚に当たる毛玉の依頼ベトナムに渡り、アメリカ軍喧嘩を売るという内容。ストーリー水島新司の「男どアホ甲子園」などで知られる佐々木守などの脚本家が手がけている。

その後のゲゲゲの鬼太郎 1970年

週刊少年マガジン版連載終了後に別冊少年マガジンで掲載。鬼太郎ねずみ男イカダで海外旅行立つ砂かけ婆と子泣きじじいに便乗し、南方へ出かけるという内容。一見完結編と受け取れる内容だが、もちろん、完結しなかったのは言うまでもない。

週刊少年サンデー版 1971年

サンデー版の鬼太郎妖怪アパートという集合住宅に住んでいる。また、アニメネコ娘を意識した子というキャラクターが登場する。

ゲゲゲの鬼太郎 死神大戦記 1974年

描きおろし作品。ストーリー的には「その後のゲゲゲの鬼太郎」の続編。鬼太郎シリーズにしてはしく、人間が活躍する作品で、もう一方の主人公として北海道老に住む少年少女13人と水木しげる本人が設定されており、実際に彼らが悪魔サタンの手下を何人か倒している。

鬼太郎の世界お化け旅行 1976年

双葉社の「週刊少年アクション」で連載。鬼太郎仲間たちとともに、全人類のために世界妖怪を滅ぼしに行くという内容。キワモノ妖怪として有名な「妖怪チンポ」はこの作品が初出。

詳細は「鬼太郎の世界お化け旅行」を参照して下さい。

ゲゲゲの鬼太郎挑戦シリーズ 1977年

漫画サンデーで連載。

続ゲゲゲの鬼太郎 1977年

週刊実話で連載された作品。鬼太郎は成長し、高校生になっているという設定。青年誌ということでエロ描写が多い。

詳細は「続ゲゲゲの鬼太郎」を参照して下さい。

新ゲゲゲの鬼太郎 スポーツ狂時代 1978年

週刊実話で連載。続ゲゲゲの鬼太郎の直接的な続編。前半で大相撲、後半では野球鬼太郎が挑戦するという内容。スポーツ狂という割にはあまりスポーツをしない(特に野球編)。

新ゲゲゲの鬼太郎 1978年

週刊実話三部作の最終版。他二作と異なり、鬼太郎少年に戻っている。ねずみ男TNTNがやけにリアルに描かれている。本当はもっと長く続くはずだったが、週刊実話編集部の要請で鬼太郎の連載は終了、「沖田総司」の連載に切り替えられた。

大ボラ鬼太郎 1980年

DONDONで連載。鬼太郎ねずみ男が妙なものを人間に売り込んだり、ねずみ男が「怪傑頭巾」と名乗って仕事をもらい、鬼太郎に解決させるという内容。社会風刺が強い漫画

雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎 1980年

少年ポピーで連載。鬼太郎という設定のが登場する一の作品。両が死んでたり玉だけになってたりしてるのにどうやって生まれたのかは

最新版ゲゲゲの鬼太郎 1985年~1987年

コミックボンボンで連載。正確には水木しげる作品ではなく、水木プロ所属のアシスタントたちによる作品。そのため、水木しげるっぽくない場面がいくつか見られる。猫娘がオカッパ頭ではなく、普通ショートカットなのが特徴。

新編ゲゲゲの鬼太郎 1986年~1987年

十数年ぶりに週刊少年マガジンで連載(正確には1978年読み切り「海坊主先生」が存在するが)。この作品以降猫娘レギュラーとして定着。ねずみ男結婚するというしい回がある。

ゲゲゲの鬼太郎 鬼太郎地獄編 1987年

月刊少年マガジンで連載。アニメ3期の地獄編の原作バージョン夢子が登場しない、アニメでは敵のだったねずみ男の故郷が本物の故郷として描写されているなどがアニメとの相違点。原作ではこの作品のみ鬼太郎妖怪人間ハーフという設定。

鬼太郎国盗り物語 1990年~1993年

コミックボンボンで連載。(後、デラックスボンボンに移行)
行方不明になっていた鬼太郎の生き別れの、寝太郎から地底のムー帝国の地上侵略の野望を聞かされた鬼太郎達がムー帝国の軍と戦うという内容。

鬼太郎霊団 1996年~1997年

今のところ、最後の連載作品。もっとも、連載と言っても2話しか存在しない上、1話がビッグゴールド、2話が漫画サンデーと掲載誌が分かれている。
本作の鬼太郎たちは半妖怪のねずみ男を除いて人間には見えない存在として描かれており、ねずみ男人間から依頼を受けてそれを霊界電話鬼太郎に伝え、事件の解決に乗り出すという内容になっている。


これ以外にも多数の作品が存在する。最近では2014年月刊少年ライバルで最新作「ねずみの巻」が掲載された。

日本唯一の記録を持つアニメ版

原作人気とともに、テレビアニメなども多々制作されている。

1960~2010年代にわたり第6期までが東映アニメーションにより製作されており、50年間に渡って6度アニメ化された作品は日本でゲゲゲの鬼太郎しかない。どの時代もそれぞれ世相を映し出した背景が映し出されているが、特にネコ娘はその度合いが顕著。5期では”萌え”の台頭もあり、これまでのデザインとは大幅に異なるほど現代的になっている。この調子2020年代には第7期も製作されることを期待したい。

詳細はゲゲゲの鬼太郎(アニメ)の記事を参照。

主な登場人物(妖怪)

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%82%B2%E3%81%AE%E9%AC%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲゲゲの鬼太郎

327 ななしのよっしん
2022/01/13(木) 12:40:59 ID: YDmJ6w2Qq7
あれはギリギリのラインをせめたら政治厨に利用された側面が強い。
スタッフ擁護になるけどやろうと思えば見た名前現実政治家に似せたりして、もっと露に出来たのを避けたように見える
328 ななしのよっしん
2022/01/15(土) 12:08:36 ID: dVYgIEkbp4
>>324
当時は小6だったこともありメイドさん可愛いな〜って思ってたはずなんだが今見ると作画の崩れっぷりにびっくり
329 ななしのよっしん
2022/02/09(水) 12:10:28 ID: 7s1cWf2hMg
ここの掲示板アニメ版のことばかりで、原作鬼太郎のことはほぼ話題になってなくて

まあアニメ版にべて原作鬼太郎がそんなに読まれてないのもしょうがないっていうか
あの淡々とした緊感のなさ、盛り上がらなさ、あっけない終わり方とか、いま読むと娯楽漫画としては正直厳しい
330 ななしのよっしん
2022/02/27(日) 11:23:05 ID: UEr/ocSY4p
当時の編集長の話を見ると原作漫画は連載当時から人気なさそう
おそらくルパン三世と同じアニメ化市民権得てきた作品だろうから昔から原作準拠に拘る人が少ないんだろ
331 ななしのよっしん
2022/03/26(土) 01:42:09 ID: EJihfMKwy7
アニメ1期とかその後のリメイク原作といえるのはマガジン版だけどアレはね…
貸本版やガロ話にべると怪奇的なインパクトに欠けるし
かといってストーリー面でも端折られ過ぎた話や強引な話が多い

同じ話を再構成したアニメ単発話や児童書版(知ってるかな)は面いので
たぶん少年誌連載の尺とかペースに合ってなかったんだと思う
332 ななしのよっしん
2022/04/01(金) 06:46:49 ID: QZdLOIDnnL
てか原作鬼太郎って読める手段がほとんどないんだもん。原作モチーフにしたリメイク版。を漫画として描くことが多すぎるってのもあるし。
333 ななしのよっしん
2022/04/08(金) 22:51:47 ID: rYQyJv7oSH
ようつべにて、『野沢雅子版自体が1作(以降のシリーズは3期が2作、4期が3作…と勝手な解釈をしている)』『白黒(公式でいう1期)が前半、カラー(公式でいう2期)が後半』『白黒カラーの間は長期休止』って誤解してるユーザーがいる様子。

https://www.youtube.com/watch?v=pzJzKBwW1j0&lc=Ugw-oCcROpYjwfc82Ih4AaABAg.8ufY8Me7kRP9_1rPvUS2MLexit
https://www.youtube.com/watch?v=v7ye0Q82ejA&lc=UgyLOTiywak_eXTv2fx4AaABAg.8ueMmiCQmBM9_1rp3ztLv-exit
334 ななしのよっしん
2022/04/20(水) 05:37:48 ID: QZdLOIDnnL
MXのセレクションとはいえ2期の一つの話が地上波で放送されるとか何年ぶりだろうって思ったり。
5期は結構CSでやってたからあんま昔って感じはしない
335 ななしのよっしん
2022/04/22(金) 23:42:56 ID: EJihfMKwy7
>>332
手塚子あたりのアニメ化された物の原作はよく文庫なんかでも手に入るけど
水木漫画は大きの本屋に蔵版が置いてあるくらいだからね

で、出来からしてもやっぱり蔵版収録の一作って位置が相応なのかなって思う
的な点は多々あるが、基本は他の水木漫画同様好事向けの気がする
やっぱルパンあたりの位置に近いかな
336 ななしのよっしん
2022/06/25(土) 14:28:43 ID: //7IgVkoLo
>>315
付けた例と言ったら、鬼太郎は別に偉そうではないけど
多分6期が原作ベース設定なら生まれたの70年くらい前だから
あの強さは凄いよね

おすすめトレンド