ゲシュマイディッヒ・パンツァー単語

ゲシュマイディッヒパンツァー

ゲシュマイディッヒ・パンツァーとは、機動戦士ガンダムSEEDに登場する技術である。

概要

ドイツ語で「柔軟な装甲」を意味する対ビーム防御技術。エネルギー偏向装甲とも。地球連合軍が実用化に成功した数少ない技術。

ミラージュコロイドを応用した技術で、自身に向かってくるビームを、発生させた磁場によって湾曲させ軌を逸らすというもの。ゲシュマイディッヒ・パンツァーを使用する際は、周囲にミラージュコロイドの粒子も散布され、それを本体からの信号によって曲げる方向をある程度コントロールする事が出来る。簡単に言えば、自分に向かって放たれたビームを曲げて直撃を防ぐ魔法のような装甲である。
通常のビームライフルや、フリーダムバラエーナ程度なら容易く弾く事が出来るが、より出の高いビームは描写がいため不明。ちなみにPS2ソフト「終わらない明日へ」では、アークエンジェルローエングリンをしれっと跳ね返している。

防御に使えるのは論の事、攻撃にも転用できる。当装甲を装備したフォビドゥンガンダムは、ビーム「フレスベルグ」の軌を自在に曲げる事が可で、回避を困難なものにしている。不規則な軌は一般兵には回避しづらく、一気に数機が撃墜されるシーンがある。

また圧対策にも有用で、中用MSのフォビドゥンブルーやディープフォビドゥンにも装備されている。ちなみにゲシュマイディッヒ・パンツァーが完成するまでは禁断の棺桶と呼ばれるほど圧壊事故が多発していたようである。このためバッテリー切れでゲシュマイディッヒ・パンツァーが使用不能になると一で機体が潰されてしまう。

地球軍はこの技術を活用し、軌間全方位戦略レクイエムを建造。コロニーにゲシュマイディッヒ・パンツァーを仕込み、中継ステーションにする事でレクイエム本体から放たれる撃を自在に曲げられる。中継ステーションの位置と数次第では何処にでも撃が出来る恐るべき兵器と化した。

欠点

な対ビーム防御技術だが、欠点もある。ゲシュマイディッヒ・パンツァーを使うには当然ながらバッテリーを消費するため使用回数は有限。また実弾には効果がなく、ビームサーベルにもフォビドゥンガンダムビームサーベルでコクピットを刺し貫かれ、撃墜されている。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲシュマイディッヒ・パンツァー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ゲシュマイディッヒ・パンツァーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!