ゲム・カモフ単語

ゲムカモフ

ゲム・カモフ(GM Camouf)とは、ジムに酷似したジオン公国軍モビルスーツである。
ジムドイツ語読みした「ゲム」+「カモフ」ラージュ(偽装)が由来。

概要

初出はMEIMU氏が描く「機動戦士ガンダム MS IGLOO 603」1巻の蝙蝠ソロモンにはばたく。
連邦軍量産MSジムに誤認させることを意図した機体であり、その姿は細部こそ違えどジムそのもの。
この姿を利用し、敵艦隊への特殊任務・後方撹乱等を行う。

ジオン製のMSベースとなっているが、見たジムなるほど魔改造を受けているので判別するのは不可能。胴体や回りはヅダに近く、動パイプらしき物が確認出来るバックパックはザクに近い。
連邦軍艦隊への接近や潜入、後方撹乱などを論む極めて特殊な機体のため配備先や戦果は公式には記録される事はく、僅かに存在する資料から機体生産数も少なかったと予測される。また公式記録は全て破棄されており、まさに闇へと葬られた機体と言える。

ジムに似せるため、武装も連邦軍のそれに似せ、装甲は取り払われている。結果、機動性は向上したが対弾性は正規MSよりかに劣り、パイロット生存率も低い。本機のパイロットには地球市民でありながらジオン軍に志願した兵士が充てられており、ジオン軍上層部がアースノイドを蔑視している事をわせる。
機体自体の評価は極めて低く、高速弾を使用する特殊な携行火器(135ミリ対艦ライフル)のみが評価対とされている。何もかもジムに似せて造られているが、チェーンマインやシュツルムファウストといったジオン製武器も装備している。

この機体が生産されたのはジオン軍の敗色が濃くなった戦争末期が衰退の一途を辿るジオン軍は、敵のを欺くだけの、このような兵器に頼らざるを得ないほど追いつめられていたのである。シャハト技術少将はこの機体を「子の虎」と称している。

なお、ゲム・カモフとほぼ同様の形状の「ゲファンゲナー・ゲム」も存在する。ゲム・カモフがジオン製であるのに対し、ゲファンゲナー・ゲムは連邦軍から鹵獲したジムをそのまま運用している。両機体は共に作戦行動を行う。ちなみにこのMSには形式番号が与えられていない。 

本話は映像化されておらず漫画版にのみ収録されている。プラモも発売されていないためマイナー機体であるが、戦場の絆バトルオペレーション2に出演した事で、じわじわと知名度を上げつつある。原作では宇宙でしか運用されていないが、ゲームだと宇宙・地上ともに運用可。元になった機体の汎用性を受け継いだのか、それとも地上での後方撹乱も想定されていた……のかもしれない。

蝙蝠はソロモンにはばたく

一年戦争も終わりが近づいた12月上旬、第603技術試験隊はゲム・カモフとゲファンゲナー・ゲムを受領。機体の評価試験を開始した。作中では、地球市民でありながらジオン側についた義勇軍、エンマ・ライヒ中尉らによって運用される。

物語冒頭、ゲム・カモフとゲファンゲナー・ゲムはルナツーから発進してきたコロンブス補給艦に接近。予想通り敵のを欺き、油断したコロンブス級に対しゲム・カモフはチェーンマインを取り出して攻撃。一撃の下、葬り去った。初陣を戦果で飾る事に成功したが、アースノイドの彼女らに対する感情は様々で、モニク・キャディラック特務大尉は嫌悪感を示す。その一方、プロホノウ艦長は「軍属の自分より彼女らの方が信用できるのでは」とモニクに返している。

ジオン軍上層部も義勇兵であるエンマ中尉らを捨て駒のように扱っていた。あてがわれた機体は旧ザクのみで、戦闘は常に劣勢だった。そんな彼女らにゲム・カモフとゲファンゲナー・ゲムが与えられた。経緯はどうあれ、ようやく自分たち専用の機体を受領できた事で彼女たちの士気は上がった。故にエンマ中尉は「味方からの誤射も否定できない戦場の狂気そのもの」と評しながらも、ゲム・カモフの事を気に入っていた。

その後、ゲム・カモフ1機とゲファンゲナー・ゲム3機はジオン軍MSヅダ戦闘しているように見せかけ、接近したサラミス級を撃破する作戦をとる。ところがサラミスから発進したジム部隊に正体を見破られ、ゲファンゲナー・ゲム2機が撃破され、やむなくヅダと残ったゲムはジム部隊と戦闘に入る。
が、ゲム・カモフを操縦するエンマが突如悲鳴を上げる。

 

「私はただジオン脅迫されていただけなのッ」

 

そう言い放つとヅダ口を向け、サラミスに近づき助けを乞う。元々彼女地球市民。いつ連邦軍に寝返ってもおかしくなかった。突然の裏切り行為に慌てる603。義勇兵を信用していなかったモニクは、マイに撃墜の命を出す。だが出撃前との会話で彼女意に触れていたマイは、撃墜できずにいた。

この間、ゲム・カモフのモノアイる。彼女は油断したサラミスを見逃さなかった。
至近距離から放たれた対艦ライフルサラミスを見事に沈める。なんと、助けを乞う姿は「演技」だったのである。彼女迫真の演技は、敵も味方も騙して見せた。603からの嫌疑をらすと、達成感に満たされるエンマ中尉だったが・・・。

だが、直後に放たれたビームによりエンマのゲムは情にも撃破される。そのビームを放ったのは、友軍のムサイだった。続けざまにゲファンゲナー・ゲムも撃破される。ゲムは敵味方識別信号を持っていなかった事と形状がジムだった事が祟り、敵だけではなく味方にまで誤認されてしまったのだ。にもエンマ中尉の懸念は的中してしまったのである。この兵器の評価試験を担当したオリヴァー・マイ技術中尉
「誤認率が高い故、同士討ちが起こる危険性も高確率で発生する」とし、「このような兵器の開発の意義を問う」と締めくくっている。友軍からの誤認も否定できないこの機体は、まさに戦場の狂気」と言えよう。

エンマ機のゲム・カモフにはコウモリをあしらったエンブレムが描かれており、「ソロモン蝙蝠ははばたく」の由来となっている。このエンブレム連邦を裏切ってジオンに加担した自分たち義勇兵をイソップ寓話の「卑怯コウモリ」に喩えた皮に由来する。

余談だが、MS IGLOO映像化する際に最後まで補に残っていたのがゲム・カモフ回である。しかし惜しくも映像化は見送られてしまった。IGLOO一の女性パイロット主人公だけあって、製作も残念がっていた。

 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B2%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%A2%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲム・カモフ

56 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 21:29:07 ID: fxgkC5l47i
偽装が璧どころか敵味方識別装置すら持たない狂気そのもの
つまり汚れ仕事させた後に敵として処分すら可
そもそも偽旗作戦専用とグレーですらない100%アウトな存在。
現実での限りなく近い存在はパンターの偽装M10が該当するが
ゲム・カモフは当初から偽旗的で作ってるのでマジモンの狂気。
57 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 22:36:13 ID: GwrX9vS2Jn
>敵として処分すら可
というか確実にその気満々だよな
58 ななしのよっしん
2019/06/07(金) 23:06:44 ID: MsxGIQbzkm
彼女たちは連邦市民からの義勇兵でこんな扱いだけど
トーマスクルツとか潜入してたアリーヌの人との扱いの違いは
連邦軍属だと戻れば流石に死罪不可避だから信用されてたんだろうか?
59 ななしのよっしん
2019/06/08(土) 00:18:06 ID: q5ZdG48Ddi
セモベンテ隊のカウンターとして捉えるのおもしろい
60 ななしのよっしん
2019/06/08(土) 02:34:22 ID: AhTYbZ8ioF
ちなみに宇宙世紀に適応されているかは分からんが、現代の戦争では「軍艦が別の国旗を揚げたり民間商船に偽装して航行」はOKらしい。
ただし「戦闘時には本来の国旗を揚げて正体を示さないと海賊テロリスト扱いにする」「また軍艦敵国民間船などを捕獲や積荷処分しても罪にならないが、この場合も正体を見せる。」という制限あり。
61 ななしのよっしん
2019/06/08(土) 03:56:23 ID: JqisVPU+AV
ダライアスⅡマザーホークあたりも、この様な意図で作られたのだろうかとふと思った
62 ななしのよっしん
2019/06/08(土) 20:23:13 ID: HXADgdIuQa
擬態スキルヅダが持っててもカテゴリと機体性で死んでた対艦ライフル地味にうざったい
63 ななしのよっしん
2019/06/28(金) 06:55:02 ID: 5ayAkrNVxF
アースノイドでありながら(地球側から見れば)コロニー落としやらかした悪魔』の味方をするのが正直解せないな・・・
64 ななしのよっしん
2019/06/28(金) 07:12:14 ID: GwrX9vS2Jn
あれだけやらかして1年戦争終結後ですら何度も
ジオン残党が立ち上がれる位の世界だから現実における
共産主義くらいジオニズムの信奉者も多かったんだろう
65 ななしのよっしん
2019/07/15(月) 01:12:21 ID: VCU5KmT97f
確か、作中では腐敗する連邦政府への不満から
ジオン側の義勇兵になったと説明されてたはず。