ゲルティス単語

ゲルティス

ゲルティスとは、テクモキャプテン翼シリーズに登場するキャラクターである。
フルネームエウゾ・ゲルティス

概要

イタリアセリエAインターミランインテル)で活躍するゴールキーパー。「キーパーマシン」の異名を取る。
しかしプロ入りしてからもインテルの選手として戦う機会はく、ブラジル代表のGKとして記憶に残る。
と会話する場面はいが、他の選手たちのストーリーで登場する機会があり、面倒見のいい性格を知る事ができる。
外見は若島津色違いで、ブラジル人らしく肌は褐色。Vではミューラー色違いに変わり、そのために十字傷ができている。

キャプテン翼II

原作完結後の展開を描いたキャプテン翼IIでは、ブラジルに渡った後のクラブチームでの戦い、そして全日本ユースとブラジルユースとの戦いが描かれる。当然、ブラジルラスボス格として登場する。

しかしブラジルクラブチームには有キーパーがおらず、監督ロベルト本郷がわざわざインテルから代表チームに招聘してきたのがエウゾ・ゲルティスである。
高校生の時期に、すでにプロの一軍で活躍しているだけあって、的に最強ゴールキーパー
これでブラジル容はほぼ璧なものとなり、準決勝のフランス戦ではピエールナポレオンが意地で放った合体スライダーキャノンを軽くキャッチしてを見せつける。予選でスライダーキャノンにさんざん苦しめられてきたたち全日本ユースは戦慄を覚えることになる。

そして準決勝でシュナイダー率いる西ドイツを破ってきたたちの前に立ちはだかるゲルティス
これまで人的なサッカーを繰り広げてきたたちですら想像を絶する秘技ダークイリュージョンはまさに鉄壁の守備。日向ネオタイガーショットすらほとんど通用せず、の新必殺技サイクロンが得点の鍵を握る。

だが、この時、たちはまだ知らなかった。
ブラジルにはこの上まだ最後の切り札完成されたスーパーストライカーアルツール・アンチネス・コインブラが控えていることを……。

キャプテン翼III

ラスボスの座がドイツに移ったため、さすがに前作ほどの防御性くなった。
今作から、おおむね「パラメータが高く必殺セービングがGK若林ミューラー)」に続く
「パラメータは負けるが必殺セービングを持つGK(若島津ヘルナンデスゲルティス)」のポジションに収まる。

やはりブラジル代表チームゴールキーパーとして登場。
今回はドイツが思い切り立つ話だったのでブラジルの出番はほとんどく、ただの「強い対戦相手」としての登場に終わった。

キャプテン翼IV

戦いの舞台プロに移り、いよいよインテルゴールを守るゲルティスとの勝負が……と思いきや、今作のクラブチームの中にインテルの名はかった。ACミランラスボスになる優遇なのに……。

というわけで今度もブラジル代表のGKとして登場。全日本に負けると「日本ブラジルサッカーには泥の差があると思っていたのに……」と日本の成長ぶりに愕然とする。なにしろゲルティスはこれまでセリエAで戦っていて、当時ヨーロッパで活躍する日本人選手なんてほとんどいなかった。毎年たちとやりあっているシュナイダーたちとは日本に対する認識が違うのは仕方がい。

また、分岐するストーリーのひとつ、サッカーグランプリ編では、実の劣るデンマーク相手に6-0で敗れるというの惨敗を喫する。いかにも新しく現れた強に旧ボスがやられるという展開っぽく見えるのだが、なぜかデンマークブラジルよりも弱い。何が起きたのかはいまだにに包まれている……。

さらに、別ルートジャイロカップにおいては、に「ネオサイクロンを撃ってこい!」と挑発するも、実際に撃たれたネオサイクロンに吹っ飛ばされるという体をったギャグを見せる。前作のメオン君と同等のネタをやってどうする……。
親善大会ではネオサイクロンを見事に止めるイベントがあるのだが、イベントの発生箇所を間違えたんじゃないだろうか。

ストーリー上では、直接の登場ではいが、名前が出る場面がある。
ACミランに所属していたストラット練習中に親友バンビーノに大怪を負わせてしまい、チーム人も捨ててブラジルへと逃亡。残されたストラット人・ミアータにストラット所在を教え、再会のきっかけを与えた。何もかも捨てて逃げ出したストラットゲルティスには連絡先を教えていた事から、イタリアでは親友同士だったのではないかと想像される。
なお、このストラット、後に周囲を宇宙空間に変える必殺技メガロゾーンシュートを開発して来る。ゲルティスの友人というあたりで人外を疑うべきだった……。

キャプテン翼V

ついにクラブチームインテルが登場。そのゴールを守るのはご存知、鋼巨人デューター・ミューラー! ……あれ?ゲルティスどこ行った?

他のクラブに移籍でもしたのか、またもやクラブチームGKとしては登場せず、ブラジル代表としてのみ登場。
コインブラバビントンなど、2から出場していたオリジナルキャラの多くが大人の事情で不参加になってしまった本作で、数少ない生き残りである。

コインブラが再起不能の重傷を負った事で気落ちしたカルロス(諸事情により登録名をサンターナに変更)がチームから糾弾され、選手のほとんどが試合をボイコットするという内紛状態の中、ゲルティスカルロスの味方についてゴールを守ってくれる。攻撃が大幅に低下している状況ではゲルティスの守備はまさに救いの。会話シーンこそかったものの、「無口だが心は温かく、気配りができ、黙って行動に移す男」というイメージ確立した。

また、日向が悪ガキ・シニョーリにさんざんおちょくられ復讐すべくファイナルタイガーという物騒な必殺技を引っさげて戻ってきた時、シニョーリもろともファイナルタイガーのえじきとなって吹っ飛ばされた。ひでえことしやがる……。

ダークイリュージョン

ゲルティスが使用する必殺セービング。
実況解説者からは「秘技」と呼ばれるが、これのどこが「技」なのかは理解しがたい。

  1. 周囲を暗間に変え、七色きながら高速で飛行する
  2. ゲルティス自身も暗間と同化していき、やがて全に消失する
  3. 閃光音を伴いつつ、残像を出しながら高速で飛び出してくる
  4. 周囲が現実間に戻り、ボールをキャッチしている

以上。
……これのどこがキャプテン翼の技なのかと思うだろうが、全部見たままを書いただけである。いったい何が起きているのか詳細は不明。亜空間移動とかの類なのだろうか。
コインブラマッハシュートには「なにィ ボールが消えた!?」と反応があるものの、このダークイリュージョンには全員全くの反応。あまりの超展開も出ないのか、「見なかった事にして試合を進めよう」と敵味方全員が意見を一致させたか、あるいはこのが見えているのはゲルティス自身だけで他人には認識できないのか。

IIではファミコン限界を極めた美麗な演出でプレイヤーの度肝を抜き、IIIではスーパーファミコンになった事でさらに美しさを増したが、Vでは演出が全体に短くなったためダークイリュージョン地味になってしまった。
IVだけが例外的で、なぜか演出から暗間がくなり、ゲルティスの体にちょっとバリアーみたいなものが発生しているだけになってしまった。ひょっとしたらこれが「周囲から見えている」なのかもしれない……?

IV攻略本には「い幻を作り出して、敵のシュートミスさせやすくする」とあるのだが、そのIVでは幻を出していないので不自然ではある。

結局何がどうなっているのかはに包まれている技だが、とにかく、「ゲルティス超能力者である」という点だけは間違いないようだ……。

ところで、この怪現を見て、ゲルティスが「キーパーマシン」と呼ばれているのはいったい何故なのだろうか。どう考えても他に言うべき事があるだろうに。魔術師とか幻術師とか超能力者とか。
この不自然さも、「実はダークイリュージョンは他人からは認識できていないのでは?」と考える理由の一つである。
しかし実況解説者やははっきり「ゲルティスダークイリュージョン」と発言しており、他者からも「何かが起きている」と認識されているのは間違いない。
何から何まで正体不明の技、それがダークイリュージョンなのである……。

備考

ベルギーGKラムカーネシャドシールドACミランストラットメガロゾーンシュートなど、この世界にはゲルティスの同類がちょくちょく出現する。

いずれも詳細は深くられない(ストラットメガロゾーンシュートルートによってはと別れてから開発される)が、なんらかの繋がりがあるように思えてならない。特にストラット

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲルティス

1 ななしのよっしん
2018/07/22(日) 16:29:31 ID: xNhDM1PSCJ
好きなキャラだが、「キーパーマシン」というあだ名だけは頂けない
原作の方の「北シュート」や「雷獣シュート」並みにダサイと思ってる
マシン」の要素もよくわからんし
2 ななしのよっしん
2018/07/22(日) 20:08:25 ID: v+jqDJhiYK
その突っ込みを書こうと思っていたのに忘れていました。
ありがとうございます
どう見ても「超能力キーパー」ですよね。
3 ななしのよっしん
2018/08/30(木) 21:59:03 ID: jCpH85ePVz
Ⅴのコパアメリカアルゼンチン戦では、サンターナの孤軍奮闘を一人支えてくれた功労者だった
何故かパンチよりもキャッチの数値の方が上回ってるんで、ダークイリュージョンも結構強なのがグッド

キャプ翼界のブラジルゴールキーパーは、やはりこの男しかいないよ
サリナス? そんなのは知らん
4 ななしのよっしん
2018/10/07(日) 00:24:32 ID: jCpH85ePVz
基本的に若島津色違いだけど、Ⅴでは何故かミューラーの使い回し(バモラも同様)
ダークイリュージョンの演出は、やはり系統の色で表現して欲しかったなぁ

だが一番の問題点は、で大量失点したというガセに等しい被害を受けたことだと思う
GKシューマッハ以外に有名選手がいないデンマークなのに、これはある意味永遠の
まぁ、訳あって試合に出られず、出ていたGKレナートだったと保管できなくもないけど
5 ななしのよっしん
2019/01/14(月) 19:48:55 ID: kGc2QR/2Tz
確かに昔は手でカッコいいなーって思ってたけど、何やってるかサッパリわからんなw
6 ななしのよっしん
2019/02/03(日) 19:02:23 ID: oJYmg9hME+
ダークイリュージョンの解説はそのまんまなんだけど、めて読むと洟飛び出すくらいの破壊あるわぁ

急上昇ワード