ゲーム実況ランキング制圧騒動単語

ゲームジッキョウランキングセイアツソウドウ
6.2千文字の記事
  • 18
  • 0pt
掲示板へ
ほんわかレス推奨 ほんわかレス推奨です!
この掲示板では、しばしばしい論争が起きています。
コメントを書くときはスレをよく読みほんわかレスに努めてください。

 

ゲーム実況ランキング制圧騒動初版記事名:マリオメーカー問題)とは、クリエイター奨励プログラムに対応されている同一のゲームタイトルによりニコニコ動画ランキングの上位がほぼ埋め尽くされたことで、それに不満を持った一部の人間が起こしてしまった騒動である。

クリエイター奨励プログラムの詳しい内容に付いては当該記事を参照。→クリエイター奨励プログラム

概要

動画人気に応じてお金が支払われる仕組み(クリエイター奨励プログラム)に対応した特定ゲームソフト動画により、ランキングの上位がほぼ埋め尽くされてしまったことに端を発する。

任天堂の『スーパーマリオメーカー』は、クリエイター奨励プログラムで利用可タイトルであり、2015年9月10日に発売されて以降、同作品を利用した動画ランキング上位の多くを占めた。→マリオメーカー問題(当記事にリダイレクト済み)

具体的な状況の例として以下のリンクを参照。
2015年9月13日カテゴリ合算 総合ランキング(デイリー)exit_nicovideo

(発売3日後、100位以内の22本、20位以内の11本の動画マリオメーカー関連のものとなった)

これに対して、ふぅ(実況プレイヤー)アップロードした下記動画がきっかけとなり、この動画の賛同者から問題提起をする動きが出て、騒動となった。

“問題提起”と言う名の建前

以上のような“問題提起”を賛同者たちは行った。しかし、これらの“問題提起”が建前であることは彼らののちの言動から明であった。

賛同者の一部がニコニコ動画アップロードされている動画荒らし行為をし、『スーパーマリオメーカー動画を上げづらい状況にし、『スーパーマリオメーカー動画ランキングから姿を消し始めると、この記事の掲示板への書き込みが減。ランキングクリエイター奨励プログラム仕様は変わらないのに、1日は1分1レスえた書き込み(1533レス)も10日過ぎた11日には30レス程度に減少した。

このままの状況が続けばニコニコは衰退するなど言っていたにもかかわらず、この騒動が原因で人気実況者ニコニコから去り、ゲームカテゴリー(現ジャンル)が衰退した件について、ここの掲示板で自分たち非を認めて謝罪した賛同者はいない。

結局のところ、人気実況者への嫉妬や私、『スーパーマリオメーカー』や任天堂へのヘイトなどで大騒ぎしていたというのが事実であり、“問題提起”は自分たちに正義があるかのように見せかけるための建前であった。

問題ではないと言う反論

この建前の“問題提起”に対しての当時の反論のは以下の通りである。

騒動に関わる代表的な人物たち

本騒動の影被害を考えて、その責任を問われる立場にあろう人物たちについて記載する。

ふぅ(実況プレイヤー)

ふぅ(実況プレイヤー)アップロードした上記の動画は大手チャンネル投稿者へのが絡んでいたと自。また、のちに自分の動画へのテコ入れであったとも自している。マリオメーカー動画が流行っている時期に人を引く動画タイトル土曜18時という休日を使って多くの視聴者に見てもらえそうな投稿日時(18時ちょうどなので予約投稿か?)など、用意周到に投稿された動画である可性は高い。

(ちなみに、当記事の初版時の記事名は「マリオメーカー問題」であり、このフレーズは上記動画の始めのほうに文字で出てくる。また、当記事を初版を作成した編集者による編集コメントに「ふぅさんの動画に触発されて作りました」とある。)

スーパーマリオメーカー』や任天堂く意図はないと釈明していたが、生放送では「オワリオメーカー」「マリオメーカー実況Youtubeに出ていけ」等の発言を繰り返す。
2016年4月に自身もチャンネルを立ち上げたことや、同年7月に自らマリオメーカー実況動画投稿したことで批判が集中した。2016年8月9月を以ってチャンネル閉鎖することを発表した。

2020年11月現在も、騒動で被害に遭った動画投稿者視聴者に対して謝罪や償いをするために作った動画を上げてはいない。それどころか騒動の後始末をせずに、動画投稿の本拠を自らが起こした騒動で衰退したニコニコからYouTubeに移行するなど、相変わらず責任さは変わらない。

鋼兵

鋼兵友人マリオ(有名な改造マリオ動画)を削除したことで任天堂を恨んでいたと発言。
また動画に寄せられた反対意見のコメントに対し投稿削除フィルターを以って言論弾圧を行ったほか、自ら動画自演コメントを書き込み運営クリ奨を取り消されたことを生放送で自した。
2016年1月には自らもクリ奨である『ドラゴンクエストビルダーズ』を発売直後に実況し、批判された。

2016年7月Twitter引退を表明したが、有料チャンネルや件の動画削除せず放置している。

2020年10月現在も、騒動で被害に遭った動画投稿者視聴者に対して謝罪や償いをするために作った動画を上げてはいない。

当記事の初版の編集者

「マリオメーカー問題」という記事名で作成された当記事の掲示板があったことで、ほかのニコニコ大百科の記事への悪影が少なくなったのではないかという意見があるが、それは結果論である。

当記事を作成した編集者は、ふぅ(実況プレイヤー)アップロードした動画に触発されて記事を作ったことを表明しているが、その初版記事は「全ての元凶」という言葉を使って『スーパーマリオメーカー』や任天堂を悪者とする内容であった。これで騒動の方向性が固まってしまったといえる。

なお、この編集者初版記事以降約40分しか当記事に関わらず、それ以降一切記事編集をしていない(これ以降も他記事の編集は行っている)。火に油を注いで速攻逃げたとも言える行動である。このことからその責任さを批判するがある。

“賛同側”として動画を投稿した動画投稿者たち

本騒動について動画を“賛同側”としてアップロードした動画投稿者の存在によって、賛同側が調子づいたという面も見逃せない。やはり彼らにも責任はあるだろう。

このことについて2020年10月現在、“賛同側”として動画アップロードした件を詫びる動画が上がったという書き込みは当記事の掲示板になされていない。本騒動について動画削除したり非開にしている動画投稿者も複数いることも書き加えておく。


以上、騒動に関わる代表的な人物たちについて記述してきた。もちろん“賛同側”として動画荒らすなどをして罪もない人たちに被害を与えた者たちや騒動について責任を問われる立場の人物を擁護する者たちにも問題はあることは明である。

騒動によって発生した被害・影響

この項には「ランキング制圧」による影ではなく、本騒動そのものがニコニコ全体で引き起こした影被害について記す。

賛同側の人間ニコニコという動画サイト動画を独善的理由で荒らし特定動画を上げづらい状況を作り、動画投稿者引退に追い込んだりした。以上からこれらの賛同側の人間による一連の出来事は動画サイトへのテロ事件であるという意見もある。

なお、下記のような行為によって被害を受けた人たちに対して賛同者側の人間で謝罪した者は、この記事の掲示板2020年11月現在もいないことを付け加えておく。

コメント荒らしの多発

マリオメーカー関連の動画にとどまらず、任天堂ゲーム動画や果ては任天堂の関係ないゲーム動画にまで、ふぅ(実況プレイヤー)鋼兵動画に影を受けて書き込む無自覚な荒らしや、それに便乗した愉快犯が多数発生した。

当時見られたコメントの例

上記のようなコメントゲームカテゴリの多くの動画において散見された。

ゲハ厨の流入

この騒動についてゲハブログをはじめとする大手のアフィブログ等が記事を書いたことにより、騒ぎに便乗したゲハ厨荒らしが大量に流入することとなった。

ゲームカテゴリの動画投稿者への影響

当初ふぅ(実況プレイヤー)が「応援する」としていたはずの弱小・中堅投稿者が上記のように動画を荒らされたことで、Youtubeへ流れたり、引退してしまうケースも発生した。

また、マリオメーカー関連の動画投稿しようとしていた投稿者が荒らされることを恐れて投稿を取りやめるといった事態も起こった。

人気実況者人気動画投稿者動画を上げづらいニコニコを去ってYouTubeに移行してしまう事態となり、ゲームカテゴリー(現ジャンル)の大衰退につながった。もちろん、彼らに憧れて動画投稿をする者も減るため、この騒動の影は長く尾を引くものとなっている。

「マリオメーカー問題」問題

当時、本騒動について動画が賛否、投稿者の知名度の有を問わず多数投稿された。「ランキングマリオメーカー動画が多すぎる」とのに端を発する騒動であったが、一時期はゲームカテゴリランキングにおいてマリオメーカー動画よりも"騒動について動画"のほうが多いという状態に陥った。

ゲームカテゴリランキングを「ゲームプレイしてもいない自分語り動画」が制圧するという本末転倒な状態であった。

その他の影響・被害

もちろん、ニコニコ動画を見ることを楽しみにしていた人たちの楽しみが奪われたことも忘れてはならない。いわば、ふぅ(実況プレイヤー)鋼兵など騒動に関わる代表的な人物たちの言動は、罪もない視聴者の後頭部をいきなり殴りつけたようなものである。

ランキング表示において一連の批判動画や関係するゲームが邪魔だと思う人へ

スクリプトで機を追加し自分で取捨選択する為の動画である。

この件に関するデマ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 18
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%AE%9F%E6%B3%81%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E5%88%B6%E5%9C%A7%E9%A8%92%E5%8B%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ゲーム実況ランキング制圧騒動

10199 ななしのよっしん
2021/09/04(土) 03:54:42 ID: mhFqvOdN6L
うろ覚えだから合っているかどうか自信ないけど、
ニコニコ動画YouTubeアップロードされた動画引用コメント流していた頃に起きた問題と似てる気がする。
一過性で盛り上がってしまい、急上昇動画日本オタクしか理解できない動画で埋め尽くされて海外ユーザーの反感を買いDoS攻撃を受けたってやつ。
そのせいでYouTubeから切り離されて今のニコニコ動画になったはず。
10200 ななしのよっしん
2021/09/04(土) 03:57:53 ID: 0YcIcicfi4
正直流行りとかでランキング制圧されるならまだいいだろってこの頃から感じてた
新作ゲーム発売したネタバレサムネラスボスエンディングや技まとめやバトルシーンカットストーリーまとめが縦に並ぶべれば全然マシ
10201 ななしのよっしん
2021/09/05(日) 13:47:11 ID: 9BpDaPO07i
大多数に人気があるからランキングに乗るわけで、それがおかしいから規制しようってのが馬鹿げてる。最初から有名な人なんていないのに。最初から矛盾だらけだな。
10202 ななしのよっしん
2021/09/12(日) 13:13:38 ID: FbKtVjxm/B
やっぱ時代は改造マリオなんだよな~
10203 ななしのよっしん
2021/09/12(日) 15:46:33 ID: nNpnyswOci
実質的には「実況者ニコニコ追放騒ぎ」
多くの有名実況者YouTubeへ移って成功したんだから
ニコニコ以外にとっては良かった
10204 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 21:19:45 ID: xPWTll+h08
ふにんがすが同じような状況になってるね
しかもこっちマリメと違って有名実況者が徒党を組んで一斉に全く同じ内容の動画投稿するという独占状態

後追いも物真似も許さないシステムが構築された
ふにんがす動画が従来の数倍、下手したら10倍以上伸びてる実況者もいるので、ふにんがす以外の動画を出す必要が

なにより大手実況者を巻き込んだ身内ノリなので再生数が落ちることはない
10205 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 21:20:43 ID: 1IxCJW/JCu
これまでランキングが入れ替わらない事なんて一度もかったのに、これで騒いでる人間は何が的なんだ?
ただでさえ限界集落のニコニコから人を消したいのか?
10206 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 21:28:41 ID: xPWTll+h08
マイクラPUBG7daysあたりは騒がれなかったのかな
10207 ななしのよっしん
2021/09/14(火) 22:01:34 ID: 5VofpmNL/c
自分の気に入らないものがランキングに入ると叩きたくなる老害たち
もいるかな?
10208 ななしのよっしん
2021/09/15(水) 12:47:26 ID: zhzGHtQcZq
ふぅの記事、信者マリメ騒動の件について自分に都合の良いように書き換えてるから差し戻してくれ